MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
すぐ分かる作り方【酢玉ねぎ】基本の食べ方 血圧を下げてめまいの軽減にも役立つ

すぐ分かる作り方【酢玉ねぎ】基本の食べ方 血圧を下げてめまいの軽減にも役立つ

酢タマネギには、内耳など耳の奥の血管を強くし、血流をよくしてめまいに働きかける効果も期待できます。齋藤嘉美(元東京大学医学部講師、介護老人保健施設 むくげのいえ施設長)

酢タマネギの作り方

 タマネギを酢に漬けて作る「酢タマネギ」には、さまざまな健康効果があります。
 特に、血液をサラサラにし、血管を拡張させて血圧を下げるといった降圧効果はよく知られています。
 アメリカの研究では、タマネギの成分が薬に近い効果で血圧を下げたという結果も報告されているほどです。
 血圧が乱高下することで起こるめまいやふらつきなどには、酢タマネギが効果を発揮するでしょう。また、内耳など耳の奥の血管を強くし、血流をよくしてめまいに働きかける効果も期待できます。

【食べごろ】
漬けて2時間ほどで食べられるが、数日漬け込んだほうが味がマイルドになって食べやすくなる。
【保存】
冷蔵庫で保存する。漬けてから1週間程度は冷蔵庫保存が可能。
【食べる量の目安】
●一日にタマネギ1/4個分(およそ50g)を
 食べるのがお勧め。
●漬け酢も一緒に飲むとよい。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
私は、原因不明の立ちくらみによる、瞬間的なめまいに悩まされていました。私は理学療法士なので、患者さんのリハビリの最中にふらつくと困ります。そのうち、立ち上がるのが怖くなってしまったのです。そんな中、知人に勧められたのが「オクラ水」です。【体験談】松田美衣(大阪府・44歳・理学療法士) 
更新: 2018-09-28 14:32:45
「カレーは日本の国民食」と言われるほど、日本人はカレー好きです。私もカレーをよく食べますが、実はカレーはおいしいだけでなく、他に類を見ない健康食なのです。カレーがもたらす、さまざまな健康効果の一つに、「めまいの改善」があります。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長・百済診療所院長)
更新: 2018-09-25 13:26:20
酢タマネギを食べて、ちょうど1ヵ月です。家庭用の血圧計で測ってみると、夫婦ともに最大血圧が130㎜Hg台で正常値になっていたのです。最小血圧は2人とも90㎜Hg前後です。【体験談】酒田文子(仮名・主婦・47歳) 
更新: 2018-09-25 16:04:33
めまいや耳鳴りの治療では、内耳の血流をよくする血管拡張薬や血流促進薬を処方します。しかし、薬に頼らずに、家庭で簡単に症状を解消できる方法があります。それは、毎日欠かさずショウガを取ることです。【解説】竹腰昌明(竹腰耳鼻咽喉科医院院長)
更新: 2018-08-29 17:12:55
最新記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt