顔のたるみと梅干しジワが「顔ダンス」を習慣にしたら消えた

顔のたるみと梅干しジワが「顔ダンス」を習慣にしたら消えた

「顔が大きくなっている……」50歳を過ぎた頃、鏡を見てあ然としました。エステティシャンとして働き、化粧品や美顔器でしっかりケアをしてきたはずなのに、気がつくと、顔がたるんで老けてしまっていたのです。顔を若返らせる方法を検索していたところ見つかったのが「顔ダンス」でした。【体験談】蓮岡みか(57歳・英会話講師・神奈川県)


フェイスラインが1カ月でスッキリ

「顔が大きくなっている……」
 50歳を過ぎた頃、鏡を見てあ然としました。
 エステティシャンとして働き、化粧品や美顔器でしっかりケアをしてきたはずなのに、気がつくと、顔がたるんで老けてしまっていたのです。鏡を見ながら、「私の顔はこれからどうなってしまうのだろう?」と途方に暮れました。

 焦燥感に駆られて、インターネットで顔を若返らせる方法をいくつも検索していたところ、見つかったのが「顔ダンス」のサイトでした。
 このサイトでは、“皮膚の土台となる筋肉を鍛える!”ことの重要性が詳しく説明されており、顔ダンスのトレーニング方法も掲載されていました。“顔の筋肉を鍛える”は新しい発想です。

 実際に試したところ、すぐに顔がポカポカと温かくなってきて、「これは効く!」と強く感じ、すぐに顔ダンスの講座に参加。正しいトレーニング方法を身に着けました。
 最初に変化が現れたのは、あごから耳にかけてのフェイスラインです。たるんでぼんやりとしていたのがスッキリと変化して「おっ、これはすごいぞ!」と驚きました。

 1カ月がたった頃には、額と鼻の下の梅干しジワが消えてきました。顔ダンスで筋肉がついてきたおかげで、皮膚に張りが出て、細かいシワが伸びてきたのです。

体重は減っていないが 「やせた?」と言われる

 そして口角が上がってきて、笑顔が簡単に作れるようになりました。徐々に目じりやほおも上がり、顔がグンと若く見られるようになったのです。周囲の人からは「若々しいね」と。「なんていい響きだろう」とうれしくなりました。また、「目の周りのシワが減ったね」と指摘されたときには、「そんなところも細かく見ているんだな」とビックリしました。

 もう一つ驚いたのは「やせた?」と声をかけられること。ダイエットはまったくしていませんし、体重は1gも減っていません。
 昔撮った写真と現在の写真を見比べると、顔全体のたるみがまったく異なります。顔のたるみが消えたことが若々しさにつながり、全身の印象まで変えてしまったのでしょう。

 主人からは「優しくなったね」と言われます。それは、たぶん、口角の上がったかわいい笑顔で話しかけるから。すると主人も自然と笑顔になり、夫婦仲よし度もグンと増しています。
 顔が若返ると、気持ちが前向きに、明るくなって、幸せな気持ちにもなれます。50代後半でありながら「人生の中で今がいちばん楽しいかも!?」なんて思っちゃったりしています。そう思わせてくれる顔ダンスにほんとうに感謝です!

「顔ダンス」のやり方はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


頭痛薬が効かない時に「温めた梅干し」を食べてみたら2週間で変化!

頭痛薬が効かない時に「温めた梅干し」を食べてみたら2週間で変化!

「梅干しをお皿に並べてラップをかけて、500Wの電子レンジで1分温めたものを、毎食1個食べるだけ」。半信半疑ではありましたが、とりあえず試してみようと考え、梅干しを、温めて食べてみることにしました。しばらく食べ続けると2週間ほどで頭痛がまったくしなくなっていました。【体験談】谷口加世子(仮名・パート・35歳)


老化が加速!タンパク質不足が増加中 「豆乳マヨネーズ」で美味しく補給を

老化が加速!タンパク質不足が増加中 「豆乳マヨネーズ」で美味しく補給を

糖質・脂質・たんぱく質の三大栄養素のうち、現代人に不足しているのが、たんぱく質です。とりわけ40代以降の人たちに、たんぱく質不足が目立ちます。たんぱく質の不足は、健康にも大きな影響を及ぼします。【解説】溝口徹(新宿溝口クリニック院長)


梅干しの健康効果 「食あたりを防ぐ」を大学准教授が検証

梅干しの健康効果 「食あたりを防ぐ」を大学准教授が検証

梅干しの効能については、先人の経験に基づいたさまざまな言い伝えがありますが、医学的にはほとんど証明されていませんでした。そこで協力者を募って、梅の生産者、梅の加工業者、国内外の大学の研究者、みなべ町役場でチームを作り、産官学一体となって、梅の効能研究をスタートさせたのです。【解説】宇都宮洋才(和歌山県立医科大学准教授)


【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

【滑舌を良くする方法】割りばしを使ったトレーニングで声が若返る

話をしていると、聞き返されることが多い。声がこもって小さい。舌が回らない。言葉につまる。声がかすれたり、しわがれたりしてきた。思わず、自分のことだとうなずかれたかたも多いのではないでしょうか。これらは、年齢を重ねると誰もが経験する、いわば声の老化現象です。【解説】上野由紀(上野ヴォーカルアカデミー校長)


【風邪・喉の痛み】“梅仙人”が実践する健康法 「梅干しの黒焼き」

【風邪・喉の痛み】“梅仙人”が実践する健康法 「梅干しの黒焼き」

明治生まれの祖母は、のどが痛いときやカゼのひき始めには、梅干しを焼き網で焼いて、熱いお茶を注いで飲むと治ると話していたことも思い出しました。そこで私は、かつて祖母から伝え聞いた記憶を頼りに、梅干しの黒焼きを自分で作ってみようと考えたのです。【体験談】永井恒雄(梅生産者・77歳)


最新の投稿


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)