MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【整形した?】真顔で聞かれることも 目もパッチリ 秘密は顔ダンス

【整形した?】真顔で聞かれることも 目もパッチリ 秘密は顔ダンス

私は39歳のときの出産で体力を消耗し子どもにも手がかかっていたので、すっかり自分のことを怠っていました。子どもが3歳になった頃、写真を見て驚きました。自分の顔とは思えないほど、老けた私の姿が写っていました。インターネットで情報を検索し「おきゃんママ」のブログを見つけたのです【体験談】日比野康子(46歳・自営業・愛知県)

「ながら」で行っても2カ月で効果が!

 私は39歳のときの出産で体力を消耗し、子どもにも手がかかっていたので、すっかり自分のことを怠っていました。
 そして子どもが3歳になった頃、写真を見て驚きました。自分の顔とは思えないほど、老けた私の姿が写っていたからです。
 子育てに入る前には美容に気を使っていたこともあり、自分の顔をほうってはおけませんでした。インターネットで情報を検索し、「おきゃんママ」つまり加藤ひとみさんのブログを見つけたのです。
 ブログには、「顔ダンス」のやり方が紹介されています。私は顔ダンスの動きを覚えて、毎日実践するようにしました。
 子どもが小さいので、鏡を見ながらじっくりと顔ダンスを行う余裕はありません。ですから、洗濯中や子どもを相手しているときなど、家事や育児をしながら行っていました。
 効果を実感したのは、2カ月ほどたった頃です。写真を見て、目がぱっちりと大きくなり、口角が上がっていると気づいたのです。以前の私は、笑っているつもりなのに友達から「眠そうな目」と言われていました。そんな半開きの目が、大きく開くようになりました。
 顔が若返ってくると体の衰えが気になって、ウォーキングや筋トレも始めました。それで2㎏ほどやせましたが、体重の変化は小さいので、顔が若返ったのはやはり顔ダンスのおかげだと思います。

「あれ、こんなに きれいだったっけ?」

 顔ダンスを始めて半年後には顔全体のたるみが取れたので、顔ダンスをする前後の写真を加藤さんにメールで送りました。
 すると、加藤さんから私のもとに直接連絡が来たのです。ブログを見て実践しただけで私の顔が大きく変化したことに、加藤さんも驚いたそうです。
 周囲の人も私の変化にびっくりしたようで、親しい友達から真顔で「整形した?」と聞かれました。まさかそんな質問が私に来るとは予想していなかったので、とてもうれしかったです。
 同じ頃に開催された同窓会では、男女問わず、「あれ、こんなにきれいだったっけ?」「どうしてそんなに若いの?」と声をかけてきてくれました。
 現在は、周囲の人に頼まれて顔ダンスを教えることもあります。皆さんに共通して現れる効果が、表情が豊かになること。笑顔が華やかになるのです。
 子育てや介護などで忙しくても、顔ダンスは「ながら」でいつでも・どこでもできるし、いっさいお金はかかりません。多くの人に顔ダンスをお勧めしたいと思っています。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
人間はコラーゲンをそのまま摂取しても消化できません。しかし加熱すると、構造が壊れてゼラチンになり、簡単に消化できるようになります。ゼラチンを酵素で細かく分解するとペプチドになります。肌ダメージが気になる方はゼラチンやペプチドを食べる習慣をつけると良いでしょう。【解説】佐藤健司(京都大学大学院農学研究科教授・農学博士) 
更新: 2019-04-13 18:00:00
炭酸水で血流がアップするのなら、炭酸水で洗顔すれば、美肌づくりに役立つのでは。さらにその炭酸水を安く手作りできたなら、毎日気軽に使えてより美容効果が上がるはず、と考えました。重曹もクエン酸も食品添加物として使われるほど安全な成分でスーパーなどで安価に購入できます。【解説】寺井美佐栄(シロノクリニック池袋院院長)
更新: 2019-02-21 09:46:08
日焼けはともかく、紫外線のダメージでシミやシワだらけの顔では、美容の仕事をするうえで説得力がなくなってしまいます。そこで、サーフィンを楽しむときに、レモンでビタミンCを補給していました。ビタミンCはとても抗酸化力が高いので、おかげでシミやシワに悩まされずに済んだのです。【体験談】竹脇友加(PRコーディネーター・46歳)
更新: 2018-10-14 20:00:00
足指が動くようになると、血流がよくなり、全身の冷えが改善します。体温が上がると代謝がアップして脂肪を燃焼する効果が高まり、太りにくくなります。いわゆる「ヤセ体質」になるというわけです。血流がよくなれば、むくみも解消し、肌のくすみ、シミ、シワなどの改善が期待できます。【解説】寺井美佐栄(シロノクリニック池袋院院長)
更新: 2018-10-07 07:00:00
「セルフ経絡ヘッドケア」は、マッサージではなく、頭皮を引っ張って伸ばす、いわば頭皮ストレッチです。皮膚と筋肉は、短い時間ですが、刺激や動きを記憶します。毎日、ていねいに引き上げると、記憶の時間が長くなり、リフトアップした状態を維持できるようになります。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)
更新: 2018-10-06 18:00:00
最新記事
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-05-21 17:53:18
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt