MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【15秒でできる】顔のコリがほぐれ目も大きくなる 評判の「日本酒マッサージ」

【15秒でできる】顔のコリがほぐれ目も大きくなる 評判の「日本酒マッサージ」

顔のマッサージにはさまざまありますが、私が実践しているマッサージは、日本酒を使う日本酒マッサージです。東洋医学でいうところのツボの付近にある、コリコリしたところをほぐしていきます。コリコリの正体は、血液が滞っている筋肉です。【解説】芳原雅司(芳原指圧治療院院長・指圧師・マッサージ師) 

解説者のプロフィール

よしはらまさし
1972年、岐阜県飛騨古川生まれ。芳原指圧治療院院長。指圧師、マッサージ師、日本体育協会公認アスレティックトレーナー。2001年、中京女子大学レスリング部トレーナーとして日本代表・伊調馨、伊調千春、吉田沙保里らのメンテナンスを担当。2006年、中日ドラゴンズ沖縄キャンプ臨時トレーナー、新日本プロレス試合時の臨時トレーナーも務める。
●芳原指圧治療院
http://www.yoshihara-shiatsu.com/

数秒で痛みが消えてコリコリがなくなる

日本酒をつけてマッサージするとコリが素早くほぐれる

 顔のマッサージにはさまざまな方法がありますが、私が実践しているマッサージは、日本酒を使うのが大きな特徴です。
 とはいえ、手や顔がベタベタになるほど使う必要はありません。ほんの少し、指先が湿る程度でじゅうぶん。ですので、お酒のにおいが気になることもありません。

 日本酒マッサージを行う場所ですが、東洋医学でいうところのツボの付近にある、コリコリしたところをほぐしていきます。
 コリコリの正体は、血液が滞っている筋肉です。この直径3mmほどの塊をほぐせば、縮こまった筋肉が本来の柔らかさを取り戻し、顔のシワやたるみを減らすことができます。

 マッサージの際に、日本酒で指を湿らせるのは、指先の滑りがよくして、コリコリした突起を見つけやすくするため。これが、日本酒を使うメリットのひとつです。
 さらに、日本酒には血管を開く働きがあるので、筋肉に血液が素早く行き渡り、コリコリがほぐれるのが非常に早くなるのです。
 実際、日本酒マッサージを始めてからコリコリがほぐれるまで、15秒ほどしか、かかりません。
 コリコリをほぐしている間は、それなりに痛みがあります。

 しかし、さすってから数秒で、突起がスーッと消えていく瞬間があり、それと同時に痛みもなくなります。
 施術中、コリコリがなくなったタイミングで「もうあまり痛くないですよね?」と声をかけると「えっ、どうしてわかるんですか?」とびっくりされるかたが多いです。
 この感覚が印象に残り、自分で日本酒マッサージを実践されるかたも、たくさんいらっしゃいます。

目が大きくなり写真の写りがよくなる

 ご自宅で日本酒マッサージを行う際は、まず、目的に合ったツボの近くを、日本酒をつけた指で、圧をかけながらさすっていきます。
 すると、痛みを感じるコリコリした場所が見つかるはずです。
 そこをさすり続けていけば、15秒ほどで、コリコリも痛みも、不思議なくらいスッと消えてくれます。

 正確なツボの位置より、コリコリした部分を見つけて、そこをほぐしていくことがたいせつです。
 日本酒マッサージ後は、顔の筋肉に血液が行き渡るため、「顔がスッキリした」、「視界が開けた」という声をよく聞きます。
 見た目もシャープになるので、モデルさんには特に評判がいいですね。
 顔や首すじが引き締まって、目がパッチリ大きくなるので、「写真の写りがよくなる」と、たいへん喜ばれています。

 目をパッチリさせる日本酒マッサージは、眼精疲労やドライアイにも効果がありますから、仕事の合間にやるのもいいでしょう。顔に染みついた疲労が取れて、見た目の印象が明るくなります。
 なにしろ15秒でできるので、時間がないときのリフレッシュにも最適です。
 日本酒は、携帯用の化粧水ボトルやアトマイザーに入れておけば、どこでも手軽に使えて便利です。

日本酒マッサージのやり方

日本酒マッサージの基本

①目をパッチリ大きくする

②ほおのたるみを引き締める

③首のシワを目立たなくする

体の痛みにも効きオリンピックで活躍

 マッサージに使うお酒は、調理酒など、身近にある日本酒でかまいません。
 肌が弱くて赤くなってしまう人は、水で薄めて使ってください。

 1日に何回までという制限はありませんが、さすり過ぎると皮がこすれてむけてしまうことがあるので、やり過ぎにはご注意ください。
 また、顔だけでなく、ひざや肩、腰などに痛みがある場合も、同じ要領でマッサージをすると、痛みを取ることができます。

 私は普段、スポーツトレーナーとしても活動していますが、アテネオリンピック国内選考では、吉田沙保里選手のボディメンテナンスを担当し、頑固な背中の痛みを日本酒マッサージで抑え、金メダルに貢献することができました。
 スポーツの現場では、筋肉の痛みを取ることで、優れたパフォーマンスにつなげます。顔に関しても、コリコリした部分をほぐせば、最高の状態に仕上げることができます。

 どうぞ、日本酒マッサージで、本来の肌の張りや目の大きさを取り戻してください。

『ゆほびか』女性記者も日本酒マッサージを体験!

「あれ? 痛くなくなった!」。顔をしかめるほどの痛みが、数秒でフッと消える日本酒マッサージ。今までにない感覚に、衝撃を受けました。施術後は、鏡を見る前から「顔がまとまった!」と実感。実際、あごから首がスッキリ伸びて、目がパチッとしたビジュアルに。「私の顔ってこんなんだったの?」と、恥ずかしいくらい上機嫌になってしまいました。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
青など寒色系の色で体が包まれるのをイメージしてください。ひんやり寒くなる感じがしませんか。一方、赤やオレンジなど暖色系の色は、体が温まる感じがするはずです。この色の作用を呼吸法と組み合わせれば、心や体のケアに役立つ可能性はじゅうぶんあると私は考えています。【解説】春田博之(芦屋こころとからだのクリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:11:34
始めて1カ月ぐらいたったころから「やせた?」と聞かれたり「キレイになったね」と言われたりするようになりました。私は嫌な感情が出てくると1日に何度もピンク呼吸をするようにしました。何事も「まぁ、だいじょうぶか!」と気楽に考えられるようになり、仕事や人間関係で悩む回数が減りました。【体験談】夏陽りんこ(声優・32歳)
更新: 2019-03-27 19:16:22
私は生地屋でピンクの布を買い求め、ヨガ教室に持参し生徒に「寝る前にこの色をイメージして呼吸をしてみて」とお願いしたのです。2週間後、生徒たちと再会すると、何名かの雰囲気が変わったことに気づきました。一言で言えば、女性らしさが増したような感じなのです。【解説】小池能里子(ビビッド・エイジング研究家)
更新: 2019-03-22 18:00:00
たっぷりの食物繊維をとっている元気なお年寄りたちの腸内細菌では、ビフィズス菌や酪酸産生菌といった「長寿菌」が、全体の60%前後を占めていました。南大東島の101歳のおじいさんに至っては、全体の80%が長寿菌というとんでもない数値でした。【解説・監修】辨野義己(理化学研究所特別招聘研究員・農学博士)
更新: 2018-11-27 12:00:00
アーユルヴェーダから見ると、「干しブドウ酢」は、それぞれの食品のよさが組み合わさって力を倍増させる、まさに最高の組み合わせです。干しブドウとリンゴ酢、ハチミツが組み合わさることにより、どんな体質の人にも合う食品になるからです。【解説】西川眞知子(日本ナチュラルヒーリングセンター代表)
更新: 2018-11-11 12:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt