MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【名医が解説】肌の再生力を引き出し乾燥肌を防ぐ「ワセリン」美顔術

【名医が解説】肌の再生力を引き出し乾燥肌を防ぐ「ワセリン」美顔術

私は、基礎化粧品をいっさい使わず、水で顔を洗うだけの「宇津木流スキンケア」を提唱しています。その効果は多くの患者さんたちの肌で実証済みです。肌本来の保湿機能がよみがえり、キメ細かな美しい肌に変わります。私が推奨する水洗顔は、水が理想的ですが、「ぬるま水」で行います。【解説】宇津木龍一(クリニック宇津木流院長)

解説者のプロフィール

うつぎりゅういち
北里大学医学部卒業。1999年、日本で最初のアンチエイジング専門施設・北里研究所病院美容医学センターを創設、センター長を務める。日本では数少ないアンチエイジング治療専門の美容形成外科医。現在はクリニック宇津木流にて院長を務め、シミ・シワ・たるみなど老化の予防と治療に従事している。著書は『肌の悩みがすべて消えるたった1つの方法』(青春出版社)など。

スキンケアに熱心な人ほど重症の乾燥肌

 私は15年ほど前から、基礎化粧品をいっさい使わず、水で顔を洗うだけの「宇津木流スキンケア」を提唱しています。その効果は多くの患者さんたちの肌で実証済みです。肌本来の保湿機能がよみがえり、キメ細かな美しい肌に変わります。

 しかし、「洗った後に何もつけないと、肌がつっぱるのでは?」と疑問を持たれるかたも多いでしょう。実は、キメが整った健康な肌は、何もつけなくてもつっぱることはありません。つっぱるのは肌のバリア機能が壊れて、キメがなくなり、極度の乾燥肌になっているからなのです。

 バリア機能とは、肌から水分が蒸発するのを防ぎ、外部の異物や化学物質が入り込むのを防ぐ働きのことです。バリア機能が働かないのは、化粧品に含まれる油や界面活性剤による刺激によって、肌を傷めてしまっているケースが多いことがわかっています。化粧品をつけることで肌がつっぱり、その結果、化粧水やクリームで肌の乾燥をごまかさざるを得ないという悪循環が起こっているのです。

 私は以前、北里研究所病院で、皮膚の状態を詳しく検査する美容ドックを行っていました。そのとき患者さんの肌をマイクロスコープ(顕微鏡)で診察したところ、8割以上のかたが重症の乾燥肌で、毛穴が赤くなっていることに驚きました。美容ドックへ来るのは、スキンケアへの意識が高い人たちばかりでしたが、熱心にスキンケアに励んでいる人ほど、化粧品の使い過ぎで肌が乾燥していたのです。

水洗顔に変えたら肌のキメが再生

 そこで患者さんには、1カ月間、化粧品を使うことを禁止し、洗顔も水だけにしていただきました。すると、1カ月後には、肌のキメが再生し、乾燥や洗顔後のつっぱりがなくなっていたのです。

 ただし、乾燥がなくなったからといって、また化粧品を使い始めると、バリア機能が壊れ、乾燥が再発します。水洗顔だけを続けることが、肌荒れを改善し、美肌をキープするための最善の方法なのです。

 さらに、化粧品をやめても、ヘアカラーを使用していることで、肌荒れが改善しないケースがあります。頭皮と顔の肌は続いているので、ヘアカラーをやめるか、刺激の少ないものを選ぶようにしましょう。

 私が推奨する水洗顔は、水が理想的ですが、または気温よりも3〜4℃高い「ぬるま水」で行います。両手で水をすくい、その中に顔を入れて指の腹を使って産毛をなでるように、またアカがたまらない程度にこすって洗います。

 熱いお湯での洗顔は、肌の脂を落として、バリア機能を壊してしまうので避けてください。

ワセリンの上手な使い方

 化粧品断ちを始めた頃は、まだバリア機能が回復していないため、ひどく乾燥してしまう人もいます。

 そのため、次の3つの条件にあてはまる人は、症状のあるところに少量のワセリンをつけても構いません。

①肌が軽い炎症を起こして、かゆみやチクチク痛みを感じる部分
 ワセリンでコーティングすることで、外部の刺激から肌を守り、傷が治りやすくなります。

②ひどく乾燥して粉をふいている部分
 ワセリンが、めくれた角質細胞(表皮の細胞)を皮膚にはりつけ、肌を乾燥から守ります。

③肌が硬くなってガリガリしている部分
 乾燥して角質が厚くなっている状態から、ワセリンが肌をやわらかくします。

 また、例外として小ジワが気になる冬の目元の乾燥や、唇のガサガサにもワセリンは使って大丈夫です。
 ワセリンは、酸化しにくく、皮膚にしみこみにくいので、肌にやさしい保湿剤です。ドラッグストアなどで気軽に購入でき、価格も手頃です。

 とはいえ、ワセリンをつけすぎると、かえって乾燥するので、米粒の半分くらいの量を両手でよく伸ばしてから、必要な部分にのみつけてください。「ワセリンがベタベタする」という人は明らかにつけすぎです。

 また、ワセリン自体を清潔に保つため、手でとらず、必ず清潔な綿棒か楊枝で取るようにしましょう。
 ワセリンの落とし方ですが、酸化しづらいので、つけたままでも肌に害はなく、石けんで落とす必要はありません。水洗顔をしていればじゅうぶんです。

 自分の肌がワセリンを必要としているかどうかわからない場合は、鏡を乾燥している部分に押し当ててみてください。そのときに鏡に脂がついて白くなるなら、ワセリンをつける必要はありません。

「宇津木流スキンケア」は何歳から始めても成果が表れます。究極のシンプルなケアで、肌が本来持つ「再生力」を引き出す方法です。ぜひお試しください。

「ワセリンの使い方」のポイント

①少量を綿棒でとる(米粒の半分ぐらい)

②両方の手のひらで伸ばす

③必要な部分にのみ、手のひらを押しつけながらつける

●注意点
※べたべたするのはつけすぎ。肌をかえって乾燥させる
※ワセリンは石けんで落とす必要はない。水洗顔でじゅうぶん

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
さっぱりするのに、肌の手触りはツルツルでモチモチ。「疲れてる?」と聞かれることがなくなり、くすみが取れたと実感。それどころか「肌が白くなった?」「最近ファンデーション替えた?何を使ってるの?」と質問を受けるようになり、「これは絶対、炭酸水洗顔の効果だ!」と確信しました。【体験談】緒方清美(仮名・会社員・36歳)
更新: 2019-02-09 18:00:00
私は普段、化粧品販売の仕事をしています。もし私の肌が荒れていたら、お客様に「これで美しくなれますよ」と勧めても、説得力がありません。そのため、肌のケアには人一倍気を遣っています。抹茶レモンは、そんな私の肌を長年サポートしてくれている心強い味方です。【体験談】田中寛子(仮名・化粧品販売・35歳)
更新: 2018-11-23 18:00:00
長女の高校受験を前に「風邪を予防するには、どうすればいいか」と考えていたとき、抹茶レモンと青汁の組み合わせを思い出したのです。すると、その冬、娘は風邪を引くことがなく、志望校に無事合格。効果に驚き、我が家では今でも抹茶レモンを飲み続けています。【体験談】K・Y(接客業・46歳)
更新: 2018-11-03 12:00:00
ゴーヤには、ビタミンCが豊富に含まれています。皮膚の真皮層にあるコラーゲンは、加齢とともに少しずつ減少していきます。すると、肌のハリや弾力が失われ、シワもできやすくなります。こうした肌の老化を防ぐためには、ビタミンCをたっぷりとって、コラーゲンの生成を促進させることが重要です。【解説】杉野宏子(青山エルクリニック院長)
更新: 2018-10-27 12:00:00
いつでもすぐ使える!砂糖なしでひんやり甘い「甘酒氷」の作り方をご紹介します。甘酒は発酵食品なだけに、冷蔵庫の中でも発酵が進んで味が変化し、長く保存ができません。そこで私がお勧めしているのが、甘酒を凍らせた「甘酒氷」です。【監修】小紺有花(発酵食大学教授・糀料理研究家)
更新: 2018-09-09 12:07:48
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt