MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
あがり症【赤面症】は100%治る 顔が赤くならない方法 漢方薬、ツボマッサージで対策

あがり症【赤面症】は100%治る 顔が赤くならない方法 漢方薬、ツボマッサージで対策

人前で何かをしたり話したりするときに、必要以上に緊張して、顔がすぐ赤くなってしまう人がいます。いわゆる「赤面症」「あがり症」です。赤面症やあがり症の患者さんには、共通するパターンがあります。それは、過去の「嫌な体験」が発症のきっかけになっていることです。【解説】山田和夫(横浜尾上町クリニック院長・精神科医)

解説者のプロフィール

やまだかずお
横浜市立大学医学部卒業。精神科専門医、精神保健指定医。和楽会横浜クリニック院長などを経て、2013年、横浜尾上町クリニックを開業。臨床心理士の山田和惠先生(写真左)とともに、「不安・うつは必ず治る」をモットーとして、うつ、社会不安症、パニック症などに的確な診断と最良の治療を行い、自宅でできるケアなども勧めている。近著『図解 やさしくわかる社会不安障害』(ナツメ社)ほか、著書多数。
●横浜尾上町クリニック
http://yoclinic.jp/index.php

あがり症も赤面症も克服できる方法がある

 人前で何かをしたり話したりするときに、必要以上に緊張して顔が赤くなってしまう人がいます。いわゆる「赤面症」です。

 顔が赤くなるのは恥じらいがあるからです。恥じらうことは、少しもおかしなことではありません。むしろ人間にとって自然なことです。

「赤くなってもかまわない」「しどろもどろで話してもかまわない」──そう思って逃げずに場数を踏んでいけば、不安な気持ちが抑えられて、次第に赤面も、あがりもしなくなってきます。

 コンプレックスに打ち勝つと、その後には強い自分が生まれます。ちなみに、聖路加病院名誉院長だった故・日野原重明先生は、100歳を過ぎてもエネルギッシュなかたで有名でしたが、実は小学生の頃は恥ずかしがり屋の赤面症で、それを克服するために中学で弁論部に入り、人前で話すことに慣れたそうです。

「赤面症」は100%治る 顔が赤くならない方法はある

 赤面症の患者さんには、共通するパターンがあります。それは、過去の「嫌な体験」が発症のきっかけになっていることです。

 緊張しやすい人や恥ずかしがり屋な性格な人が、人前で何かをしなければいけないときに、うまくできずに顔が赤くなったことが、「嫌な記憶」として残っているのです。

 顔が赤くなるのは、恥ずかしさや緊張で自律神経の交感神経が優位となり、顔の血流が増えるからです。
 自律神経には、「交感神経」と「副交感神経」の2つがあります。緊張してドキドキしたり、動悸が激しくなったりするのは交感神経が優位になっている状態、リラックスしているときや睡眠時には副交感神経が優位になって、動悸も遅く、呼吸も深くなります。

 心に緊張や不安などの感情が生まれると交感神経が優位になるので、顔が赤くなったり、手が震えたりしてしまうのです。

 でも、緊張するだけでなく、例えば、授業や会議に強い恐怖を感じて学校や会社を休むとなると、とても自然な反応とは言えません。日常生活に支障が出るほどの赤面症やあがり症は、性格の問題ではなく、「病気」ととらえるべきです。医学的には「社会不安障害」のひとつです。

 単に人前で緊張しやすいだけなら、なんとか我慢してやり過ごすことが可能です。社会不安障害は、不安な場面から逃げようとすることで生活に支障が出るのが問題です。

 そのような場合は、専門の医療機関を受診してください。社会不安障害は決して珍しい病気ではありません。あらゆる年齢層に、同じような悩みを抱えている人が大勢いるので、「自分だけがおかしい」と思う必要はありません。極度の赤面症やあがり症は、性格の問題だから治らないと誤解されがちですが、治療をすれば100%治る病気です。私のクリニックでは、特に社会不安障害の患者さんが多く、これまでに2000人以上を治療してきました。

あがり症や赤面症には、漢方薬「白虎加人参湯」も効果的

 不安や恐怖による体の緊張を和らげて赤面症やあがり症を予防するには、マッサージも効果的です。当クリニックでは、薬物治療やカウンセリングだけでなく、セルフケアもお勧めしています。

 赤面症の予防に効果的なのは、手の「ツボ療法」です。人間の体には数百カ所のツボがあるといわれており、それらを刺激することで、それぞれのツボがつながっている体の部位の状態をよくすることができます。

 手のひらには、「労宮」「内関」「神門」という、緊張をほぐすのに効果的なツボが3つあります。
「労宮」は、ストレスや過労に効果があるのに加え、循環器系の保護作用もあります。

「内関」は、興奮を抑えて心を落ち着かせます。動悸や胸の痛み、不整脈や吐き気など心臓や胃の症状にも効きます。
「神門」は、交感神経の興奮を抑えて動悸を鎮めます。不眠症、恐怖症、神経症に効きます。

 最初は3つのツボをすべて押します。症状が軽くなってきたら、そのときの症状に合わせて1カ所押すだけでもいいでしょう。

 手のひらのツボは、いつでもどこでも人の目を気にせずにすぐに押せるので、緊張を感じたときの応急処置にも使えます。

 また、ふくらはぎのマッサージも副交感神経を優位にするので、自宅で毎晩、寝る前に行ってみてください。
 あがり症や赤面症には、漢方薬も効果的です。顔の交感神経を抑える働きのある白虎加人参湯です。緊張する場が予定されているときなど、事前に飲んでおくとよいでしょう。

 あがり症は、性格的なものだけでなく、「治療で治る病気」です。社会不安障害の症状があり、社会生活上の困難を抱えている人は、ひとりで悩まないでぜひ治療を受けてほしいと思います。

赤面症・あがり症に効く「手のツボ押し」「ふくらはぎマッサージ」

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
イルカセラピーは、1970年代後半に、アメリカ・フロリダ国際大学のスミス博士によって開始されたものです。イルカは、周波数を自在に変え、正確に対象物に浴びせることができます。この超音波が、人の心身に影響を与える可能性はじゅうぶんあるでしょう。【解説】太田光明(東京農業大学バイオセラピー学科動物介在療法学研究室教授)
更新: 2018-09-10 15:50:46
マインドフルネスとは、「今、ここ」の現実にリアルタイムかつ客観的に気づいていることです。マインドフルネスは、お釈迦様が悟りを開いた時の心の状態で仏教の枠組みの中で、坐禅や瞑想として伝えられてきました。近年は不安やストレス、うつの心理療法としても取り入れられています。【解説】藤井英雄(精神科医・医学博士)
更新: 2018-09-10 15:31:27
私は整形外科医として医師のキャリアをスタートさせ、10年間、何千例もの背骨や神経の手術を手がけてきました。手術や薬で患者さんの病気を治すことに全力を傾けてきましたが、「現代医療だけでは病気を根本から治すことはできない」ということを思い知らされました。【解説】松久正(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長)
更新: 2018-09-05 20:52:28
近年、オキシトシンにはストレスを抑えたり、自律神経の働きを整えたり、免疫力を高めたり、体の痛みを抑えたりと、さまざまな健康効果があることがわかってきました。実は、オキシトシンの分泌を高めるポイントは2つだけです。【解説】高橋徳(ウィスコンシン医科大学教授・統合医療クリニック徳院長)
更新: 2018-09-05 20:58:11
マインドフルな状態に自分を置き、心に余裕を持ち、目の前にある問題を冷静に観察していきましょう。そうすれば、その問題に対してどのように関わっていけばいいのか、冷静に判断できるようになります。【解説】大野裕(一般社団法人認知行動療法研究開発センター理事長・医師)
更新: 2018-09-13 11:49:38
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
更新: 2019-06-06 18:00:00
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
更新: 2019-06-05 18:00:00
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)
更新: 2019-06-04 18:00:00
納豆を毎日食べるようになったとき、最初に実感できるのは、便通の改善でしょう。それもそのはず。納豆には、腸内環境を整えるための働きや成分がそろっているからです。腸内において納豆菌は、活性酸素を分解する酵素と、善玉菌のえさとなる栄養分を作りだし、善玉菌の増加を強力にサポートします。【解説】河埜玲子(済生会松阪総合病院医師・料理家) 
更新: 2019-06-03 18:00:00