【整形外科医】転倒予防には「足の指回し」が効果的 やり方を医師が解説

【整形外科医】転倒予防には「足の指回し」が効果的 やり方を医師が解説

高齢になると、なぜ転倒しやすくなるのでしょうか。整形外科の現場で、患者さんの足を診ていると、足の指が開かず、縮こまっている人がとても多いことに気づきます。靴をはく時間が長い現代人は、指が広がらず、そのせいで足指が機能しなくなって、ふんばる力が低下しているのです。【解説】宮田重樹(宮田医院院長)


足指の動きが悪いとつまずきやすくなる

健康に長生きすることは、万人が望むところでしょう。
そのために、気をつけていただきたいのが、転倒です。

高齢者の病気以外の死因のうち、最も多いのは窒息死、その次がお風呂などでの溺死、そして3番めが転倒・転落です。
命は落とさないまでも、転倒した高齢者の15~25%は大ケガを負い、そのうち5~10%は、骨折に至っています。

骨折をすると、長期間寝たきりになる可能性が大きく、その間に体力や筋力が低下して、歩けなくなるケースが少なくありません。
転倒をきっかけに、健康寿命が終了することも多いのです。

高齢になると、なぜ転倒しやすくなるのでしょうか。
整形外科の現場で、患者さんの足を診ていると、足の指が開かず、縮こまっている人がとても多いことに気づきます。

靴をはく時間が長い現代人は、指が広がらず、そのせいで足指が機能しなくなって、ふんばる力が低下しているのです。
特に高齢の患者さんは、足の指先が地面につかない「浮き指」や曲がった足指が多く、かかとに体重がかかっているため、バランスが悪くて非常に不安定です。

そうなると、歩くときに足を上げて片足になるのが怖くて、すり足で歩くようになります。
その結果、つまずきやすくなり、転倒につながるのです。

動きの悪くなった足の指を復活させるには、日々のセルフケアが大切です。
私が、患者さんにお勧めしているのは「、足の指回し」と「つま先前傾」です。

足の指回しは、足の指1本1本を、手で左右に10回くらいずつ回すだけです。
関節は、動かさないと固まります。
関節は日ごろから動かしておくことが大事なのです。

足の指回しは、関節をやわらかくする、いいきっかけになります。
関節は、自分で動かそうと意識することで、可動域が広がります。

ですから、足の指回しも、手の力だけで回すのではなく、足の指の間を広げたり、足の指を曲げたり伸ばしたりしながら行うと、より効果的です。

「歩く距離が延びた」「つまずきにくくなった」

足の指回しで関節をほぐしたら、次は、バランス感覚を鍛えるために、つま先前傾を行いましょう。
この体操は、かたい床の上など、足もとが安定した場所で行ってください。

寝たきりを防ぐ《足の指回し》のやり方

はだしになって足を肩幅に広げて立ち、足指の腹を床にしっかりつけて立ちます。
できないときは、手で足指を伸ばしてください。

背すじを伸ばしたまま、体を前傾させます。
かかとは、床から離れないようにしてください。

指先に体重をかけ、指先の腹でふんばって、5~10秒静止したら、ゆっくり元の姿勢に戻りましょう。
足の指回しとつま先前傾を、1日1~2回行ってください。

起床直後は、関節がかたく、平衡感覚も鈍いので、無理に行わないほうがいいでしょう。
少し体を動かして関節がほぐれてきた午後、またはお風呂上がりがお勧めです。

私の医院では、自発的に関節を動かすことを重視し、治療に頼るだけでなく、体操を含めたセルフケアも必ず行うよう指導しています。
簡単なセルフケアを毎日少しずつ行うだけで、体はすぐに変化します。

実際、今回ご紹介したセルフケアで、「歩く距離が延びた」「つまずきにくくなった」という患者さんは多数おられます。
靴や靴下も大切です。

最近の靴や靴下は、つまずき防止のために、つま先が浮くように設計された物があります。
一見よさそうですが、逆に浮き指を悪化させ、ふんばりの効かない足になるおそれがあります。

自分の足でしっかり歩くには、つま先が上がっていない靴や靴下を選びましょう。
靴下は、5本指靴下をはくか、暖かい時期の室内なら、はだしが安全です。

いずれの場合も、指の腹で地面をしっかりつかんで歩くように心がけましょう。
転倒して、大ケガをし、寝たきりになってからでは、体を元の状態に戻すことは困難です。

そうなる前に、できることをやっておきましょう。
ちょっとした心がけで、老後の生活は大きく変わります。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

私の体に異変が起きたのは、昨年7月のことです。半袖から見えている腕の毛穴という毛穴に、じんましんが出ていたのです。松森先生は「足の第2指と第3指の骨の間を押すといい」と教えてくださいました。1回にかかる時間は数分程度です。仕事の合間に、3〜4回はやったと思います。【体験談】佐藤友子(仮名・会社員・47歳)


【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】


【やり方】脳が活性化する「きくち体操」全身の血流アップで心身の不調を改善できる

【やり方】脳が活性化する「きくち体操」全身の血流アップで心身の不調を改善できる

毎日足の指を動かし、育てていけば、足の指1本1本を意識して動かせるようになります。「体を意識して動かす」作業は、自分の体と向き合い、自分を見つめる作業です。それは、自分の体を大切にし、今まで見失っていた本来の自分を取り戻すことにもなります。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

【視力回復】朝3分の眼球運動で集中力・運動能力・成績がアップできる

目のトレーニングというと、どうしても「アスリートでもない私には関係ない」と受け取られがちです。勉強やスポーツが苦手な子ども、忙しいお母さん、働き盛りの社会人、目の衰えが気になる中高年など、一般のかたにこそ、ぜひやっていただきたいトレーニングなのです。【解説】飯田覚士(日本視覚能力トレーニング協会 代表理事)


最新の投稿


【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

私の体に異変が起きたのは、昨年7月のことです。半袖から見えている腕の毛穴という毛穴に、じんましんが出ていたのです。松森先生は「足の第2指と第3指の骨の間を押すといい」と教えてくださいました。1回にかかる時間は数分程度です。仕事の合間に、3〜4回はやったと思います。【体験談】佐藤友子(仮名・会社員・47歳)


歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】