MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【整形外科医】転倒予防には「足の指回し」が効果的 やり方を医師が解説

【整形外科医】転倒予防には「足の指回し」が効果的 やり方を医師が解説

高齢になると、なぜ転倒しやすくなるのでしょうか。整形外科の現場で、患者さんの足を診ていると、足の指が開かず、縮こまっている人がとても多いことに気づきます。靴をはく時間が長い現代人は、指が広がらず、そのせいで足指が機能しなくなって、ふんばる力が低下しているのです。【解説】宮田重樹(宮田医院院長)

足指の動きが悪いとつまずきやすくなる

健康に長生きすることは、万人が望むところでしょう。
そのために、気をつけていただきたいのが、転倒です。

高齢者の病気以外の死因のうち、最も多いのは窒息死、その次がお風呂などでの溺死、そして3番めが転倒・転落です。
命は落とさないまでも、転倒した高齢者の15~25%は大ケガを負い、そのうち5~10%は、骨折に至っています。

骨折をすると、長期間寝たきりになる可能性が大きく、その間に体力や筋力が低下して、歩けなくなるケースが少なくありません。
転倒をきっかけに、健康寿命が終了することも多いのです。

高齢になると、なぜ転倒しやすくなるのでしょうか。
整形外科の現場で、患者さんの足を診ていると、足の指が開かず、縮こまっている人がとても多いことに気づきます。

靴をはく時間が長い現代人は、指が広がらず、そのせいで足指が機能しなくなって、ふんばる力が低下しているのです。
特に高齢の患者さんは、足の指先が地面につかない「浮き指」や曲がった足指が多く、かかとに体重がかかっているため、バランスが悪くて非常に不安定です。

そうなると、歩くときに足を上げて片足になるのが怖くて、すり足で歩くようになります。
その結果、つまずきやすくなり、転倒につながるのです。

動きの悪くなった足の指を復活させるには、日々のセルフケアが大切です。
私が、患者さんにお勧めしているのは「、足の指回し」と「つま先前傾」です。

足の指回しは、足の指1本1本を、手で左右に10回くらいずつ回すだけです。
関節は、動かさないと固まります。
関節は日ごろから動かしておくことが大事なのです。

足の指回しは、関節をやわらかくする、いいきっかけになります。
関節は、自分で動かそうと意識することで、可動域が広がります。

ですから、足の指回しも、手の力だけで回すのではなく、足の指の間を広げたり、足の指を曲げたり伸ばしたりしながら行うと、より効果的です。

「歩く距離が延びた」「つまずきにくくなった」

足の指回しで関節をほぐしたら、次は、バランス感覚を鍛えるために、つま先前傾を行いましょう。
この体操は、かたい床の上など、足もとが安定した場所で行ってください。

寝たきりを防ぐ《足の指回し》のやり方

はだしになって足を肩幅に広げて立ち、足指の腹を床にしっかりつけて立ちます。
できないときは、手で足指を伸ばしてください。

背すじを伸ばしたまま、体を前傾させます。
かかとは、床から離れないようにしてください。

指先に体重をかけ、指先の腹でふんばって、5~10秒静止したら、ゆっくり元の姿勢に戻りましょう。
足の指回しとつま先前傾を、1日1~2回行ってください。

起床直後は、関節がかたく、平衡感覚も鈍いので、無理に行わないほうがいいでしょう。
少し体を動かして関節がほぐれてきた午後、またはお風呂上がりがお勧めです。

私の医院では、自発的に関節を動かすことを重視し、治療に頼るだけでなく、体操を含めたセルフケアも必ず行うよう指導しています。
簡単なセルフケアを毎日少しずつ行うだけで、体はすぐに変化します。

実際、今回ご紹介したセルフケアで、「歩く距離が延びた」「つまずきにくくなった」という患者さんは多数おられます。
靴や靴下も大切です。

最近の靴や靴下は、つまずき防止のために、つま先が浮くように設計された物があります。
一見よさそうですが、逆に浮き指を悪化させ、ふんばりの効かない足になるおそれがあります。

自分の足でしっかり歩くには、つま先が上がっていない靴や靴下を選びましょう。
靴下は、5本指靴下をはくか、暖かい時期の室内なら、はだしが安全です。

いずれの場合も、指の腹で地面をしっかりつかんで歩くように心がけましょう。
転倒して、大ケガをし、寝たきりになってからでは、体を元の状態に戻すことは困難です。

そうなる前に、できることをやっておきましょう。
ちょっとした心がけで、老後の生活は大きく変わります。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連するキーワード
関連記事
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
最新記事
コンブを水に漬けて冷蔵庫で10日ほど発酵させ、乳酸菌と酵母を培養する「コンブ酵母」が話題になっています。コンブ特有のにおいが軽減し、旨みが濃くなるので、そのまま飲んでも、料理に使ってもよし!食生活に取り入れる人が急増中です。コンブ酵母の作り方と、コンブ酵母の活用レシピをご紹介します!【レシピ】COBOウエダ家
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)