【原因不明】フワッと浮くような頭位めまいが「小指湿布」で消えた!冷え症も改善

【原因不明】フワッと浮くような頭位めまいが「小指湿布」で消えた!冷え症も改善

動いたときに体がついてきていないような違和感を、ときどき感じるようになったのは、3〜4年ほど前のことです。【体験談】永木亜希子(主婦・37歳)


めまいが怖くて外出もできない

 動いたときに体がついてきていないような違和感を、ときどき感じるようになったのは、3〜4年ほど前のことです。体がフワッと浮くような感じがして、不安定で立っていられなくなります。時間はほんの数秒ですが、座り込んで治まるのを待つしかありません。
 最初はたまに起こるだけだったので、そのままにしていました。ところが、1年くらいすると、めまいがひんぱんに起こるようになったのです。
 耳鼻科での検査の結果は異状なし。しかし、その後もめまいはたびたび起こり、「もしひどいのが来たら」と思うと、怖くて外にも行けない状態です。
 耳鼻科を3軒めぐったあと、脳神経外科で検査を受けましたが、結果は同じ。医師も首をかしげるばかりです。最後に行ったのは心療内科で、自律神経失調症と診断されて、抗うつ剤を出されました。しかし、薬を飲むと、むしろますます症状がひどくなってきたので、2〜3ヵ月でやめました。
 「小指シップ」のことは、めまいに効く情報を集めているうちに雑誌で知りました。お金もかからず、害もなさそうなので、薬局でシップを買い、早速試してみました。お風呂のとき以外は、ずっとはっています。
 すると、初日から効果がありました。小指シップをしたら、いつも冷たい手足の先がポカポカしてきたのです。さらに2日めには、冷房のきいた部屋にいても手足や体が温かいうえ、肩こりもらくになってきました。
 3日めは、ちょうど生理になったのですが、いつも生理前日には首や肩のこりがふだんよりひどいのに、今回はそれがありませんでした。
 その後も続けたところ、1週間ほどで首や肩のこりがだいぶらくになって、重い物を持っても平気になりました。
 しかも、この間、めまいも起こらなかったのです。一〜二度、ちょっと体がフワッとして「来るかな?」と思ったのですが、それだけで終わりました。
 それからも、座り込むほどのめまいやふらつきは一度も起こっていません。外に行くのが怖くなくなり、気分も明るくなって、すっかり普通の暮らしを取り戻しました。ただただ驚き、感動するばかりです

めまいを引き起こす首のこりを取る(安田医院院長 安田 譲)

 永木さんのめまいは、首すじのこりが原因で起こる、頸性めまい症だと考えられます。
 小指シップには首すじのこりをゆるめる作用があるため、めまいに効果が見られたのでしょう。ぜひ続けてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


めまい症 小指シップの効果

関連する投稿


【メニエール病とは】初期症状は "めまい" 原因は自律神経の乱れ 呼吸法が効果的

【メニエール病とは】初期症状は "めまい" 原因は自律神経の乱れ 呼吸法が効果的

メニエール病をはじめとする、めまいの患者さんと長年接するうちに、私は興味深い点に気付きました。患者さんの多くが、肩と胸を上下させる浅い胸式呼吸をしていたのです。【解説】石井正則(JCHO東京新宿メディカルセンター耳鼻咽喉科診療部長)


便秘に即効【首の後ろ】を押すと頭位性めまい、メニエール病の症状が改善する不思議

便秘に即効【首の後ろ】を押すと頭位性めまい、メニエール病の症状が改善する不思議

「ピンポイント療法」には、第1頸椎と第2頸椎の二つのポイントを押す方法があります。ここでは、それぞれの押すポイントの見つけ方と、ピンポイント療法のやり方を説明しましょう。【解説】松久正(鎌倉ドクタードルフィン診療所院長)


脊柱管狭窄症が原因の【めまい】が「首の後ろ」を押したら消失! 耳鳴りも治った

脊柱管狭窄症が原因の【めまい】が「首の後ろ」を押したら消失! 耳鳴りも治った

私は50歳を過ぎたころから、ふらついたり、フワフワしたりする「めまい」に悩まされるようになりました。初めは更年期障害かと思っていたのですが、何年たっても症状はなくならず、ますますひどくなるばかりでした。【体験談】田所美恵子(仮名●神奈川県●61歳●主婦)


「よくかむ=奥歯を使う」は間違い!ティッシュ1枚でできる【かみ合わせトレーニング】

「よくかむ=奥歯を使う」は間違い!ティッシュ1枚でできる【かみ合わせトレーニング】

腰痛をはじめ、頭痛や肩こり、耳鳴り、めまい、手のしびれなど、全身のさまざまな不調は、実はかみ合わせが原因である場合が少なくありません。 そこで、咬合関連症からくる不調を軽減させ、かみ合わせを改善できるトレーニング「ティッシュかみ」をご紹介します。【解説】長坂斉(長坂歯科院長)


【首こり】ストレートネックが原因 ぐるぐる「頭位めまい症」は首をほぐせば改善する

【首こり】ストレートネックが原因 ぐるぐる「頭位めまい症」は首をほぐせば改善する

回転性の頭位めまい症の患者さんには、明らかな脳の病気がある場合を除いて、まず首凝り治療を指導します。原因がわからず、わらにもすがる思いで受診された患者さんにはストレートネックなど「首こり」が原因のことも。「首の3点もみ」でめまいを改善したケースをご紹介しましょう。【解説】入野宏昭(IR健康管理システム入野医院院長)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)