医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【中鎖脂肪酸】MCTオイルのダイエット効果 糖尿病のヘモグロビンA1cも改善した医師

【中鎖脂肪酸】MCTオイルのダイエット効果 糖尿病のヘモグロビンA1cも改善した医師

「MCTオイル」が今、ダイエットや健康、医療の現場でも脚光を浴びているのです。「MCT」とは、中鎖脂肪酸(Medium Chain Triglycerides)の頭文字のこと。中鎖脂肪酸は脂肪を構成する脂肪酸の一種で、ココナッツパームヤシ、牛乳、母乳などに含まれています【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


解説者のプロフィール

むねたてつお 
1947年、千葉県生まれ。65年、北海道大学理学部地質学鉱物学科入学。卒業後、地質調査などに従事したが、その後、医師を志し、73年、帝京大学医学部入学。小豆沢病院、立川相互病院勤務を経て、92年、千葉県市原市に宗田マタニティクリニックを開院。糖尿病妊娠、妊娠糖尿病の患者に対して糖質制限による治療を推進、絶大な効果を挙げている。近著『ケトン体でやせる!バターコーヒーダイエット』(河出書房新社)ほか、著書多数。
●宗田マタニティクリニック
http://muneta.org/

やせやすく太りにくい体質になる

 テレビ番組で話題になり、最近はテレビCMでもその名を聞く「MCTオイル」。スーパーで手軽に入手できるこの油が今、ダイエットや健康、医療の現場でも脚光を浴びているのです。

 まず、MCTオイルとはなんなのでしょうか。「MCT」とは、中鎖脂肪酸(Medium Chain Triglycerides)の頭文字のこと。中鎖脂肪酸は、脂肪を構成する脂肪酸の一種で、ココナッツやパームヤシ、牛乳、母乳などに含まれています。例えば、ココナッツオイルには、約60%の中鎖脂肪酸が含まれています。これに対し、天然の中鎖脂肪酸100%でできている油が、MCTオイルなのです。

 脂肪酸は炭素が連なる長さによって、長鎖脂肪酸や中鎖脂肪酸などに分類されます。サラダ油やオリーブオイルなどの一般的な植物油は、主に長鎖脂肪酸でできています。長鎖脂肪酸は体内で肝臓や脂肪組織などに蓄えられて必要に応じて分解され、エネルギーとして消費されます。

 一方、MCTオイルの構成成分である中鎖脂肪酸は、長鎖脂肪酸に比べて約半分の長さしかないため、非常に消化・吸収されやすいのが特徴です。長鎖脂肪酸の約4倍もの速さで分解されます。つまり、MCTオイルは、摂取するとすぐにエネルギーとして使われるので、体脂肪として蓄積されにくい油なのです。

 さらに、MCTオイルを取る大きなメリットは、やせやすく太りにくい「ケトン体質」になれることです。
 ケトン体質とは、「ケトン体」をメインのエネルギー源として利用できる体の状態をいいます。

 私たちの体には、生きるために必要なエネルギーを生産する2種類のエンジンが備わっています。1つは、糖質やタンパク質を分解してできるブドウ糖を燃料にする「糖質回路」。もう1つは、脂肪を分解してできるケトン体を燃料にする「ケトン体回路」です。

 体のエネルギーとして優先的に使われるのは、通常はブドウ糖です。そのため食事から糖質を取っていると、糖質回路がメインで働き、ケトン体回路は休んでいます。そして、ブドウ糖が枯渇すると、体内脂肪を燃料とするケトン体回路が働き始めるのです。

 ところが、MCTオイルを取ると、体内にブドウ糖がじゅうぶんある状態でも、ケトン体回路が活発に働くようになります。すると、体内に蓄積した脂肪が効率よく燃焼されるようになるのです。しかも、ケトン体は脳の満腹中枢を刺激するので、空腹感や食欲を抑える働きもあります。つまり、MCTオイルを取って、ケトン体質に転換することが、ダイエット成功の秘訣といえます。

ヘモグロビンA1cが 8・6%→5・2%に!

 私自身、ケトン体質になってダイエットに成功しました。

 私は9年前に糖尿病になり、糖質制限食を実践しています。糖質制限は、食事から摂取する糖質を減らすことにより、ケトン体回路を主力で働かせる食事法です。糖質を取らなければ血糖値も上がらないので、糖尿病の治療にも有効なわけです。

 私は、朝と昼はコーヒーだけを飲み、夕食は肉をたっぷり食べる食生活に変えました。途中で朝と昼のコーヒーには、MCTオイルを7g(スプーン2杯程度)入れるようになり、現在もそれを続けています。

 すると、半年で体重が84㎏から69㎏になり、15㎏の減量に成功。95・5cmあったウエストは88・1cmにサイズダウンしました。血糖状態を示すヘモグロビンA1cの数値も、8・6%から5・2%と、半年で基準値内に下がったのです。

 現在は、朝と昼はMCTオイルを入れたホットコーヒーのみですが、夜は肉を300〜400gくらい食べています。この食生活でダイエット後の体重をキープし、血糖値も正常化しています。「1日1食だとおなかが空きませんか?」と思われるかもしれませんが、空腹感や疲労感とは無縁で、1日じゅう元気に動けています。なぜならケトン体質になってケトン体回路を動かすようになれば、ブドウ糖をエネルギー源にするよりも、パワフルで長時間の活動ができるようになるからです。

 一般の人がMCTオイルをダイエットに活用する場合、1日に20〜40gを上限に、コーヒーなど飲み物に混ぜるか、サラダなどの料理にかけて取るとよいでしょう。

 MCTオイルはココナッツオイルと違い、熱に弱いため、フライパンで熱して使用する調理油の代わりには向きません。ですが、ホットコーヒーやスープなど、人が飲める程度の熱ならば耐えられます。

 糖質を減らすことでダイエット効果はさらに高まりますので、まずは朝食の代わりにMCTオイル入りのコーヒーを飲むことから始めてみてはいかがでしょうか。

コーヒーにMCTオイルを小さじ1~2杯入れるのが、お勧めの摂り方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

中国・三国時代の故事に、シソについての話があります。カニを食べて食中毒を起こして死にかけた若者に、華侘という名医が紫色の葉を煎じて飲ませたところ、たちどころに快癒。これが紫蘇の名前の由来となったといいます。生薬としても珍重され、気管支炎、セキ・痰、不眠の治療などに広く用いられてきました。【解説】丁宗鐵(百済診療所院長)


ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

ぜい肉を落とすなら筋肉は鍛えず「緩める」といい!「足の指回し」の効果

足の指のこわばりをほぐし、足裏の三つのアーチを使って立てるようになれば、「がんばるところ」と「使わないところ」がなくなります。全身がほどよく緩み、すべての筋肉を正しく使えるようになって、スリムで美しい体形に自然と変わっていくのです。【解説】YUKARI(品格ボディアドバイザー・足の指まわし協会代表)


酢玉ねぎと紫玉ねぎでヘモグロビンA1cが下がり中性脂肪値も激減

酢玉ねぎと紫玉ねぎでヘモグロビンA1cが下がり中性脂肪値も激減

私は酢玉ねぎを作る際、最初から味が調えてある「調味酢」を買って使っています。薄くスライスした玉ねぎを調味酢に半日ほど漬けるだけなので簡単です。食べ始めて2カ月の検査で血糖値が下がり効果を実感!また、酢玉ねぎに加え、紫玉ねぎも食べるようにしたところ体調がさらによくなりました。【体験談】今枝紀代子(主婦・70歳)


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


【特集】短期間でウエスト10センチ減!お腹周り集中ダイエットおすすめ5選

【特集】短期間でウエスト10センチ減!お腹周り集中ダイエットおすすめ5選

頑固な便秘によるポッコリ下腹や、浮き輪をつけたようなお腹周りの脂肪とたるみ…くびれのないウエストにため息をついていませんか?苦しい筋トレや厳しい食事制限なしで驚くほど簡単にお腹周りをスッキリさせる方法があります!下腹が確実に「10cm」細くなる最強ダイエットBEST5をピックアップ!【構成】ケンカツ!編集部


最新の投稿


寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

薄着になる季節に気になるのが、ポッコリおなか。そこで登場するのが「シソ酢」です。黒酢にシソを漬けて、冷蔵庫で1時間。あっという間に出来上がります。スキッと爽やかな後味で、水分補給としても最適なシソ酢は、糖質の吸収を抑え、やせると評判。ぜひ、お試しください。【構成】『安心』編集部


【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

中国・三国時代の故事に、シソについての話があります。カニを食べて食中毒を起こして死にかけた若者に、華侘という名医が紫色の葉を煎じて飲ませたところ、たちどころに快癒。これが紫蘇の名前の由来となったといいます。生薬としても珍重され、気管支炎、セキ・痰、不眠の治療などに広く用いられてきました。【解説】丁宗鐵(百済診療所院長)


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)