MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【妊娠糖尿病】MCTオイルで血糖コントロールに成功 インスリン注射を回避

【妊娠糖尿病】MCTオイルで血糖コントロールに成功 インスリン注射を回避

私が患者さんに指導しているのは、「高タンパク」「高脂肪」「低糖質」の食事です。この食事内容は、ケトン体を主力エネルギーとして使うケトン体質に導く「ケトン食」です。ケトン食が特に有効なのは、妊娠糖尿病です。全妊婦の約12%が罹患すると言われています。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)

不妊で訪れた男性の精子量が倍増!

 私が患者さんに指導しているのは、「高タンパク」「高脂肪」「低糖質」の食事です。「MCTオイル」のほか、肉や卵、チーズをメインに、バターや生クリーム、魚介類、大豆製品など高タンパク・高脂肪の食べ物をたっぷり取り、ご飯やパン、麺類、果物やイモ類などの糖質の多い食べ物は控えます。糖質が少ない葉物野菜や、食物繊維が豊富なキノコ・海藻類も積極的に取ります。

 この食事内容は、ケトン体を主力エネルギーとして使うケトン体質に導く「ケトン食」です。

 ケトン食が特に有効なのは、妊娠糖尿病です。妊娠糖尿病とは、妊娠中に初めて発見、または発症した、糖尿病に至っていない糖代謝異常のことです。全妊婦の約12%が罹患すると言われています。胎児に影響を与えるのはもちろんのこと、合併症が起こるリスクや将来的に糖尿病になる可能性も高まります。

 妊娠中は、内服の糖尿病薬が使えません。そのため、食事療法で高血糖が改善しない場合は、インスリン注射を使用します。しかし、カロリー制限による食事療法は、摂取カロリーを大幅に減らすため挫折する人が多く、低カロリーでは糖質が多くなり、血糖値が上がりやすくなります。さらにインスリン注射は副作用で太りやすいのが難点です。

 ところが、ケトン食に切り替え、体がケトン体質になると、糖をメインのエネルギーとして使わなくなるため、食事のたびに血糖値が乱高下することがなくなります。その結果、高血糖が改善していきます。

 私のクリニックでは、妊娠糖尿病でもインスリン注射を使わずに血糖値を良好にコントロールし、元気な赤ちゃんを出産された妊婦さんが大勢いらっしゃいます。

 また、MCTオイルは、男性不妊にも有効です。私は、精子の数が少ない精子減少症や、精子の運動能力が衰えた精子無力症の患者さんにも、MCTオイルなどのケトン食を指導しています。その結果、ケトン食を取り入れた男性の中には、精子の量が数倍になったり、精子の直進運動率(まっすぐに速く運動する良好な精子の割合)が増加したりして、自然妊娠に成功する例も出ています。

MTCオイルでケトン体質になると、たくさんの健康効果が得られる

ガン細胞への栄養を遮断できる

 かつての医療では、「血中のケトン体値が上昇すると、体に害を及ぼすのでは」と言われていましたが、心配は無用です。

 ケトン体は、心筋、骨格筋、脳、腎臓など、さまざまな臓器で日常的にエネルギー源として利用されており、人体に常に存在していて、まったく毒性はありません。妊婦や胎児、新生児のケトン体値は非常に高いことがわかっており、ケトン体は赤ちゃんが育つために不可欠な栄養源となっているのです。

 それだけではありません。ケトン体は先に挙げた糖尿病に加え、ガンや認知症、うつなど、さまざまな病気や不調の症状改善や予防効果があると期待されています。

 例えば、ガン細胞は正常な細胞と違って、エネルギー源はブドウ糖のみで、ケトン体をエネルギーにすることはできません。そのため、糖質制限を行いつつ、ケトン食を続けると、ガン細胞への栄養を遮断し、増殖を抑えることができるのです。

 実際、ガン患者の食事療法にケトン食を実施し、転移ガンが消失したという症例も多数報告されています。

 また、ケトン体は脳にとって重要なエネルギー源であり、ケトン食は脳神経の活性化に役立ちます。実はケトン食は、1920年代からすでにてんかんの治療に用いられており、現在は厚生労働省が認定した「保険適応食」となっています。そのためココナッツオイルやココナッツバターなどを活用したケトン食を、病院の栄養士が提供しています。

 近年はMCTオイルの主成分である中鎖脂肪酸が、アルツハイマー病や認知症の改善に有効であることが判明し、治療への応用が始まっています。

 ケトン体質になると、うつ状態の改善につながることもあります。うつ病の人にとって大敵は、糖質の取り過ぎに伴う血糖値の乱高下です。血糖値が急激に上昇したり、急に下がったりすると、眠気やだるさ、イライラ感に襲われ、精神が不安定になりやすいからです。ケトン体質になれば、血糖値が安定するので、精神的にも安定するのです。

 血糖値の急上昇は、血管を傷つける最大の原因ですから、血糖値を上げないケトン食は、動脈硬化の予防にも有効です。

 このように、ケトン体を主力エネルギー源に使えるケトン体質になることは、健康にとっていいことずくめ。MCTオイルを食生活に取り入れることはケトン体質に近づく早道なので、ダイエットしたい人に限らず、どんな人にもお勧めです。

ケトン体は糖尿病、ガンや認知症などの症状改善や予防効果があると期待される

解説者のプロフィール

むねた てつお 
1947年、千葉県生まれ。65年、北海道大学理学部地質学鉱物学科入学。卒業後、地質調査などに従事したが、その後、医師を志し、73年、帝京大学医学部入学。小豆沢病院、立川相互病院勤務を経て、92年、千葉県市原市に宗田マタニティクリニックを開院。糖尿病妊娠、妊娠糖尿病の患者に対して糖質制限による治療を推進、絶大な効果を挙げている。近著『ケトン体でやせる!バターコーヒーダイエット』(河出書房新社)ほか、著書多数。
●宗田マタニティクリニック
http://muneta.org/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
こうして手のひらを押していたところ、なんと今年3月の人間ドックではヘモグロビンA1cが6.3%と正常値にまで低下したのです。これで安心したのですが、私の母にはもっと凄い効果が表れました。インスリン注射を1日1回に減らせました。注射は体に大きな負担があるらしく、これには母も大喜びでした【体験談】小池幸子(会社員・56歳)
更新: 2019-03-19 18:00:00
主人の血糖値ですが、酢タマネギを食べ始めてわずか2ヵ月ほどで100mg/dlまで下がりました。服薬を続けても下がらなかったのに、酢タマネギを食べ始めてすぐに改善したことには驚きました。血圧も下がり、以前は降圧剤を飲んで最大血圧が200mmHgだったのが、今は130mmHg程度です。【体験談】伊林好子(主婦・76歳)
更新: 2019-02-22 18:00:00
マグネシウムは体内では合成できないため、必ず食品から摂取しなければいけない「必須ミネラル」の1つです。現代の日本人の食生活は、カロリーは満たされていても、マグネシウムが足りない『新型栄養失調』状態にあるのです。その結果、糖尿病や脂質異常症、肥満をきたしやすくなるのです。【解説】横田邦信(東京慈恵会医科大学客員教授)
更新: 2018-12-31 18:00:00
認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)
更新: 2018-11-12 18:00:00
ゴーヤに含まれる苦み成分の一つであるチャランチンには、インスリンと似た働きがあります。また、同じく苦み成分であるモモルデシンにも、血糖降下作用があることがわかっています。さらに、ゴーヤには糖代謝を活性化するビタミンB1や、糖の吸収を遅らせる食物繊維も豊富に含まれています。【解説】下津浦康裕(下津浦内科医院院長)
更新: 2018-10-20 12:00:00
最新記事
私は鍼灸師で、日本で一般的に行われている鍼灸治療のほか、「手指鍼」を取り入れた治療を行っています。手指鍼はその名のとおり、手や指にあるツボを鍼などで刺激して、病気や不調を改善する治療法です。【解説】松岡佳余子(アジアンハンドセラピー協会理事・鍼灸師)
更新: 2019-05-27 18:00:00
なぜ、クルミが耳鳴り解消に効くのでしょうか。東洋医学的には、耳鳴りの原因は血や水の巡りの悪さにあるとされるので、クルミの利尿作用が効果をもたらしたといえます。一方、西洋医学的に考えると、注目すべきは、クルミに含まれるα ─ リノレン酸の働きです。【解説】小川哲夫(小川医院理事長)
更新: 2019-05-26 18:00:00
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt