医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【妊娠糖尿病】MCTオイルで血糖コントロールに成功 インスリン注射を回避

【妊娠糖尿病】MCTオイルで血糖コントロールに成功 インスリン注射を回避

私が患者さんに指導しているのは、「高タンパク」「高脂肪」「低糖質」の食事です。この食事内容は、ケトン体を主力エネルギーとして使うケトン体質に導く「ケトン食」です。ケトン食が特に有効なのは、妊娠糖尿病です。全妊婦の約12%が罹患すると言われています。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


不妊で訪れた男性の精子量が倍増!

 私が患者さんに指導しているのは、「高タンパク」「高脂肪」「低糖質」の食事です。「MCTオイル」のほか、肉や卵、チーズをメインに、バターや生クリーム、魚介類、大豆製品など高タンパク・高脂肪の食べ物をたっぷり取り、ご飯やパン、麺類、果物やイモ類などの糖質の多い食べ物は控えます。糖質が少ない葉物野菜や、食物繊維が豊富なキノコ・海藻類も積極的に取ります。

 この食事内容は、ケトン体を主力エネルギーとして使うケトン体質に導く「ケトン食」です。

 ケトン食が特に有効なのは、妊娠糖尿病です。妊娠糖尿病とは、妊娠中に初めて発見、または発症した、糖尿病に至っていない糖代謝異常のことです。全妊婦の約12%が罹患すると言われています。胎児に影響を与えるのはもちろんのこと、合併症が起こるリスクや将来的に糖尿病になる可能性も高まります。

 妊娠中は、内服の糖尿病薬が使えません。そのため、食事療法で高血糖が改善しない場合は、インスリン注射を使用します。しかし、カロリー制限による食事療法は、摂取カロリーを大幅に減らすため挫折する人が多く、低カロリーでは糖質が多くなり、血糖値が上がりやすくなります。さらにインスリン注射は副作用で太りやすいのが難点です。

 ところが、ケトン食に切り替え、体がケトン体質になると、糖をメインのエネルギーとして使わなくなるため、食事のたびに血糖値が乱高下することがなくなります。その結果、高血糖が改善していきます。

 私のクリニックでは、妊娠糖尿病でもインスリン注射を使わずに血糖値を良好にコントロールし、元気な赤ちゃんを出産された妊婦さんが大勢いらっしゃいます。

 また、MCTオイルは、男性不妊にも有効です。私は、精子の数が少ない精子減少症や、精子の運動能力が衰えた精子無力症の患者さんにも、MCTオイルなどのケトン食を指導しています。その結果、ケトン食を取り入れた男性の中には、精子の量が数倍になったり、精子の直進運動率(まっすぐに速く運動する良好な精子の割合)が増加したりして、自然妊娠に成功する例も出ています。

MTCオイルでケトン体質になると、たくさんの健康効果が得られる

ガン細胞への栄養を遮断できる

 かつての医療では、「血中のケトン体値が上昇すると、体に害を及ぼすのでは」と言われていましたが、心配は無用です。

 ケトン体は、心筋、骨格筋、脳、腎臓など、さまざまな臓器で日常的にエネルギー源として利用されており、人体に常に存在していて、まったく毒性はありません。妊婦や胎児、新生児のケトン体値は非常に高いことがわかっており、ケトン体は赤ちゃんが育つために不可欠な栄養源となっているのです。

 それだけではありません。ケトン体は先に挙げた糖尿病に加え、ガンや認知症、うつなど、さまざまな病気や不調の症状改善や予防効果があると期待されています。

 例えば、ガン細胞は正常な細胞と違って、エネルギー源はブドウ糖のみで、ケトン体をエネルギーにすることはできません。そのため、糖質制限を行いつつ、ケトン食を続けると、ガン細胞への栄養を遮断し、増殖を抑えることができるのです。

 実際、ガン患者の食事療法にケトン食を実施し、転移ガンが消失したという症例も多数報告されています。

 また、ケトン体は脳にとって重要なエネルギー源であり、ケトン食は脳神経の活性化に役立ちます。実はケトン食は、1920年代からすでにてんかんの治療に用いられており、現在は厚生労働省が認定した「保険適応食」となっています。そのためココナッツオイルやココナッツバターなどを活用したケトン食を、病院の栄養士が提供しています。

 近年はMCTオイルの主成分である中鎖脂肪酸が、アルツハイマー病や認知症の改善に有効であることが判明し、治療への応用が始まっています。

 ケトン体質になると、うつ状態の改善につながることもあります。うつ病の人にとって大敵は、糖質の取り過ぎに伴う血糖値の乱高下です。血糖値が急激に上昇したり、急に下がったりすると、眠気やだるさ、イライラ感に襲われ、精神が不安定になりやすいからです。ケトン体質になれば、血糖値が安定するので、精神的にも安定するのです。

 血糖値の急上昇は、血管を傷つける最大の原因ですから、血糖値を上げないケトン食は、動脈硬化の予防にも有効です。

 このように、ケトン体を主力エネルギー源に使えるケトン体質になることは、健康にとっていいことずくめ。MCTオイルを食生活に取り入れることはケトン体質に近づく早道なので、ダイエットしたい人に限らず、どんな人にもお勧めです。

ケトン体は糖尿病、ガンや認知症などの症状改善や予防効果があると期待される

解説者のプロフィール

むねた てつお 
1947年、千葉県生まれ。65年、北海道大学理学部地質学鉱物学科入学。卒業後、地質調査などに従事したが、その後、医師を志し、73年、帝京大学医学部入学。小豆沢病院、立川相互病院勤務を経て、92年、千葉県市原市に宗田マタニティクリニックを開院。糖尿病妊娠、妊娠糖尿病の患者に対して糖質制限による治療を推進、絶大な効果を挙げている。近著『ケトン体でやせる!バターコーヒーダイエット』(河出書房新社)ほか、著書多数。
●宗田マタニティクリニック
http://muneta.org/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)


朝イチで飲む抹茶レモンで脳が活性化!記憶力が改善する効果

朝イチで飲む抹茶レモンで脳が活性化!記憶力が改善する効果

抹茶に含まれるカテキンなどのポリフェノールは、抗酸化力の強い物質であることがわかっています。さらに、レモンの皮に含まれる「ノビレチン」というポリフェノールには、認知症の原因の1つとされている、アミロイドβという物質の脳への沈着を減らす働きがあるという研究結果が出ているのです。【解説】丁宗鐵(医学博士・日本薬科大学学長)


【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

【集中力がアップ】片側の鼻で呼吸するとイライラが消え記憶力が向上する!

片鼻呼吸法とは、文字どおり、片側の鼻だけで呼吸する方法で、ヨガなどでもよく行われています。片鼻呼吸法を毎日行うことで、記憶力を向上させ、ボケを防いで、さらにさまざまな健康効果を得ることを期待できるのです。【解説】高田明和(浜松医科大学名誉教授)


脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

脳を鍛える【足の使い方】脳の専門家おすすめは「足指の小指刺激」

ほとんどの人は、両足10本の指のうちに何本か、意識があまり通じていない指があるはずです。足には多くの筋肉があり、5本の指それぞれで、使う筋肉も異なります。指1本1本を動かしたり刺激したりすれば、それだけで、脳に多彩な刺激が行き渡り、脳が喜びます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長・「脳の学校」代表)


認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

認知症や脳卒中の予防に期待 シソ酢に含まれる「ロスマリン酸」の効果

近年、青ジソや赤ジソに含まれる「ロスマリン酸」に注目が集まっています。ロスマリン酸は、認知症を引き起こす脳へのたんぱく質の凝集を防ぐと期待されています。脳の酸化を抑えることは、脳の病気を予防することに直結するといってもいいでしょう。【解説】阿部康二(岡山大学医学部脳神経内科学教授)


最新の投稿


【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)


【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)


風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)