【妊娠糖尿病】MCTオイルで血糖コントロールに成功 インスリン注射を回避

【妊娠糖尿病】MCTオイルで血糖コントロールに成功 インスリン注射を回避

私が患者さんに指導しているのは、「高タンパク」「高脂肪」「低糖質」の食事です。この食事内容は、ケトン体を主力エネルギーとして使うケトン体質に導く「ケトン食」です。ケトン食が特に有効なのは、妊娠糖尿病です。全妊婦の約12%が罹患すると言われています。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


不妊で訪れた男性の精子量が倍増!

 私が患者さんに指導しているのは、「高タンパク」「高脂肪」「低糖質」の食事です。「MCTオイル」のほか、肉や卵、チーズをメインに、バターや生クリーム、魚介類、大豆製品など高タンパク・高脂肪の食べ物をたっぷり取り、ご飯やパン、麺類、果物やイモ類などの糖質の多い食べ物は控えます。糖質が少ない葉物野菜や、食物繊維が豊富なキノコ・海藻類も積極的に取ります。

 この食事内容は、ケトン体を主力エネルギーとして使うケトン体質に導く「ケトン食」です。
 ケトン食が特に有効なのは、妊娠糖尿病です。妊娠糖尿病とは、妊娠中に初めて発見、または発症した、糖尿病に至っていない糖代謝異常のことです。全妊婦の約12%が罹患すると言われています。胎児に影響を与えるのはもちろんのこと、合併症が起こるリスクや将来的に糖尿病になる可能性も高まります。

 妊娠中は、内服の糖尿病薬が使えません。そのため、食事療法で高血糖が改善しない場合は、インスリン注射を使用します。しかし、カロリー制限による食事療法は、摂取カロリーを大幅に減らすため挫折する人が多く、低カロリーでは糖質が多くなり、血糖値が上がりやすくなります。さらにインスリン注射は副作用で太りやすいのが難点です。
 ところが、ケトン食に切り替え、体がケトン体質になると、糖をメインのエネルギーとして使わなくなるため、食事のたびに血糖値が乱高下することがなくなります。その結果、高血糖が改善していきます。

 私のクリニックでは、妊娠糖尿病でもインスリン注射を使わずに血糖値を良好にコントロールし、元気な赤ちゃんを出産された妊婦さんが大勢いらっしゃいます。
 また、MCTオイルは、男性不妊にも有効です。私は、精子の数が少ない精子減少症や、精子の運動能力が衰えた精子無力症の患者さんにも、MCTオイルなどのケトン食を指導しています。その結果、ケトン食を取り入れた男性の中には、精子の量が数倍になったり、精子の直進運動率(まっすぐに速く運動する良好な精子の割合)が増加したりして、自然妊娠に成功する例も出ています。

→体験談はコチラ「MCTオイルコーヒーで25kgやせて性生活も復活!」

ガン細胞への栄養を遮断できる

 かつての医療では、「血中のケトン体値が上昇すると、体に害を及ぼすのでは」と言われていましたが、心配は無用です。

 ケトン体は、心筋、骨格筋、脳、腎臓など、さまざまな臓器で日常的にエネルギー源として利用されており、人体に常に存在していて、まったく毒性はありません。妊婦や胎児、新生児のケトン体値は非常に高いことがわかっており、ケトン体は赤ちゃんが育つために不可欠な栄養源となっているのです。

 それだけではありません。ケトン体は先に挙げた糖尿病に加え、ガンや認知症、うつなど、さまざまな病気や不調の症状改善や予防効果があると期待されています。
 例えば、ガン細胞は正常な細胞と違って、エネルギー源はブドウ糖のみで、ケトン体をエネルギーにすることはできません。そのため、糖質制限を行いつつ、ケトン食を続けると、ガン細胞への栄養を遮断し、増殖を抑えることができるのです。

 実際、ガン患者の食事療法にケトン食を実施し、転移ガンが消失したという症例も多数報告されています。
 また、ケトン体は脳にとって重要なエネルギー源であり、ケトン食は脳神経の活性化に役立ちます。実はケトン食は、1920年代からすでにてんかんの治療に用いられており、現在は厚生労働省が認定した「保険適応食」となっています。そのためココナッツオイルやココナッツバターなどを活用したケトン食を、病院の栄養士が提供しています。
 近年はMCTオイルの主成分である中鎖脂肪酸が、アルツハイマー病や認知症の改善に有効であることが判明し、治療への応用が始まっています。

 ケトン体質になると、うつ状態の改善につながることもあります。うつ病の人にとって大敵は、糖質の取り過ぎに伴う血糖値の乱高下です。血糖値が急激に上昇したり、急に下がったりすると、眠気やだるさ、イライラ感に襲われ、精神が不安定になりやすいからです。ケトン体質になれば、血糖値が安定するので、精神的にも安定するのです。
 血糖値の急上昇は、血管を傷つける最大の原因ですから、血糖値を上げないケトン食は、動脈硬化の予防にも有効です。

 このように、ケトン体を主力エネルギー源に使えるケトン体質になることは、健康にとっていいことずくめ。MCTオイルを食生活に取り入れることはケトン体質に近づく早道なので、ダイエットしたい人に限らず、どんな人にもお勧めです。

むねた てつお 
1947年、千葉県生まれ。65年、北海道大学理学部地質学鉱物学科入学。卒業後、地質調査などに従事したが、その後、医師を志し、73年、帝京大学医学部入学。小豆沢病院、立川相互病院勤務を経て、92年、千葉県市原市に宗田マタニティクリニックを開院。糖尿病妊娠、妊娠糖尿病の患者に対して糖質制限による治療を推進、絶大な効果を挙げている。近著『ケトン体でやせる!バターコーヒーダイエット』(河出書房新社)ほか、著書多数。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【歯周病菌の除菌方法】3DSとは?歯周病が原因の様々な病気を予防する注目の歯科技術

【歯周病菌の除菌方法】3DSとは?歯周病が原因の様々な病気を予防する注目の歯科技術

ムシ歯や歯周病は、口の中にいる細菌が原因で起こります。ご存じのように、ムシ歯や歯周病は歯を失う最大の原因となります。そこで注目されているのが、ムシ歯や歯周病の原因菌を除菌する「3DS」(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)という技術です。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部探索歯学講座教授)


【がん免疫療法とは】保険適用が承認されている免疫療法は?どんながんに適用される?

【がん免疫療法とは】保険適用が承認されている免疫療法は?どんながんに適用される?

現在、国内で承認されている免疫療法はまだ一部のがん対象に限られていますが、近い将来、さらに多くのがんへの適応が予定されています。ことに、従来の治療だけでは治らなかった進行がんを食い止め、生存率を上げる効果が期待されています。【解説】角田卓也(昭和大学医学部腫瘍内科主任教授)、【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【糖質制限の新常識】甘いものを食べてもケトン体質に!我慢できなくても“2口ルール”

【糖質制限の新常識】甘いものを食べてもケトン体質に!我慢できなくても“2口ルール”

近年、「糖質制限」という言葉がかなり一般的になり、ダイエット法や健康法として広く認知されるようになりました。しかし、一つ誤解を生んでいます。それは糖質は完全に悪で、糖質制限をするならいっさいの糖質を断たねばならないと思い込んでいる人が多いことです。【解説】畠山昌樹(第2本郷整形外科皮膚科院長)


【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

【認知症・物忘れを改善】ニンニク油で脳を活性化すると脳外科医が太鼓判

ニンニク油は、脳の健康維持や生活習慣病の予防など、さまざまな効果を期待できるすぐれた食品です。ニンニクとオリーブオイルだけで手作りできるので、安価で手軽に続けられます。患者さんにお勧めしたところ、頭痛、めまい、高血圧などが改善した例が少なくありません。【解説】篠浦伸禎(都立駒込病院脳神経外科部長)


最新の投稿


【肝臓ってどんな臓器?】急性肝炎と慢性肝炎の違い 健康診断の数値の見方や働きを専門医が解説

【肝臓ってどんな臓器?】急性肝炎と慢性肝炎の違い 健康診断の数値の見方や働きを専門医が解説

肝臓は、よく「体内の一大コンビナート」にたとえられます。栄養素の分解、合成、代謝、貯蔵、有害物の解毒、重要な消化液である胆汁の生成など、細かく分けると数百もの働きを担っており、まるで各種の工場や倉庫が集まったような機能を果たしているからです。【解説】髙橋弘(麻布医院院長ハーバード大学医学部内科元准教授)


【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

レモンコーヒーは、ポリフェノールの玉手箱。コーヒーにはクロロゲン酸、レモンにはエリオシトリンなどが含まれています。一緒に飲むことで、コーヒーとレモンのポリフェノールが併せて取れるので、よりいっそう健康効果が高まるでしょう。【解説】板倉弘重(芝浦スリーワンクリニック名誉院長・日本ポリフェノール学会理事長)


【ひざの痛み】ツボを揉むより簡単!足の“親指”を刺激するだけで血流アップ 冷えも腰痛も消えた!

【ひざの痛み】ツボを揉むより簡単!足の“親指”を刺激するだけで血流アップ 冷えも腰痛も消えた!

足の裏には、親指を頭、親指のつけ根を首として、かかとへと向かって、全身の内臓や器官に対応する「反射区」が、人体図のように並んでいます。LTF療法は、ふくらはぎなどの足、足の指、手の指をもんだり刺激したりすることで、血液循環をよくし、痛みや不調を取り去る方法です。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


【体験談】しびれるほどの足の冷えが足の親指刺激で和らいだ!こむら返りもなくなった

【体験談】しびれるほどの足の冷えが足の親指刺激で和らいだ!こむら返りもなくなった

私は、7年前に脳梗塞で倒れ、その後1年半ほど歩くことができませんでした。足の親指刺激を日課に加えてからは、しびれるような足の冷えが徐々に和らぎ、靴下をはかなくても眠れるようになりました。最近では、ふらつかずにしっかり歩けるようになっています。【体験談】杉井小夜子(無職・84歳)


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)