【頭が痛い】原因不明の片頭痛がセルフケアで治る!血流を高める「足の指回し」

【頭が痛い】原因不明の片頭痛がセルフケアで治る!血流を高める「足の指回し」

頭痛の患者さんは、血液循環が悪いのです。原因としては、姿勢の悪さや交通事故などによる首の変形、長期間にわたる鎮痛剤の使用、体を冷やす生活習慣などが考えれます。血流を妨げる原因を取り除く指導や施術と並行して、私が力を入れているのが、足の指を刺激することです。【解説】茂田真吾(ぽっかぽか整骨院・銀座院院長)


治療の基本は1本ずつ足の指をほぐすこと

私はかつて、アニマル浜口氏に師事し、プロレスラーとしてリングに上がっていました。
引退後は、柔道整復師の国家資格を取得し、治療家になりました。

現役時代にお世話になった「治療家」という職業は、私にとって身近な存在でしたし、「今度は私が人を助けたい」と思ったのです。
「元プロレスラーの治療家」というと、「バキッ」「ボキッ」という荒療治を想像するかたが多いのですが、私の場合は違います。

患者さんには、まず足湯をしていただき、そのあと、治療台の上で、足の指を1本ずつ、丁寧にほぐしていくのです。
これが私の治療の基本です。

ほぐすのは足の指ですが、頭痛や片頭痛に悩む患者さんからは、特に、絶大な信頼を受けています。
なぜ、私が頭痛治療を得意とするようになったのか、なぜ足の指なのか、お話ししましょう。

私は柔道整復師ですから、開業当初の患者さんは、肩こりや腰痛、ひざ痛に悩むかたがほとんどでした。
ところが、しばらくすると、「腰痛やひざ痛はもちろん、なぜか頭痛も治った」といわれることが増えてきたのです。

頭痛が治った患者さんがクチコミで広めてくれたり、私のほうでも、治療院のホームページに患者さんの声を載せたりしたところ、頭痛の患者さんが押し寄せるようになりました。
皆さん、脳神経外科や頭痛外来を受診したもののよくならず、わらをもつかむ気持ちで、私の治療院に来るのです。
開口一番、「助けてください」という人までいるほどです。

これまでに、頭痛の患者さんを1000人以上治療してきました。
そして、頭痛に悩む患者さんの話を聞いたり、施術したりしていると、いくつかの共通点が見えてきました。

新鮮な血液が体を巡り多くの不調が改善する

その共通点の一つが、手足が冷たく、顔色が青白いことです。
これは、血行不良であることを現しています。

つまり、頭痛の患者さんは、血液循環が悪いのです。
原因としては、姿勢の悪さや交通事故などによる首の変形、長期間にわたる鎮痛剤の使用、体を冷やす生活習慣などが考えれます。

血流を妨げる原因を取り除く指導や施術と並行して、私が力を入れているのが、足の指を刺激することです。
足の指は心臓から最も遠く、血流が悪くなりがちです。

特に、老廃物を含んだ静脈血が滞りやすく、それがまた全身の血液循環を妨げています。
足の指を刺激すると、静脈血が心臓に戻りやすくなり、新鮮な血液が体を巡るようになります。

血液循環がよくなると、内臓の機能を調整する自律神経のバランスが整い、頭痛だけでなく、さまざまな不調まで改善するのです。
患者さんは皆、治療院の施術だけでなく、自宅でも足の指を回したり、こすったり、引っ張ったりして刺激しています。

セルフケアとして習慣化している人は、頭痛の改善効果も早く現れるようです。
今回は、足の指の刺激法のうち、自分で行いやすい「足の指回し」をご紹介しましょう。

イスか床に座ります。
足の指を手でつまみやすい体勢なら、どのような姿勢でもかまいません。

足の指を手でつまんで、足の親指(母趾)から小指(第5趾)まで、1本ずつ大きく回していきます。

指を回す目的は、足の指にたまった老廃物を流し、血液循環をよくすること。

ですから、足の指を引っ張って回すことがポイントになります。
理由を説明しましょう。

足の指には複数の関節があり、本来、自由自在に動くようになっています。
ところが、現代人は昼間、窮屈な靴をはいているため、足の指の関節が固まり、骨と骨の間が狭くなっているのです。

その状態では、血流はますます滞ってしまいます。
関節を広げ、血流をよくするために、足の指を引っ張ってから回すのです。

最初のうちは、痛みを感じるかもしれません。
入浴中や、お風呂上がりなど、足が温まった状態で行うと、効果が高まるうえ、痛みも軽くなるでしょう。

前述したように、私の治療院では、患者さんに、まず足湯をしてもらいます。
そうすることで、血流がよくなるとともに、リラックスできるので、治療効果が上がるのです。

足の指回しは、1日何度行ってもかまいません。
目安としては、1本の指に対して、右回りと左回りを、5回ずつくらいで十分でしょう。
朝、靴下をはく前、夜の入浴時のほか、日中でも体の冷えを感じたときや、頭が痛くなったときなどに行うのがお勧めです。

一つ、注意点があります。
頭痛には、重篤な病気が潜んでいる場合があります。

必ず医療機関を受診し、検査を受けてください。
その結果、原因となる病気がなく、治療法はないといわれたら、ぜひ、足の指回しをやってみてください。

最後に、頭痛持ちのかたは、スマートフォンやパソコンの使用を極力控えましょう。

前のめりの姿勢や、うつむく姿勢は、首と肩に負担をかけ、血管を収縮させます。
すると、脳への血流が悪くなるので、頭痛やめまい、耳鳴りなどが起こりやすくなるのです。

「必要なとき以外は手もとに置かない」「定期的に休憩時間を取る」などの工夫をしましょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)


【体験談】私は「足の裏たたき」で血圧が下がった!不眠が治って抜け毛も改善した

【体験談】私は「足の裏たたき」で血圧が下がった!不眠が治って抜け毛も改善した

47歳のころ、突然カゼのような症状に襲われました。のどが痛くなり、微熱が続いて、すごく汗をかくのです。寝汗もひどくて、Tシャツを一晩に7〜8枚着替えるほどでした。カゼ薬を飲みましたが、全く改善しません。体がだるくて鉛のように重くなり、ものすごく疲れるのに、眠れなくなったのです。【体験談】川上由衣子(仮名・58歳・主婦)


【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

ペインクリニックで、痛みを取る治療法として頻繁に行われる「星状神経節ブロック療法」をご存じの人も多いことでしょう。耳の中央付近には、「星状神経節」に対応する反射点があります。この反射点を刺激すれば、先の星状神経節ブロック療法と似た効果を得られるのではないかと私は考えたのです。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


【耳もみの効果】糖尿病の失明回避・脊柱管狭窄症の痛み改善・不眠症も治った 4名の改善例をご紹介!

【耳もみの効果】糖尿病の失明回避・脊柱管狭窄症の痛み改善・不眠症も治った 4名の改善例をご紹介!

「耳もみ」を継続して行うと、多くの健康効果がもたらされます。ここでは、耳もみが大きな効果をもたらした症例をご報告しましょう。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


最新の投稿


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

若くても、ネコ背でトボトボと歩いている人は老けて見えますし、高齢でも、背すじがピンと伸びた人は、実年齢よりも若く見えます。よい姿勢は、見た目の若々しさを生むだけではありません。健康の面でも、メリットがあります。【解説】三矢八千代(八千代スタジオ主宰・日本体育大学非常勤講師)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)


【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

片手で次男を抱き、片手で家事をこなす日々が続いたせいで、肩こりだけでなく、腕や腰にも痛みが走るようになり、ズキズキする頭痛まで起こり始めました。足指歩きを始めて半年くらいたった頃でしょうか。「肩がこったな」と感じると、足指歩きをするだけでこりが和らぎ、疲れも取れるようになってきました。【体験談】岩内景子(主婦・38歳)


【食後高血糖とは】症状はイライラ・手足の冷え 見分け方は食後の「眠気」

【食後高血糖とは】症状はイライラ・手足の冷え 見分け方は食後の「眠気」

ここ数年、「糖質制限」や「糖質オフ」といった、糖質を減らす健康法が注目されています。私の専門の1つは、栄養面から生活習慣病や慢性病に働きかける、栄養療法です。栄養療法から見ても、食事から取る糖質を適切に減らすことは、健康であり続けるために重要です。【解説】斎藤糧三(医師)