MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【MCTオイルでダイエット】コーヒーに入れて25kgやせた

【MCTオイルでダイエット】コーヒーに入れて25kgやせた

MCTオイルコーヒーを始めて2カ月で25kgやせました。服のサイズはもちろん、靴のサイズまで小さくなりました。さらに驚いたことに、精力がアップしたのです。やせるまで、ここ10年近くもセックスはご無沙汰だったのが、MCTオイルでやせてからは20代の頃のように精力が復活しました。【体験談】金森重樹(企業グループオーナー)

解説者のプロフィール

かなもり しげき 
企業グループオーナー、ビジネスプロデューサー。東京大学法学部卒業。経営、投資などで活躍するかたわら、「ふるさと納税の達人」としても有名で、返礼品により年間食費ゼロを実現。『ふるさと納税ニッポン!2018冬号』『お金が増える本』(ともにマキノ出版)など、著書・監修書多数。

靴のサイズまで小さくなった!

たった2カ月で25kg減

 私はさまざまなビジネスを手がけていますが、その一つに歯科医院の経営があります。近年、歯科の領域で、「糖質が歯周病を悪化させる原因」とする説が目立ってきました。米国では「4週間歯を磨かない代わりに、小麦製品の摂取を断つと歯周病が改善」という研究成果も報告されました。それが真実かどうか、自分の体で試してみたいと、私は糖質制限を始めようと思いました。

 そのすぐ後、米国シリコンバレーのIT起業家デイヴ・アスプリー氏が書いた『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』(ダイヤモンド社)という本に出会い、糖質制限とともに「MCTオイル」を取ると健康効果をより高めると知りました。

 その頃の私は、決して健康とは言えませんでした。まず体形は、身長168㎝にして体重が87㎏もあり、明らかな肥満でした。特におなかまわりがすごくて、靴下を履くにも腹が邪魔をして、寝転がらないと履けないのです。少し動くだけで疲れるし、汗もかきやすく、しかもその汗がにおうので困りものでした。

 ここまで肥満だと、当然、健康診断の結果もよくありません。体脂肪率、血圧、中性脂肪値、コレステロール値、γ−GTPなど、どの検査値も軒並み「要注意」でした。

 これらを総合的に改善するにはまずやせなければならず、それには糖質制限とMCTオイルが必ず役立つと考えたのです。以後、朝食は大さじ2杯のMCTオイルを入れたコーヒー、朝食と夕食は肉料理という食生活を続けています。

 この生活を始めて2カ月後、体重はなんと62kgになりました。たった2カ月で25kg減です。当然、服のサイズは小さくなったのですが、それだけでなく靴のサイズまで小さくなりました。幅がスリムな靴も難なく履けます。

 この2カ月の間、そして現在も運動はまったくしていません。MCTオイルコーヒーと肉料理の生活だけです。しかし、1年経った今も、この体重を維持しています。

 糖質のあるビールは飲まなくなりましたが、ウイスキーと焼酎は相変わらず浴びるほど飲んでいます。それでも健康診断で要注意だった数値も軒並み正常値となり、脂肪肝まで治ってしまいました。

 また、唾液がサラサラで、朝起きたときの口の中のネバつきがなくなりました。これは、糖質制限の歯周病予防効果の表れでしょう。

 内臓が健康になったので、肌ツヤもずっといいですし、なんといっても体の重さがまったく違います。フットワークが軽くなり、動くときも腹の肉が邪魔なんてことはもうありません。

10年ご無沙汰から 20代のように復活!

 さらに驚いたことがあります。精力がアップしたのです。

 やせるまで、ここ10年近くもセックスはご無沙汰だったのが、MCTオイルでやせてからは20代の頃のように精力が復活しました。体が軽くなったおかげで若者のように腰を動かし、心ゆくまで楽しんでいます。

 いいこと尽くめの糖質制限とMCTオイルですが、やり方を間違えると効果は得られません。私自身、最初の1週間はやり方を間違えていたために、体重はまったく変動しませんでした。

 おかしいと思い、もう1度デイヴ・アスプリー氏の本を読み返してみました。すると、MCTオイルを体に吸収させるには乳化させないといけないことがわかりました。混ざらない状態で飲むと、オイルが腸で吸収されにくく、減量効果も出にくいのだそうです。

 それまで私は、コーヒーにオイルを混ぜるのにスプーンでかき混ぜていただけでした。水と油ですから、これでは混ざるわけがありません。それに気づいて、電動の泡たて器を購入して混ぜてみると、しっかり混ざり乳化しました。

 その日を境にトントン拍子に体重が落ちていったのです。ほんとうに毎日400〜500gずつ、落ちない日でも200gは必ず減りました。

 私は「120歳まで健康に長生きしたい」と思っています。そのためには糖質制限とMCTオイルが必須でしょう。

ケトン体質になると精力がアップする(宗田マタニティクリニック院長 宗田哲男)

 コーヒーに入れたMCTオイルをブレンダーなどで攪拌して乳化させると、まろやかでおいしく、消化もよくなります。しかし、オイルを乳化させなくても、ダイエット効果に変わりはありません。また、男性がMCTオイルを取ると、精力がアップしたり、精子量が増加したりといった、生殖能力が高まる効果もあります。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
男性にも「更年期障害」があるのをご存じでしょうか。男性の更年期障害は、加齢に伴うテストステロン(男性ホルモンの一つ)の分泌量の低下が主な原因となり、50~60代以降の中高年男性に現れる心と体の不調をいいます。【解説】持田蔵(西南泌尿器科クリニック院長)
トマトには強力な抗酸化作用を有するリコピンが豊富に含まれています。リコピンは精巣内に高濃度で存在することが明らかになっています。私たちの研究ではトマトジュースを継続的に飲むことで、実際に精子が元気になることが確認できました。【解説】岩本晃明(医療法人財団順和会山王病院リプロダクション・婦人科内視鏡治療センター医師)
更年期障害は、女性にのみ生じるものと考えられてきましたが、近年、男性にも起こることがわかってきました。それが「男性更年期障害」です。男性ホルモン「テストステロン」が減ることで性機能の低下や精力減退だけではなく、さまざま不定愁訴が起こるのです。早い人は、40歳くらいから始まります。【解説】林督元(弘邦医院院長)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)