MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【慢性腎臓病とは】初期症状、治療法、透析について 心筋梗塞や脳卒中の原因にも

【慢性腎臓病とは】初期症状、治療法、透析について 心筋梗塞や脳卒中の原因にも

慢性腎臓病とは腎臓の機能が少しずつ低下する病気の総称です。英語の頭文字を取り、CKD(Chronic Kidney Disease)とも呼ばれます。頭痛やだるさ、むくみ、貧血などの症状が現れてくるのは、かなり悪化してからとなります。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック 自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)

川嶋 朗
1983年、北海道大学医学部卒業。東京女子医科大学附属青山女性・自然医療研究所自然医療部門准教授などを経て現職。日本腎臓学会学術評議員、日本東方医学会理事、日本抗加齢医学会評議員、日本統合医療学会理事。

かなり悪化しないと自覚症状が現れない

慢性腎臓病とは、腎臓の機能が少しずつ低下する病気の総称です。
英語の頭文字を取り、CKD(Chronic Kidney Disease)とも呼ばれます。

国内の患者数は、約1330万人で、成人の8人に1人となります。
いまや新たな国民病といえます。

慢性腎臓病は、初期の段階では自覚症状が現れないので、なかなか病気に気づきません。
頭痛やだるさ、むくみ、貧血などの症状が現れてくるのは、かなり悪化してからとなります。

腎臓の機能が低下して十分に働かなくなる(末期の腎不全)と、透析療法か、腎臓移植しか治療手段がなくなります。
腎臓移植は限られた人しか受けられませんから、大多数の人は、透析療法を受けることになります。

透析療法は、簡単にいうと、体外に出した血液を人工腎臓と呼ばれる装置でろ過し、体に戻す治療法です(自分の腹膜を利用する方法もあります)。
この療法は、週に3回、1回に4~5時間、ベッドに横たわって行わなければなりません。

患者さんにとっては、時間的にも肉体的にも、精神的にも大きな負担となります。

さらに、治療を続けても、心筋梗塞や脳卒中などの合併症を起こし(後述)、亡くなる患者さんも少なくないのです。

日本透析医学会の統計によれば、2014年現在、日本人の透析患者数は32万448人。
右肩上がりに増え続けています(左のグラフ参照)。

そもそも腎臓には、どのような機能があるのでしょう。
腎臓は、腰のやや上に、左右1個ずつある、こぶし大の臓器です。
その代表的な機能は二つあります。

一つは、血液の浄化・老廃物の排泄です。
全身を巡って老廃物を含んだ血液は、腎臓の糸球体(毛細血管が毛糸玉のように集まったもの)でろ過され、きれいになります。

そして取り除かれた老廃物は、余分な水分などと尿となり、体外に排泄されます。
この機能が低下すれば、体中に老廃物や毒素がたまることになります。

もう一つは、体内の水分や塩分の調節です。
水分や塩分は、多過ぎても少な過ぎても体に悪影響が生じます。
腎臓は、その量を調節し、血圧などを調整しているのです。

こうした腎機能に障害が起こるのが、慢性腎臓病です。

慢性腎臓病は高血圧や動脈硬化を引き起こす

慢性腎臓病と診断されるのは、元となる病気にかかわらず、次の二つの条件のいずれか、または両方が3ヵ月以上続いている場合となります。

① 尿検査やその他の検査で、明らかに腎障害が認められる(尿たんぱくや尿アルブミンの検出)。

② 腎臓の働きを示すGFR(糸球体ろ過量)が60未満(別記事参照)慢性腎臓病には、次のような病気があります。

糖尿病性腎症

糖尿病による合併症の一つで、腎臓の糸球体が高血糖によって障害されるものです。
2014年に透析を始めた患者さんのうち、糖尿病性腎症は1万5809人(全体の43・5%)と最も多く、透析患者数増加の最大の原因となっています。

慢性糸球体腎炎

免疫の病気や細菌感染などによって、糸球体に炎症が起こるものです。
糖尿病性腎症に次いで多く、全体の20%弱。

日本人に特に多いのがIgA腎症(別記事参照)です。

腎硬化症

高血圧が長く続き、糸球体やその先の毛細血管の動脈硬化が進むものです。



これらの病気の原因を見てもわかるとおり、慢性腎臓病は、糖尿病や高血圧、動脈硬化を招く脂質異常症など、生活習慣病と密接に関連しています。

一方、慢性腎臓病になることで、引き起こされる病気もあります。
体内の水分や塩分を調節する腎臓の機能が衰えると、血圧の調整が難しくなり、高血圧になります。

また、腎臓では、血圧を上昇させる「レニン」というホルモンを分泌しています。
慢性腎臓病になると、そのホルモンの分泌が亢進するため、やはり血圧上昇につながります。

さらに、高血圧が悪化すれば、血管にかかる負担が増大し、動脈硬化も進みやすくなります。
その結果、心筋梗塞、脳卒中などのリスクも高まるのです。

慢性腎臓病の人と、そうでない人を12年にわたって調べた研究があります。
それによると、慢性腎臓病の人は、そうでない人に比べて、心筋梗塞や脳卒中の発症率が、男女とも約3倍高いという結果も出ています。

このように慢性腎臓病は、怖い病気ですから、早めの対処が必要となります。
次項では、早期発見のための検査を紹介しましょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
脳梗塞や心筋梗塞の予防には、アディポネクチンというホルモンの分泌が重要です。アディポネクチンには、傷ついた血管を修復し、血管のプラークを抑制する働きがあることがわかっています。さらに、アディポネクチンには、インスリンの働きをよくして、糖尿病を防ぐ働きもあります。【解説】杉岡充爾(すぎおかクリニック院長)
心不全は、体に炎症を起こすサイトカイン(炎症性生理活性物質)の放出が続いている状態といえます。その炎症が運動によって抑制されることが、最近の研究で明確になっています。「かかと落とし」は、その柱の一つとなっている運動です。【解説】牧田茂(埼玉医科大学医学部教授・同大学国際医療センター心臓リハビリテーション科診療部長)
ニンニクは、精力がつくといった強壮作用で知られています。一方で独特なにおいが苦手という人も少なくありません。しかし、ニンニクのにおい成分には、さまざまな健康効果があるのです。私たちは、におい成分の一つであるMATSに「血栓の形成を抑制する働き」があることを突き止めました。【解説】関泰一郎(日本大学生物資源科学部教授)
最新記事
まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
体重100kgの人なら3kg、80kgの人なら2.5kg程度の減量で、条件付きですが糖尿病の改善は可能です。体重が3%減少すると、ヘモグロビンA1cが3%程度下がることがわかったからです。例えば、ヘモグロビンA1cが9%の人なら、だいたい6%程度まで下がります。【解説】吉田俊秀(島原病院 肥満・糖尿病センター長)
これまで、入院患者さん向けの、いわゆる「リハビリ体操」はありましたが、外来の患者さんが希望するような体操はありませんでした。そこで私たちは、血圧を上げる要因である、末梢の「血管抵抗」を減らす筋トレを考案することにしました。【解説】金子操(自治医科大学附属病院リハビリテーションセンター室長・理学療法士)
1日の疲れを取るには、就寝時間や睡眠時間ではなく、「眠りに就いて4時間以内に、深睡眠を取ること」がたいせつなのです。しかし現代人の多くは、深夜にテレビやスマホを見たり、ストレスで体の緊張が取れなかったりして、本来の睡眠リズムが狂い、深睡眠を取りづらくなっています。【解説】白濱龍太郎(睡眠専門医)