医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

尿アルブミン値は「糖尿病性腎症」の早期発見に役立つ

尿アルブミン値は「糖尿病性腎症」の早期発見に役立つ

「尿の色が茶色っぽい、または赤っぽい」「尿が泡立ちやすい」「頻尿」などがあったら、早急に検査を受けたほうがいいでしょう。そこで、慢性腎臓病かどうかを調べる主要な検査を紹介しましょう。【解説】川嶋朗(東洋医学研究所附属クリニック 自然医療部門医師・東京有明医療大学教授)


川嶋 朗
1983年、北海道大学医学部卒業。東京女子医科大学附属青山女性・自然医療研究所自然医療部門准教授などを経て現職。日本腎臓学会学術評議員、日本東方医学会理事、日本抗加齢医学会評議員、日本統合医療学会理事。

腎機能を早期かつ正確に測定できるシスタチンC

腎臓は、非常に我慢強い臓器で、慢性腎臓病になっても、なかなか自覚症状が現れません。
「尿の色が茶色っぽい、または赤っぽい」「尿が泡立ちやすい」「頻尿(特に夜)」などがあったら、早急に検査を受けたほうがいいでしょう。

そこで、慢性腎臓病かどうかを調べる主要な検査を紹介しましょう。

尿検査でわかる項目

尿たんぱく

腎臓が正常であれば、たんぱくが尿中に出てくることはありません。
ところが、腎細胞が障害されていると、そこからたんぱくが漏れ出てきます。

尿に含まれるたんぱくの総量を、「-」「+-」「1+」「2+」「3+」「4+」で示します。
「-」「+-」が正常で、+の数値が大きいほど、腎臓のろ過機能が低下していることを示します。

尿アルブミン値

アルブミンは、血中に最も多いたんぱく質で、通常は尿に微量しか出ません。
しかし、腎臓が障害され始めると、尿中に出始めます。

アルブミンは尿に微量に出始めた時点からチェックできるため、糖尿病性腎症の早期発見に役立つ指標です。

血液検査でわかる項目

クレアチニン値

尿検査と並んで、最も一般的な腎機能の検査とされるのがクレアチニンの検査です。

クレアチニンは、筋肉が壊れて生じる老廃物で、本来、血液によって腎臓に運ばれ、こし採られて尿中に排出されます。
ところが、腎臓のろ過機能が低下すると、血中にとどまる量が増えます。

血液1dl中に、それが何mgあるかを示すのがクレアチニン値です。
ただし、クレアチニン値は、腎機能の低下に比例して上昇するわけではありません。

そこで、腎機能がどれくらい残っているかは、クレアチニン値から、GFR(糸球体ろ過量)という数値を推算します。
GFRが60(ml/分/1・73㎡)未満だと、少なくとも軽度の慢性腎臓病が疑われます。

GFRは、クレアチニン値がわかれば、日本慢性腎臓病対策協議会のホームページで自動計算することができます。
●日本慢性腎臓病対策協議会のHP
https://j-ka.or.jp/

尿たんぱくや尿アルブミンの検査結果と、GFRの値から、慢性腎臓病の進行度は四つに分類されています。

自分の腎機能値がどの段階か、参考にするといいでしょう(左の図参照)。

シスタチンC

近年、腎機能を知る新しい指標として使われているものが、シスタチンCです。
これは細胞内で作られるたんぱくで、腎機能が低下すると、血中に増加します。

シスタチンCは、食事の影響や炎症の有無、年齢、性差などの影響を受けず、正確に腎機能を測定できるという特徴があります。
しかも、早期の段階から、腎機能の低下を発見することが可能です。

クレアチニン値はかなり腎機能が悪化してからでないと異常値が出ないため、クレアチニン値が正常でも、尿検査で、たんぱくが検出されるというケースがあります。
こうした場合、シスタチンCを測ってみるとよいでしょう(同様に、尿アルブミン値も確認に利用できます)。

腸内環境を整えて腎臓の血流を増やそう!

いずれにしても、慢性腎臓病は、早期発見、早期治療が最も肝心です。
慢性腎臓病と診断されたら、まず、その原因をきちんと把握することです。

そして、その原因に応じた対策を講じなければなりません。
例えば、生活習慣病による慢性腎臓病なら、悪い生活習慣や肥満などを改善することが大前提となります。

最後に、腎機能を保ち、透析を回避するための日常生活上のポイントを二つ紹介します。


①腸をキレイにする腸内に悪玉菌が増加すると毒素が増えます。
これは腎臓に負担をかける「腎毒素」となります。
また、腸の機能が悪いと、たんぱく分解もうまくいかず、腎臓の負担になります。

ですから、腎臓の負担を減らすには、腸内環境を整えて、便秘を予防する必要があります。


②体を芯から温める血管の塊である腎臓にとって、血行不良は大敵。
体を芯しんから温めて血流を促すことが、腎機能の維持・改善につながります。
お勧めは、38~39度のぬるめの湯船に30分つかったり、湯たんぽをおなかやお尻に当てたりして、内臓を温めることです。

そうしたことで、腎血流を増やす効果が期待できます。
発酵食品(納豆や漬物、みそ汁など)や、食物繊維の多い野菜や果物、海藻、キノコ類などを積極的にとりましょう。

ただし、腎機能低下が著しい場合は、カリウムも毒素になるので、カリウムを多く含む野菜や果物は控えてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【クレアチニンを下げる運動】腎臓病が改善 ネフローゼの尿蛋白の陰性例も

【クレアチニンを下げる運動】腎臓病が改善 ネフローゼの尿蛋白の陰性例も

私は、腎機能の衰えた慢性腎臓病(CKD)の患者さんに、この毛管運動を勧めています。毛管運動は、あおむけになり手足を上に伸ばし、小刻みに手足を動かす運動です。この運動を行うと、たちまち毛細血管の流れがよくなります。【解説者】渡辺完爾(渡辺医院院長)


【慢性腎臓病(CKD)】食べていいもの・悪いもの カリウム制限とタンパク制限

【慢性腎臓病(CKD)】食べていいもの・悪いもの カリウム制限とタンパク制限

慢性腎臓病(CKD)を悪化させないためには、尿毒素をためないこと、そして炎症を抑えることがカギとなります。そのために心がけることとして、食事で腸内環境を整えることがとても重要です。腸が喜ぶ食生活が腎臓にもいかによいか、おわかりいただけると思います。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【腎機能を改善】クレアチニン値を下げる食事が効果「小豆カボチャ」で人工透析を回避

【腎機能を改善】クレアチニン値を下げる食事が効果「小豆カボチャ」で人工透析を回避

アズキ(小豆)は、成分の効能から見ても、腎臓によい作用をもたらします。代表的なものが、カリウムの利尿作用です。それゆえ、アズキは古来、むくみ取りの妙薬として使われてきました。尿の排泄を促進するので、冷えやむくみの改善に役立ち、腎臓の負担軽減につながります。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


【腎臓リハビリ】慢性腎臓病(CKD)は運動で改善できる!

【腎臓リハビリ】慢性腎臓病(CKD)は運動で改善できる!

私たちは、20年以上前から、慢性腎臓病(CKD)と運動の関係を研究してきました。かつては、運動すると尿たんぱくが増え、腎機能が悪化するといわれ、慢性腎臓病の患者さんは、安静第一で運動はあまり奨励されていませんでした。【解説】上月正博(東北大学大学院医学研究科教授・東北大学リハビリテーション部長)


【医師解説】慢性腎臓病患者は薬を勝手にやめては危険!

【医師解説】慢性腎臓病患者は薬を勝手にやめては危険!

慢性腎臓病(CKD)の患者さんは、何種類もの薬を服用しているケースが多いと思います。しかし、医師から処方された薬は、自己判断で勝手にやめてはいけません。やってほしいのは、一つひとつの薬に対して、「何を目的とした薬か」「今の私にほんとうに必要かどうか」を、主治医に確認することです。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


最新の投稿


寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

薄着になる季節に気になるのが、ポッコリおなか。そこで登場するのが「シソ酢」です。黒酢にシソを漬けて、冷蔵庫で1時間。あっという間に出来上がります。スキッと爽やかな後味で、水分補給としても最適なシソ酢は、糖質の吸収を抑え、やせると評判。ぜひ、お試しください。【構成】『安心』編集部


【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

中国・三国時代の故事に、シソについての話があります。カニを食べて食中毒を起こして死にかけた若者に、華侘という名医が紫色の葉を煎じて飲ませたところ、たちどころに快癒。これが紫蘇の名前の由来となったといいます。生薬としても珍重され、気管支炎、セキ・痰、不眠の治療などに広く用いられてきました。【解説】丁宗鐵(百済診療所院長)


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)