MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【酢タマネギの作り方と効果】めまい・耳鳴り・目のチカチカや高血圧が改善

【酢タマネギの作り方と効果】めまい・耳鳴り・目のチカチカや高血圧が改善

酢タマネギを食べて、ちょうど1ヵ月です。家庭用の血圧計で測ってみると、夫婦ともに最大血圧が130㎜Hg台で正常値になっていたのです。最小血圧は2人とも90㎜Hg前後です。【体験談】酒田文子(仮名・主婦・47歳) 

タマネギを先に食べ酢は納豆にかける

 もともと高血圧ぎみだった夫は、40歳を過ぎたころから降圧剤(血圧を下げる薬)が必要になりました。それでも最大血圧は160mmHg(正常値は140mmHg未満)くらい、最小血圧も正常値ギリギリで90mmHgくらいありました。

 今年の1月に、そんな話をご近所の人にしたところ、タマネギに酢をかけて食べるといい、と教えてもらったのです。
 実は私も、薬は飲んでいませんが、健康診断ではいつも「血圧が高め」と言われます。4年くらい前に、最大血圧が200mmHgになってびっくりしたことがありますが、すぐに下がってきたので、その後は診察も受けていません。

 そういうわけで、夫婦で酢タマネギを食べることにしました。朝晩の食事前に、小鉢の8分目くらいに酢タマネギを入れ、先にタマネギだけを食べて、小鉢に残った酢は食事のときに納豆にかけて食べます。最初は食べづらかったのですが、今は慣れました。

 酢タマネギを食べて、ちょうど1ヵ月です。家庭用の血圧計で測ってみると、夫婦ともに最大血圧が130mmHg台で正常値になっていたのです。最小血圧は2人とも90mmHg前後です。

 現在も、最大血圧は正常値の範囲を保っています。酢タマネギを食べ始めて、短期間で変化があるとは驚きです。

 私の場合、血圧だけでなく、めまいと耳鳴りと、目がチカチカするのが解消しました。
 めまいは、特に春になると頻繁に起きていました。船に乗って揺られているような感じで、気持ちが悪くなって吐いてしまいます。

 また、片耳がふさがったように聞こえなくなり、もう片方の耳の奥でキーンと耳鳴りがするのです。これもまた、気持ちの悪いものでした。
 目がチカチカするというのは、目の前で金粉が舞っているように見えるのです。

 これらの気持ちの悪い症状が取れたことで、体もそうですが、気分的にもずいぶんらくになりました。夫婦ともども、酢タマネギには感謝しています。

酢タマネギの作り方

降圧作用や血流改善 作用が症状を軽減(元東京大学医学部講師 齋藤嘉美)

 酢タマネギには、降圧作用、血流改善作用があります。
 めまいや耳鳴り、目のチカチカは、脳や三半規管、目の網膜の動脈硬化や血流の滞りが一因と考えられます。それが、酢タマネギの血流や血管の状態をよくする作用によって改善し、症状が軽減してきたのでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
私は、原因不明の立ちくらみによる、瞬間的なめまいに悩まされていました。私は理学療法士なので、患者さんのリハビリの最中にふらつくと困ります。そのうち、立ち上がるのが怖くなってしまったのです。そんな中、知人に勧められたのが「オクラ水」です。【体験談】松田美衣(大阪府・44歳・理学療法士) 
更新: 2018-09-28 14:32:45
「カレーは日本の国民食」と言われるほど、日本人はカレー好きです。私もカレーをよく食べますが、実はカレーはおいしいだけでなく、他に類を見ない健康食なのです。カレーがもたらす、さまざまな健康効果の一つに、「めまいの改善」があります。【解説】丁宗鐵(日本薬科大学学長・百済診療所院長)
更新: 2018-09-25 13:26:20
酢タマネギには、内耳など耳の奥の血管を強くし、血流をよくしてめまいに働きかける効果も期待できます。齋藤嘉美(元東京大学医学部講師、介護老人保健施設 むくげのいえ施設長)
更新: 2018-05-17 12:15:26
めまいや耳鳴りの治療では、内耳の血流をよくする血管拡張薬や血流促進薬を処方します。しかし、薬に頼らずに、家庭で簡単に症状を解消できる方法があります。それは、毎日欠かさずショウガを取ることです。【解説】竹腰昌明(竹腰耳鼻咽喉科医院院長)
更新: 2018-08-29 17:12:55
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt