【新発見】糖尿病対策に梅が有効!血液サラサラ力で脂肪肝・NASHを改善する「梅エキス」

【新発見】糖尿病対策に梅が有効!血液サラサラ力で脂肪肝・NASHを改善する「梅エキス」

日本では、江戸時代後期から、疲労回復や吐きけ止め、下痢止めなどの妙薬として愛用されてきました。それ以外にも、近年、さまざまな優れた健康効果のあることが、多くの研究で確認されつつあります。梅エキスには、高い免疫力アップ効果のあることがわかります。【解説】栗原毅(栗原クリニック東京・日本橋院長)


脂肪肝の人は明らかに糖尿病を発症しやすい

青梅の果肉をすりおろしてこし、その液体を加熱して煮詰めたものが、「梅エキス」です。
日本では、江戸時代後期から、疲労回復や吐きけ止め、下痢止めなどの妙薬として愛用されてきました。

それ以外にも、近年、さまざまな優れた健康効果のあることが、多くの研究で確認されつつあります。
まず取り上げたいのが、脂肪肝やC型肝炎に対する効果です。

私は東京慈恵会医科大学附属病院など、いくつかの病院と共同で臨床研究を行いました。
ご協力いただいたのは、C型肝炎(肝臓疾患の7割を占めるウイルス性肝炎)や脂肪性肝障害(脂肪肝が進行した状態)などの患者さん58名。
患者さんに、梅エキス6・5g(小さじ1杯強)を1日2回、3ヵ月間飲んでもらいました。

この試験には、青梅を加熱、抽出した特別な梅エキスを使用しました。
肝炎の進行の度合を見るのに目安となる数値が、GPT(ALT値)とGOT(AST値)です。

GPTもGOTも、肝臓の細胞の中にある酵素です。
肝細胞が破壊されると、これらの酵素が血液中に出てくるので、血液検査によって、肝臓の損傷程度がわかるのです。

3ヵ月後、その値が30%以上下がった例(有効例)が、GPTで26例(45%)、GOTで25例(43%)ありました。
半数近い人にはっきりと改善傾向が現れたのです。

では、なぜ梅エキスが効果を上げたのでしょうか。
着目したいのが、梅エキスの血液サラサラ効果です。

梅エキスに含まれるムメフラールという有効成分が、血液中の血小板の凝集をブロックする働きをします。
また、梅のクエン酸も血流を促します。

これらの働きによって、血液が浄化され、サラサラになり、血流が促されるのです。
肝臓は、臓器の中でも特に多くの仕事をこなすため、たくさんの血液を必要とします。

脂肪肝になると、肝臓内の血液がドロドロになり、血流が悪化。
肝臓の機能が低下し、それがしだいに肝臓自体をむしばんでいくことになります。

梅エキスの血液サラサラ効果は、血液を浄化し、血流をよくすることで、肝臓に新鮮な血液を大量に送り込みます。
これにより肝機能が改善していくと考えられます。

近年、肥満人口の増加に伴い、飲酒習慣によらない肝炎=NASH(非アルコール性脂肪性肝炎)になる人が増えています。
この対策としても、梅エキスの活用がお勧めです。

このように梅エキスが脂肪肝やC型肝炎の改善に有効とわかりましたが、さらに、梅エキスを活用する道が示されました。
それは、糖尿病の治療です。

実は、脂肪肝と糖尿病の間には、非常に密接な関連があります。
私のクリニックの糖尿病の患者さんを調べると、95%の人が脂肪肝も併発しています。

脂肪肝の人551人、脂肪肝ではない人1938人を5年にわたり追跡調査しました。
その結果、非脂肪肝の群は5年後、糖尿病の発症率が7・3%。一方、脂肪肝の群は17・2%という高率で糖尿病を発症することがわかりました。

脂肪肝があると、インスリンの効きが悪くなり、血糖値が上がりやすくなります。
逆に、脂肪肝がよくなると、着実に糖尿病がよくなっていくのです。

脂肪肝や糖尿病の治療は、食事療法が中心ですが、このとき梅エキスが大いに効果を発揮することは、いうまでもありません。

肺ガン末期の脳に転移したガンが消失!

では、梅エキスの作り方を紹介しましょう。

①青梅1kgを水でよく洗い、すりおろします。
②すりおろした果肉をふきんで包んでしぼります。
③しぼり汁を土鍋か、ホーローの鍋に入れ、とろ火にかけて焦がさないようにかき混ぜながら、黒褐色になるまで煮詰めます。

梅エキスは、茶さじ2分の1を水やお湯で溶いて、1日2〜3回飲むのが目安です。
水の量は好みで増減してください。

血液サラサラ効果をより高めるには、黒酢を大さじ1〜2加えることをお勧めします。

最後に、梅エキスの体験例を紹介しましょう。

今から8年前、私の同級生が、肺ガンの末期で、余命1〜2ヵ月と宣告されました。
肺には水がたまり、脳にもガン細胞が転移していました。

ところが、梅エキスを飲み始めたところ、脳に転移したガンが消え、いったん退院することができたのです。
残念ながら同級生は亡くなりましたが、約3年も延命し、お花見をすることもできました。

こうした症例からも、梅エキスには、高い免疫力アップ効果のあることがわかります。

→「梅干し」の健康レシピはコチラ

栗原毅
1951年、新潟県生まれ。北里大学医学部卒業。栗原クリニック東京・日本橋院長。前慶応義塾大学大学院教授、前東京女子医科大学教授。「血液サラサラ」の名づけ親として有名。医療過疎地とテレビ電話を利用した遠隔医療を行うなど、予防医学の実践者として活躍。共著に『糖尿病は歯ブラシで治せる』(マキノ出版)など。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【梅干しの健康効果】肌ツルツル!96歳の私が元気で仕事ができるのは梅干しのおかげ

【梅干しの健康効果】肌ツルツル!96歳の私が元気で仕事ができるのは梅干しのおかげ

梅干しは、毎年同じように漬けていても、毎年仕上がりが違います。今年おいしくできたから、来年もおいしくできるとは限りません。でも、難しく考えることはありません。私も最初は人に聞きましたが、あとは全部、我流。梅干しは、自分で漬けて、初めていろいろな発見があります。【解説】藤巻あつこ(料理研究家)


【梅干し】美肌・病気知らずの96歳!藤巻あつこ流“梅の漬け方”とアレンジレシピ

【梅干し】美肌・病気知らずの96歳!藤巻あつこ流“梅の漬け方”とアレンジレシピ

おなかが痛いとき、梅肉エキスをなめたり、梅干しをお湯で溶いたものを飲んだりしませんでしたか?梅の持つ整腸作用や血液サラサラ効果は「薬」と言っても過言ではありません。今年こそ梅を使った健康法にチャレンジしてみませんか?【レシピ考案】藤巻あつこ(料理研究家)【料理・スタイリング】古澤靖子


【肝臓ってどんな臓器?】急性肝炎と慢性肝炎の違い 健康診断の数値の見方や働きを専門医が解説

【肝臓ってどんな臓器?】急性肝炎と慢性肝炎の違い 健康診断の数値の見方や働きを専門医が解説

肝臓は、よく「体内の一大コンビナート」にたとえられます。栄養素の分解、合成、代謝、貯蔵、有害物の解毒、重要な消化液である胆汁の生成など、細かく分けると数百もの働きを担っており、まるで各種の工場や倉庫が集まったような機能を果たしているからです。【解説】髙橋弘(麻布医院院長ハーバード大学医学部内科元准教授)


【歯周病菌の除菌方法】3DSとは?歯周病が原因の様々な病気を予防する注目の歯科技術

【歯周病菌の除菌方法】3DSとは?歯周病が原因の様々な病気を予防する注目の歯科技術

ムシ歯や歯周病は、口の中にいる細菌が原因で起こります。ご存じのように、ムシ歯や歯周病は歯を失う最大の原因となります。そこで注目されているのが、ムシ歯や歯周病の原因菌を除菌する「3DS」(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)という技術です。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部探索歯学講座教授)


【食後高血糖の改善】なんとキウイを加えると血糖値スパイクを予防できると判明

【食後高血糖の改善】なんとキウイを加えると血糖値スパイクを予防できると判明

糖質制限ダイエット中は「糖質を食べたい」と思いながらも、無理に我慢することになります。この「我慢」がクセモノです。それが続かなくなったときには、糖質のドカ食いをしがちだからです。そこで私がお勧めするのは、糖質制限に果物、特にキウイを役立てることです。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


最新の投稿


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

何回も射精をくり返すと精子の数が減る、という心配は無用です。禁欲期間が長すぎると、精子の運動率が低下するうえ、精子のDNA損傷率も高くなることがわかっています。【解説】今井健(GAIA鍼灸整骨院院長・柔道整復師・鍼灸師) 【監修】吉田壮一(よしだレディースクリニック院長)


眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

老眼、近視、緑内障や白内障、黄斑変性にドライアイ……眼科の諸症状は、目薬などの局所的なケアで治る、と思っていませんか?それでは、根本的な改善は望めません。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)