梅干し 生姜 緑茶の効果【良性発作性頭位めまい症】メニエール病の症状改善に

梅干し 生姜 緑茶の効果【良性発作性頭位めまい症】メニエール病の症状改善に

患者さんと雑談する中で梅ショウガ茶を飲んで良性発作性頭位めまい症が治ったと効いたのです。これは頭の位置が変化することで、回転性のめまいが短い時間生じる症状です。なぜめまいに効くのかを私なりに考察したところ、その成分はメニエール病などにも有効だろうと結論に達しました。【解説】水嶋丈雄(水嶋クリニック院長)


2週間で効果を感じ3ヵ月で完治した!

「梅ショウガ茶」のことを私に教えてくれたのは、クリニックの患者さんでした。
そのかたは、60歳くらいの女性です。

たまたま、診察中の雑談のなかで、めまいの治療のために、梅干しを入れたショウガ紅茶を飲んでいる、という話が出たのです。

作り方は、とても簡単なものでした。
カップに注いだ紅茶に、親指大ほどの皮つきのショウガをすりおろします。

そこに、種を除いた梅干しを入れ、梅肉を箸などでつぶして、かきまぜるだけです。

この患者さんは、梅ショウガ茶を毎日飲んでいたところ、2週間ほどで、めまいが軽くなってきたと感じました。
さらに飲み続けると、徐々にめまいが改善し、およそ3ヵ月で完治したのです。

このかたが患っていためまいは、良性発作性頭位めまい症でした。
これは、頭の位置が変化することで、回転性のめまいが短い時間生じる症状です。

梅ショウガ茶がなぜめまいに効くのかを、私なりに考察したところ、その成分は、良性発作性頭位めまい症だけではなく、メニエール病によるめまいなどにも有効だろうという結論に達しました。

梅干しとショウガが入った血流改善の特効茶

まず注目すべきは、梅干しです。
梅干しに非常に多くの健康効果があることは、皆さんもご存じでしょう。

なかでも重要なのが、梅干しに含まれるクエン酸の働きです。
クエン酸の健康効果というと、疲労回復がよくあげられますが、それだけではありません。

私たちの体内で、エネルギーの産生に重要な役割を果たしているのが、「クエン酸回路」といわれるものです。
体内に取り込まれた糖質やたんぱく質、脂質などのエネルギー源は、クエン酸などの八つの酸に次々と形を変え、分解されていきます。

その分解の過程で熱が産生されるため、食べた物がエネルギーとなるのです。
クエン酸を摂取すると、このクエン酸回路の働きが活性化。回路が円滑に回ると、血中の乳酸などの疲労物質もエネルギーとして活用されます。

疲労物質が体にたまらなくなり、疲れが取り除かれるのです。
そして、このクエン酸回路が活発に働くということは、それだけ代謝機能がよくなっているということ。

食べた物が燃やされることで、全身の血流がよくなります。
加えて、クエン酸には、赤血球の変形能力を高める作用があります。

血液の主成分である赤血球は、血管の太さに合わせてその形を変える性質があり、この能力が高いほど、血流がスムーズになります。
このように、クエン酸には、強力な血流アップ効果があるのです。

私もほぼ毎日、意識して梅干しを食べています。

次に、ショウガの効果です。
ショウガの辛み成分に、血管を拡張して血流をよくする作用があるのは、よく知られているところです。

体を温める効果にも優れています。
冷えは血流を悪化させるので、そういった面からも、ショウガは血流アップに大いに役立つ食品です。





私の患者さんは、梅肉とショウガを紅茶に入れていました。
紅茶の色素成分であるテオフラビンは、血液が固まるのを抑制する作用があります。

一方で、緑茶に含まれるカテキンやカフェインにも、悪玉コレステロールを減らすなどの作用があり、血流アップ効果が望めます。
紅茶でも緑茶でも、お好みのお茶で作っていただければよいかと思います。

こうしたわけで、梅干しとショウガを入れたお茶は、血流改善の特効茶といっても過言ではないのです。

良性頭位めまい症、メニエール病の症状改善のカギになる!

さて、めまいに話を戻すと、症状を治すには、血流の改善が欠かせません。

良性発作性頭位めまい症は、耳の奥の内耳にある微細な石状の物質「耳石」が、本来の位置からはがれて、平衡感覚をつかさどる三半規管に入り込むことで起こります。
耳石も三半規管も、体の位置や動きに関する情報を脳に伝える役目を持つので、ここに異常があると、誤った情報が脳に届き、めまいを感じます。

内耳の血流をよくすると、はがれおちた耳石の移動や粉砕が促され、元の場所に戻ったり、外に排出されたりするので、めまいの改善に役立つのです。

一方、メニエール病は、内耳の中のリンパ液が増えすぎて内耳がむくんだ状態になる、「内リンパ水腫」が原因であるとわかっています。
症状の改善には、よけいな水分を排出し、むくみを取る必要があります。
血流が促進されれば、代謝がよくなり、水分の排出が促されます。

つまり、良性発作性頭位めまい症と、メニエール病によるめまいのいずれも、血流をアップさせることが、症状改善のカギになります。
梅ショウガ茶がめまい改善に有効というのは、そうしたわけなのです。

飲むタイミングは、体が冷えている起床時や帰宅時などがお勧めです。

1日に2〜3杯飲む習慣をつけると、全身の血流が改善され、めまい以外にも、耳鳴り、難聴、不眠、頭痛、肩こり、腰痛、ひざ痛など、多くの症状の改善に役立つでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

めまいの原因は脳と内耳の循環を悪くする「動脈硬化」にあり!食事での対処法

脳や耳の血管はきわめて細いので「動脈硬化」が起こると脳、内耳の循環が悪くなります。その結果、平衡機能が低下してめまいが起こりやすくなるのです。動脈硬化を防ぐためには、その引き金となる生活習慣病を防ぐ必要があります。「メタボ」の予防は、実はめまい予防にもつながるのです。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

めまいの原因にヘアカラーも!めまいの対処法「予防・改善の12の生活習慣」

どんなによい薬を飲んでいても、生活が乱れ自己節制ができていないと、めまいを治すことはできません。ライフスタイルを見直し、ふだんの過ごし方を少し工夫するだけで、めまいは起こりにくくなります。今日から実践できる予防・対策をご紹介します。【解説】坂田英明(川越耳科学研究所クリニック院長)


冷え性対策に飲み物は「生姜紅茶」を ー 女優・夏樹陽子のキレイの秘訣

冷え性対策に飲み物は「生姜紅茶」を ー 女優・夏樹陽子のキレイの秘訣

忙しい生活の中で、大きな病気もせずに仕事をこなしてこれたのは食事にあります。中でも「生姜」は絶対に外せません。生姜は代謝をよくするので、太りにくくなるようです。私は、この30年以上、体形も体重もほとんど変わっていません。30年前のドレスが、今でもピッタリ体に合います。【解説】夏樹陽子(女優)


頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

頭がスッキリ顔色アップ!首から上の不調を取る「耳もみ整体」のやり方を紹介

これまで私は多くの人の耳に触ってきました。具合の悪い人ほど耳がかたく冷たく、触ると痛がります。耳をもむと、頭にうっ滞していた血液が下りて流れ出して末端に届くようになるので、手足の指先まで温かくなってきます。体調を整える耳もみ整体をご紹介しましょう。【解説】森田茂人(モリタ整体院院長・MCメディカル系列院総院長)


【痰がからむ・声枯れ】カリスマボイストレーナー佐藤涼子さんのお勧めは「生姜紅茶」私はパニック障害を克服

【痰がからむ・声枯れ】カリスマボイストレーナー佐藤涼子さんのお勧めは「生姜紅茶」私はパニック障害を克服

ショウガ紅茶は、飲んだ直後から体を温めます。そのため、筋肉の緊張がほぐれ、声が出やすくなります。声が枯れたり、タンがからみやすくなるのは、声帯のむくみが主な原因です。ショウガ紅茶には、体にたまった水分や老廃物を、素早く排泄する働きがあるので、のどのむくみもすぐに解消します。【解説】佐藤涼子(ボイストレーナー)


最新の投稿


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)