【体臭対策の食べ物】ワキガ・口臭・加齢臭の原因に効果 梅干し茶の作り方

【体臭対策の食べ物】ワキガ・口臭・加齢臭の原因に効果 梅干し茶の作り方

梅干しは、その強力な抗菌作用により、昔から万能薬として扱われてきました。多くの健康効果のなかでも、私が特に注目しているのが、消臭作用です。私は、体臭・多汗を専門に治療しており、来院される患者さんにニオイ対策食として勧めているのが、梅干しを緑茶に入れた「梅干し茶」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


食生活の欧米化でにおいに悩む人が増加中

梅干しは、その強力な抗菌作用により、昔から万能薬として扱われてきました。
多くの健康効果のなかでも、私が特に注目しているのが、消臭作用です。

私は、体臭・多汗を専門に治療しています。
来院される患者さんに、におい対策食として勧めているのが、梅干しを緑茶に入れた「梅干し茶」です。

なぜ、梅干し茶がにおい消しに効果があるのでしょうか。
その前に、体臭が発生するしくみについてお話ししましょう。

体臭のきつさが、食べた物に由来することをご存じでしょうか。
例えば、一般に欧米人は日本人よりも体臭がありますが、その理由の一つは、食生活の違いです。

欧米の食卓では、肉・卵・乳製品・小麦製品などが中心。
これらの食品は、いずれも酸性に分類されます。

酸性食品ばかり食べていると、体内の血液が、酸性傾向になりがちです。
通常、健康な人の血液は、pH7.36〜7.44の弱アルカリ性に保たれているので、血液が酸性になることは、実際はありません。

しかし、弱アルカリ性の状態が、わずかにバランスをくずし酸性に傾きかけると、体の抵抗力が落ち、病気や老化の原因物質である活性酸素が生じやすくなります。

すると、体内の皮脂腺などで酸化反応が進み、その過程で、におい物質が作り出されます。
こうしたわけで、酸性食品ばかり食べていると、体臭が強くなるのです。

実際に日本でも、食生活の欧米化に伴い、体臭が気にされるようになってきました。
もともとのワキガ体質がより顕著になる人や、加齢臭などに悩む人が増加しています。

体臭予防には、血液をよりアルカリ傾向に保つことがポイントです。
そこでお勧めなのが、アルカリ性食品の代表である、梅干しなのです。

梅干しは、その酸っぱさから酸性と誤解されがちですが、豊富に含まれるミネラル類の働きで、血液をアルカリ性へと傾けてくれます。

加えて、梅干しは、汗のにおいにも効果を発揮します。
疲労物質である乳酸が体内にたまると、汗の成分中にアンモニアが増加し、においが強くなります。

梅干しに豊富に含まれるクエン酸は乳酸の産生抑制や分解促進を助けるので、体の疲れを取るのと同時に、汗のにおいもおさえてくれるのです。
また、サラサラした汗は成分のほとんどが水分で、においの少ない、よい汗といえます。

こうしたよい汗の産生に、欠かせないのがカルシウム。
梅干しは、腸管からのカルシウムの吸収率を著しく増加させるので、においの少ない汗づくりにも役立つというわけです。

有機酸と唾液のダブル効果で口臭撃退!

このように梅干しは、体臭を予防し、汗のにおいもおさえますが、それだけではありません。
口臭の改善にも効果があります。

梅干しに含まれる、クエン酸を代表とした有機酸には、コレラ菌にも打ち勝つほどの強力な抗菌作用があります。
また、梅干しを食べると、ご存じのとおり、唾液の分泌が促されます。

唾液にも、優れた抗菌作用が認められています。
つまり、有機酸と唾液のダブル効果で、口臭を撃退できるというわけです。

この、全身のにおい対策に強力な効果を発揮する梅干しを、さらにパワーアップさせるのが、緑茶です。
緑茶には、カテキン類、フラボノイド類といったポリフェノールが豊富に含まれています。

これらは、におい物質と化学反応を起こして中和したり、活性炭のような微細構造でにおい物質を吸着したり、においのもとになる雑菌の繁殖をおさえたりします。
緑茶もまた、梅干しに負けないほど防臭・消臭効果があるのです。

患者さんのなかには、朝のコーヒーを緑茶に替えただけでも、奥さんから「におわなくなった」といわれた人や、緑茶をたくさん飲んだら尿のにおいが軽減したという人もいます。

ちなみに、緑茶のカテキンは、二煎め、三煎めのほうが多く抽出されます。
渋いお茶はそれだけ消臭力が高いと思って、喜んで飲みましょう。

梅干しと緑茶の組み合わせは、そうしたわけで、におい対策の最強タッグです。
しょっぱいのが苦手な人も、「梅干し茶」にすれば、梅干しの塩気が薄まり、とりやすくなります。

もちろん、梅干しをお茶請けにしていっしょに食べても、効果に変わりありません。
においが気になる人は、ぜひ梅干し茶を毎日の生活に取り入れてみてください。

【ワキガ・口臭対策】消臭・殺菌作用のある「シソジュース」がお勧め
加齢臭対策には「大根」 1週間で体臭を改善するスープの作り方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

【ワキガ手術の術後臭】アポクリン腺をとっても消えない体臭が「耳もみ」で改善 私は糖尿病と痛風が改善した

ペインクリニックで、痛みを取る治療法として頻繁に行われる「星状神経節ブロック療法」をご存じの人も多いことでしょう。耳の中央付近には、「星状神経節」に対応する反射点があります。この反射点を刺激すれば、先の星状神経節ブロック療法と似た効果を得られるのではないかと私は考えたのです。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


【耳もみの効果】糖尿病の失明回避・脊柱管狭窄症の痛み改善・不眠症も治った 4名の改善例をご紹介!

【耳もみの効果】糖尿病の失明回避・脊柱管狭窄症の痛み改善・不眠症も治った 4名の改善例をご紹介!

「耳もみ」を継続して行うと、多くの健康効果がもたらされます。ここでは、耳もみが大きな効果をもたらした症例をご報告しましょう。【解説】塚見史博(塚見鍼灸治療室院長)


【アーユルヴェーダ】歯周病を改善には朝一番の「太白ごま油うがい」で虫歯菌・口臭の原因を根こそぎ浄化

【アーユルヴェーダ】歯周病を改善には朝一番の「太白ごま油うがい」で虫歯菌・口臭の原因を根こそぎ浄化

ゴマ油といえば、酸化を防止する力があり、健康や美容によい油として知られています。とはいえ、料理以外には使わない人がほとんどでしょう。実は、そのゴマ油を使ってうがいをすると、口の中のトラブルの改善や予防をする効果が期待できるのです。【解説】川島一恵(鍼灸あん摩マッサージ指圧師・アーユルヴェーダヘルスコーディネーター)


【口が臭い】原因は喉奥の白い塊 "臭い玉" 膿栓(画像有) 取り方と対策を耳鼻科医が解説

【口が臭い】原因は喉奥の白い塊 "臭い玉" 膿栓(画像有) 取り方と対策を耳鼻科医が解説

咳やくしゃみをした際に、口中から非常に臭い、小さな白い塊が出てくることがあります。これは膿栓(のうせん)、通称ニオイダマと呼ばれるものです。新陳代謝によって口中の粘膜が剥がれ、そこに歯周病菌や大腸菌等の死骸や食べカス等が付着。それらが扁桃腺周辺の窪みに溜まって固まったものです。【解説】徳永雅一(とくなが耳鼻咽喉科院長)


【肌がきれいになる】1週間で肌年齢が若返る「梅干し美肌術」

【肌がきれいになる】1週間で肌年齢が若返る「梅干し美肌術」

梅干しの「美肌効果を検証してほしい」とテレビ情報番組から依頼されました。番組では、毎日梅干しを食べることで、肌がどう変化するかを調べました。期間が1週間と短かったのですが、1週間後、失われていた肌のきめや水分、適度な油分がよみがえり、肌年齢が25歳まで若がえったのです。【解説】片桐衣理(衣理クリニック表参道院長)


最新の投稿


【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

【幸せを呼ぶ手相学】大学教授が考案!手相を吉相に変える「指くみ」のやり方

「運命は変えられない」多くの人はこう誤解しているのではないかと思います。運命は変えられます。自分で切り開くものです。運勢とは、幸運を呼び込み、不運を克服するものです。【解説】加藤主税(椙山女学園大学名誉教授・手相学者)


【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

【姿勢矯正】体が硬くてもできる猫背改善方法 “ひざの裏伸ばし”で後ろ姿が若返る!

若くても、ネコ背でトボトボと歩いている人は老けて見えますし、高齢でも、背すじがピンと伸びた人は、実年齢よりも若く見えます。よい姿勢は、見た目の若々しさを生むだけではありません。健康の面でも、メリットがあります。【解説】三矢八千代(八千代スタジオ主宰・日本体育大学非常勤講師)


【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

【視力が回復】視力0.02が0.7まで回復!足の指の“間”を押してメガネも必要なくなった

24歳のとき眼科で検査をすると、視力検査表のいちばん大きい記号がはっきり見えず、視力は左右とも0.02と言われました。足の指のまた押しを続けて、1年くらいたったあるとき、自分の目の変化に気づきました。自宅にあった視力検査表で測ってみたら、両目とも0.7まで見えていました。【体験談】鈴木弓子(仮名・事務員・44歳)


【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

【体験談】半年で91ミリの低血圧が改善「足指歩き」を始めてひどい肩こりも消えた

片手で次男を抱き、片手で家事をこなす日々が続いたせいで、肩こりだけでなく、腕や腰にも痛みが走るようになり、ズキズキする頭痛まで起こり始めました。足指歩きを始めて半年くらいたった頃でしょうか。「肩がこったな」と感じると、足指歩きをするだけでこりが和らぎ、疲れも取れるようになってきました。【体験談】岩内景子(主婦・38歳)


【食後高血糖とは】症状はイライラ・手足の冷え 見分け方は食後の「眠気」

【食後高血糖とは】症状はイライラ・手足の冷え 見分け方は食後の「眠気」

ここ数年、「糖質制限」や「糖質オフ」といった、糖質を減らす健康法が注目されています。私の専門の1つは、栄養面から生活習慣病や慢性病に働きかける、栄養療法です。栄養療法から見ても、食事から取る糖質を適切に減らすことは、健康であり続けるために重要です。【解説】斎藤糧三(医師)