MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【体臭対策の食べ物】ワキガ・口臭・加齢臭の原因に効果 梅干し茶の作り方

【体臭対策の食べ物】ワキガ・口臭・加齢臭の原因に効果 梅干し茶の作り方

梅干しは、その強力な抗菌作用により、昔から万能薬として扱われてきました。多くの健康効果のなかでも、私が特に注目しているのが、消臭作用です。私は、体臭・多汗を専門に治療しており、来院される患者さんにニオイ対策食として勧めているのが、梅干しを緑茶に入れた「梅干し茶」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)

食生活の欧米化でにおいに悩む人が増加中

梅干しは、その強力な抗菌作用により、昔から万能薬として扱われてきました。
多くの健康効果のなかでも、私が特に注目しているのが、消臭作用です。

私は、体臭・多汗を専門に治療しています。
来院される患者さんに、におい対策食として勧めているのが、梅干しを緑茶に入れた「梅干し茶」です。

なぜ、梅干し茶がにおい消しに効果があるのでしょうか。
その前に、体臭が発生するしくみについてお話ししましょう。

体臭のきつさが、食べた物に由来することをご存じでしょうか。
例えば、一般に欧米人は日本人よりも体臭がありますが、その理由の一つは、食生活の違いです。

欧米の食卓では、肉・卵・乳製品・小麦製品などが中心。
これらの食品は、いずれも酸性に分類されます。

酸性食品ばかり食べていると、体内の血液が、酸性傾向になりがちです。
通常、健康な人の血液は、pH7.36〜7.44の弱アルカリ性に保たれているので、血液が酸性になることは、実際はありません。

しかし、弱アルカリ性の状態が、わずかにバランスをくずし酸性に傾きかけると、体の抵抗力が落ち、病気や老化の原因物質である活性酸素が生じやすくなります。

すると、体内の皮脂腺などで酸化反応が進み、その過程で、におい物質が作り出されます。
こうしたわけで、酸性食品ばかり食べていると、体臭が強くなるのです。

実際に日本でも、食生活の欧米化に伴い、体臭が気にされるようになってきました。
もともとのワキガ体質がより顕著になる人や、加齢臭などに悩む人が増加しています。

体臭予防には、血液をよりアルカリ傾向に保つことがポイントです。
そこでお勧めなのが、アルカリ性食品の代表である、梅干しなのです。

梅干しは、その酸っぱさから酸性と誤解されがちですが、豊富に含まれるミネラル類の働きで、血液をアルカリ性へと傾けてくれます。

加えて、梅干しは、汗のにおいにも効果を発揮します。
疲労物質である乳酸が体内にたまると、汗の成分中にアンモニアが増加し、においが強くなります。

梅干しに豊富に含まれるクエン酸は乳酸の産生抑制や分解促進を助けるので、体の疲れを取るのと同時に、汗のにおいもおさえてくれるのです。
また、サラサラした汗は成分のほとんどが水分で、においの少ない、よい汗といえます。

こうしたよい汗の産生に、欠かせないのがカルシウム。
梅干しは、腸管からのカルシウムの吸収率を著しく増加させるので、においの少ない汗づくりにも役立つというわけです。

有機酸と唾液のダブル効果で口臭撃退!

このように梅干しは、体臭を予防し、汗のにおいもおさえますが、それだけではありません。
口臭の改善にも効果があります。

梅干しに含まれる、クエン酸を代表とした有機酸には、コレラ菌にも打ち勝つほどの強力な抗菌作用があります。
また、梅干しを食べると、ご存じのとおり、唾液の分泌が促されます。

唾液にも、優れた抗菌作用が認められています。
つまり、有機酸と唾液のダブル効果で、口臭を撃退できるというわけです。

この、全身のにおい対策に強力な効果を発揮する梅干しを、さらにパワーアップさせるのが、緑茶です。
緑茶には、カテキン類、フラボノイド類といったポリフェノールが豊富に含まれています。

これらは、におい物質と化学反応を起こして中和したり、活性炭のような微細構造でにおい物質を吸着したり、においのもとになる雑菌の繁殖をおさえたりします。
緑茶もまた、梅干しに負けないほど防臭・消臭効果があるのです。

患者さんのなかには、朝のコーヒーを緑茶に替えただけでも、奥さんから「におわなくなった」といわれた人や、緑茶をたくさん飲んだら尿のにおいが軽減したという人もいます。

ちなみに、緑茶のカテキンは、二煎め、三煎めのほうが多く抽出されます。
渋いお茶はそれだけ消臭力が高いと思って、喜んで飲みましょう。

梅干しと緑茶の組み合わせは、におい対策の最強タッグ

梅干しと緑茶の組み合わせは、そうしたわけで、におい対策の最強タッグです。
しょっぱいのが苦手な人も、「梅干し茶」にすれば、梅干しの塩気が薄まり、とりやすくなります。

もちろん、梅干しをお茶請けにしていっしょに食べても、効果に変わりありません。
においが気になる人は、ぜひ梅干し茶を毎日の生活に取り入れてみてください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
それまでは、市販の制汗剤をいくつか使ってきましたが、ニオイにニオイを重ねているようで、満足するものに出合えませんでした。外出時のバッグの中にも、歯ブラシセットとともに、焼ミョウバンの小瓶を忍ばせています。これは20年間変わらぬ、お守りのようなものです。【体験談】『ゆほびか』編集部M(52歳)
更新: 2018-11-23 07:00:00
わが家の子どもたちは、3人とも、部活動はスポーツをしています。運動部で、特に男の子だと思春期にはニキビが出がちですが、うちの子どもたちはニキビとは無縁でした。ミョウバン水は無臭で肌にもやさしく、しかも安く手作りできるので、これからも愛用していきます。【体験談】石川淑子(仮名・パート勤務・53歳)
更新: 2018-11-07 18:00:00
今までバストと同じくらいの幅だったおなかが引っ込んだおかげで、ボディーラインにメリハリがつきました。あるとき美容院で襟足をカットする際に下を向いたら、あごのお肉がなくなっていることに気づきました。小顔になったせいか、いつもつけていた口紅も以前よりキレイに見えます。【体験談】黒川令(仮名・主婦・68歳)
更新: 2018-10-09 18:00:00
においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)
更新: 2018-09-24 07:00:00
加齢とともに人はにおいを発しやすくなります。中高年以降は、皮膚にある皮脂腺の機能が衰えたり、皮脂が酸化しやすくなったりして、いわゆる加齢臭が強くなります。高齢者特有のにおいの改善、予防のために、生活習慣の改善もお勧めです。また安全な消臭剤「ミョウバン水」の作り方もご紹介しましょう。【解説】五味常明(五味クリニック院長)
更新: 2018-09-11 14:50:34
最新記事
その翌朝です。目が覚めた瞬間、「これまでと違う」とはっきりわかりました。まぶたが軽く、目がぱっちり開いているのです。鏡で見ると、目元もフェイスラインもスッキリしています。起き抜けにむくんでいない自分の顔を見るのは久しぶりでした。うれしくてテンションが上がりました。【体験談】香山智美(仮名・自由業・38歳)
更新: 2019-03-24 18:00:00
眼球は表にむき出しになった器官です。その裏側の見えない部分は首の後ろの筋肉とつながっています。目のピントを合わせるには、毛様体筋だけでなく、それにつながる首の筋肉が十分動く必要があるのです。さらに首の筋肉は肩や背中に、背中の筋肉も股関節や足の筋肉など、下半身とも連動しているのです。【解説】山本卓弥(視力回復研究所代表)
更新: 2019-03-23 18:00:00
私は生地屋でピンクの布を買い求め、ヨガ教室に持参し生徒に「寝る前にこの色をイメージして呼吸をしてみて」とお願いしたのです。2週間後、生徒たちと再会すると、何名かの雰囲気が変わったことに気づきました。一言で言えば、女性らしさが増したような感じなのです。【解説】小池能里子(ビビッド・エイジング研究家)
更新: 2019-03-22 18:00:00
スイカ糖の効果は強力で、夜中も2時間おきくらいにトイレに行きたくなりました。困った私は、スイカ糖を夜にとるのはやめ、朝1回だけにしたのです。その結果、夜の尿意は治まりました。体調もいいので、ずっと朝1回スイカ糖をとる習慣を続けています。70歳目前の今も、悪いところはどこもありません。【体験談】鶴永恵子(主婦・69歳)
更新: 2019-03-21 18:00:00
こうして手のひらを押していたところ、なんと今年3月の人間ドックではヘモグロビンA1cが6.3%と正常値にまで低下したのです。これで安心したのですが、私の母にはもっと凄い効果が表れました。インスリン注射を1日1回に減らせました。注射は体に大きな負担があるらしく、これには母も大喜びでした【体験談】小池幸子(会社員・56歳)
更新: 2019-03-19 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt