【手をもむ】ことの効果 病院や薬に頼らず 病気や症状が改善した人も

【手をもむ】ことの効果 病院や薬に頼らず 病気や症状が改善した人も

手には、体のすべての臓器に対応した反応ポイントが、細かく分布しています。そこを刺激することで、対応する臓器の細胞活動が活性化し、病気や不調が緩和します。私はこのことを、数多くの事例で確認しましたが、つい最近もそれを実証するような出来事がありました。【解説】大村恵昭(コロンビア大学医学博士)


大村恵昭
医師。コロンビア大学医学博士。ニューヨーク医科大学非常勤教授。ニューヨークを拠点とし、病気の早期診断や安全な治療法普及のため、世界中で活動している。最近の研究で、太陽光を浴びると手への刺激で得られる効果が上がると判明。また、適量のビタミンD3摂取により、安全で優れた抗がん作用が得られることもつきとめた。1日3回の食事と合わせて適量のD3の摂取を推奨している。

電話越しに教えた手のもみ方で患者を助ける!

 手を押したり、もんだり、つまんだりして手に刺激を与えることで、実に多くの病気を撃退できます。
 私はこのことを、数多くの事例で確認しましたが、つい最近もそれを実証するような出来事がありました。

 数ヵ月前、ブラジル・サンパウロで開かれた国際未病学会に特別講師として招かれたときのことです。その初日、学会長との夕食時に、彼女の携帯電話が鳴り出しました。
 電話は彼女の患者さんからで、心臓発作を起こしたとのこと。「救急車を呼ぶようです。私も病院に行きます」と、彼女は慌てて席を立とうとします。

 心臓発作は、一刻を争います。そこで私は「もう1度、その患者さんに電話をして、私の言うとおりに対処してください」と話し、電話越しに次のように指示しました。
まず、患者さんの心臓の代表領域(※)を50回、指でつまむようにしてもんでもらいました。ちなみに心臓の主な代表領域は、左手の手のひら側、中指第3セグメント(第2関節と中指の根元の間)にあります。

※代表領域は手のひらと甲にある。関節、内臓など全身に対応している


 通常なら、これだけでもよいのですが、一刻を争う状況です。さらに、左手の甲にある胸腺の代表領域の皮膚も、指で30~50回つまんでもむように伝えました(写真参照)。

 胸腺とは、左右のろっ骨の中央にある胸骨柄の裏、心臓の上前部にある、免疫をつかさどる重要な臓器のことです。

 すると間もなく、学会長が携帯を耳に当てたまま「ファンタスチコ(すごい)!」と驚嘆しました。患者さんの頻脈(心拍数が増加している状態)と胸の痛みや苦しさが急に解消し、らくになったというのです。

 心臓だけではありません。手には、体のすべての臓器に対応した反応ポイントが、細かく分布しています。
 そこを刺激することで、対応する臓器の細胞活動が活性化し、病気や不調が緩和します。

 私は、自ら手にあるツボの効果を調べて各反応ポイントを完成させました。それは、毎日の治療に使うほど信頼を置いています。
また、私の研究により、手をもんだり、つまんだりして刺激すると、次のような効果を得られると判明しました。

●正常細胞「テロメア」が増えるので、がんになりにくくなることが期待できる。

●長寿遺伝子「サーチュイン1」が増え、がんを作りやすくするp53遺伝子を抑制。老化も防げる。

●臓器の血液やリンパ液の流れを急速によくし、動脈硬化を防ぐ。
 筋力維持に大事といわれる若返りホルモン「DHEA」が増える。

●神経伝達物質「アセチルコリン」が増えるので、認知症改善を期待できる。

 いずれも細胞の活性を支え、多彩な健康効果が得られます。

今年84歳になる今も、日々の医療・研究活動に加え、講演のために世界中を飛び回っていられるのも、このおかげです。

 みなさんもぜひ、手を押したり、もんだり、つまんだりして刺激してください。
 病気や不調が改善し、きっと今よりも健康になれるはずです

病気が改善!大村式手もみ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


出そうで出ない頑固な便秘で太ももが太くなる?大腸洗浄のプロ考案「腸もみ」のやり方

出そうで出ない頑固な便秘で太ももが太くなる?大腸洗浄のプロ考案「腸もみ」のやり方

私の元へ駆け込む人は、すでに自己流では改善できないほどひどい便秘になっている場合がほとんど。特に40代以上になると、加齢や運動不足で腸を支える筋力が衰えて、腸が下がってしまうことがよく起こります。そうなると、余計に自力での排便が困難になってしまうのです。【解説】齊藤早苗(看護師・コロンハイドロセラピスト)


【イライラ解消】イライラが止まらない症状に効果「耳ひっぱり」で自律神経を整える

【イライラ解消】イライラが止まらない症状に効果「耳ひっぱり」で自律神経を整える

耳には全身に関係するツボが集まっていますので、耳ひっぱりは生命維持に重要な領域すべてを活性化し、心身を癒してくれる素晴らしいセルフケア方法です。ぜひ日々活用していただきたいと思います。【解説】土肥雪彦(あかね会土谷総合病院顧問・広島大学名誉教授)


【視力回復体操】背伸びをして背骨のゆがみを矯正すると視力低下を予防できる

【視力回復体操】背伸びをして背骨のゆがみを矯正すると視力低下を予防できる

姿勢をよくして、神経や血液の流れを促すことが、目を根本からよくすることにつながるのです。根本から目の改善を促すために、背伸ばし体操を活用されるとよいでしょう。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)


最新の投稿


【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

【足裏マッサージの効果】もんで血流をよくすると体の不調は解消できる! 難しく考えないのがポイント

立ったり、歩いたり、走ったり……人が生きている間、ずっと体重を支えている「足」は「第2の心臓」と呼ばれるほど脳や体、心に関与している部位です。足を正しく、しっかりケアすることが健康寿命を伸ばすうえで何よりもたいせつなことなのです。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

【足裏のもみ方】認知症や突発性難聴が改善した!コツは足指まで「すきまなく、深く」

足をもむ官足法は自分でできます。実践すれば必ず健康になります。「足をもめば健康になる。よくなるまでやり抜く」という自信と強い気持ちを持ち、ぜひ足もみを健康づくりにお役立てください。ここでは、脳・目・耳に効く足のもみ方をご紹介しましょう。【解説】行本昌弘(官足法友の会会長)


【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

【男性不妊の原因と治療法】妊活中の男性 禁欲しても精子は増えず タイミングと回数がカギ

何回も射精をくり返すと精子の数が減る、という心配は無用です。禁欲期間が長すぎると、精子の運動率が低下するうえ、精子のDNA損傷率も高くなることがわかっています。【解説】今井健(GAIA鍼灸整骨院院長・柔道整復師・鍼灸師) 【監修】吉田壮一(よしだレディースクリニック院長)


眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

血流アップで視界スッキリ“目にいい食事” 眼科医推奨薬膳レシピ(1)

老眼、近視、緑内障や白内障、黄斑変性にドライアイ……眼科の諸症状は、目薬などの局所的なケアで治る、と思っていませんか?それでは、根本的な改善は望めません。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)【料理】MICHIKO(食養生士・料理研究家)