医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【ケトン体とは】"数値が高いと危険"は誤解 糖尿病に効果的な糖質制限ダイエット

【ケトン体とは】"数値が高いと危険"は誤解 糖尿病に効果的な糖質制限ダイエット

これまで糖質制限の危険な面として糖質制限をした際に「ケトン体」が上昇する点が挙げられてきました。ケトン体が増えてケトアシドーシスになると、嘔吐、疲労感、脱力感など、さらに悪化すると死に至るとされてきました。しかし、それは誤解であり、数値を気にする必要はないのです。【解説】宗田哲男(宗田マタニティクリニック院長)


ヘモグロビンA1cが9%から5・2%に!

私は、産婦人科医として、妊娠糖尿病の患者さんをたくさん診てきました。
この病気は、妊娠中に糖尿病を発症するものです。

また、妊娠と関連がない場合でも、糖尿病が悪化して合併症を発症し、体の大事な機能を失うケースも多々ありました。
食事制限に苦しむかた、人工透析で大変な思いを味わうかた、視力を失うかた、足の切断を余儀なくされたかたなど、糖尿病というのは、実に悲惨な結果を招くものです。

かくいう私も、かつて糖尿病を発症し、苦しんだ経験を持っています。
しかし、現在の私は、それらの人々を救う画期的な治療法を知っています。

それこそが、「糖質制限」です。
まず、私がいかに糖尿病を克服したか、どれほど糖質制限の効果が絶大かについてお話しします。

私は幼いころから、お米や甘い物が大好き。
長年、食欲に任せて食べたいだけ食べてきた結果、50代半ばには、動くのも苦しいほど肥満体型になっていました。

そんな私が糖尿病であることがわかったのは2008年のことです。
血糖値(基準値は110mg/dL未満)が308mg/dL、ヘモグロビンA1c(過去1〜2ヵ月の血糖状態がわかる指標。基準値は、4・6〜6・2%)が9・0%もありました。

私は医師ですから、糖尿病の標準的な治療法は知っていました。
それは、カロリー制限による食事療法、運動療法、そして投薬です。
ただ、なんとなくそのとおりにする気が起こらずにいたとき、釜池豊秋先生の『糖質ゼロの食事術』(実業之日本社)という本に出合いました。

この本に書かれていた糖質制限の原理に、私は大いに感銘を受け、実際に取り組むことにしたのです。
食事は1日1食。朝と昼はコーヒーのみ。夜は、肉・魚を中心とにしたメニューをたっぷり食べます。

すると、糖質制限を開始して1ヵ月後、ヘモグロビンA1cは7%台になり、3ヵ月もたたないうちに6%を切りました。
そして、半年後には5・2%まで低下。

血糖値も89mg/dLになり、いずれも基準内の数値になったのです。
また、86kgあった体重は69kgになり17kg減、96・5cmだったウエストが、半年後には88・1cmになり、高血圧も改善しました。

さらに、寝つきがよくなり、熟睡するようになって、目覚めもさわやかになりました。
以前は、頻繁にしていた居眠りとは無縁です。

私は、薬も使わず、運動もせず、粗食に耐えたわけでもありません。
さしてつらいこともなく、かえっておいしい物を選んで食べまくって、その結果、やせて健康体になったのです。

これこそが、糖質制限の成果でした。

ケトン体が危険!というのは完全な誤解

これまで、糖質制限の危険な面として、糖質制限をした際に「ケトン体」が上昇する点が挙げられてきました。
糖質を摂取しないと、代わりに体内の脂肪酸を分解して栄養とします。

この際に生じるのが、ケトン体です。
ケトン体が増えて、体液が酸性に傾いた状態である「ケトアシドーシス」になると、嘔吐、疲労感、脱力感などの弊害が生じ、さらに悪化すれば、死に至るとされてきました。

しかし実際には、こうした危険な状態は、どれだけケトン体が増えても、起こることはないのです。
私は、これまでに胎児や赤ちゃんの臍帯血などの濃度を多数測定してきました。

その結果、赤ちゃんのケトン体の濃度は、基準値の20〜30倍もあることがわかりました。
赤ちゃんは、ブドウ糖ではなく、ケトン体をエネルギー源として生きているのです。

この例を見れば、ケトン体そのものになんの毒性もないことがわかります。
ケトアシドーシスが起こるのは、ケトン体の罪ではなく、高血糖によるものと考えるべきでしょう。

糖質制限を始めてからは、私の血中のケトン体の数値は、基準値を超えていますが、体調はすこぶる良好です。
ですから、糖尿病を予防・改善するために、糖質制限を実践する場合、ケトン体の数値を気にする必要はありません。

糖質制限では、米、パン、ソバ、スパゲティ、イモなどの糖質や砂糖を控え、代わりに、肉、魚、卵、チーズなどを中心に摂取します。
ほかに、葉物野菜やキノコ類もとりましょう。

糖度の高くないフルーツであれば、ある程度とってもかまいません。
私のように1日1食でもよいですが、それが難しい場合、朝は、ハムエッグなど。

昼食は、ハンバーグにチーズをのせたものだけを食べましょう。
それまで1日3食糖質を多量にとっていた場合、朝と昼に糖質を制限するだけでもかなり違ってくるでしょう。

2013年、アメリカの糖尿病学会は、糖質制限食を、糖尿病治療の選択肢の一つとして認めました。
アメリカだけではなく、イギリス、スウェーデンなどでも、糖質制限食が治療に取り入れられ、成果を上げつつあるのです。

極端に無理をする必要はありません。
糖尿病を予防・改善するため、糖質制限を上手に取り入れてみてください。

解説者のプロフィール

宗田哲男
1947年、千葉県生まれ。1965年、北海道大学理学部地質学鉱物学科入学。卒業後に医師を志し、1973年、帝京大学医学部入学。1992年、千葉県市原市に宗田マタニティクリニックを開院し、産婦人科医としての医療活動のほか、糖尿病治療にも積極的に取り組み、糖質制限で成果を上げている。著書に『ケトン体が人類を救う糖質制限でなぜ健康になるのか』(光文社新書)などがある。
●宗田マタニティクリニック
http://muneta.org


※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


足の痛みが引いていく「甘い物断ち(糖質制限)」の効果 足底筋膜炎も改善

足の痛みが引いていく「甘い物断ち(糖質制限)」の効果 足底筋膜炎も改善

甘い物断ちがこれほど効果的なのは、過剰な糖質によって炎症が起こりやすく、かつ、炎症が鎮まりにくくなるからです。糖質を控えるだけで、炎症を抑える作用を持つγ‐リノレン酸の働きもよくなるため、相乗効果で痛みが引いていくと考えられます。治療の一環として、甘い物を控えてみてください。【解説】土井亮介(足の痛みの治療院院長)


予防医学の専門家が推奨!甘酒寒天の健康効果と有効な食べ方

予防医学の専門家が推奨!甘酒寒天の健康効果と有効な食べ方

食物繊維はメッシュ状の構造で、その網目に水分を保持することで、腸の中で多くの作用を生み出します。寒天はこの網目が、ほかの食物繊維よりもずっと細かいのです。寒天1gが保持する水分量は100g、つまり100倍の保水力を持ちます。【解説】杤久保修(神奈川県予防医学協会中央診療所予防医療部部長・横浜市立大学名誉教授)


40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)


1日1さじ、2週間で効果「発酵玉ねぎ」が善玉菌を激増させる!!

1日1さじ、2週間で効果「発酵玉ねぎ」が善玉菌を激増させる!!

発酵タマネギの魅力はおいしさだけではありません。健康面でも糖尿病を改善する、肥満を改善する、便秘を改善する、アレルギーやうつ症状を緩和するといった、まるで万能薬のような効果を期待できます。正確に言えば、発酵タマネギを食べて腸内で作られる物質に、優れた健康効果があります。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


血糖値を下げる最強食材は酢ゴーヤ!苦み成分がコレステロール値も下げる

血糖値を下げる最強食材は酢ゴーヤ!苦み成分がコレステロール値も下げる

ゴーヤに含まれる苦み成分の一つであるチャランチンには、インスリンと似た働きがあります。また、同じく苦み成分であるモモルデシンにも、血糖降下作用があることがわかっています。さらに、ゴーヤには糖代謝を活性化するビタミンB1や、糖の吸収を遅らせる食物繊維も豊富に含まれています。【解説】下津浦康裕(下津浦内科医院院長)


最新の投稿


【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)


【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)


風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)