【下半身太りを解消】便秘やむくみに役立つ食べ物「小豆ダイエット」漢方医が解説

【下半身太りを解消】便秘やむくみに役立つ食べ物「小豆ダイエット」漢方医が解説

あずきを配合した漢方薬「赤小豆湯」は、利尿効果が高いことで知られています。心臓病や腎臓病、脚気など、むくみが生じる病気全般に、昔からよく使われているのです。赤小豆湯の簡易版として、家庭で飲むのにお勧めしたいのが「あずきスープ」です。【解説】岡田研吉(銀座・研医会診療所漢方科医師)


毒を速やかに排出する家庭で作れる漢方薬

【関連記事】小豆を使った健康レシピはこちら

あずきの原産地は東アジアとされ、日本へは3世紀ごろ、中国から朝鮮半島を経て伝わったといわれています。
8世紀に書かれた『古事記』や『日本書紀』には、あずきについての記述がすでにあります。

宮中儀式や年中行事に使われるなど、日本では古くから親しまれてきた作物です。
かつては、その美しい赤色が呪術的意味を持ち、穢れを払ったり、魔除けをしたりする目的で使われてきました。

現在も、ハレの日の食べ物として、赤飯やあずきがゆを食べる習慣が残っています。
これは、「めでたい日に、災いが起こらないように」という意味があるのです。

縁起担ぎだけでなく、あずきには、私たちの体を健康に保つ重要な成分が豊富に含まれています。
漢方薬の材料としても、尿の出をよくしたいときや、炎症を抑えたいとき、毒を速やかに排出したいときなどに使われています。

あずきを配合した漢方薬「赤小豆湯」は、利尿効果が高いことで知られています。
心臓病や腎臓病、脚気(ビタミンB1の欠乏によって心不全と末梢神経障害を来す病気)など、むくみが生じる病気全般に、昔からよく使われているのです。

そして、赤小豆湯の簡易版として、家庭で飲むのにお勧めしたいのが、「あずきスープ」です。
あずきの薬効を、効率的にとることができます。

30gのあずきを600mlの水で煮て、煮汁が半分くらいになったら出来上がりです。
これを1日分として、2〜3回に分けて飲みます。

体内の余分な水分や老廃物を速やかに排出するので、むくみを取り、ダイエットにも役立ちます。

下半身太りに著効!視力向上にも有効!

では、あずきの健康効果について、まずは東洋医学の立場から説明しましょう。
東洋医学では、あずきは「腎を補う」食材とされています。

腎とは、西洋医学における腎臓だけではなく、老化や成長、生命力をつかさどる働き全般を指します。
つまり、腎を補うということは、生命力を増して老化を遅らせる「アンチエイジング」を意味するのです。

健康の維持や増進はもちろん、全身の若返りを後押ししてくれるので、白髪や薄毛、シミやシワ、性力減退など、老化現象の予防・改善が期待できます。
次に、現代栄養学の立場から、あずきを見てみましょう。

あずきの利尿作用は、カリウムの働きと考えられます。
カリウムは、ナトリウムを体外に排出したり、尿の出をよくしたりします。

体のむくみを取る効果に優れ、ダイエットにも大いに役立つのです。
日本人女性には、水分の代謝が悪い、いわゆる「水太り体質」の人が多く見られます。

体内に余分な水分が滞留していると、エネルギーをうまく消費できず、やせにくく太りやすい体質になります。
あずきのカリウムは、余分な水分を排出してむくみを解消します。

体内の水分代謝が高まるので、それに伴い脂肪の代謝も向上します。全身がスッキリして、太りにくい体質になるでしょう。
あずきに豊富に含まれるビタミンB1も、ダイエットに役立ちます。

ビタミンB1は、糖質や脂肪を分解し、エネルギーに変える栄養素で、皮下脂肪の蓄積を防ぎます。
体の冷えを取り、水分代謝がよくなります。

特に下半身太りの人は、効果を実感しやすいでしょう。
さらに、ビタミンB1には、腎臓や心臓の働きを助けて、筋肉と神経の疲労を軽減させる働きもあります。

加えて、あずきは食物繊維の宝庫です。あずきスープには、水溶性食物繊維がたくさん溶け出しています。
水溶性食物繊維は、腸内でゼリー状になり、便をやわらかくして出しやすくします。

その結果、便秘が改善して、おなかが凹んだり、体重が減ったりするでしょう。
最近の研究では、あずきの外皮に含まれるサポニンに、強い抗酸化作用のあることが判明しました。

えぐみや渋みの成分であるサポニンには、老化の元凶物質である過酸化脂質の生成を抑え、肝機能障害を防ぎ、コレステロールや中性脂肪を減少させる作用があります。
そのため、肝臓障害や動脈硬化、高血圧の改善にも有効です。

 また、あずきの外皮の赤い色素は、アントシアニンです。
アントシアニンは、ブルーベリーや赤ジソなどに含まれる青紫色の色素で、眼精疲労や視力向上に役立つことで知られています。

水溶性ビタミンの一種であるナイアシンも含まれています。
ナイアシンは、糖質、脂質、たんぱく質の代謝に不可欠な栄養素です。血行を促進し、代謝を高めるので、やはりダイエットの一助となるのです。

以上のことから、あずきスープを毎日飲むと、東洋医学的には若返り効果が期待でき、現代栄養学的には便秘やむくみが消えて、「やせ体質」になるといえます。
あずきは、体力のある実証タイプの人にも、体力のない虚証タイプの人にも適した食材です。

スープにすることで、ますます消化器に負担をかけずに、薬効を摂取できます。
煮出したあとのあずきは、無理に食べなくてけっこうです。

スープに、有効成分が十分溶け出しているからです。
とはいえ、不溶性食物繊維など、栄養素は残っているので、食欲のある人は、煮物や炒め物、汁物などに混ぜて食べてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

レモンコーヒーは、ポリフェノールの玉手箱。コーヒーにはクロロゲン酸、レモンにはエリオシトリンなどが含まれています。一緒に飲むことで、コーヒーとレモンのポリフェノールが併せて取れるので、よりいっそう健康効果が高まるでしょう。【解説】板倉弘重(芝浦スリーワンクリニック名誉院長・日本ポリフェノール学会理事長)


【ダイエット】3ヵ月で24kgやせた!タオルを使って“足から痩せる”方法(写真有り)

【ダイエット】3ヵ月で24kgやせた!タオルを使って“足から痩せる”方法(写真有り)

私は29年にわたりモデルやタレント、そしてBC講師としてミス・ユニバース・ジャパンのファイナリストを含め、約3万人にエクササイズを指導してきました。経験から思うのですが、女性が「年を取ったな」と実感するのは、次の3つのぜい肉を見つけたときではないでしょうか。【解説】香取知里(美軸ライン協会理事長・パーソナルトレーナー)


【老けて見える原因】背中のハミ肉を取るタオルエクサ 反り腰・猫背が矯正できる

【老けて見える原因】背中のハミ肉を取るタオルエクサ 反り腰・猫背が矯正できる

「タオルを脚で挟む」エクササイズと「ふんどし」エクササイズには、体の軸を矯正する効果があるので、毎日1回以上は行いましょう。筋肉は、体の中で最も多くのカロリーを消費しています。ですから、エクササイズで筋肉が増えれば増えるほど、カロリーの消費量も増えるのです。【解説】香取知里(美軸ライン協会理事長・パーソナルトレーナー)


【糖尿病対策の食事】糖質は減らさず味方にする!食後高血糖を防いで肥満を撃退するコツ

【糖尿病対策の食事】糖質は減らさず味方にする!食後高血糖を防いで肥満を撃退するコツ

糖質を敵にするか、味方にするかは、食べ方次第です。糖質は悪者ではありません。問題なのは、糖質を取った後、血糖値が急激に上昇する食後高血糖です。糖質は、食べ方のコツさえ知っていれば、血糖値を急激に上げることなく、糖質をおいしく取ることができるのです。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


【ダイエット効果】おやつもOK!糖質を味方にする痩せる食事の極意 ポイントは“足し算”

【ダイエット効果】おやつもOK!糖質を味方にする痩せる食事の極意 ポイントは“足し算”

「間食はいけない。我慢すべき」というのも「引き算食べ」の発想。それを続けていると、食欲が爆発するときがやってきて逆効果です。ここでは「足し算食べ」を実践するための具体的なヒントをいくつかご紹介しましょう。【解説】足立香代子(臨床栄養実践協会理事長・管理栄養士)


最新の投稿


【肝臓ってどんな臓器?】急性肝炎と慢性肝炎の違い 健康診断の数値の見方や働きを専門医が解説

【肝臓ってどんな臓器?】急性肝炎と慢性肝炎の違い 健康診断の数値の見方や働きを専門医が解説

肝臓は、よく「体内の一大コンビナート」にたとえられます。栄養素の分解、合成、代謝、貯蔵、有害物の解毒、重要な消化液である胆汁の生成など、細かく分けると数百もの働きを担っており、まるで各種の工場や倉庫が集まったような機能を果たしているからです。【解説】髙橋弘(麻布医院院長ハーバード大学医学部内科元准教授)


【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

レモンコーヒーは、ポリフェノールの玉手箱。コーヒーにはクロロゲン酸、レモンにはエリオシトリンなどが含まれています。一緒に飲むことで、コーヒーとレモンのポリフェノールが併せて取れるので、よりいっそう健康効果が高まるでしょう。【解説】板倉弘重(芝浦スリーワンクリニック名誉院長・日本ポリフェノール学会理事長)


【ひざの痛み】ツボを揉むより簡単!足の“親指”を刺激するだけで血流アップ 冷えも腰痛も消えた!

【ひざの痛み】ツボを揉むより簡単!足の“親指”を刺激するだけで血流アップ 冷えも腰痛も消えた!

足の裏には、親指を頭、親指のつけ根を首として、かかとへと向かって、全身の内臓や器官に対応する「反射区」が、人体図のように並んでいます。LTF療法は、ふくらはぎなどの足、足の指、手の指をもんだり刺激したりすることで、血液循環をよくし、痛みや不調を取り去る方法です。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


【体験談】しびれるほどの足の冷えが足の親指刺激で和らいだ!こむら返りもなくなった

【体験談】しびれるほどの足の冷えが足の親指刺激で和らいだ!こむら返りもなくなった

私は、7年前に脳梗塞で倒れ、その後1年半ほど歩くことができませんでした。足の親指刺激を日課に加えてからは、しびれるような足の冷えが徐々に和らぎ、靴下をはかなくても眠れるようになりました。最近では、ふらつかずにしっかり歩けるようになっています。【体験談】杉井小夜子(無職・84歳)


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)