医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【腎機能を改善】クレアチニン値を下げる食事が効果「小豆カボチャ」で人工透析を回避

【腎機能を改善】クレアチニン値を下げる食事が効果「小豆カボチャ」で人工透析を回避

アズキ(小豆)は、成分の効能から見ても、腎臓によい作用をもたらします。代表的なものが、カリウムの利尿作用です。それゆえ、アズキは古来、むくみ取りの妙薬として使われてきました。尿の排泄を促進するので、冷えやむくみの改善に役立ち、腎臓の負担軽減につながります。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


冷えやむくみを改善し腎臓の負担を軽減する

東洋医学では、「形の似ている物が、その臓器を治す」という概念があります。
腎臓病の人にお勧めの食べ物は、ずばり、アズキです。
アズキは、腎臓の形にそっくりだからです。

私は、食事を健康づくりの基本の一つと考え、約15年前に、玄米菜食によって心身を変える「マクロビオティック」を学びました。
以来、現在まで、最先端の医療に東洋医学の考え方などを加えた統合医療を実践しつつ、マクロビオティックも参考に、食事指導を行っています。

アズキは、成分の効能から見ても、腎臓によい作用をもたらします。
代表的なものが、カリウムの利尿作用です。

それゆえ、アズキは古来、むくみ取りの妙薬として使われてきました。
尿の排泄を促進するので、冷えやむくみの改善に役立ち、腎臓の負担軽減につながります。

また、アズキに含まれるもう一つの成分、サポニンには、油脂を水に溶かす界面活性作用があります。
この働きが、腎臓の毛細血管に蓄積した古い脂質を溶かしてくれるのです。

腎臓の糸球体は、毛細血管の集合体なので、ここに古い脂質が蓄積すると、目詰まりを起こし、血圧が高くなります。
サポニンの働きによって古い脂質が溶け出せば、腎臓の機能が回復するとともに、高血圧の改善効果も期待できるというわけです。

加えて、アズキには、抗酸化作用のあるポリフェノールも多く含まれています。
老化の元凶物質である活性酸素を抑え、細胞をいきいきと元気に保つことに役立ちます。

アズキの食べ方として、私がお勧めしているのは、マクロビオティックの代表的なメニューである「アズキカボチャ」です(作り方は、下記の図解参照)。
緑黄色野菜であるカボチャもまた、抗酸化作用があり、アズキの効能を強化します。

アズキカボチャの作り方

クレアチニン値が3週間で劇的に降下!

また、東洋医学の陰陽五行説によると、アズキやカボチャの天然の甘みは、胃と脾の経絡(一種の生命エネルギーである気きの通り道)に好影響をもたらします。
そして、血糖値を下げるホルモンであるインスリンを分泌する膵臓は、この、脾の経絡に属しています。

つまり、アズキカボチャの甘みは、膵臓のインスリン分泌のリズムを整え、血糖値の急上昇を防いでくれるのです。
そのため、アズキカボチャは糖尿病の治療食としても用いられます。

血糖値が急に上がると、血液の質が悪くなります。
当然、それをろ過する腎臓にも、負担をかけます。

ちなみに、糖尿病の人の尿が泡立つのは、腎臓のろ過機能の低下によるものです。
こうした面からも、腎臓の負担を軽減するアズキカボチャは、腎機能アップによい食べ物といえるでしょう。

ただ、毎日食べ続けると体がそれに慣れてしまい、反応が鈍くなるので、5日続けたら1日休むようにしてください。
患者さんの血圧が高く、むくみがある場合、腎機能の低下が疑われます。

また、例えば女性なら生理に、男性なら前立腺に異常があり、むくみや冷えを伴う場合も、腎機能が低下しています。
生殖に関する臓器も、腎臓の経絡に属しているからです。
こうした患者さんに、アズキカボチャを勧めると、血圧が下がったり、尿量が増えて冷えやむくみが改善したり、生理痛が楽になったりといった、よい効果が見られます。

私の叔母も、腎臓の危機をアズキカボチャに救われました。

叔母は78歳のとき、腎不全と診断されました。
クレアチニン値が11mg/dLまで上昇し、医師から人工透析を提案されたのです。

しかし、私の勧めでアズキカボチャを食べ始めたら、3週間でクレアチニン値が5mg/dLまで下がり、結果、透析はしなくて済みました。
腎臓の薬は、いっさい飲んでいません。

腎機能に不安がある人、冷えやむくみが気になる人は、まず3ヵ月を目安に、食べてみてください。
きっと、いい変化が感じられるはずです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


11円スリッパをはくだけで美脚に変身!むくみが消えてふくらはぎもほっそり

11円スリッパをはくだけで美脚に変身!むくみが消えてふくらはぎもほっそり

11円スリッパをはく前に使っていたサンダルだと、「裸足になってらくになりたい」と思っていましたが、これに変えてからは、「脱ぎたい」という気持ちになりません。むしろはいていると心地よく感じました。そんな調子で1週間がたったときには、スリッパの効果を確信していました。【体験談】神田理央(仮名・主婦・37歳)


朝までトイレに行かず熟睡できた!「足の甲巻き」で足のむくみも解消

朝までトイレに行かず熟睡できた!「足の甲巻き」で足のむくみも解消

足の甲に包帯を巻いて2~3日後には、足がむくまなくなりました。以前のように、足がむくんで靴が痛いということもありません。むくみが解消したおかげか、明け方に尿意を感じて目が覚めることがなくなりました。そのため、従来どおり、熟睡するリズムが戻ったのです。【体験談】上田雅代(仮名・看護師・57歳)


抜け道血管(動静脈瘻)がむくみや夜間頻尿の原因?対策は「足の甲巻き」

抜け道血管(動静脈瘻)がむくみや夜間頻尿の原因?対策は「足の甲巻き」

足の甲にある「抜け道血管」も、足の冷えやむくみ、夜間頻尿の原因となります。正式には「動静脈瘻」といい、解剖学の教科書にも記載されている血管です。本来なら指先の毛細血管まで流れていくはずの動脈血が、抜け道血管を通って静脈に流れ込むと、足先は血流不足になって冷えてしまいます。【解説】佐藤達朗(サトウ血管外科クリニック院長)


泌尿器科医の私が「かかと落とし」をすすめる理由

泌尿器科医の私が「かかと落とし」をすすめる理由

夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)


最新の投稿


【スタンフォード式】疲労回復にいい食べ物・疲れない食事術を大公開!

【スタンフォード式】疲労回復にいい食べ物・疲れない食事術を大公開!

久々に帰国して驚いたのは、日本で普通に食事をすると、アスリートのための食事とは真逆で、疲労をためてしまう食事が多いということでした。特に気になったのは、砂糖があふれかえっていることです。糖質(炭水化物)の摂取も多いですね。【解説】山田知生(スタンフォード大学スポーツ医局アソシエイトディレクター・アスレチックトレーナー)


布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

腰の辺りから肩甲骨の下辺りまで指圧しても、せいぜい3分程度しかかかりません。実際にやってみると、これがすごく気持ちいいんです!こわばっていた筋肉がほぐれていくのを実感できます。なにしろ、脊柱管狭窄症の症状が目に見えてよくなりましたね。右足に感じていた激痛が、すっかり治まったんです。【体験談】布施博(俳優)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

炭酸水につかると、その部位の毛穴から炭酸が浸透。体内で毛細血管に入り、血管内の酸素を細胞に送り出します。これを体が察知すると「酸素が足りていない」と勘違い。炭酸水につかっている部位に酸素を供給しようと、血液がドッと流れてきます。こうして血管が拡張され血流が改善するのです。【解説】齋藤真理子(山本メディカルセンター院長)