【腎機能を改善】クレアチニン値を下げる食事が効果「小豆カボチャ」で人工透析を回避

【腎機能を改善】クレアチニン値を下げる食事が効果「小豆カボチャ」で人工透析を回避

アズキ(小豆)は、成分の効能から見ても、腎臓によい作用をもたらします。代表的なものが、カリウムの利尿作用です。それゆえ、アズキは古来、むくみ取りの妙薬として使われてきました。尿の排泄を促進するので、冷えやむくみの改善に役立ち、腎臓の負担軽減につながります。【解説】三浦直樹(みうらクリニック院長)


冷えやむくみを改善し腎臓の負担を軽減する

東洋医学では、「形の似ている物が、その臓器を治す」という概念があります。
腎臓病の人にお勧めの食べ物は、ずばり、アズキです。
アズキは、腎臓の形にそっくりだからです。

私は、食事を健康づくりの基本の一つと考え、約15年前に、玄米菜食によって心身を変える「マクロビオティック」を学びました。
以来、現在まで、最先端の医療に東洋医学の考え方などを加えた統合医療を実践しつつ、マクロビオティックも参考に、食事指導を行っています。

アズキは、成分の効能から見ても、腎臓によい作用をもたらします。
代表的なものが、カリウムの利尿作用です。

それゆえ、アズキは古来、むくみ取りの妙薬として使われてきました。
尿の排泄を促進するので、冷えやむくみの改善に役立ち、腎臓の負担軽減につながります。

また、アズキに含まれるもう一つの成分、サポニンには、油脂を水に溶かす界面活性作用があります。
この働きが、腎臓の毛細血管に蓄積した古い脂質を溶かしてくれるのです。

腎臓の糸球体は、毛細血管の集合体なので、ここに古い脂質が蓄積すると、目詰まりを起こし、血圧が高くなります。
サポニンの働きによって古い脂質が溶け出せば、腎臓の機能が回復するとともに、高血圧の改善効果も期待できるというわけです。

加えて、アズキには、抗酸化作用のあるポリフェノールも多く含まれています。
老化の元凶物質である活性酸素を抑え、細胞をいきいきと元気に保つことに役立ちます。

アズキの食べ方として、私がお勧めしているのは、マクロビオティックの代表的なメニューである「アズキカボチャ」です(作り方は、下記の図解参照)。
緑黄色野菜であるカボチャもまた、抗酸化作用があり、アズキの効能を強化します。

クレアチニン値が3週間で劇的に降下!

また、東洋医学の陰陽五行説によると、アズキやカボチャの天然の甘みは、胃と脾の経絡(一種の生命エネルギーである気きの通り道)に好影響をもたらします。
そして、血糖値を下げるホルモンであるインスリンを分泌する膵臓は、この、脾の経絡に属しています。

つまり、アズキカボチャの甘みは、膵臓のインスリン分泌のリズムを整え、血糖値の急上昇を防いでくれるのです。
そのため、アズキカボチャは糖尿病の治療食としても用いられます。

血糖値が急に上がると、血液の質が悪くなります。
当然、それをろ過する腎臓にも、負担をかけます。

ちなみに、糖尿病の人の尿が泡立つのは、腎臓のろ過機能の低下によるものです。
こうした面からも、腎臓の負担を軽減するアズキカボチャは、腎機能アップによい食べ物といえるでしょう。

ただ、毎日食べ続けると体がそれに慣れてしまい、反応が鈍くなるので、5日続けたら1日休むようにしてください。
患者さんの血圧が高く、むくみがある場合、腎機能の低下が疑われます。

また、例えば女性なら生理に、男性なら前立腺に異常があり、むくみや冷えを伴う場合も、腎機能が低下しています。
生殖に関する臓器も、腎臓の経絡に属しているからです。
こうした患者さんに、アズキカボチャを勧めると、血圧が下がったり、尿量が増えて冷えやむくみが改善したり、生理痛が楽になったりといった、よい効果が見られます。

私の叔母も、腎臓の危機をアズキカボチャに救われました。

叔母は78歳のとき、腎不全と診断されました。
クレアチニン値が11mg/dLまで上昇し、医師から人工透析を提案されたのです。

しかし、私の勧めでアズキカボチャを食べ始めたら、3週間でクレアチニン値が5mg/dLまで下がり、結果、透析はしなくて済みました。
腎臓の薬は、いっさい飲んでいません。

腎機能に不安がある人、冷えやむくみが気になる人は、まず3ヵ月を目安に、食べてみてください。
きっと、いい変化が感じられるはずです。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


手作り「発酵あんこ」で快腸!たった20分で小豆をふっくら炊く方法

手作り「発酵あんこ」で快腸!たった20分で小豆をふっくら炊く方法

「解毒作用のあるアズキは取りたいけれど、お砂糖が気になる」というかたがいらっしゃると思います。そんな皆さんにぴったりなのが、お砂糖が入っていない「発酵あんこ」です。やさしい甘さに糀の力を感じ、私は食べた瞬間、「ホントにコレすごい!」と笑いが出たほどでした。【解説】栗生隆子(発酵生活研究家)


砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る「発酵あんこ」のレシピ

砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る「発酵あんこ」のレシピ

砂糖ゼロでも甘い美腸スイーツ!「甘いものは食べたいけれど砂糖が気になる」。そんなかたでも大評判の「発酵あんこ」なら心配不要です。自然な甘みがクセになる!便秘や冷え症の改善、体の毒出し効果も抜群です。ジッパー付きの袋を使った簡単発酵方法をご紹介します。【レシピ】高山益実(管理栄養士・認定心理士・「食心のアトリエ」主宰)


夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

スウェーデンの研究期間が行った調査では、夜間頻尿のある人はそうでない人に比べて、心筋梗塞や脳梗塞(心臓や脳の血管が詰まって起こる病気)にかかりやすく生存率が低いことも確認されています。夜間頻尿の原因は「むくみ」にあるのです。その対策法を紹介します。【解説】菅谷公男(北上中央病院副院長)


不定愁訴の原因は「お腹の冷え」 自律神経が整う“腸”のいたわり方

不定愁訴の原因は「お腹の冷え」 自律神経が整う“腸”のいたわり方

腸さすりは、朝起きたときや、夜寝る前の1日2回、リラックスして行ってください。あおむけで寝た姿勢で行うため、寝床で行う習慣とするといいでしょう。自分の腸をいたわるつもりで、日々の養生法としてぜひ取り入れてください。【解説】中山健三(中山整体療院院長)


最新の投稿


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「胃の位置」胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)