口臭、体臭対策に【茹でもやし】が効く!頭重感、めまいも治ると薬剤師が解説

口臭、体臭対策に【茹でもやし】が効く!頭重感、めまいも治ると薬剤師が解説

めまいにお勧めなのが、ゆでモヤシです。モヤシは体内の余分な熱を取り、よどみがもたらす不要物の毒を解毒する作用があります。【解説】井上正文(前橋・木暮医院漢方相談室)


舌に黄色いこけの付くめまいに有効

 めまいがある人の中には、病院で検査をしても異常がなく、治療薬の効果も感じられずに悩んでいるケースが、たいへん多く見受けられます。
 しかし、あきらめることはありません。なかなか改善しないめまいでも、食事や漢方で十分に対処できます。

 中国の伝統医学である中医学では、「気・血・水」を人間の生命活動を支える要素と考えています。気は一種の生命エネルギー、血は体内を巡る血液、水は血液以外の水分です。

 この三つの流れが、体内をスムーズに循環していれば健康が保たれ、循環が滞ればさまざまな不調や病気が起こります。
 めまいは気や血の滞りでも起こりますが、治りにくいめまいの多くは、水のよどみ(痰湿)が原因です。

 水がよどんだ状態は、ドブに似ています。ドブにたまった水は濁り、腐敗して熱を発します。同じように水の巡りが悪くなると、よどみから熱が生まれ、不要物が体内にたまって内臓の働きが低下します。
 水のよどみによるめまいは、頭がクラクラして立っていられない、頭がどんよりして考えがまとまらない、イライラする、吐き気がする、口臭・体臭が強いなどの症状が現れます。

 また、舌に黄色い粘り気のあるこけが、べったりつくという特徴が見られます。
 このタイプのめまいにお勧めなのが、ゆでモヤシです。モヤシは体内の余分な熱を取り、よどみがもたらす不要物の毒を解毒する作用があります。
 ゆでモヤシを食べていると、頭がクラクラするめまい、吐き気、頭重感、口臭・体臭が改善します。

予防なら週に1回、症状があれば3回食べる

 ゆでモヤシの食べ方は簡単です。モヤシ2分の1パック(100g程度)を、スープやみそ汁の具にするか、さっとゆでて、酢やゴマ油をかけて食べます。
 モヤシはゆでて温め、朝食べるのがポイントです。というのも熱を取る働きがあるモヤシを、体温が下がる夜に食べると、必要以上に体を冷やしてしまう恐れがあるからです。

 めまいの予防が目的なら週に1回、症状がある場合は、毎日または週に3回以上、ゆでモヤシを食べましょう。
 現代人が好むアイスクリームなど冷たい乳製品や鶏の唐揚げ、トンカツなど動物性の脂の食べ過ぎは、水のよどみの原因になります。ゆでモヤシを常食するとともに、これらの食品を控えることも大切です。

吐き気や頭重感も消失した!

 ここでAさん(46歳・主婦)の例をご紹介しましょう。Aさんのめまいが始まったのは、3年前のこと。頭がクラクラして、時に吐き気を催し寝込むこともありました。

 耳鼻咽喉科の検査で異常はなく、めまいを和らげる治療薬を処方されました。しかし薬の効果はなく、Aさんはめまいや吐き気、頭がぼんやり重く、考えごとができない、イライラなどの症状に悩まされ続けました。家族から口臭が強いと言われ、気分は落ち込むばかりでした。
 私のところに相談にみえたときAさんは、「もう打つ手がありません」と、しょんぼりしていました。舌には薄黄色のこけがついており、水のよどみからくる典型的なめまいでした。

 そこでAさんには、毎朝、ゆでモヤシを食べるようアドバイスしました。加えて、よどんだ水の排泄を促し、余計な熱を取り去る漢方の、茵五苓散を処方しました。すると3週間ほどでめまいの症状が軽くなり、3ヵ月後には、すべての症状が消失しました。
 めまいの完治後、Aさんは漢方をやめ、めまいを予防するために、ゆでモヤシを週3日食べるようにしました。その後は再発もなく、Aさんはすっかり明るさを取り戻し、元気に暮らしています。

 ゆでモヤシと茵五苓散を併用すると、めまいの改善効果が高まります。最初に挙げたようなめまいが起きたら、ゆでモヤシを食べしばらくようすを見て、症状があまり変わらないようなら、漢方薬を併用するといいでしょう。
 モヤシは安価で、日本中どこでも手に入ります。めまいの症状がある人は、実践されることをお勧めします。

井上正文
1978年、明治薬科大学卒業。薬剤師。1984年、中国陜西省の張学文国医大師に師事し、現在に至る。漢方治療の臨床経験は30年以上。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

【糖尿病専門医】 「ミルク酢ごはん」は血糖値が上がりにくい

私は、「なるべく多くの患者さんが幸せになれる治療法」をモットーに、日々、診療にあたっています。患者さんにガマンを強いる「食事制限」ではなく、おいしく食べながら体の状態をコントロールする「食事調整」であるべきだと、私は考えています【解説】原島伸一(京都大学大学院医学研究科 糖尿病・内分泌・栄養内科学講師)


【目が疲れる まぶしい】かすみ目や黄斑変性を食事で改善!疲れ目解消スープの作り方

【目が疲れる まぶしい】かすみ目や黄斑変性を食事で改善!疲れ目解消スープの作り方

中医学では、古来から「薬食同源」の思想があります。煎じて漢方薬となる生薬の中には、鉱物や木の皮、動物の骨など通常は食用にしないものも含まれていますが、ごく普通に食べられている食材も多いのです。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【歯ぐきが腫れる 膿がでる 出血する】歯周病を改善する漢方薬“排膿散及湯”

【歯ぐきが腫れる 膿がでる 出血する】歯周病を改善する漢方薬“排膿散及湯”

漢方では、「口の中は、全身を映し出す鏡」といわれ、昔から健康状態は口の中に現れると考えられてきました。その考えどおりに、漢方の診断法の一つに、舌で体の状態を見る「舌診」があります。舌の色や形などの状態で、内臓の働きや栄養状態、胃腸の状態、病気の進行までわかります。【解説】平地治美(薬剤師・鍼灸師)


【ガン治療中の食事】卵は1日3個、できれば5個摂取 最初にタンパク質をとると良い

【ガン治療中の食事】卵は1日3個、できれば5個摂取 最初にタンパク質をとると良い

ガン治療で大切なのは、ガンを見るだけでなく、患者さんの状態も診ることです。重要なのは、たんぱく質をしっかりとり、栄養状態を改善すること。そこで、筋肉をつくる良質なたんぱく源として、特に私がお勧めしているのが、卵です。【解説】星野惠津夫(空海記念統合医療クリニック院長・がん研有明病院漢方サポート科元部長)


【血糖値・血圧を下げる】「しょうが緑茶Q&A」しょうが博士が気になる疑問に答えます

【血糖値・血圧を下げる】「しょうが緑茶Q&A」しょうが博士が気になる疑問に答えます

「ショウガ緑茶」は、緑茶にすりおろしたショウガを入れて作ります。 特別な道具はいらないうえ、作るのに時間もかかりませんが、その健康効果は薬に匹敵します。高すぎる血糖値、血圧を下げて、健康に導いてくれるだけでなく、体重が落ち、シミやシワ、薄毛の改善にも役立ちます。【解説】平柳要(食品医学研究所所長・医学博士)


最新の投稿


脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

脳が活性化する親指の体操で明るく前向きになれる!意欲がわいてくる!

親指刺激を行っているうちに、手の動きと脳の働きが同時によくなり、薬の管理がうまくできるようになったというお年寄りもいます。認知症に関する効果だけでなく、肩こりや冷えが軽減した、姿勢がよくなったという人も多いのです。【解説】長谷川嘉哉(認知症専門医)


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)