医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【ウエストダイエット】筋トレ無しでも即効 猫背も改善「わき腹つかみ」の効果

【ウエストダイエット】筋トレ無しでも即効 猫背も改善「わき腹つかみ」の効果

わき腹は、上半身と下半身をつなげる要です。わき腹つかみをすると、わき腹だけでなく、全身の筋肉まで、だんだんやわらかくなっていきます。【解説】寺田壮冶(寺田クリニック院長)


深い呼吸に合わせてつかむことが重要!

私は、内科、ペインクリニックで患者さんを診るほかに、スポーツドクターとして、痛みを緩和する運動療法や、アスリートの運動機能を高めるトレーニング指導を行っています。

そんな私から見ると、肋骨と骨盤の間の「わき腹」は、上半身と下半身を連動させる、非常に重要な部位です。
ここには、背骨と大腿骨(太ももの骨)を深部で結ぶ大腰筋があり、その上におなかを覆う腹横筋や腹斜筋があります。

これらの筋肉は、体幹を支える重要な筋肉です。
このわき腹を刺激し、緩めるのが、「わき腹つかみ」です。

この体操は、呼吸に合わせてわき腹をつかむことが重要です。
ゆっくり息を吐きながら、わき腹をつかむと、指がより深くおなかの中に入ります。

大腰筋などの深部筋を直接刺激し、筋肉を活性化してくれます。
それによって、次のような多様な効果が期待できます。

①ウエストが引き締まる
腹部の筋肉が緩んで活性化されると、周囲の脂肪が燃焼しやすくなります。
そのため、おなか周りやウエストが顕著に引き締まってきます。

②やせ体質に変わる
大腰筋などの深部筋をほぐすことで上半身と下半身が連動しやすくなり、全身の筋肉の動きがよくなります。
それによって代謝がアップし、やせやすい体質に変わります。

③ 姿勢がよくなる
姿勢の悪い人は、骨盤が前方や後方に傾斜しています。
大腰筋が活性化されることで骨盤が起きて姿勢がよくなります。
ネコ背の改善も期待できます。

④腰痛が改善する
体幹を支える大腰筋などが鍛えられ、姿勢がよくなるので、腰への負担が軽減し、腰痛の改善が期待できます。

⑤便秘が改善する
わき腹をつかむと、大腸を直接刺激することになり、腸の動きがよくなります。
特に、左のわき腹は、便が固形化し停滞しやすい下行結腸の刺激となるので、便秘の改善に役立ちます。

⑥尿失禁が改善する
大腰筋が活性化されて引き締まると、骨盤内の臓器(膀胱、子宮、腸など)を支えている骨盤底筋群が引き上げられます。
すると、膀胱への圧迫が取れて、尿失禁などが改善します。

⑦自律神経のバランスが整う
深い呼吸を正しく行えば、自律神経のバランスも整ってきます。
また、セロトニンやノルアドレナリンなどの神経伝達物質の分泌がよくなり、痛みが改善したり、不安やイライラが和らいだりします。

なお、正しい呼吸とは、鼻で吸って鼻(または口)で深くゆっくり吐く、横隔膜を大きく動かす呼吸のことです。
このようにわき腹つかみを行うと、筋力トレーニングをしなくても、それに準じた幅広い効果が期待できるのです。

全身の筋肉までやわらかくなる

わき腹は、上半身と下半身をつなげる要です。
わき腹つかみをすると、わき腹だけでなく、全身の筋肉まで、だんだんやわらかくなっていきます。

筋肉は、使わないでいると萎縮してかたくなりますが、使いすぎてもかたくなります。
前者は筋肉が張った状態、後者はこった状態です。

いずれにしろ、かたくなったものは、ほぐしてやらなければなりません。
筋肉がほぐれてやわらかくなると、腱(筋肉が骨に付着している部分の結合組織)や関節の可動域が広がって、体を動かしやすくなります。

すると、自然に活動的になり、歩いたり、運動したりするようになります。
それが2次的に、肥満や生活習慣病の予防・改善に役立ちます。

私がふだんの診療で運動療法に力を入れているのも、正しい運動習慣を身につけることで、なるべく薬に頼らずに健康になってほしいからです。
その運動療法の一つとして、わき腹つかみはとてもよい方法です。

体への負荷が少ないので、どんな人でも挑戦できます。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)


便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘を食事で改善しようとする際に、重要なのが、食物繊維です。寒天は、水溶性と不溶性、両方の食物繊維を含むため、機能性食品として、大変理想的です。甘酒は発酵食品ですから、まさに微生物のかたまりです。腸内に入ると、乳酸菌などの善玉菌を増やします。痔の改善にも、いい効果が上がっています。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


コレステロール値が下がった!バナナ酢で自然に2kgやせてお通じも快調

コレステロール値が下がった!バナナ酢で自然に2kgやせてお通じも快調

バナナ酢を飲み始めて2週間くらいで、毎朝、食後にお通じがあり、よい便が出るようになったのです。おなか周りもすっきりしてきました。体重を量ってみると、飲む前は57kgだったのが、3ヵ月で2kg減り、55kgになっていました。【体験談】佐々木裕子(主婦・56歳)


【酢ニンジン】娘の便秘はコレで撃退!私は頭皮の吹き出物と抜け毛が改善

【酢ニンジン】娘の便秘はコレで撃退!私は頭皮の吹き出物と抜け毛が改善

私が忙しくなり、酢ニンジンを作りおきできなかった時期がありました。すると、長女が再び便秘になってしまいました。そこで、慌てて酢ニンジンを作って食べさせたところ、すぐにお通じが戻ってきたのです。私自身も、子供といっしょに酢ニンジンを食べて、その効果を実感しています。【体験談】市村芽衣子(仮名・主婦・44歳)


最新の投稿


【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)


【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)


風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)