医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【ワキガ・口臭対策】消臭・殺菌作用のある「シソジュース」がお勧め

【ワキガ・口臭対策】消臭・殺菌作用のある「シソジュース」がお勧め

シソジュースは、煮出したシソの汁にクエン酸を加え、好みで甘みをつけたものです。シソに含まれているクロロフィルは植物だけに含まれる成分で緑の濃い物ほど含有量が多くなります。代表的な作用が消臭・殺菌作用です。それに加えて、クエン酸には老廃物が体内にたまるのを防ぐ働きがあります。【解説】田島眞(実践女子大学名誉教授)


糖尿病の合併症や高血圧の予防に有効

暑くなると、さわやかなシソジュースを手作りする人も多いのではないでしょうか。
シソジュースは、煮出したシソの汁にクエン酸を加え、好みで甘みをつけて作ります。

したがってシソジュースには、シソのエキスやクエン酸がたっぷり含まれています。
このシソジュースに期待できる最大の健康効果は、なんといっても血流の改善でしょう。

シソには、α-リノレン酸という脂肪酸が豊富です。
これは、体内に摂取されると、EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸)に変わります。

そして、血中脂質の値を下げたり、血栓を防いだりして、血液をサラサラにしてくれるのです。
EPAやDHAは、ご存じのように青魚に豊富に含まれる油です。

またクエン酸には、赤血球の変形能(柔軟に形を変える能力)を高める作用があります。
赤血球の直径は毛細血管よりも大きく、そのままでは毛細血管の中を通れません。

しかし、変形能が高まることで、赤血球は自在に形を変え、細い毛細血管の中をスムーズに流れることができるのです。
こうして血流がよくなれば、動脈硬化や高血圧、心筋梗塞など、循環器系の病気を予防・改善する効果が期待できます。

全身へ血液中の栄養や酸素が行き渡るようになるので、細胞や内臓の機能も活性化されるでしょう。
さらに、毛細血管の血流がよくなると、毛細血管が密集している目や腎臓の病気にも有効です。

例えば、糖尿病の合併症である糖尿病性網膜症や糖尿病性腎症の予防などです。
なお、厚生労働省の報告では、シソの油(α-リノレン酸)は加齢黄斑変性症(網膜の中心部の黄斑が障害を受ける病気)や認知症を防ぐ効果があることもわかっています。

消臭・殺菌作用で汗のにおいや口臭を抑制

シソにはα-リノレン酸以外にも、いろいろな成分が含まれています。
その一つが、ポリフェノールです。

シソには青ジソと赤ジソがあり、どちらもポリフェノールが豊富です。
赤ジソのポリフェノールは赤い色素のアントシアニンで、目の機能を高める成分として知られています。

どちらのポリフェノールにも強い抗酸化作用があり、活性酸素によって体の組織が酸化されるのを防いでくれます。
これが、ガン、動脈硬化、糖尿病といった生活習慣病や老化の予防に役立ちます。

また、シソにはクロロフィル(葉緑素)も含まれています。
クロロフィルは植物だけに含まれる成分で、緑の濃い物ほど含有量が多くなります。

このクロロフィルの代表的な作用が消臭・殺菌作用で、昔は歯磨き剤にも使われていました。
それに加えて、クエン酸には老廃物が体内にたまるのを防ぐ働きがあります。

シソジュースはこの二つの相乗作用で、ワキガや汗のにおい、口臭などを抑える効果が期待できます。

シソの香り成分にも触れておきましょう。
シソにはピネンなどの芳香物質が複数含まれています。
香りにはリラックス作用と、覚せい作用がありますが、シソに含まれる芳香物質には覚せい作用があり、体の代謝を活性化します。

また、クエン酸にも、エネルギーを効率的に作って体の代謝を高める作用があります。
ですから、シソジュースは、ダイエットや肥満防止にも役立つのです。

多様な効能があるシソジュース

このようにシソジュースには多様な効能がありますが、ふだん、シソはそんなにたくさん口にするものではありません。
薬味にして、せいぜい2〜3枚食べるくらいでしょう。

しかしシソジュースにすれば、おいしく、たくさん飲めるので、シソの効用を余すところなく取り入れられます。
シソジュースは、煮出した汁に、クエン酸と甘みを加えて作ります。

甘みはミネラルの多い黒砂糖や、オリゴ糖の多いハチミツがお勧めです。
クエン酸は薬局などで購入できますが、レモンのしぼり汁(市販のレモン汁でも可)で代用するのもいいでしょう。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

薄着になる季節に気になるのが、ポッコリおなか。そこで登場するのが「シソ酢」です。黒酢にシソを漬けて、冷蔵庫で1時間。あっという間に出来上がります。スキッと爽やかな後味で、水分補給としても最適なシソ酢は、糖質の吸収を抑え、やせると評判。ぜひ、お試しください。【構成】『安心』編集部


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

ラジオを聞けば【認知症予防】になる!聞く力を鍛える「ながらラジオ」のススメ

脳は機能別に、聴覚、運動、伝達、感情、思考、視覚、理解、記憶の八つに大別できます。それを私は「脳番地」と呼んでいます。ラジオは注意を向けて聞こうとするだけで聴覚系脳番地が鍛えられます。それが楽しく聞けていれば理解系や記憶系の脳番地もいっしょに鍛えることができます。【解説】加藤俊徳(加藤プラチナクリニック院長)


立っていられない重度めまいに「耳の穴もみ」が効果!気持ちも血圧も安定した

立っていられない重度めまいに「耳の穴もみ」が効果!気持ちも血圧も安定した

5~6年前から、ときどき軽いめまいが起こるようになりました。3月のある日、それまでにない強いめまいが起こりました。「これはちょっと違う」と血圧計を引っ張り出して測ってみたところ、最大血圧が165mmHg、最小血圧も105mmHgもあったのです。【体験談】佐川佳那子(仮名・主婦・62歳)


HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

HbA1cが降下!食物繊維たっぷりの「玄米食」で効果が出た

食物繊維をたっぷりとることを心がけました。春には、思い切って自分専用の炊飯器を購入し、玄米食に切り替えました。こうした生活を続けていたところ、以前より便通がよくなってきたことに気づきました。それにつれ、糖尿病の状態も徐々に改善してきました。【体験談】綿谷里子(仮名・自営業・73歳)


最新の投稿


寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

薄着になる季節に気になるのが、ポッコリおなか。そこで登場するのが「シソ酢」です。黒酢にシソを漬けて、冷蔵庫で1時間。あっという間に出来上がります。スキッと爽やかな後味で、水分補給としても最適なシソ酢は、糖質の吸収を抑え、やせると評判。ぜひ、お試しください。【構成】『安心』編集部


【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

中国・三国時代の故事に、シソについての話があります。カニを食べて食中毒を起こして死にかけた若者に、華侘という名医が紫色の葉を煎じて飲ませたところ、たちどころに快癒。これが紫蘇の名前の由来となったといいます。生薬としても珍重され、気管支炎、セキ・痰、不眠の治療などに広く用いられてきました。【解説】丁宗鐵(百済診療所院長)


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)