【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(冷凍卵黄・卵黄しょうゆ漬け)

【健康レシピ】脳を活性化する「卵」アレンジ薬膳(冷凍卵黄・卵黄しょうゆ漬け)

卵は、アミノ酸、ビタミン、ミネラルをバランスよく含んだ「完全栄養食品」といわれています。加熱しても、栄養価に大きな変化が見られず、どのように調理しても必要な栄養を摂取できます。【解説・料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)


また、卵黄には「脳の栄養素」といわれるレシチンがたっぷり含まれており、記憶力や集中力がアップして脳の活性化に役立つのです。
そこで今回は、冷凍、しょうゆ漬け、みそ漬けなど、卵黄にさまざまなアレンジを加える調理法をご提案します。
ほんのひと手間加えるだけで、今まで味わったことのない驚くほどの美味しさを堪能できますので、ぜひぜひお試しください!

「卵」のパワーについての解説はこちら

冷凍卵黄

卵黄は、凍らせてから解凍すると半熟卵のようにトロッとした舌触りが楽しめます。

【作り方】
❶弁当のおかず入れなど、シリコン製の容器(凍っても卵黄がくっつかないようにするため)に、卵黄を1個ずつ入れる。
❷冷凍庫に入れて凍らせる。

食欲が落ちる暑い日でもモリモリ!冷凍卵黄とタイのタルタルステーキ

(各1人分)
エネルギー203kcal
塩分0.3g

【材料】(2人分)
冷凍卵黄…2個
タイ(刺し身)…80g
ブルーチーズ…10g
オリーブオイル…大さじ1
塩…少々
粗びき黒コショウ…少々
ハーブなど葉物野菜…適宜
クラッカー(メルバトースト)…適宜

【作り方】
❶冷凍卵黄は、室温に20~30分ほどおいて解凍し、5mm角ほどに刻む。
❷タイは小さく刻んだ後、包丁でたたいてさらに細かくする。
❸ブルーチーズは、5mm角ほどに刻む。
❹①、②、③を合わせ、オリーブオイル、塩、黒コショウを加えて混ぜる。
❺葉物野菜は、ミント、万能ネギ、シソ、グリーンカールなどを用意する。
❻④と⑤を盛りつけ、クラッカーを添える。

卵黄のまろやかな味とキムチの辛みがマッチ・冷凍卵黄とタコのキムチ和え

(各1人分)
エネルギー153kcal
塩分0.9g

【材料】(2人分)
冷凍卵黄…2個
タコ(ゆでたもの)…100g
ニラ…3本
キムチ(ハクサイ)…50g
ゴマ油…小さじ1
サニーレタス…適宜
白炒りゴマ…少々

【作り方】
❶冷凍卵黄は、室温に20~30分ほどおいて解凍し、5mm角ほどに刻む。
❷タコは一口大に切り、ニラは細かく刻み、キムチもざっと刻む。
❸①と②を合わせ、ゴマ油を加えてよく和える。サニーレタスを添えて、盛りつけてゴマを振る。

卵黄しょうゆ漬け

卵黄をしょうゆに漬けると、水分が吸い出されてゼリー状になります。
旨みたっぷりの珍味として、お酒のおつまみなどに最適です。

【作り方】
❶容器に卵黄を入れて、ひたひたになるくらいまでしょうゆを注ぐ。
❷冷蔵庫に入れて、4~5日ほど漬ける。

ボリュームたっぷり!うまさぎっしり!卵黄しょうゆ漬けのリゾット

エネルギー462kcal

【材料】(2人分)
卵黄しょうゆ漬け…3個
トマト…200g
オリーブオイル…大さじ2
ニンニク…1/2片
ご飯(かために炊いたもの)…250g
万能ネギ(小口切り)…1/2束
塩…少々
万能ネギ(斜め薄切りにし水にさらす)…3本

【作り方】
❶卵黄しょうゆ漬けは、7~8mm角に刻む。
❷トマトは1cm角に切る。
❸フライパンにオリーブオイル、ニンニクを中火で熱し、ご飯を炒める。油がなじんだら②を加えて軽く炒める。
❹トマトが崩れ始めたら、万能ネギ(小口切り)を混ぜる。火を止めて①を加えて手早く混ぜ、塩を加えて味を調える。
❺盛りつけて、万能ネギ(斜め薄切り)を飾る。

今日の晩酌は冷酒とこれでキマリ!卵黄しょうゆ漬けとサケの和え物

エネルギー159kcal

【材料】(2人分)
卵黄しょうゆ漬け…2個
サケ(刺し身)…80g
ミョウガ…2個
オリーブオイル…小さじ1
塩…少々
キュウリ(せん切り)…少々

【作り方】
❶卵黄しょうゆ漬けは、7~8mm角に切る。
❷サケは1cm角に切る。ミョウガは薄い小口切り。
❸①と②を合わせ、オリーブオイルを加えてよく和え、塩で味を調える。
❹キュウリを添えて盛りつける。

クセのないさわやかで軽やかな仕上がり・卵白のシフォンケーキ


凍らせたり、みそやしょうゆに漬けたりと、卵黄を活用したのはいいけど、たっぷりの卵白をどうしよう……。
そんなときにお勧めなのが、卵白で作るシフォンケーキ!
さっくりふんわりの仕上がりで、おやつにデザートに最適です。

(各1人分)
エネルギー143kcal
塩分0.2g

【材料】(8人分)
卵白…280g(8個分)
Ⓐ小麦粉…100g
 ベーキングパウダー…小さじ1/2
砂糖…60g
冷水…75ml
サラダ油…50ml

【作り方】
❶Ⓐをふるい合わせる。
❷卵白に砂糖を加え、しっかりとかたく泡立てる。冷水を加えてさっと混ぜ、①を入れて混ぜてから、サラダ油を加えてさらに混ぜる。
❸シフォンケーキの型に入れ、160度のオーブンで50分焼く。
❹焼き上がったら、型ごとひっくり返し、完全に冷ましてから取り出す。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


夏バテ 薬膳

関連する投稿


【脂肪肝を改善】20kgやせて不整脈 痛風を克服した医師に聞いた「卵2個」おきかえダイエット

【脂肪肝を改善】20kgやせて不整脈 痛風を克服した医師に聞いた「卵2個」おきかえダイエット

10年ほど前には、自分が肝臓の専門医でありながら、太りすぎで脂肪肝になってしまいました。前後して、不整脈発作にも襲われるようになり、痛風になって足の痛みにも悩まされました。肥満と脂肪肝にお悩みのかたは、ご飯を卵に替えるだけで、やせて肝機能値がよくなるこの食事法をお試しください。【解説】川西輝明(肝臓クリニック札幌院長)


眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

眼科医推奨「視界スッキリ薬膳」目の不調を改善する食品とは

目にまつわる多くの症状の根本原因は、血液の質と血流の低下です。心臓から送り出された質のいいきれいな血液が全身をスムーズに巡り、毛細血管にきちんと行き届けば、目の症状は改善に向かいます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)


【体験談】目の周りの乾燥がしっとり若返りかゆみが消失「骨スープ」で腸内環境が改善した

【体験談】目の周りの乾燥がしっとり若返りかゆみが消失「骨スープ」で腸内環境が改善した

骨スープを飲む前は、目の周りが乾燥してかゆくなり無意識にゴシゴシかいていました。それがある日友人から「最近、目をかかなくなったわね」といわれて、ハッとしました。気づけば肌はしっとり潤い、目の周りのかゆみが消えていたのです。肌ツヤもよくなり、高価な保湿クリームや美容液は不要になりました。【体験談】鈴木恵子(68歳・主婦)


【腸もれ・アレルギー】を改善する「骨スープ」滋味レシピ(その1)

【腸もれ・アレルギー】を改善する「骨スープ」滋味レシピ(その1)

肉や魚などを骨ごと煮込んで作る「骨スープ」。骨スープは、腸の炎症の改善に効果的です。炎症が治まれば消化・吸収能力が回復し、免疫力もアップします。さまざまな病気の予防・改善につながります。皆さんもぜひ、腸を元気にする骨スープをお試しください【監修】桑島靖子(桑島内科医院副院長)【料理】検見﨑聡美(料理研究家・管理栄養士)


息子のアトピーが改善!「骨スープ」で夫のシミと私のほうれい線も消えた

息子のアトピーが改善!「骨スープ」で夫のシミと私のほうれい線も消えた

現在30代の息子は、20代前半から顔に赤いブツブツが出始め、皮膚科でアトピー性皮膚炎と診断されました。ステロイドの塗り薬を処方されましたが、よくなったり悪くなったりをくり返していました。数年すると全身にアトピーが広がり、肌がジュクジュクしてかゆみもひどくなりました。【体験談】野村敦子(仮名・67歳・主婦)


最新の投稿


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)


ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

ぐるぐるめまいと吐き気が取れる「クチナシの実」の黒焼きの作り方

クチナシの実は、キントンや炊き込みごはんなどに色を着ける天然の着色料として利用されるほか、生薬(漢方薬の原材料)としても昔から使われており、髙血圧や肝機能の改善、鎮痛・鎮静作用などの働きがあることが確認されています。【解説】平田眞知子(薬草コンサルタント)


【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

【大根の健康効果】有効成分の酵素・ファイトケミカルはスムージーで取ると良い!

私は、若々しく健康な体を維持するために、食事で酵素をたっぷり取ることを提唱しています。そのために役立つ食材はいろいろありますが、癖のない風味が、多くの人に好まれている大根も、実は、酵素の補給源として、とても優秀な野菜です。【解説】鶴見隆史(医療法人社団森愛会鶴見クリニック理事長)


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消 81歳現役シェフの「11円スリッパ」体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)