MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やす!医師のおすすめ食べ物は「生甘酒」

慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やす!医師のおすすめ食べ物は「生甘酒」

慢性的な便秘や下痢の原因は悪玉菌によるものです。腸内に最も多く棲息するのが日和見菌(食べる物や体調によって善玉にも悪玉にもなるどっちつかずの菌)です。日和見菌をいかに善玉菌にしていくかが重要で、これには、日本人が昔からとっていた発酵食品が役立ちます。お勧めしたいのが「生甘酒」です。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)

「飲む」というより「食べる」発酵食品

私たちの体の中で、体調を整える土台となり、健康のかぎを握っているのは、なんといっても「腸」です。
腸は、口から入ってきた食べ物の栄養を吸収する、重要な器官です。

同時に、体に有害な物や不要な物を排出する働きも担っています。
また、免疫細胞の多くが腸に存在する点も、最近、大きな注目を集めています。

なんと、体の免疫機能をつかさどる60〜70%の細胞が、腸に集中しているのです。
腸の状態が悪ければ、どんなに体にいい物を食べてたくさん栄養素をとり入れても、体に吸収できず、不要な物を排出することができません。

こうして、免疫機能が低下して、病気に陥りやすくなるわけです。
実際、体調不良を訴える多くの患者さんを診察すると、ほとんどのかたは、腸内環境が悪いことがわかります。

しかし、腸内環境が悪いからといって、必ずしも自覚症状があるわけではありません。
毎日便通があっても、便秘や下痢をしていなくても、腸の状態がいいとは限らないのです。腸内環境を左右するのは、腸内細菌です。

人間の腸の中には、約500種類、100兆個もの腸内細菌がいるといわれています。
その中で、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は、腸内環境を改善してくれます。

すると、消化吸収がスムーズになり、免疫機能も高まるのです。
一方、大腸菌やウエルシュ菌などの悪玉菌は毒素を生み出し、腸内を腐敗させ、体の抵抗力を弱めます。

慢性的な便秘や下痢の原因も、悪玉菌によるものです。
そして、腸内に最も多く棲息するのが、日和見菌です。

これは、食べる物や体調によって善玉にも悪玉にもなる、どっちつかずの菌です。
腸内環境をよくすることは、善玉菌の割合を増やすことなので、日和見菌をいかに善玉菌にしていくかが重要となります。

では、いったいどんな物を食べたら、腸内環境がよくなるのでしょうか。
善玉菌を増やすには、日本人が昔からとっていた発酵食品が役立ちます。

ただし、しょうゆやみそ、ぬか漬けなどは塩分が多いので、そうたくさんは食べられません。
そこでお勧めしたいのが、「生甘酒」です。

生甘酒は、酒かすから作る甘酒とは異なり、米こうじと水だけで発酵させて作ります。
アルコール分はいっさい含まれていないので、お酒が苦手なかたやお子さんでも食べることができます。

生甘酒は、粒々の米こうじがとろみを帯びている状態のため、「飲む」というより「食べる」感覚に近いのも特徴です。

腸内環境が改善し美肌ビタミンが倍増!

では、生甘酒が腸内にもたらす、すばらしい効果についてお話ししましょう。
生甘酒は、酵素とビタミン(特にビタミンB群)の宝庫で、腸内環境を整えてくれます。

ビタミンB群は、ホルモンの合成に欠かせない成分。
しかも、毒出し効果も高く、老廃物をスムーズに排出するので、「美肌のビタミン」ともいわれています。

こうして、腸の状態が改善すると、腸内細菌がビタミンB群を産生してくれるようになり、ビタミンB群がより腸内で増えるというわけです。
生甘酒には、善玉菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維も豊富です。

メラニンを抑制する作用のあるコウジ酸も含まれており、美白効果も期待できます。
また、便秘や下痢が改善し、免疫力もアップするのでカゼをひきにくくなります。

さらに、フェルラ酸による抗酸化作用で、活性酵素を除去し、老化を予防します。
腸内に悪玉菌が多いと、腸は炎症を起こします。

炎症があると、少量の糖質でも吸収されやすく、血糖値がポンと跳ね上がります。
しかし、生甘酒を食べれば、善玉菌が増えて腸内の炎症が治まり、血糖値の上昇が緩やかになるのです。

この点から、糖尿病の予防・改善にも効果を発揮するといえます。
ただし、生甘酒は糖質が多いので、大量に食べると逆効果になってしまいます。

少量で十分です。また、現代人は、コンビニ弁当やスナック菓子など、腸内の善玉菌を減らすような食品を多食しがちです。
腸内環境が悪いと、乳ガンや子宮ガンを発症するリスクが高まります。

うつ、アレルギー、イライラなどの症状も出やすくなりますが、生甘酒で腸内環境を改善すれば、これらの予防・改善にも役立ちます。
腸内の善玉菌を増やすために、できるだけ伝統的な和食中心の食生活を送り、補食として、生甘酒を食べるようにしてください。

また、甘い物が大好きでやめられないというかたは、デザートがわりに生甘酒を食べましょう。
栄養価が高くノンシュガーですので、お子さんのおやつにもお勧めです。

解説者のプロフィール

桑島靖子
桑島内科医院副院長。新宿溝口クリニック・栄養療法医師。日本内科学会内科専門医。日本東洋医学会漢方専門医。日本抗加齢医学会専門医。30代に悩まされ続けた不定愁訴を、漢方と栄養療法で克服。以来、漢方、栄養療法、点滴療法を取り入れた複合的なアプローチで内科疾患、不定愁訴の治療・予防に当たる。共著に『子宮を温める食べ方があった!』(青春出版社)などがある。
●桑島内科医院
http://kuwajima.net/

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「いつもおなかが張って苦しい」「下腹がポッコリ出ている」という人は、「大腸下垂」の可能性が非常に高いと言えます。便秘やガス腹を引き起こす大腸下垂の予防・改善には、腹筋、骨盤底筋を鍛えましょう。私がお勧めするのは、雑巾がけやおしりの上げ下げなどです。【解説】金子実里(金子病院副院長) 
更新: 2019-05-22 10:02:07
人間本来の解毒作用による毒素の排出は、75%が便からで、20%弱が尿からといわれています。残りが汗、毛髪、爪からの排出です。ですから、健康を考える上で「便をスムーズに出す」ことは非常に重要だといえるのです。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)
更新: 2019-04-12 18:00:00
食べ始めて4日ほどたった頃、劇的な変化がありました。1日おきだったお通じがなんと1日2回になったのです。朝食をとると、すぐトイレに行き、日中にもう1回お通じがあります。便秘解消のおかげか、吹き出物がなくなり、肌がきれいになりました。また、寝起きに起こっていた鼻づまりもなくなりました。【体験談】藤田久美子(主婦・60歳)
更新: 2019-03-13 17:57:55
その日はなんと、しっかり形のある便が出たのです。うれしくて、思わず「やったー!」と飛び跳ねそうになりました。毎日へそさすりを続けているおかげで、外出も怖くなくなりました。次に友達に旅行に誘われたら、「行こう!」と、元気に返事をするつもりです。【体験談】稲田雅江(仮名・主婦・63歳)
更新: 2019-02-05 18:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt