医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やす!医師のおすすめ食べ物は「生甘酒」

慢性便秘や下痢が改善!善玉菌を増やす!医師のおすすめ食べ物は「生甘酒」

慢性的な便秘や下痢の原因は悪玉菌によるものです。腸内に最も多く棲息するのが日和見菌(食べる物や体調によって善玉にも悪玉にもなるどっちつかずの菌)です。日和見菌をいかに善玉菌にしていくかが重要で、これには、日本人が昔からとっていた発酵食品が役立ちます。お勧めしたいのが「生甘酒」です。【解説】桑島靖子(桑島内科医院副院長)


「飲む」というより「食べる」発酵食品

私たちの体の中で、体調を整える土台となり、健康のかぎを握っているのは、なんといっても「腸」です。
腸は、口から入ってきた食べ物の栄養を吸収する、重要な器官です。

同時に、体に有害な物や不要な物を排出する働きも担っています。
また、免疫細胞の多くが腸に存在する点も、最近、大きな注目を集めています。

なんと、体の免疫機能をつかさどる60〜70%の細胞が、腸に集中しているのです。
腸の状態が悪ければ、どんなに体にいい物を食べてたくさん栄養素をとり入れても、体に吸収できず、不要な物を排出することができません。

こうして、免疫機能が低下して、病気に陥りやすくなるわけです。
実際、体調不良を訴える多くの患者さんを診察すると、ほとんどのかたは、腸内環境が悪いことがわかります。

しかし、腸内環境が悪いからといって、必ずしも自覚症状があるわけではありません。
毎日便通があっても、便秘や下痢をしていなくても、腸の状態がいいとは限らないのです。腸内環境を左右するのは、腸内細菌です。

人間の腸の中には、約500種類、100兆個もの腸内細菌がいるといわれています。
その中で、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌は、腸内環境を改善してくれます。

すると、消化吸収がスムーズになり、免疫機能も高まるのです。
一方、大腸菌やウエルシュ菌などの悪玉菌は毒素を生み出し、腸内を腐敗させ、体の抵抗力を弱めます。

慢性的な便秘や下痢の原因も、悪玉菌によるものです。
そして、腸内に最も多く棲息するのが、日和見菌です。

これは、食べる物や体調によって善玉にも悪玉にもなる、どっちつかずの菌です。
腸内環境をよくすることは、善玉菌の割合を増やすことなので、日和見菌をいかに善玉菌にしていくかが重要となります。

では、いったいどんな物を食べたら、腸内環境がよくなるのでしょうか。
善玉菌を増やすには、日本人が昔からとっていた発酵食品が役立ちます。

ただし、しょうゆやみそ、ぬか漬けなどは塩分が多いので、そうたくさんは食べられません。
そこでお勧めしたいのが、「生甘酒」です。

生甘酒は、酒かすから作る甘酒とは異なり、米こうじと水だけで発酵させて作ります。
アルコール分はいっさい含まれていないので、お酒が苦手なかたやお子さんでも食べることができます。

生甘酒は、粒々の米こうじがとろみを帯びている状態のため、「飲む」というより「食べる」感覚に近いのも特徴です。

腸内環境が改善し美肌ビタミンが倍増!

では、生甘酒が腸内にもたらす、すばらしい効果についてお話ししましょう。
生甘酒は、酵素とビタミン(特にビタミンB群)の宝庫で、腸内環境を整えてくれます。

ビタミンB群は、ホルモンの合成に欠かせない成分。
しかも、毒出し効果も高く、老廃物をスムーズに排出するので、「美肌のビタミン」ともいわれています。

こうして、腸の状態が改善すると、腸内細菌がビタミンB群を産生してくれるようになり、ビタミンB群がより腸内で増えるというわけです。
生甘酒には、善玉菌のエサとなるオリゴ糖や食物繊維も豊富です。

メラニンを抑制する作用のあるコウジ酸も含まれており、美白効果も期待できます。
また、便秘や下痢が改善し、免疫力もアップするのでカゼをひきにくくなります。

さらに、フェルラ酸による抗酸化作用で、活性酵素を除去し、老化を予防します。
腸内に悪玉菌が多いと、腸は炎症を起こします。

炎症があると、少量の糖質でも吸収されやすく、血糖値がポンと跳ね上がります。
しかし、生甘酒を食べれば、善玉菌が増えて腸内の炎症が治まり、血糖値の上昇が緩やかになるのです。

この点から、糖尿病の予防・改善にも効果を発揮するといえます。
ただし、生甘酒は糖質が多いので、大量に食べると逆効果になってしまいます。

少量で十分です。また、現代人は、コンビニ弁当やスナック菓子など、腸内の善玉菌を減らすような食品を多食しがちです。
腸内環境が悪いと、乳ガンや子宮ガンを発症するリスクが高まります。

うつ、アレルギー、イライラなどの症状も出やすくなりますが、生甘酒で腸内環境を改善すれば、これらの予防・改善にも役立ちます。
腸内の善玉菌を増やすために、できるだけ伝統的な和食中心の食生活を送り、補食として、生甘酒を食べるようにしてください。

また、甘い物が大好きでやめられないというかたは、デザートがわりに生甘酒を食べましょう。
栄養価が高くノンシュガーですので、お子さんのおやつにもお勧めです。

生甘酒の作り方はコチラ

解説者のプロフィール

桑島靖子
桑島内科医院副院長。新宿溝口クリニック・栄養療法医師。日本内科学会内科専門医。日本東洋医学会漢方専門医。日本抗加齢医学会専門医。30代に悩まされ続けた不定愁訴を、漢方と栄養療法で克服。以来、漢方、栄養療法、点滴療法を取り入れた複合的なアプローチで内科疾患、不定愁訴の治療・予防に当たる。共著に『子宮を温める食べ方があった!』(青春出版社)などがある。
●桑島内科医院
http://kuwajima.net/

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘や痔の改善におすすめ!腸から健康になる食事は「甘酒寒天」

便秘を食事で改善しようとする際に、重要なのが、食物繊維です。寒天は、水溶性と不溶性、両方の食物繊維を含むため、機能性食品として、大変理想的です。甘酒は発酵食品ですから、まさに微生物のかたまりです。腸内に入ると、乳酸菌などの善玉菌を増やします。痔の改善にも、いい効果が上がっています。【解説】平田雅彦(平田肛門科医院院長)


【酢ニンジン】娘の便秘はコレで撃退!私は頭皮の吹き出物と抜け毛が改善

【酢ニンジン】娘の便秘はコレで撃退!私は頭皮の吹き出物と抜け毛が改善

私が忙しくなり、酢ニンジンを作りおきできなかった時期がありました。すると、長女が再び便秘になってしまいました。そこで、慌てて酢ニンジンを作って食べさせたところ、すぐにお通じが戻ってきたのです。私自身も、子供といっしょに酢ニンジンを食べて、その効果を実感しています。【体験談】市村芽衣子(仮名・主婦・44歳)


トイレの時間が長い夫…便の出を良くした食べ物はシンプル「酢キャベツ」

トイレの時間が長い夫…便の出を良くした食べ物はシンプル「酢キャベツ」

わが家の酢キャベツは塩や砂糖などの調味料は、いっさい加えません。キャベツと酢だけしか使わない、シンプルな酢キャベツです。夫は、酢キャベツで便通が改善しました。夫の場合は、便秘というよりも、便の出が悪いタイプでした。そのため、毎朝30分近くトイレにこもることもあったほどです。【体験談】中町治美(仮名・自営業・59歳)


トイレが遠い・残尿感が「オクラ水」で解決!尿量が増えてむくみも取れた

トイレが遠い・残尿感が「オクラ水」で解決!尿量が増えてむくみも取れた

私の場合、腎臓が一つしか働いていないため、排尿の回数が1日3~4回しかありませんでした。ところが、オクラ水を飲み始めてからは、排尿回数が倍増しているのです。さらに、1回に出る尿の量も増えています。おかげで、トイレから出たあとは残尿感もなく、スッキリ爽快です。【体験談】田中美千子(健康管理士一般指導員・61歳)


予防医学の専門家が推奨!甘酒寒天の健康効果と有効な食べ方

予防医学の専門家が推奨!甘酒寒天の健康効果と有効な食べ方

食物繊維はメッシュ状の構造で、その網目に水分を保持することで、腸の中で多くの作用を生み出します。寒天はこの網目が、ほかの食物繊維よりもずっと細かいのです。寒天1gが保持する水分量は100g、つまり100倍の保水力を持ちます。【解説】杤久保修(神奈川県予防医学協会中央診療所予防医療部部長・横浜市立大学名誉教授)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)