【ダイエット】ぜい肉「背脂」「振り袖」が消えた!頑張らないエクササイズとは

【ダイエット】ぜい肉「背脂」「振り袖」が消えた!頑張らないエクササイズとは

足の親指の関節には、多くの筋肉がつながっています。足の親指を回すことで多くの筋肉が緩み、足裏を使いこなすことができるようになります。そして、全身のバランスを取り戻すことができるのです。【解説】YUKARI(品格ボディアドバイザー)


50代60代の生徒さんがどんどんキレイになる!

「やせるために、がんばります!」「一生懸命エクササイズをします!」そんな生徒さんに、私は「がんばらなくていいんですよ。むしろ、がんばらないでくださいね」とお話しします。

最初は皆さん、キョトンとしますが、キレイにやせるためには「がんばらないこと」が大事なのです。
私は、「がんばらないエクササイズ」を考案し、レッスンを行っています。

エクササイズを実行した生徒さんは、着々とシェイプアップし、理想的な体型を手に入れているのです。
私の指導の基本中の基本ともいえるものが、今回ご紹介する「足の指回し」です。
なぜ、足の指回しでキレイになるのでしょうか。

まず、私自身の体験も交えて、お話ししましょう。
私は10代のころ、短距離走の選手として活躍していました。

しかし、20代前半で結婚・出産してからは、スポーツとは無縁の生活。
気づけば背中やお尻、太ももに脂肪がたっぷりついてしまったのです。

37歳から、運動と食事制限を始めました。
でも、太ももはがっちりしたままで、背中や二の腕の脂肪も取れませんでした。

やがて、ヨガやピラティスと出合い、解剖学を学んだことで、「鍛えるだけでなく、緩めることも大事なのでは」ということに気づきました。

運動選手だった私は、何でも「がんばって」やっていました。
ところが、あるセミナーで、「力を抜いて動いてください」といわれ、やってみたら、とても心地よかったのです。

それからは、「筋肉を緩める」ことを意識したエクササイズを取り入れました。
筋肉を緩めることを目的に、関節を動かしたり、筋肉をほぐしたりしたのです。

すると、がっちりした太ももが細くなり、背中や二の腕のぜい肉も取れていきました。
私のエクササイズは、2010年にテレビや雑誌で取り上げられ、反響を呼びました。

私は現在54歳ですが、まだまだ進化を続けています。
体型を変えるのに、遅いということはありません。

50代60代の生徒さんも、どんどんキレイになっています。
そして、「体を緩める」ために、私が最も重視し、生徒さんたちに必ずやっていただいているのが、足の指回しなのです。

「背脂」や「振り袖」肉も足指を回せば消える!

本来、私たちの体は、はだしで立ったときには、かかとに約78%の重心がかかるようになっており、足裏の重心を移動しながら、立ったり歩いたりするようにできています。
ところが、多くの人がつま先寄りに重心を置いて、かかとをうまく使えていません。

加えて、足の指が靴の中で窮屈に縮こまっているため、足裏でバランスを取れない人が多いのです。
足裏を使えないと、太ももの前面と外側の筋肉が「がんばって」バランスを取り、がっちりします。

太ももの前面と外側を使うクセがつくと、お尻の筋肉が弱り、お尻が垂れてきます。
下半身の筋肉のバランスがくずれると、姿勢が悪くなります。

その結果、「がんばり過ぎる」ところはかたくなり、上半身の「使わないところ」に、脂肪がつくのです。
脂肪がつく場所を具体的に挙げると、背中や二の腕です。

つまり、「背脂」や「振袖」と一般に呼ばれるぜい肉は、加齢だけのせいではなく、姿勢の悪さも原因なのです。
足の指のこわばりをほぐし、まっすぐ立てるようになれば、「がんばるところ」と「使わないところ」がなくなります。

全身がほどよく緩み、すべての筋肉を正しく使えるようになるので、スリムで美しい体型に自然と変わっていくのです。
足の裏のバランスを整えるのに、最も効果的なのが、足の親指(母趾)を回すことです。
すべての指を回すのが理想ですが、親指だけでも十分な効果が得られます。

足の親指の関節には、多くの筋肉がつながっています。
足の親指を回すことで多くの筋肉が緩み、足裏を使いこなすことができるようになります。

そして、全身のバランスを取り戻すことができるのです。
足の指を回すことは、精神的な安定にもつながるようです。

生徒さんからは、「足の指を回すと、心が落ち着いて、暴飲暴食を避けられる」という声をよく聞きます。
筋肉が緩むことで、精神的にもリラックスできるのかもしれません。

私の教室には、30代から70代まで、幅広い年齢層の生徒さんが通っています。
足の指回しは、シェイプアップ効果だけでなく、健康効果もあることがわかってきました。

ひざ痛のあった70歳の生徒さんは、足の指回しを習慣化したら、正座ができるようになりました。
また、60代の生徒さんが、80代のお母様の足指を回してあげたところ、1ヵ月で杖がいらなくなったと報告してくれました。

足の指回しのやり方は、下で詳しく図解しています。
ぜひ、家族みんなで毎日の習慣にしてください。

YUKARI
1962年生まれ。2005年、ピラティスとヨガに出合い、インストラクターの資格を取得。2007年から、法律事務の仕事をしながらインストラクターの活動を開始。2010年には、独自のエクササイズが人気テレビ番組『魔女たちの22時』で紹介され、注目される。2011年に独立し、指導に専念。個人レッスンを中心に、グループレッスンや講演会等の活動を行っている。 「品格ボディ」で検索。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

レモンコーヒーは、ポリフェノールの玉手箱。コーヒーにはクロロゲン酸、レモンにはエリオシトリンなどが含まれています。一緒に飲むことで、コーヒーとレモンのポリフェノールが併せて取れるので、よりいっそう健康効果が高まるでしょう。【解説】板倉弘重(芝浦スリーワンクリニック名誉院長・日本ポリフェノール学会理事長)


【ひざの痛み】ツボを揉むより簡単!足の“親指”を刺激するだけで血流アップ 冷えも腰痛も消えた!

【ひざの痛み】ツボを揉むより簡単!足の“親指”を刺激するだけで血流アップ 冷えも腰痛も消えた!

足の裏には、親指を頭、親指のつけ根を首として、かかとへと向かって、全身の内臓や器官に対応する「反射区」が、人体図のように並んでいます。LTF療法は、ふくらはぎなどの足、足の指、手の指をもんだり刺激したりすることで、血液循環をよくし、痛みや不調を取り去る方法です。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


【体験談】しびれるほどの足の冷えが足の親指刺激で和らいだ!こむら返りもなくなった

【体験談】しびれるほどの足の冷えが足の親指刺激で和らいだ!こむら返りもなくなった

私は、7年前に脳梗塞で倒れ、その後1年半ほど歩くことができませんでした。足の親指刺激を日課に加えてからは、しびれるような足の冷えが徐々に和らぎ、靴下をはかなくても眠れるようになりました。最近では、ふらつかずにしっかり歩けるようになっています。【体験談】杉井小夜子(無職・84歳)


【ダイエット】3ヵ月で24kgやせた!タオルを使って“足から痩せる”方法(写真有り)

【ダイエット】3ヵ月で24kgやせた!タオルを使って“足から痩せる”方法(写真有り)

私は29年にわたりモデルやタレント、そしてBC講師としてミス・ユニバース・ジャパンのファイナリストを含め、約3万人にエクササイズを指導してきました。経験から思うのですが、女性が「年を取ったな」と実感するのは、次の3つのぜい肉を見つけたときではないでしょうか。【解説】香取知里(美軸ライン協会理事長・パーソナルトレーナー)


【老けて見える原因】背中のハミ肉を取るタオルエクサ 反り腰・猫背が矯正できる

【老けて見える原因】背中のハミ肉を取るタオルエクサ 反り腰・猫背が矯正できる

「タオルを脚で挟む」エクササイズと「ふんどし」エクササイズには、体の軸を矯正する効果があるので、毎日1回以上は行いましょう。筋肉は、体の中で最も多くのカロリーを消費しています。ですから、エクササイズで筋肉が増えれば増えるほど、カロリーの消費量も増えるのです。【解説】香取知里(美軸ライン協会理事長・パーソナルトレーナー)


最新の投稿


【肝臓ってどんな臓器?】急性肝炎と慢性肝炎の違い 健康診断の数値の見方や働きを専門医が解説

【肝臓ってどんな臓器?】急性肝炎と慢性肝炎の違い 健康診断の数値の見方や働きを専門医が解説

肝臓は、よく「体内の一大コンビナート」にたとえられます。栄養素の分解、合成、代謝、貯蔵、有害物の解毒、重要な消化液である胆汁の生成など、細かく分けると数百もの働きを担っており、まるで各種の工場や倉庫が集まったような機能を果たしているからです。【解説】髙橋弘(麻布医院院長ハーバード大学医学部内科元准教授)


【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

【血圧を下げる】ポリフェノールの健康効果が最大級「レモンコーヒー」 近視・老眼も防げる

レモンコーヒーは、ポリフェノールの玉手箱。コーヒーにはクロロゲン酸、レモンにはエリオシトリンなどが含まれています。一緒に飲むことで、コーヒーとレモンのポリフェノールが併せて取れるので、よりいっそう健康効果が高まるでしょう。【解説】板倉弘重(芝浦スリーワンクリニック名誉院長・日本ポリフェノール学会理事長)


【ひざの痛み】ツボを揉むより簡単!足の“親指”を刺激するだけで血流アップ 冷えも腰痛も消えた!

【ひざの痛み】ツボを揉むより簡単!足の“親指”を刺激するだけで血流アップ 冷えも腰痛も消えた!

足の裏には、親指を頭、親指のつけ根を首として、かかとへと向かって、全身の内臓や器官に対応する「反射区」が、人体図のように並んでいます。LTF療法は、ふくらはぎなどの足、足の指、手の指をもんだり刺激したりすることで、血液循環をよくし、痛みや不調を取り去る方法です。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


【体験談】しびれるほどの足の冷えが足の親指刺激で和らいだ!こむら返りもなくなった

【体験談】しびれるほどの足の冷えが足の親指刺激で和らいだ!こむら返りもなくなった

私は、7年前に脳梗塞で倒れ、その後1年半ほど歩くことができませんでした。足の親指刺激を日課に加えてからは、しびれるような足の冷えが徐々に和らぎ、靴下をはかなくても眠れるようになりました。最近では、ふらつかずにしっかり歩けるようになっています。【体験談】杉井小夜子(無職・84歳)


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)