MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【医師解説】4cm大の子宮筋腫が消えた!ワキをもむと女性の病気が改善する理由

【医師解説】4cm大の子宮筋腫が消えた!ワキをもむと女性の病気が改善する理由

わきもみを行うと、不思議なことに、ふくらはぎの外側の緊張が緩みます。子宮が冷えている人は、ふくらはぎの血流やリンパ液の流れが悪くなっています。逆に、ふくらはぎの血流がよくなれば、骨盤内の血流もよくなり、子宮筋腫、子宮内膜症などの改善も期待できます。【解説】佐々木綾(産婦人科医)

骨盤内の血流がよくなり子宮内膜症が改善!

人間の体は、非常に不思議なものです。
体の各部位はそれぞれ独立して機能しているように見えて、実は互いに影響し合っているのです。

健康プロデューサーの杉本錬堂氏は、このような体の関連を解き明かし、独自のメソッド(天城流湯治法)を確立して、多大な成果を上げておられます。

私はそのメソッドを学び、患者さんの治療に取り入れています。
そのうちの一つが、「わきもみ」です。

私の専門は産婦人科ですが、治療では足・骨盤・あごの3ヵ所を整えることを重要視しています。
この3ヵ所は体を支える土台。

どれか一つでも狂うと、すべてのバランスがくずれるからです。
足やあごにズレが生じると、骨盤にもゆがみが出て、その中にある子宮や卵巣にまで悪影響が及びます。

わきもみを行うと、不思議なことに、ふくらはぎの外側の緊張が緩みます。
ふくらはぎの外側の筋肉が緊張するということは、歩くときに小指(第5趾)が使えていないということです。

小指が変形して内側に入ると、薬指(第4趾)のつけ根にある生殖器の経絡(生命エネルギーの一種である気の通り道)を圧迫します。
そのため、指を使って歩けていない人は、排卵力が弱まり、妊娠しにくくなるといった弊害が起こってきます。

わきもみでふくらはぎの緊張が緩めば、体の土台の一つである足を整えることに役立ちます。
さらには不妊症の改善にもつながっていくでしょう。

杉本氏によると、ふくらはぎは子宮と関連しているので、わきもみでふくらはぎの緊張を緩めることは、子宮の不調全般に好影響があると考えられます。
実際、子宮が冷えている人は、ふくらはぎの血流やリンパ液の流れが悪くなっています。

ふくらはぎの筋肉が緊張していると、足先へ流れた血液が停滞し、その結果、骨盤内の環境が悪くなるのです。
逆に、ふくらはぎの血流がよくなれば、骨盤内の血流もよくなり、子宮筋腫、子宮内膜症などの改善も期待できます。

食いしばりがなくなって心身の病気に効く!

わきをもむと、あごもほぐれます。
血液循環がよくなって、首からあごにかけての緊張が緩むのです。

あごの緊張が緩むと、夜間の食いしばりも改善します。
食いしばりは、歯の欠損や睡眠の質の低下を招くだけでなく、体に多くの悪影響を及ぼします。

噛み合わせが悪い状態で食いしばっていると、頸椎(背骨の首の部分)に影響が出て、体のバランスがくずれます。
口の中の空気の含有量が減るため酸素不足となり、それが内臓の不調にもつながります。

脳への信号もうまく伝わらなくなるため、痛みを感じるセンサーに異常が生じたりもします。
アメリカでは、線維筋痛症(全身や広範囲に激しい痛みが生じる疾患)の患者さんに、食いしばりなどのかみ合わせ障害の人が多いこともわかっています。

本来、就寝時は自律神経のうちの休息時に優位になる副交感神経が働き、疲れた体をリセットしてくれます。
ところが、就寝時に食いしばっていると、緊張時に優位になる交感神経が働き続け、自律神経のバランスが乱れます。

そうなると、心身ともに十分な休息が取れなくなり、精神面やホルモンバランスの異常などが起こります。
ですから、わきをもんであごの緊張を緩めることは、食いしばりの改善につながり、精神疾患、内臓疾患、ホルモンが関係する疾患といった、あらゆる不調の予防・改善に役立つのです。

特に、ホルモンバランスの乱れから起こる更年期障害には、即効性があります。
激しい冷えやのぼせ、めまい、イライラなども、わきもみを行うことで軽快します。

杉本氏によると、あごは鼠蹊部とも関連しているので、あごの緊張が取れれば、生殖器の分泌物の流れもよくなります。
粘膜の乾燥が防げると、カンジダ症などの感染症の予防にもつながるでしょう。

最後に、私の患者さんで、わきもみを行って子宮筋腫が改善した例をご紹介しましょう。
Aさん(38歳・女性)は、私のところへ来られたとき、子宮に約4cm大の筋腫がありました。

そこで、Aさんには漢方薬や骨盤調整に加えて、わきもみを毎日行ってもらいました。
すると、8ヵ月くらい経ったころ、急に生理のような出血があったそうです。

検査をしてみると、筋腫がなくなっていました。
おそらく、筋腫が瘀血(滞った血液)として排出されたのだと思います。

わきは自分で無理なくケアできる場所なので、皆さんもぜひわきもみをお試しください。

佐々木綾
産婦人科医

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
指ヨガの基本的なやり方として、中指のもみ方を紹介します。体の軸になる中指だけでもしっかりもむと、体調面、心理面がガラリと変わると思います。【解説】宮本よしか(龍村式指ヨガマスターインストラクター・看護師) 
更新: 2019-04-12 10:09:16
実は日本は、貧血大国です。50歳未満の健康な日本人女性1万 3000人以上を対象にした調査で、22.3%の人が貧血に相当し、そのうち25.2%は重度の貧血という結果が出ているほどです。女性に最も多いのは、貧血の約2/3を占めると言われる「鉄欠乏性貧血」です。【解説】山本佳奈(ときわ会常磐病院・ナビタスクリニック内科医)
更新: 2019-01-14 18:00:00
私は長い間、重度の生理痛が悩みの種でした。ほかにも、多くの不調を抱えていました。肩や首が常にこっていて、そけい部は重だるく、手足もむくんで、パンパンです。食べ始めて、1ヵ月ほどが過ぎたころでしょうか。朝、スッと起きられるようになったことに気づきました。体に疲れも残っていません。【体験談】杉浦麻衣香(会社員・30歳)
更新: 2018-10-29 07:00:00
寝る前に1分間、おでこを冷やしてみました。すると、頭が休まる感じがして、その日はスッと眠れたのです。以前はのぼせて脳が膨張し、鬱血しているかのような感じだったのに、スーッと何かが抜けるように楽になったのです。【体験談】吉田倫子(仮名・会社員・43歳)
更新: 2018-10-21 20:00:00
閉経後の出血があり、治療が必要な病気ではない場合、病院で「様子をみてください」と言われることがほとんどかと思います。相談者さまの出血も、膣粘膜からの出血の可能性があります。それなら、セルフケアで改善することができます。その方法としてお勧めするのが「会陰マッサージ」です。【解説】たつのゆりこ (Be born助産院院)
更新: 2018-10-21 18:00:00
最新記事
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00
頭痛、肩こり、腰痛、生理痛、耳鳴り、めまい、うつ、眼瞼けいれん、味覚障害、高血圧、逆流性食道炎──。一見、脈絡なく感じられるこれらの症状は、実は「食いしばり」が元凶となって起こっているという共通点があります。患者さんたちに、私は「10秒、口を開けるくせをつけてください」とアドバイスをしています。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)
更新: 2019-05-19 18:00:00
慢性的なひざ痛の原因はさまざまですが、なかなか完治しにくい上、少し無理をすると痛みがぶり返すので、かなり厄介です。今回ご紹介する「ひざと足の裏の温冷・温温湿布」は、慢性的なひざ痛に対して、自宅で簡単に痛みを解消することができる方法です。【解説】岡田明三(神宮前鍼療所院長)
更新: 2019-05-18 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt