MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【脇が痛い】脇の下のリンパマッサージ バストアップ 小顔効果「わきもみ」のやり方

【脇が痛い】脇の下のリンパマッサージ バストアップ 小顔効果「わきもみ」のやり方

リンパ液は、老廃物の回収やウイルスなどを退治するといった役目を果たしていますが、この腋下リンパ節は、特に老廃物が集まりやすいところです。このため、ここを刺激し、たまっていた老廃物がなくなると、肌が明るくなったり、むくみが取れたりと、さまざまな美容効果が得られるのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)

引き締め効果でバストアップ!

私の治療院では、「美容鍼灸院」として、美容整体や小顔矯正など、女性のためのケアを専門的に行っています。
美容のケアで重要なのが、体のリンパ液の流れをよくすることです。

特に重要なのが、わきの下のリンパ節である腋下リンパ節です。
美容目的で来院されたかたには、わきの下を必ず刺激するようにしています。

血液中には、血漿という成分があります。
この血漿の成分の一部が、血管外に染み出したものがリンパ液です。

リンパ管は、静脈に沿うような形で全身に、網の目状に張り巡らされています。
リンパ液は、老廃物の回収やウイルスなどを退治するといった役目を果たしていますが、この腋下リンパ節は、特に老廃物が集まりやすいところです。

このため、ここを刺激し、たまっていた老廃物がなくなると、肌が明るくなったり、むくみが取れたりと、さまざまな美容効果が得られるのです。

では、「わきもみ」のやり方をご紹介しましょう。

❶手の親指以外の4本の指を、わきの中央に当てたら、「浅めに」押し込み、5秒間押し続けます。
5秒後、スッと力を抜きます。これを5回くり返しましょう。

❷同じ4本の指で同じ場所を、今度は「やや深めに力を入れて」押し込みます。
5秒間押し続けたら、スッと力を抜きます。

これを5回くり返します。左右のわきの下で、それぞれ同じように行いましょう。

❸両手を下ろしてリラックスし、両肩の前回し、後ろ回しを、ゆっくり3回ずつ行います。
わきの中央には、「極泉」(別記事参照)というツボがあり、ここを刺激することで、効果をより確実に上げることができます。

ご紹介したように、刺激する際には、浅く押す、深く押すという二つの押し方があります。
まず、浅く押すことで、リンパ節にたまった老廃物を排出し、むくみを取ったり、肌のくすみを解消したりします。

次に、深く押すことで、引き締め効果が得られます。
この結果、小顔になったり、二の腕が細くなったり、バストアップの効果なども期待できるのです。

わきもみは、ネコ背の解消にも有効です。
ネコ背になると、肩甲骨が外側にずれてしまいます。

すると、わきの下が圧迫され、リンパ液の流れが悪くなります。
さらに、ネコ背のせいであごが前に出てしまうため、フェイスラインがたるみやすくなります。

そこで、わきの下を刺激してリンパ液の流れをよくすると、肩甲骨を自由に動かせるようになり、正常な位置に戻すことができます。
背すじも伸びてネコ背が改善してくるのです。

ネコ背がよくなると、あごをきちんと引くことができるようになり、フェイスラインのたるみも解消されます。
同時に、たるんでいた皮膚の老廃物が回収され、くすみが取れたり、肌の色つやがよくなったりします。

目の下のクマが消える効果も期待できるでしょう。

だるさが取れて夏の疲れを解消!

わきの下をもんで肩甲骨の動きがよくなると、肩こりが治ります。
もともと肩甲骨という骨は、どこにもつながっておらず、いわば、宙に浮いている骨です。

そのため、肩甲骨の周辺の筋肉はこりやすいのです。
特に、肩甲骨を覆っている広い筋肉(広背筋)の外側がこっているケースが多いのですが、ここは刺激しにくく、コリが解消されにくい場所です。

しかし、わきもみを行えば、肩甲骨の外側の緊張をゆるめることができ、頑固な肩こりの解消につながるのです。
わきもみは、できれば朝晩2回行いましょう。

少なくとも、夜に1回は行うことをお勧めします。
老廃物が腋下リンパ節にたくさんたまっているかたは、押すと痛みがあると思います。

そのようなときは、無理に痛みをこらえて押す必要はありません。
深く押す際にも、あくまで心地よい程度に、力を調節してください。

毎日、続けて刺激していくと、最初は痛かった場所も、だんだん痛くなくなります。
それは、リンパ節にたまっていた老廃物が、なくなってきた証拠です。

私の治療院に通っていた30代の女性は、施術を受けながら、わきもみを続けていました。
このかたは、仕事場で、そのことを秘密にしていたのですが、「肌がツヤツヤだけど、何かしてるの?」と、尋ねられるようになったといいます。

わきもみは、肩こりの解消や美容効果だけでなく、体調不良の改善にも貢献します。
暑い夏の疲れが出てくる秋口には、体がだるくてつらいことが多いもの。

こうした体調不良の改善にも、わきもみがお勧めです。
わきもみによって、リンパ液の流れがよくなり、血流も改善します。
続けていくうちに、だるさが取れて、体調全般がアップしてくるでしょう。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
家でも「おなかこすり」を毎日続けた結果、肩の痛みは日を追うごとに軽くなり、8ヵ月後には腕が真上に上げられるようになりました。体重は変わっていませんが、ずいぶんやせたように見えます。肌もしっとりして、化粧ののりがよくなりました。本当にすごいセルフケアです。【体験談】山崎尚子(会社員・52歳)
更新: 2018-11-30 07:00:00
正座あおむけやその他のポーズを毎日行うと、肋骨の位置が上がり、それに伴って内臓も元の位置へ戻りやすくなります。すると、ポッコリ下腹やわき腹の肉のだぶつきが解消し、胃腸の調子も整い、肩や首のこりが解消します。【解説】チンパン(ブリージングストレッチ指導講師・ブリージング整体師)
更新: 2018-11-16 11:47:47
下腹ぺたんこポーズを始め、5日目ぐらいから、後傾していた骨盤がまっすぐ起きてきた感覚がありました。それとともに、以前のように歩いていてもスカートがクルクルと回らなくなったのです。股関節の痛みもほとんど気にならなくなり、ヒップアップ効果もあったようです。【体験談】野中康子(仮名・自営業手伝い・54歳)
更新: 2018-11-13 18:00:00
骨盤のゆがみを最も簡単に解消できるのが「下腹ぺたんこポーズ」です。骨盤と肩甲骨を締めた姿勢で腹式呼吸をしながら圧をかけることで、たった1ポーズで、骨盤と肩甲骨のゆがみと開きを改善する「姿勢矯正」、インナーマッスルを鍛えて体の軸を取る「体幹トレーニング」ができます。【解説】波多野賢也(美容整体サロン・アクアヴェーラ代表)
更新: 2018-11-05 18:00:00
バストが全体的に垂れ下がってしまったり、デコルテあたりからそげて骨が浮き出てしまったり、バストトップが外を向いて離れてしまったりといった悩みをよく聞きます。体形やバストが崩れる最たる原因は「筋肉のこり」を放置しているからです。【解説】朝井麗華(株式会社キレイカンパニー代表・経絡整体師)
更新: 2018-09-15 20:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt