医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【歯科医解説】唾液を出すポイントの刺激で血糖値も正常になった「耳の下もみ」のやり方

【歯科医解説】唾液を出すポイントの刺激で血糖値も正常になった「耳の下もみ」のやり方

耳下腺への刺激は、唾液の分泌だけでなく、ストレスを除去する働きもあります。副交感神経が優位になり、自律神経のバランスが整うことで、血圧や血糖値の降下、耳鳴りやめまいの緩和、うつ病や不眠など精神疾患の改善が期待できるでしょう。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


唾液の分泌を促して口内フローラを整えろ!

皆さんは、ふだん口の中に乾きを感じることはありませんか。
私は、口内環境のことを口内フローラと呼んでいますが、健康を維持するためには、常に口内フローラを良好に保たなければなりません。

そのときに重要なのが唾液の分泌です。
唾液には強い殺菌作用があり、口腔内の細菌の繁殖を抑制し、清潔に保ってくれます。

唾液の分泌が少なくなる就寝時の直前に、歯磨きが勧められているのはそのためでもあります。
しかし、昨今、唾液が正常に分泌されないかたが増えています。

その理由の一つが、過度なストレスです。
現代はストレス社会といわれているとおり、人々は仕事に忙殺され、人間関係に悩まされています。

すると、体の諸機能をつかさどる自律神経の働きが悪化するのです。
自律神経とは、私たちの生命活動を担っている大事な神経のこと。

血管や臓器、筋肉の働きは、この自律神経が調整しています。
つまり、自律神経の乱れは、あらゆる病気の引き金といっても過言ではありません。

そして、自律神経には、交感神経と副交感神経という2種類があります。
交感神経は、活動時や緊張時に働くため、主に昼間に優位になります。

一方の副交感神経は休息時に働くため、主に夜間に優位になります。
1日を通して両者がバランスよく働くことで、私たちの健康状態は維持されていますが、過度なストレスが常態化すると、交感神経ばかりが優位になってしまいます。

すると、体は常に緊張状態になり、口の中は乾きやすく、口内フローラも乱れてしまうのです。
自律神経が乱れると、臓器や血管の働きは悪化し、高血圧や糖尿病などの誘因となります。

さらに、唾液の分泌が少なくなって口内フローラが悪化することで、歯周病を招きます。
歯周病とは、歯周病菌によって歯肉やあごの骨などに炎症が起こる病気です。

歯周病菌は、歯と歯茎の間のすきま(歯周ポケット)にもぐり込んで増殖し、歯肉の腫れや出血を引き起こします。
症状が進行すると、歯周ポケットがだんだん深くなり炎症はあごの骨にまで及び、最後にはあごの骨が溶けて、歯が抜け落ちてしまうのです。

そこで重要なのが、自発的に唾液の分泌を促し、同時に自律神経の乱れを整えることです。
その方法として私が患者さんに勧めているのが、耳の下をもむ「耳の下もみ」です。

気持ちがリラックスしストレスを取り除く!

副交感神経が優位になり、自律神経のバランスが整うことで、血圧や血糖値の降下、耳鳴りやめまいの緩和、うつ病や不眠など精神疾患の改善が期待できるでしょう。
さらに、耳の後ろにある完骨というツボをいっしょに刺激すると、より効果的です。

完骨は、自律神経のバランスを整える特効ツボとされ、両耳の後ろにある出っ張った骨(乳様突起)の下のくぼんだところにあります。
最後に、耳の下もみで、血糖値が下がり、耳鳴りが改善した例をご紹介しましょう。

70歳の女性Oさんです。
Oさんは、過去1〜2ヵ月の血糖状態がわかる指標であるヘモグロビンA1cの値が、6・8%と高めでした(基準値は、4・6〜6・2%)。

食事制限をしても、いっこうに下がらなかったといいます。
そこで、朝晩の2回、耳の下を毎日刺激しました。

すると1年と経たないうちに、ヘモグロビンA1cは6・1%に下がり、みごと基準値内に収まるようになったのです。
加えて、長年の悩みの種だった耳鳴りや肩こりまで解消したといいます。

耳の下もみにやり過ぎということはありません。皆さんもぜひお試しください。

耳の下もみは、リラックスさせ、ストレスを除去する働きもある

耳の下のちょうど奥歯が位置する辺りには、耳下腺という唾液が分泌される唾液腺があります。
ここを指でもみ刺激することで、質のいい唾液の分泌が促されるのです。

唾液には、サラサラ唾液とネバネバ唾液の2種類があります。
緊張したときに、口の中が乾いてネバネバしていることはありませんか。

これは、質の悪いネバネバ唾液ばかりが分泌されている状態です。
ネバネバ唾液は緊張時に分泌され、口臭や歯周病の原因にもなります。

一方のサラサラ唾液はリラックス時に多く分泌され、口臭や歯周病を抑えてくれるのです。
唾液腺は三つありますが、このうちサラサラ唾液が分泌されるのは耳下腺しかありません。

よって、耳下腺を集中的に刺激することで、サラサラ唾液だけが分泌され、口内フローラの状態は整っていくのです。
耳下腺への刺激は、気持ちをリラックスさせ、ストレスを除去する働きもあります。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


傷口は治ったのに古傷が痛む…11円スリッパで腫れが引いて楽になった!

傷口は治ったのに古傷が痛む…11円スリッパで腫れが引いて楽になった!

十数年前に登山中に木の株に足を引っかけて転び、足の腫れと痛みに悩まされていました。11円スリッパをはき始めて3~4日たったころ、「左足のくるぶしの出っ張りが見える! 」と驚きました。というのも、ケガ以来、左の足首の腫れによって、くるぶしの外側の骨が見えなくなっていたからです。【体験談】土田喜代美(仮名・主婦・74歳)


まさに耳の三重苦…めまい・耳閉感・拍動性耳鳴りが「耳たぶさすり」で変化

まさに耳の三重苦…めまい・耳閉感・拍動性耳鳴りが「耳たぶさすり」で変化

耳鳴り、めまい、耳閉感、という「耳の三重苦」のような症状で、不快でつらい状態が続いていました。耳たぶさすりを一ヵ月くらい続けたところ、少しよくなってきたかな、と感じていました。気をよくした私は、さらに熱心に2~3ヵ月続けました。すると、見違えるような変化が現れたのです。【体験談】水川華代(仮名・主婦・70歳)


運動不足や食事が原因?頻繁に起こるめまいが「オクラ水」で改善した!

運動不足や食事が原因?頻繁に起こるめまいが「オクラ水」で改善した!

オクラ水を飲み始めて、1ヵ月ぐらい経ったころでしょうか。「あれ? 最近めまいが起こる頻度が減ってきたな」と気づきました。3ヵ月経った頃には、ほとんどといっていいほど、めまいが起こらなくなったのです。そういえば、以前より眠気を感じることがなくなり、ゴロゴロしている時間も減りました。【体験談】飯田大樹(大学院生・23歳)


高音の耳鳴りとクラクラめまいが「首コリ」をほぐすとたちまち大改善

高音の耳鳴りとクラクラめまいが「首コリ」をほぐすとたちまち大改善

私の首はガチガチにこっているというのです。首のコリが耳に悪い影響を与え、耳鳴りやめまいといった症状を引き起こすということでした。首ほぐしを毎日続けてから2週間ほど経ったときのことです。ふと「耳鳴りがしなくなってきたな」「そういえば最近、めまいが起こっていないな」と感じたのです。【体験談】笹本和雄(仮名・自営業・44歳)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)