医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【歯茎の腫れ・出血・口臭】改善ツボの場所は「かかと」

【歯茎の腫れ・出血・口臭】改善ツボの場所は「かかと」

歯周病や口内炎、さらには口臭など、口の中の症状によく効くのが、かかとの後ろにある「女膝」というツボです。女膝は、私たち鍼灸師の間では、口の中の疾患の特効ツボとしてよく知られています。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


かかとは口と対応し口の中の症状によく効く

歯周病は、日本人の成人の7割以上がかかっているといわれています。
私の患者さんのなかにも、歯茎の腫れや出血でお悩みの人が少なくありません。

この歯周病や口内炎、さらには口臭など、口の中の症状によく効くのが、かかとの後ろにある「女膝」というツボです。
女膝は、私たち鍼灸師の間では、口の中の疾患の特効ツボとしてよく知られています。

かかとのツボがなぜ口の症状に効くのか、不思議に思うかもしれません。
実は、口とかかとは相似的な関係にあるのです。

へそを真ん中にして体を二つに折ると、頭と足が重なります。
そしてかかとは、ちょうど口の辺りになります。

このことから、頭と足の裏、口とかかとが対応する部位だとわかります。
実際に治療しても、頭と足の裏には、共通点があります。

どちらの皮膚も強い再生能力があり、ケガやヤケドをしても、すぐによくなって、跡が残りにくいのです。
女膝は、かかとの上方で、足底から3〜4cm真上にあります。

かかととその上の皮膚は肌目が違いますが、その肌目の境目にあります。
通常、私たちは女膝にお灸をして、歯茎の腫れや出血、口内炎などの症状を抑えます。

しかし、自分でこのツボを1〜2分押しもみしても、効果は十分に期待できます。

かかともみのやり方

女膝の刺激法として、私が患者さんに勧めているのが、床にかかとを打ちつける「かかとトントン」です(やり方は図参照)。

イスに腰かけ、両ひざを伸ばした状態で、片方の足を20〜30cm上げてから、床にストンとかかとを落とします。
これを左右の足で交互に行うという、とても簡単な方法です。

女膝のツボが直接床に当たることはありませんが、床に打ちつけた振動で、女膝やその周辺のツボにも刺激が届きます。
かかとトントンを行う回数の目安は左右合わせて50回です。

それを1日に2〜3度行ってください。
かかとは皮膚が厚いので、多少強く打ちつけても痛めることはありません。

ただし、集合住宅で階下に人が住んでいる場合は、音が響かないように、床にタオルやクッションを置いてやるといいでしょう。

止まらない嘔吐やゲップ逆流性食道炎にも有効!

かかとには、女膝のほかにも、体の各部と対応した反射区などがいくつかあります。
女膝のすぐ上(指幅1本分上)には、胃の症状に効くポイントがあります。

ここには胃酸を抑える作用があり、嘔吐やゲップが止まらないときや、逆流性食道炎などに有効です。
口も胃も同じ消化器系で、胃の症状は口に現れます。

例えば、胃になんらかの症状があると、口内炎を作って、胃を休ませようとするのです。
ですから、口内炎ができやすい人は、胃にも注意が必要です。

さらに、女膝のツボの左右には、生殖器に対応する反射区があります。
かかとの内側は子宮(男性は前立腺)、外側は卵巣(男性は精巣)です。

更年期になると、女性はかかとにひび割れが出やすくなります。
これは単に乾燥のためではなく、子宮や卵巣が衰えて、ホルモンバランスがくずれるからです。

若くても、かかとがひび割れている人は、生理不順や生理痛、子宮筋腫などの可能性があります。
婦人科疾患の有無は、かかとを見れば、ほぼ100%わかります。
口も胃も、子宮や卵巣といった生殖器も、粘膜系の臓器です。

かかとは粘膜系の臓器と深い関係があるので、女膝を中心とした、かかと一帯の刺激は、粘膜系の疾患の予防・改善に役立ちます。
なお、男性なら、前立腺肥大の予防・改善、性力増強なども、大いに期待できます。

ぜひ皆さんも、かかとトントンを試してみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


緑内障を改善する後頭部のツボを発見!「脳点こすり」のやり方

緑内障を改善する後頭部のツボを発見!「脳点こすり」のやり方

私の治療院では、後頭部にある目のツボ「脳点」を治療することで、緑内障の予防、改善に大きな効果を上げています。脳点は私が発見した新しいツボです。発見のきっかけは、患者さんの後頭部の「こり」と「横ジワ」でした。【解説】内田輝和(鍼メディカルうちだ院長)


カリスマ鍼灸師が発見!目の症状別「視力特効ツボ」の押し方

カリスマ鍼灸師が発見!目の症状別「視力特効ツボ」の押し方

私がこれまでに行った、目の病気の鍼治療は、8000例を優に超えています。多くの目の症例を検討することにより、どのツボが、目のどの部位に対応するのか、明確にわかってきました。つまり、目の病気別に有効なツボ治療が可能になったのです。【解説】佐藤信雄(さとうのぶお鍼灸院院長)


手のツボは「輪ゴム」で刺激できる【不調改善のセルフケア】

手のツボは「輪ゴム」で刺激できる【不調改善のセルフケア】

人間の身体は機械ではないので、悪い部分だけを治せばいいというものではありません。体はすべてつながっており、全身の状態を把握して治療に当たるべきです。そこで私は、体を全体的に診る、統合医療を取り入れるようになりました。必要に応じて「高麗手指鍼」の考え方を活用して治療に当たっています。【解説】樋田和彦(ヒダ耳鼻咽喉科院長)


【女性の抜け毛】原因は首のコリ!ツボ刺激で髪を増やす方法

【女性の抜け毛】原因は首のコリ!ツボ刺激で髪を増やす方法

私は、「骨格は筋肉に支えられている」という考えに立ち、人さし指1本で体のコリをほぐす「一指法整体」を行っています。主に人さし指をツボやこっている部分に軽く押し当て、ぐるぐると動かします。ぐるぐると動かすので、「ぐるぐる整体」とも呼んでいます。【解説】荒木純夫(ぐるぐる整体池袋院長)


頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

50~60代以上の中高年男性に多く見られる前立腺肥大症という病気をご存じでしょうか。前立腺は精液を作る場所で、膀胱の下部、尿道を囲むように存在する臓器です。健康な人の前立腺はクルミ大のサイズですが、40代半ばからこれが硬くなり、それから徐々に大きくなっていくといわれています。【解説】持田蔵(西南泌尿器科クリニック院長)


最新の投稿


寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

寒くなる前に夏太りをリセット!ポッコリお腹解消「シソ酢ドリンク」の作り方

薄着になる季節に気になるのが、ポッコリおなか。そこで登場するのが「シソ酢」です。黒酢にシソを漬けて、冷蔵庫で1時間。あっという間に出来上がります。スキッと爽やかな後味で、水分補給としても最適なシソ酢は、糖質の吸収を抑え、やせると評判。ぜひ、お試しください。【構成】『安心』編集部


【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

【シソと黒酢の効果】夏太り対策にピッタリ!シソ酢ドリンクで代謝アップ!

中国・三国時代の故事に、シソについての話があります。カニを食べて食中毒を起こして死にかけた若者に、華侘という名医が紫色の葉を煎じて飲ませたところ、たちどころに快癒。これが紫蘇の名前の由来となったといいます。生薬としても珍重され、気管支炎、セキ・痰、不眠の治療などに広く用いられてきました。【解説】丁宗鐵(百済診療所院長)


【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

【耳の裏がくさい】わきや汗の嫌な臭いに効果「ミョウバン水」の活用法

においを気に病んで消極的になると、もっとにおいが強くなってしまいます。本来、体臭は一つの個性。完全に体臭を消そうとする必要はありません。今の自分に合った、正しいにおい対策を心がけてください。体臭を抑えるために、多くの人にお勧めしているのが「ミョウバン水」です。【解説】五味常明(五味クリニック院長)


【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

【レモン酢が効果】生活改善だけでは下がらなかった血糖値が正常化!7kgやせた

がんばって生活を改善しても、3ヵ月後の検査では、思うように糖尿病の数値が改善されておらず、がっかりしてしまいました。おいしくレモン酢を飲み続けていたところ、少しずつ血糖値が下がっていきました。そして、1年が経過し受けた健康診断では、あらゆる数値が改善していたのです。【体験談】松本仁美(仮名・販売アルバイト・65歳)


こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじの発酵パワーで美肌になれる!痩せる!「こうじ薬膳レシピ」

こうじは、酵素の力で腸内環境を改善するほか、ビタミンB群が疲労回復、肌や髪の若返りの効果を発揮。肥満の解消、血圧や血糖値を下げる効果など、驚くべき発酵パワーを持つこうじを使った料理をお試しいただければ、その効能を実感できます!【料理・栄養計算】検見﨑聡美(管理栄養士・料理研究家)