医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【過敏性腸症候群の治し方】"パンと牛乳をやめる"食事療法でガス腹の症状が改善

【過敏性腸症候群の治し方】"パンと牛乳をやめる"食事療法でガス腹の症状が改善

不調を訴えて来られる患者さんに、私はよく「パンと牛乳をやめてください」といいます。というのも、パンや牛乳は、腸の炎症を引き起こし、さまざまな病気の原因になることがわかっているからです。【解説者】内山葉子(葉子クリニック院長)


腸の炎症「リーキーガット症候群」を引き起こすことも

不調を訴えて来られる患者さんに、私はよく「パンと牛乳をやめてください」といいます。
というのも、パンや牛乳は、腸の炎症を引き起こし、さまざまな病気の原因になることがわかっているからです。

そして、不調を訴える患者さんに食生活を聞いてみると、パンやパスタが大好きな人や、健康のために毎日牛乳を飲むという人がとても多いのです。
パンなどの小麦製品(パスタ、うどん、ピザなど)と、牛乳・乳製品(ヨーグルト、チーズ、アイスクリームなど)の共通点は、小麦製品にはグルテン、牛乳・乳製品にはカゼインという、消化されにくいたんぱく質が含まれることです。

これらが分解されないまま未消化物となって腸に入ると、腸の中のpH(酸・アルカリの度合いを示す数値)のバランスがくずれて、腸内環境が乱れます。
そうなると、慢性の便秘や下痢を招きます。

また、未消化物は腸の中で発ガン性物質を発生させ、大腸ガン、肝臓ガンを招くケースもあると指摘されています。
そしてもう一つの大きな問題は、未消化物が腸に入ると、腸粘膜の炎症が起こることです。

すると、細胞どうしの結合が緩んで、本来体内に通すべきでないものを通してしまうという現象が起こります。
これは、「リーキーガット症候群」と呼ばれています(下図参照)。

リーキーガット症候群は、子供の異常行動・うつ病などの精神疾患、脳や神経細胞にまでダメージを与えることも

分子量の大きい未消化物が腸から漏れ出ると、体はそれを異物と判断します。
すると、免疫の過剰反応が起こり、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、ぜんそくなどのアレルギー性疾患へとつながっていくのです。

さらに、体に異物が入ることにより、それを攻撃し排除するための抗体がつくられます。
その抗体は、体の臓器や組織まで攻撃してしまうことがあります。

関節が攻撃されれば関節リウマチ、脳だと多発性硬化症、小脳失調、めまい、頭痛など、甲状腺だと橋本病、腸だと潰瘍性大腸炎、クローン病、過敏性腸症候群といった、自己免疫疾患が引き起こされます。
食べ物が消化されず腸から漏れ出れば、当然、栄養の吸収障害も起こります。

また、腸に炎症が起こると、炎症物質が全身に飛び火します。
腸の問題とはいえ、体中どこに不調が現れてもおかしくない状態になってしまうのです。

最近では、子供の異常行動、うつなどの精神疾患も、脳や神経細胞にまでダメージを与えるリーキーガット症候群が関係しているのではないかと考えられています。
こうした消化しにくいたんぱく質の問題に加えて、小麦にはさらに、腸細胞どうしの接合を切り離すゾヌリンという物質の分泌を亢進させる作用もあります。

これにより腸の透過性を高め、リーキーガット症候群を起こしやすくしてしまうのです。

パンや牛乳はあくまでも嗜好品!

では、これらの害を防ぐには、どうすればよいのでしょうか。
それが、冒頭で述べた「パン(小麦)と牛乳はやめてください」ということなのです。

まず、主食をご飯にしましょう。
おかずは加工品を避け、腸の善玉菌のエサになる野菜をしっかりとれば、洋食でも中華でもかまいません。

パンや牛乳がよくないというと、必ず聞かれるのが「米粉のパンや豆乳ならいいですか?」という質問です。
その場合、米粉の米は無農薬栽培か、豆乳の原料の大豆は遺伝子組み換えでないかなど、見極める必要があります。

パンや牛乳は、あくまでも嗜好品として、たまにとる程度にとどめておくといいでしょう。
食事はご飯食にして、飲み物は水や白湯、お茶などがお勧めです。

潰瘍性大腸炎の下痢が1ヵ月で止まった、アトピー性皮膚炎のアレルギー症状も治った

実際にパンや牛乳をやめて、症状がよくなった人の例をご紹介します。

●潰瘍性大腸炎(Aさん・30代・男性)
Aさんは、1日4~5回下痢があり、他院の内視鏡検査で潰瘍性大腸炎と診断されました。
服薬治療を始めて1週間後に当院へ来院。

その時点で薬を飲むのを中止し、朝食にパンを食べるのをやめて、昼食・夕食も麺類ではなく定食にするよう指導しました。
すると、1~2週間で症状が軽快し始め、1ヵ月後には下痢をしなくなりました。

その後、症状は現れていません。

●慢性関節リウマチ(Bさん・40代・女性)
Bさんは、5年ほど前に関節リウマチを発症。
自分で爪もみ(手の5本指の根もとにあるツボを、指ではさんでもむ刺激法)などをして、手足のこわばりは改善していましたが、痛みはある状態でした。
また、子宮筋腫、卵巣嚢腫の既往歴がありました。

これらの疾患がある人は、小麦製品や乳製品が好きなケースが多いものです。
尋ねてみると、やはりBさんも、お好み焼き、麺類、パン、チーズが大好きとのことでした。

そこで、パンなどの小麦製品と乳製品をやめてもらったところ、1ヵ月後にはリウマチの痛みがほぼなくなりました。
薬を飲んでいなかったのも、回復が早かった一因だと思います。

●過敏性腸症候群、抑うつ(Cさん・30代・男性)
Cさんは、当院へ来られる3ヵ月くらい前から、仕事に行こうとすると、下痢、動悸、吐き気、不安感などの症状が現れるようになりました。
仕事をいったん休んでもらい、2~3日に1回食べていたという、生クリーム系のパンをやめて、ご飯食にしてもらいました。

その結果、半年くらいで下痢などの症状が改善してきて、1年経つころには転職をして、いきいきと仕事に行けるようになりました。
今では結婚もして、幸せに過ごされています。

このほかにも、便秘改善のために食べていたヨーグルトをやめたら、便秘が改善した人もいます。
パン屋に勤めていて毎日パンを食べていた人は、ご飯食に替えたら、軟便・ガス腹が改善し、線維筋痛症による体中の痛みがなくなりました。

もちろん、アトピー性皮膚炎などのアレルギー症状にも有効です。
8歳の女の子に乳製品をやめてもらったら、1年後、久しぶりに来院されたときには、キレイな肌になっていました。

不調に悩んでいる人は、まずパンと牛乳をやめてみてはいかがでしょうか。
それだけで症状が改善する可能性は十分にあります。

やめられない人は、中毒になっている可能性があります。
3週間がんばれば中毒は消えます。

とりあえず、1ヵ月続けてみましょう。

とりあえず一ヶ月やめてみよう!

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


重症便秘であだ名は便秘子ちゃん。その私の人生を変えた食べ物は「甘酒寒天」

重症便秘であだ名は便秘子ちゃん。その私の人生を変えた食べ物は「甘酒寒天」

甘酒を寒天で固めてみたら大正解でした。甘酒だけよりも、圧倒的にお通じがよくなり、便の量や状態もいいのです。翌日から変化を実感し、1週間も経つと、腸が悪かったことを忘れるほど、快調になりました。トイレは数分でスッキリ。おならが頻繁に出ることも、頻尿もなくなりました。【体験談】上山直子(仮名・ウェブデザイナー・29歳)


1日1さじ、2週間で効果「発酵玉ねぎ」が善玉菌を激増させる!!

1日1さじ、2週間で効果「発酵玉ねぎ」が善玉菌を激増させる!!

発酵タマネギの魅力はおいしさだけではありません。健康面でも糖尿病を改善する、肥満を改善する、便秘を改善する、アレルギーやうつ症状を緩和するといった、まるで万能薬のような効果を期待できます。正確に言えば、発酵タマネギを食べて腸内で作られる物質に、優れた健康効果があります。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


腹痛を伴うガス腹・便秘は「腸もみ」で解消!【腸内ガス研究の名医解説】

腹痛を伴うガス腹・便秘は「腸もみ」で解消!【腸内ガス研究の名医解説】

高齢になるにつれ、腸の動きは衰えます。腹痛や便秘だけにとどまらず、腸の機能の低下は免疫力も落とし、それが体全体への悪影響となって現れます。末永く健康を維持するためにも、腸もみをうまく活用するといいでしょう。【解説】瓜田純久(東邦大学医療センター大森病院副院長総合診療科教授)


【クーラーつけっぱなし】咳や喘息の悪化 エアコンのカビ(真菌)が原因かも

【クーラーつけっぱなし】咳や喘息の悪化 エアコンのカビ(真菌)が原因かも

連日の猛暑が続き、熱中症のニュースが報じられています。夜、寝ているときもクーラーの使用が推奨されていますが、実はそこには危険な落とし穴があります。エアコン内部の「カビ」がもたらす弊害です。【解説】内山葉子(葉子クリニック院長)


【断食の健康効果】メリットは腸内フローラ改善と脳の活性化

【断食の健康効果】メリットは腸内フローラ改善と脳の活性化

食べすぎると、消化にエネルギーが費やされて、栄養素を有効利用したり、有害物質を解毒・排出したりする代謝のエネルギーが不足します。断食によって体内の大掃除が始まると、腸の細胞が若返り、オートファジーも活性化されるので、腸内環境も整います。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)