医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【糖尿病を予防する】正しい歯垢ケアは歯ブラシではなく「デンタルフロス」

【糖尿病を予防する】正しい歯垢ケアは歯ブラシではなく「デンタルフロス」

昭和の時代から、歯科医師の間では、「糖尿病の人は歯周病になりやすく、治りにくい」といわれていました。最近になって、「歯周病の治療をすると、糖尿病が改善に向かう」という報告が多く上がり始め、さらに「歯周病の人は糖尿病になりやすい」ということも、わかってきたのです。【解説】森昭(竹屋町森歯科クリニック院長)


解説者のプロフィール

森 昭
大阪歯科大学卒業後、勤務医期間を経て、1995年に竹屋町森歯科クリニックを開院。2007年、MDE(メディカル&デンタルエステ)協会を設立し、唾液分泌を促進する予防歯科の普及に努める。『脳卒中で死にたくなければアゴを押しなさい』(マガジンハウス)、『歯はみがいてはいけない』(講談社)など著書多数。
●竹屋町森歯科クリニック
http://morishika.main.jp/

口腔内の状態が改善して 血糖値が下がる例は多い

昭和の時代から、歯科医師の間では、「糖尿病の人は歯周病になりやすく、治りにくい」といわれていました。

最近になって、「歯周病の治療をすると、糖尿病が改善に向かう」という報告が多く上がり始め、さらに、「歯周病の人は糖尿病になりやすい」ということも、わかってきたのです。

歯周病になると、炎症を起こした組織から炎症性サイトカインという物質が産生され、歯茎の毛細血管から血液中に入り込みます。

そして、血糖値を下げるインスリンというホルモンの働きを阻害し、糖尿病を発症・悪化させるのです。

実際、歯周病の患者さんは、健康な人に比べて2倍以上も糖尿病になりやすいといわれます。
口腔内を清潔にする目的は、歯や歯茎の健康を守ることだけではありません。

病気にかかる危険性を減らし、全身の健康を守ることにもつながるのです。
私は歯科医師なので、全身の病気を判断する立場ではありません。

しかし、口腔内の状態が改善することで、血圧や血糖値が基準値まで降下する例を、数多く見てきました。

ここで注意していただきたいのが、口腔ケアの内容です。

皆さんは「歯磨きをしていればOK」と思っていませんか?
「歯をきれいにする」ということは、食べかすを取り除くことではありません。

細菌の塊かたまりである「歯垢」を除去することです。
もちろん、食べかすを取り除けば、歯垢のえさになる糖類を減らすことになります。

ですから、全く無意味ではありませんが、歯垢を取り除く最善の方法とはいえません。
まず、「食後すぐの歯磨きが正しい口腔ケア」という認識を、改めてください。

歯は、糖質を含む物を飲食したあと、やわらかくなります。
やわらかくなった歯の表面を修復するのが、唾液なのです。

食後すぐに歯磨きをすると、歯ブラシで歯が削られ、唾液は歯磨き剤といっしょに口の外に出てしまい、かえって虫歯を作ることになります。

歯垢を取るケアの基本は 歯ブラシではなくフロス

唾液には、抗菌作用(歯周病菌の増殖を抑える)、pH調整作用(飲食後、酸性に傾いた口内を中性に戻して虫歯を防ぐ)、洗浄作用(口臭の原因である歯垢の増殖を抑える)など、さまざまな役割があります。

毎食すぐに歯磨きをすると、唾液のこうした恩恵を受けられません。
歯の健康を守るどころか、虫歯や歯周病、口臭の原因となるのです。

口腔内の健康を保つには、歯磨き剤をつけた歯ブラシで歯をこするのではなく、デンタルフロス(歯間清掃用の糸)や歯間ブラシを使って、歯と歯の間の歯垢や食べかすを取り除くと同時に、唾液の通り道を作ることが重要です。

歯垢は、食後すぐにできるわけではありません。
糖質を含んだ飲食をしたあと、約24時間で作られるといわれます。

そして、歯垢がいちばんできやすいのは、睡眠中です。睡眠中は唾液がほとんど出ないからです。
そう考えると、歯垢除去は、夜寝る前と、朝起きたときに行うのがよいということになります。

歯科で指導を受けている人は、その指示に従ってください。
ここでは、プロの指導を受けていない人に向けて、歯垢を効率よく取り除き、唾液を十分に出して口腔内に行き渡らせる方法を紹介します。

❶起床後、デンタルフロスを歯間に通し、口をすすぐ。

❷歯磨き剤をつけない歯ブラシで、歯を磨き、口をすすぐ。

❸朝食後、デンタルフロスで食べかすを取り、口をすすぐ。舌回し(後述、下図)で唾液を出す。

❹昼食後、夕食後も、デンタルフロスと舌回しを行う。

❺就寝直前に、デンタルフロスと、歯磨き剤をつけない歯ブラシで歯磨きをする。

デンタルフロスが基本で、歯ブラシは補助的な存在です。
外出時に持ち歩くのは歯ブラシではなく、デンタルフロスにしてください。

最後に、舌回しのやり方を説明しましょう。

❶口を閉じて、舌を、上唇と歯茎の間に入れる。

❷口を閉じたまま、歯茎の外側をなぞるように舌を回す。
上中央→上右奥→下右奥→下中央→下左奥→上左奥→上中央と、約3秒かけて1周する。
これを10回くり返す。

❸反対回しも同様に10回行う。

舌回しは、食後に行うことで唾液の分泌を促すのが目的ですが、食前に行うと食べ過ぎの予防にもなります。食事制限をしている糖尿病のかたは、食前と食後に舌回しを行うとよいでしょう。

糖尿病を防ぎ、改善する口腔ケア

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


予防医学の専門家が推奨!甘酒寒天の健康効果と有効な食べ方

予防医学の専門家が推奨!甘酒寒天の健康効果と有効な食べ方

食物繊維はメッシュ状の構造で、その網目に水分を保持することで、腸の中で多くの作用を生み出します。寒天はこの網目が、ほかの食物繊維よりもずっと細かいのです。寒天1gが保持する水分量は100g、つまり100倍の保水力を持ちます。【解説】杤久保修(神奈川県予防医学協会中央診療所予防医療部部長・横浜市立大学名誉教授)


40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)


1日1さじ、2週間で効果「発酵玉ねぎ」が善玉菌を激増させる!!

1日1さじ、2週間で効果「発酵玉ねぎ」が善玉菌を激増させる!!

発酵タマネギの魅力はおいしさだけではありません。健康面でも糖尿病を改善する、肥満を改善する、便秘を改善する、アレルギーやうつ症状を緩和するといった、まるで万能薬のような効果を期待できます。正確に言えば、発酵タマネギを食べて腸内で作られる物質に、優れた健康効果があります。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


【歯周病の再生治療】歯槽骨が回復する保険適用の新薬リグロスとは 適応条件は?

【歯周病の再生治療】歯槽骨が回復する保険適用の新薬リグロスとは 適応条件は?

歯周病の原因菌に感染し、歯と歯肉の境目に、細菌の塊である歯垢(プラーク)がこびりつきます。従来の一般的な歯周病治療では、歯や歯周ポケット内に付着した歯垢・歯石をそぎ落とし、できるだけ歯槽骨の破壊をゆるやかに抑えるのを目標としてきました。それを元に回復させる再生治療です。【解説】吉野敏明(誠敬会クリニック銀座院長)


血糖値を下げる最強食材は酢ゴーヤ!苦み成分がコレステロール値も下げる

血糖値を下げる最強食材は酢ゴーヤ!苦み成分がコレステロール値も下げる

ゴーヤに含まれる苦み成分の一つであるチャランチンには、インスリンと似た働きがあります。また、同じく苦み成分であるモモルデシンにも、血糖降下作用があることがわかっています。さらに、ゴーヤには糖代謝を活性化するビタミンB1や、糖の吸収を遅らせる食物繊維も豊富に含まれています。【解説】下津浦康裕(下津浦内科医院院長)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)