MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
村上祥子さん【バナナ酢ダイエット】作り方とやり方 その効果を簡潔に紹介

村上祥子さん【バナナ酢ダイエット】作り方とやり方 その効果を簡潔に紹介

私はこれまで、果物を酢に漬け込んださまざまなフルーツ酢を提案してきました。なかでも、最もお勧めなのが、「バナナ酢」です。作り方も紹介しましょう。【解説】村上祥子(福岡女子大学客員教授・管理栄養士)

一晩で手軽に作れて優れた健康効果を発揮

 私はこれまで、果物を酢に漬け込んださまざまなフルーツ酢を提案してきました。なかでも、最もお勧めなのが、「バナナ酢」です。

 広口瓶にバナナと酢、氷砂糖か黒砂糖を入れ、電子レンジで加熱すれば、一晩で熟成が進み、翌日からバナナ酢として飲むことができます。この手軽さも人気の秘密。しかし、なんといってもバナナ酢の魅力は、その優れた健康パワーでしょう。

 バナナには、疲労回復効果を始めとして、便秘や高血圧の予防など、さまざまな健康効果があります。

 一方、酢にも疲労回復効果や、肥満解消に役立つ代謝促進作用、血流改善作用など、多くの働きがあるとわかっています。バナナ酢を摂取すれば、この両者の効能を効率的に得ることができるのです。

 その代表的なものが、ダイエット効果でしょう。酢に含まれる酢酸、クエン酸、リンゴ酸などの有機酸は、体のエネルギーを作り出す「クエン酸回路」を活性化します。酢だけでも、体内でエネルギー産生が高まりますが、そこにバナナが加わることで、バナナに含有されるブドウ糖がエネルギー源として使われます。そのため、クエン酸回路がより活性化され、エネルギー代謝や基礎代謝が高まるのです。

 加えて、エネルギー産生の過程で、体内の余分な脂肪が消費されます。これらの作用によって、高いダイエット効果が得られるのです。

 また、脂質の代謝を促進したり血流を改善したりする点から、高血圧や糖尿病、脂質異常症を抱えるかたにもお勧めできます。

 ただ、バナナ酢を作る際に砂糖を使うので、糖尿病のかたは、糖分のとりすぎが心配かもしれません。そのようなかたは、氷砂糖ではなく黒砂糖をご使用ください。黒砂糖と酢の組み合わせは、ますます血糖値を下げる効果が期待でき、実際に黒砂糖入りのバナナ酢を飲んで、血糖値の下がったかたは多くいらっしゃいます。それでも砂糖が気になるというかたは、もちろん、砂糖抜きで作っていただいてもかまいません。

 また、バナナ酢には、便通を促進する食物繊維が豊富に含まれています。かつ、酢が腸のぜん動運動を促すので、バナナと酢が協力して、お通じをスムーズにしてくれます。

 さらに、バナナ酢を飲んでいると、たんぱく質からアミノ酸への分解促進もスムーズになるため、皮膚にハリやツヤが現われ、美肌効果も期待できます。

バナナ酢の作り方

血糖値が下がり安定!大きなシミも消えた!

 バナナ酢は口当たりがいいので、つい飲みすぎてしまうことがあります。酢を大量摂取すると、胃が痛くなる恐れがあるので、1日大さじ2~3杯を限度にしたほうがいいでしょう。

 私の場合、朝起きたときに、必ず大さじ1杯のバナナ酢をそのまま飲んでいます。お好みで、水や牛乳、豆乳、ヨーグルトなどに混ぜるのも、おいしいのでお勧めです。

 ペットボトル(350mL程度のもの)に水を入れ、そこにバナナ酢大さじ2杯を加えて、水筒代わりにして持ち歩くのもお勧めです。外出中や仕事の合間などに、バナナ酢ドリンクを飲めば、疲労回復効果が高まるので、疲れにくくなります。

 それでは、実際にバナナ酢で健康効果が得られたかたをご紹介しましょう。


●Aさん(60代・女性)
 Aさんは糖尿病を患っており、血糖値が高めでした。そこで、バナナ酢を日々飲み続けたところ、1年後には血糖値が基準値内に下がり、安定するようになりました。
 さらに、肌の状態がよくなり、顔にできていた大きなシミが徐々に薄くなって消えたといいます。その効果に、最初はご本人は気づいていなかったのですが、ご主人に、「キレイになったね」と指摘され、改めて鏡をのぞき込みました。すると、ほんとうにシミが消えていたので驚いたそうです。
 このAさんは、黒砂糖入りのバナナ酢で血糖値が下がった典型例です。


●Bさん(50代・女性)
 Bさんは、60代のご主人にいわゆる加齢臭があり、Bさんもご主人も気になっていたそうです。それが、夫婦で毎日バナナ酢を飲むことを習慣にした結果、なんとご主人の加齢臭がいつの間にかなくなったといいます。これには、二人とも喜んでおられました。
 これらのケース以外でも、バナナ酢で「血圧が下がった」「便秘が改善した」など、多数の声が私の元に寄せられています。


 また、問い合わせで多いのが、「酢に漬けたバナナはどうしたらいいのでしょうか?」という質問です。

 その活用法としてお勧めなのが、「バナナジャム」です。漬けたバナナを2週間くらいで取り出し、電子レンジ600Wで2分間加熱すれば、簡単にバナナジャムが出来上がります。これをトーストに塗れば、おいしいバナナジャムトースト。ヨーグルトに加えて食べてもよし。ぜひ、お試しください。

村上祥子
料理研究家。管理栄養士。電子レンジ調理の第一人者として知られる。日本国内はもとより、世界各国で実践的な食育指導に情熱を注ぐ。『医師がすすめる!酢タマネギ薬食術』(共著・マキノ出版)ほか、著書多数。

高血圧、便秘に著効を示すバナナ酢(里見英子クリニック院長 里見英子)

 バナナ酢は、優れた働きを持つ食材を組み合わせることで、よりパワーアップした効能が期待できます。

 特筆すべきは、バナナ酢の血圧を下げる効果です。これは、バナナと黒砂糖に含まれるカリウムの働きによるものです。

 医師は、「血圧の高い人は塩分を控えましょう」とよくいいますが、これはナトリウムを控えるという意味です。カリウムには、ナトリウムの排出を促進する作用があるので、血圧降下に有効なのです。

 加えて、カリウムには尿の出をよくする利尿作用もあるので、むくみの解消に役立ちます。

 なお、酢に含まれる酢酸にも、血圧を抑制する働きがあることが、さまざまな研究によって明らかになっています。

 このほか、バナナに多く含まれる糖質は、疲労回復に役立ちます。黒砂糖に含まれるカルシウム、そしてカルシウムの吸収を促す酢の働きによって、骨粗鬆症(骨がスカスカになる病気)の予防にもなるでしょう。

 黒砂糖には、カルシウムの血管壁への沈着を防ぎ、動脈硬化を防止するマグネシウムや、脱毛を抑制し、味覚や嗅覚を正常化する働きを持つ亜鉛も、豊富に含まれます。

 そして、なんといってもこれら三つを併せることのメリットは、おいしいことです。いくら酢が体によくても、それだけでは飲みにくいですし、胃にも負担がかかります。その点、バナナと黒砂糖をプラスすれば、甘みがついておいしくなり、胃にも優しい飲み物になります。

 しかも、三つとも手ごろな価格で入手できるので、無理なく続けられるでしょう。

 さまざまな効能があるバナナ酢を、ぜひお試しください。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
「洋食は高カロリーで体に悪い」と思う人もいるかもしれませんが天皇家の洋食の食材は日本で取れる旬のものばかり。その土地に住む人の体質に合ったものです。洋食も日本人に合った洋食が作れるのです。日本の旬の物をいただき、食材を無駄にしない天皇家のレシピを皆さんの健康に役立ててください。【解説】工藤極(元宮内庁大膳課厨房第二係)
更新: 2019-05-07 18:00:00
私が考案した10種類以上のフルーツ酢の中で、現在最も人気が高いのが「レモン酢」。数あるフルーツ酢ダイエットの中でも「イチオシ」といってよく、教室などでも勧めているフルーツ酢です。ぜひお試しください。【解説】村上祥子(料理研究家・管理栄養士)
更新: 2019-04-11 10:18:08
「みそ汁に酢を入れたら、酸っぱくなるのでは」と心配するかたもいるでしょう。でも、お椀1杯のみそ汁につき、小さじ半分程度の酢なら、酸味はほとんど感じません。今回、酢みそ汁に初挑戦するかたがたのために、お勧めの具材や、作り方のコツをご紹介しましょう。【解説】庄司いずみ(野菜料理家)
更新: 2019-04-05 10:22:22
独身時代はほとんど食べ物に気を遣っていなかった私でも、家族ができれば話は別。なるべく人工添加物などが使われていない、体にいい食べ物を食卓に並べるようにしてきました。自然に食べ物へ関心を持つようになったわけですが、近年私の心をとらえて離さないのが「タマネギ」です。【体験談】志穂美悦子(フラワーアクティビスト)
更新: 2019-02-19 18:00:00
タマネギに含まれるのは植物性乳酸菌で、生きて腸まで届きます。腸内環境がよくなると、免疫力のアップや自律神経のバランスが整います。血中コレステロールの低下による高脂血症の予防・改善、大腸がんのリスク低減などにもつながります。 【解説・レシピ考案】中村美穂(管理栄養士・フードコーディネーター)【料理・スタイリング】古澤靖子
更新: 2019-02-17 18:00:00
最新記事
私は、60歳の今も左右の視力は1・0を保っています。これまでメガネの世話になったこともありません。老眼知らずの状態をキープしている秘密は、私が毎日行っているトレーニング「目のスクワット」にあるのです。毛様体筋をほぐす効果があります。【解説】本部千博(ほんべ眼科院長)
更新: 2019-07-03 14:37:40
歩くとひざが痛くなる、腰が重くなる、どっと疲れが出る。私なら、まず「浮き指」を疑います。詳しく調査した結果、現代日本人男性の6割、女性の7割が浮き指であることがわかったのです。浮き指とは、文字どおり「足の指が浮いている」状態を指します。【解説】阿久根英昭(桜美林大学健康福祉学群教授)
更新: 2019-06-18 18:00:00
鍼灸師の私がおすすめして、皆さんにご好評をいただいている「温熱ツボ刺激」のやり方をご紹介しましょう。この温熱ツボ刺激は、男女を問わず効果があるものです。ですから、女性だけでなく、薄毛や白髪で悩む男性のかたにもぜひ試してほしいのです。【解説】横内稚乃(稚乃針灸整骨院院長)
更新: 2019-06-17 18:00:00
玉ねぎが体によいのはよく知られたことですが、なかでも、血糖値を降下させる作用が注目されています。しかし、玉ねぎを毎日食べたくても、あのツンとする刺激臭が嫌で、玉ねぎ料理は苦手という人も多いでしょう。そこでお勧めなのが、玉ねぎドレッシングです。【解説】里見英子(里見英子クリニック院長)
更新: 2019-06-16 18:00:00
慢性腰痛は、さまざまな原因によって生じます。なかでも最大の原因と考えられるのが、普段の姿勢の悪さです。加齢や運動不足、パソコンやスマホなどの習慣によって、私たちの姿勢はひどく悪いものになっています。これが、腰に負担をかけているのです。【解説】岩間良充(鍼灸整骨院ホスピスト院長)
更新: 2019-06-15 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt