子宮を温める【もぐさの使い方】 デリケートゾーンのかぶれ、痔、便秘が改善した!

子宮を温める【もぐさの使い方】 デリケートゾーンのかぶれ、痔、便秘が改善した!

私の鍼灸院には、不妊や生理痛、生理不順など、女性特有の症状に悩む患者さんが多く訪れます。皆さん、おなかやお尻が、驚くほど冷えています。私は、もぐさライナーなど、体を温める生活習慣のアドバイスをしているわけです。【解説】星野さおり(鍼灸院寿彗代表)


星野 さおり
思春期から妊娠、出産、産後、更年期、老年期まで、ライフステージごとに女性をサポートする治療に定評がある。

もぐさが体温で温まり外の冷気から骨盤を守る

3年ほど前、先輩の女性鍼灸師と「骨盤の冷え」について話をしました。
女性の骨盤内には、子宮や卵巣など、大切な臓器が収まっています。

骨盤を冷やすと、腸だけでなく、生殖器にも悪影響が及ぶのです。
そのころ、韓国の健康法「ヨモギ蒸し」が流行していて、日本でもヨモギの成分が入ったライナー(下着につけるシート)が売られていました。

でも、既製品には化学薬品が使われている可能性があり、患者さんに勧められなかったため、手作りすることにしたのです。

試行錯誤の末、不織布に、もぐさと、体を温める生薬を詰めました。
もぐさは、ヨモギの葉の裏の毛を精製したもので、灸に使います。

私は鍼灸用品を扱うお店で買いますが、漢方薬局でも売っています。
お近くの漢方薬局などに問い合わせてみてください。もぐさが手に入れば、だれでも簡単に手作りできます。

私は、もぐさのほかに、乾姜(ショウガの根を蒸してから乾燥させたもの)や、陳皮(ミカンの皮を乾燥させたもの)、当帰(セリ科トウキ属植物の根を乾燥させたもの)などを入れていますが、もぐさだけでもじゅうぶんです。

もぐさを不織布に入れると、小さなクッションのようになります。陰部に当てることで、もぐさが体温で温まり、外の冷気から骨盤を守ってくれます。

同時に、もぐさの有効成分が、陰部の粘膜から吸収され、骨盤内にある子宮や卵巣などの生殖器に、好影響を与えると考えられるのです。

もぐさの原料であるヨモギは、漢方薬に用いられ、冷えや不正出血、痛みを止め、血流を改善し、生理を正常に調整するとされています。

ヨモギは西洋医学でも「ハーブの女王」といわれ、消炎作用や抗菌・抗ウイルス作用を持つ、優れた薬草なのです。

精神が安定する!便秘が解消する!

私の鍼灸院には、不妊や生理痛、生理不順など、女性特有の症状に悩む患者さんが多く訪れます。

皆さん、おなかやお尻が、驚くほど冷えています。
鍼や灸で、体を温める治療をしても、日常生活で冷やしてしまっては、元の木阿弥です。

ですから私は、もぐさライナーなど、体を温める生活習慣のアドバイスをしているわけです。
もぐさライナーは、ナプキンやおりものシートのように、陰部と下着の間にはさんで使います。

ただ、そのままだと、下着の着脱時に落ちてしまいます。そこで、ちょっとした工夫をご紹介しましょう。
下着に留める当て布を作るのです。ガーゼかハンカチを12~13cm角に切り、対角に当たる2ヵ所にスナップボタンをつけます。

もぐさライナーを下着に置き、布を当てて反対側で留めれば、下着に固定できます。
市販の布ナプキンや、布ライナーを使ってもけっこうです。

当て布は毎日洗い、もぐさライナーは毎日天日干ししてください。もぐさがクタッとしてきたら、取り替えどき(捨てどき)です。

だいたい3日くらいが目安でしょう。実際に、もぐさライナーを使用した人たちからは、さまざまな声が寄せられています。
その一部をご紹介しましょう。

まず、第1に挙げられるのが、冷えの改善です。
「子宮が温まる感じで気持ちがいい」という感想がよく聞かれます。

実際は、子宮が温度を感じることはないのですが、下腹部の冷えが取れたということでしょう。
産後の人からは「母乳の出がよくなった」という感想も寄せられました。

子宮や卵巣が温まって血流がよくなり、母乳を出すホルモンの分泌がさかんになるのだと考えられます。
また、「イライラがなくなった」という声も多く聞かれます。

子宮や卵巣が冷えると、ホルモンのバランスがくずれ、精神的に不安定になります。
もぐさライナーで子宮と卵巣が温まると、イライラも軽減するでしょう。

更年期にありがちな、気分の浮き沈みにも、効果が期待できると思います。
さらに、便秘が改善した人も少なくありません。

最近の患者さんを見ていると、年齢を問わず、腸の冷えによる便秘が多いと感じます。
もぐさライナーで便秘が解消する例が多いのも、それを裏づけているといえるでしょう。

痔にもお勧めです。もぐさが肛門周辺の血行を促進しつつ、炎症をおさえ、症状改善につながると考えられます。
「陰部のかぶれが改善した」という患者さんもいます。もぐさの消炎作用が発揮された好例です。

これからの季節、冷えによる不調から身を守るために、もぐさライナーをぜひ活用してみてください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

昆布酵母のおかげで減塩でも美味しい!薄味で胃腸に優しい手料理に家族が大満足

私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)


漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

漢方医お勧めは「昆布酵母」 風邪の引き初めに発酵パワーを実感!

私が酵母に興味を持ったのは、米を発酵させた健康食品を、食料品店で見つけたのがきっかけです。米と麹を低温で自然発酵させ、もともと米に付着していた乳酸菌と酵母を培養し、パウダー状にしたという物です。【解説】石井恵美(やくも診療所院長)


砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る「発酵あんこ」のレシピ

砂糖ゼロの毒出しスイーツ!ジッパー付きの袋で作る「発酵あんこ」のレシピ

砂糖ゼロでも甘い美腸スイーツ!「甘いものは食べたいけれど砂糖が気になる」。そんなかたでも大評判の「発酵あんこ」なら心配不要です。自然な甘みがクセになる!便秘や冷え症の改善、体の毒出し効果も抜群です。ジッパー付きの袋を使った簡単発酵方法をご紹介します。【レシピ】高山益実(管理栄養士・認定心理士・「食心のアトリエ」主宰)


あく抜き不要!腸内の宿便を排出する「すりおろしゴボウスープ」の作り方

あく抜き不要!腸内の宿便を排出する「すりおろしゴボウスープ」の作り方

アルカリ性食品のゴボウは食物繊維が豊富で、体に不要なものの排泄を促してくれます。デトックス効果を体感しやすいため、野菜や玄米を中心とした食事を指導している私の教室「ミレット・スタイル」でも最初に教える料理としてゴボウを使っています。【解説】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


便漏れで下着が汚れた!9割は“ニセ便失禁” 治す方法は「まず温水便座をやめる」

便漏れで下着が汚れた!9割は“ニセ便失禁” 治す方法は「まず温水便座をやめる」

前回に引き続き、「便失禁」のお悩みについて、お答えします。前回は、便失禁で悩んで当院に来られている人の実に9割が、肛門機能に異常がない「ニセ便失禁」であること、その原因の多くは、肛門付近に便が残っている「出残り便秘(R)」であることをお伝えしました。【解説】佐々木みのり(大阪肛門科診療所副院長)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )