医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【ぎっくり腰の応急処置】安静はNG 動かして"伸ばして治す"

【ぎっくり腰の応急処置】安静はNG 動かして"伸ばして治す"

ぎっくり腰とは、正式名称を急性腰痛症といいます。前屈をしたり、咳やくしゃみをしたりといったことが原因で、腰に激痛が走ったり、急激に脱力したりする症状が起こります。効果的な対処法として、「自重けん引」と「壁押しストレッチ」をご紹介します。【解説者】久野木順一(日本赤十字社医療センター整形外科センター長)


ぎっくり腰の原因は、骨や関節のずれ

腰痛の代表的なものとしては、慢性腰痛のほかに、何かのひょうしに起こるギックリ腰(急性腰痛症)があります。
荷物を持ち上げたり、落ちている物を拾おうとしたりしたときなど、前屈の姿勢を取ることがきっかけで起こります。

腰に激痛が走ったり、急激に脱力したりする症状です。
セキやクシャミなど、ささいなことで起こることもあります。

ギックリ腰になると、あまりに痛みが激しいので、腰が曲がったままになったり、歩くのに支障が出たりします。
それなのに、整形外科を受診しても「異常はありません」といわれ、「こんなに痛いのに異常なし?」と疑問に思うでしょう。

私たちの骨や関節は、体を動かしやすいように並んでいます。
この適正な並びのことを「アライメント」といいます。

ところが、何かの刺激が加わることで、椎間関節(背骨を構する椎骨をつなぐ関節)や仙腸関節(骨盤を構成する仙骨と腸骨をつなぐ骨)などが、レントゲンに写らないほどわずかにずれて、アライメント異常を起こします。(図参照。)

体がアライメント異常を察知すると、背骨を安定させる筋肉が一気に収縮し、動かなくなります。
これがギックリ腰です。

安静よりも「動かして治す」ストレッチが効果的

少し前までは、「ギックリ腰になったら、とにかく安静がいちばん」というのが一般的でした。
しかし、最近の研究では、安静にするよりも、体を動かしたほうが回復が早く、再発も防げることがわかってきました。

実際、私も外来にギックリ腰の患者さんが見えたときには、腰を伸ばす施術をします。
診察台の上にあおむけになり、自分の足の重みで腰周りの筋肉をストレッチするのです。

「自重けん引」と呼んでいます。
ストレッチをすることで、緊張して収縮していた筋肉がほぐれ、腰から骨盤にかけてのアライメントがよくなり、痛みが和らぐのです。

ほとんどの患者さんは、曲がっていた腰が伸び、痛みが緩和します。
このストレッチは、自宅でも机やテーブルなどを使って行うことができます。(下の図参照。)

このストレッチは、下肢全体の重さによって背骨と骨盤をゆっくりけん引します。
すると、腰周りの関節や筋肉が、正常な状態に戻ります。

つまり、アライメントを元どおりにできるのです。
腰の痛みが激しいときは、あおむけになったり、起き上がったりするのは難しいので、家族などに補助してもらってください。

サポートしてくれる人がいないときや、机やテーブルがないときには1人でできるストレッチもあります。
壁を押しながら腰を伸ばす「壁押しストレッチ」です。

外出先で腰が痛くなったときなどにも行うことができるので、知っておくと便利です。
ギックリ腰ほどはひどくないものの、腰が痛いというときにも、壁押しストレッチを行うと楽になります。

最後に注意点です。
腰だけでなく足にまで痛みやしびれがある場合や、どんな姿勢を取っても痛みが緩和しない場合は、自重けん引や壁押しストレッチを行わないでください。

椎骨の間にある椎間板がはみ出して神経を刺激する椎間板ヘルニアや、脊髄が通る脊柱管が狭くなって神経を圧迫する脊柱管狭窄症、椎骨の圧迫骨折など、セルフケアでは対応しきれない病気の可能性があります。
整形外科を受診し、医師の指示に従ってください。

自重牽引、壁押しストレッチのやり方

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


ギックリ腰 ストレッチ

関連する投稿


くり返すぎっくり腰が「きくち体操」で激減!O脚も改善し海外旅行を満喫

くり返すぎっくり腰が「きくち体操」で激減!O脚も改善し海外旅行を満喫

家での体操は毎晩やると決めて続けました。以前は、体を曲げると痛くてつらかったのが、徐々に楽に曲がるようになりました。すると、ギックリ腰が起こりにくくなり、なったとしても軽くすむようになりました。すべり症の痛みは再発していません。【体験談】山本陽子(仮名・主婦・70歳)


【覚えておきたい対処】ぎっくり腰痛みをすぐ取る「K点」の刺激法と探し方

【覚えておきたい対処】ぎっくり腰痛みをすぐ取る「K点」の刺激法と探し方

K点とは、後頭部にある1点で、東北大学名誉教授である国分正一先生が発見した痛み解消の特効点です。K点を刺激したとたん、ぎっくり腰で救急車で運ばれてきた人が、その場で痛みが治まって自分で歩いて帰ったりといった例もあるのです。【解説】国分正一(国立病院機構仙台西多賀病院脊椎脊髄疾患研究センター長)


慢性痛やしびれの根本原因「トリガーポイント」の探し方と押し方

慢性痛やしびれの根本原因「トリガーポイント」の探し方と押し方

お尻の周辺にトリガーポイントがある場合は、腰痛、ギックリ腰、脊柱管狭窄症、椎間板ヘルニア、座骨神経痛などと診断されるような痛みやしびれが起こることが多いでしょう。肩甲骨の周辺の筋肉にトリガーポイントがある場合は、首の痛み、肩こり、頭痛、手のしびれが現れます。【解説】斉藤究(さいとう整形外科リウマチ科院長)


【飲み込みにくい】姿勢の悪さも原因!誤嚥防止に役立つストレッチのやり方

【飲み込みにくい】姿勢の悪さも原因!誤嚥防止に役立つストレッチのやり方

食べ物や飲み物をスムーズに飲み込めない、うまく飲み込めずにむせてしまうといった嚥下障害や誤嚥は、口やのどの機能の衰えからくる問題と捉えられがちです。しかし、むせる原因はさまざまです。【解説】戸原玄(東京医科歯科大学大学院歯学総合研究科高齢者歯科学分野准教授)


【高齢者の車の事故予防】原因は“目”! 周辺視を鍛えて目の機能低下を防ぐ

【高齢者の車の事故予防】原因は“目”! 周辺視を鍛えて目の機能低下を防ぐ

一般的に、人間の体に備わる機能は、使えば使うほど高まります。逆に、使わずにいれば衰えます。意識して使うことで、加齢による機能低下を食い止め、さらにはその機能を高めることもできるのです。目についても、この原則は当てはまります。【解説】鎌田芳夫(上野毛眼科院長)


最新の投稿


重症便秘であだ名は便秘子ちゃん。その私の人生を変えた食べ物は「甘酒寒天」

重症便秘であだ名は便秘子ちゃん。その私の人生を変えた食べ物は「甘酒寒天」

甘酒を寒天で固めてみたら大正解でした。甘酒だけよりも、圧倒的にお通じがよくなり、便の量や状態もいいのです。翌日から変化を実感し、1週間も経つと、腸が悪かったことを忘れるほど、快調になりました。トイレは数分でスッキリ。おならが頻繁に出ることも、頻尿もなくなりました。【体験談】上山直子(仮名・ウェブデザイナー・29歳)


【舌診のポイント】舌をよく噛む、舌につく歯の跡の原因は?危険な舌の色は?

【舌診のポイント】舌をよく噛む、舌につく歯の跡の原因は?危険な舌の色は?

デコボコのついた舌を、漢方では「歯痕舌」といいます。この舌のむくみは、胃腸の水はけが悪く、水びたしになっている状態が舌に現れたもので、食べすぎや飲みすぎで胃腸が疲れている状態です。舌苔は、舌の粘膜を保護するという役目もありますから、ほどほどには必要です。【解説】平地治美(和光治療院・漢方薬局薬剤師・鍼灸師)


眠れない人はおなかが固い?肝臓をほぐして不眠を解消「わき腹ほぐし」のやり方

眠れない人はおなかが固い?肝臓をほぐして不眠を解消「わき腹ほぐし」のやり方

あおむけになってひざを立て、自分のおなかを指で押してみてください。おなかが固くて、痛みを感じる場所がないでしょうか。痛みを感じるかたは、おなかの筋肉の緊張が不眠の主因かもしれません。そのような場合に、お勧めしたいセルフケア法があります。それが「わき腹ほぐし」です。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)


ウエスト8センチ減!飲酒OK・食べるだけなのにまちゃまちゃが痩せた方法は…?

ウエスト8センチ減!飲酒OK・食べるだけなのにまちゃまちゃが痩せた方法は…?

久しぶりにくびれができたボディラインを見たときは正直、感動しました。以来、「ここ最近、食べすぎてるな」とか、「体重増えたかな」と思うと、キュウリのすりおろしを食べて、体重コントロールに役立てています。普段の食生活にプラスするだけなので本当に簡単です。【体験談】まちゃまちゃ(タレント)


「オクラ水」を飲んで2センチ大の足のコブが消えた!かゆみも治まりツルツルに

「オクラ水」を飲んで2センチ大の足のコブが消えた!かゆみも治まりツルツルに

私の下肢静脈瘤は、かれこれ10年来の悩みです。両足に、ポコッとしたコブのような物がいくつもありました。その巨大なコブが、どんどん小さくなっていき、魔法のように消えたのです。指で触ると、「ここにあった」という感覚だけは残りましたが、外から見ると、ほとんどわかりません。【体験談】新川千恵子(主婦・75歳)