医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【うつ・不眠】は腸を温めて改善できる!

【うつ・不眠】は腸を温めて改善できる!

心や体に不調のある人は、おなかをさわると、例外なく冷えています。この冷えを取り、おなかの調子を整えると、体調だけでなく心の病気も改善していきます。おなか(腸)こそ、心身の健康の根源だからです。【解説】田中保郎(元西諫早病院東洋医学センター長)


アルツハイマーなど心や脳の病気が改善

私は、長年、おなかを診ることで、うつや不眠、アルツハイマーなど、さまざまな病気を治してきました。
心や体に不調のある人は、おなかをさわると、例外なく冷えています。

この冷えを取り、おなかの調子を整えると、体調だけでなく心の病気も改善していきます。
おなか(腸)こそ、心身の健康の根源だからです。私がそれに気づいたのは、趣味の盆栽がきっかけでした。

植物を育てている人ならわかるでしょうが、花や葉が枯れたとき、真っ先に疑うのは根腐れです。
根っこは、土から栄養や水を吸収するところ。そこが腐れば、花も葉も枯れてしまいます。

人間も同じです。栄養や水分を吸収する腸は、植物でいえば根っこです。その腸の働きが悪くなると、全身に病気が出てきます。
病気を治すには、症状が出ているところではなく、大本の腸を治療しなければならないのです。

進化の過程をたどると、腸の重要さがよくわかります。動物の体の中で最初にできた臓器は腸です。
最も原始的な生物は、口と腸と触覚しかありませんでした。

「おなかがすいた」と感じるのも、「栄養をとれ」と命じるのも、腸だったのです。
その指令を出しているのは、腸の粘膜に散在している基底顆粒細胞です。

この細胞が、食物などから入ってきた情報を周囲の細胞に伝えます。
そして、その情報をもとに、ホルモンを分泌します。

このホルモンは、脳にも重大な影響を与えます。

アルツハイマーはこのホルモンの分泌が機能しなくなった状態、すなわち、腸の基底顆粒細胞の劣化によって起こると考えられます。

実際、腸を温めたり、腸の機能を回復させたりすると、うつや不眠、アルツハイマーといった心や脳の病気も改善するのです。

うつの患者の8割は社会復帰している!

腸の働きは、腸内細菌によって守られています。
ビフィズス菌や乳酸菌などの善玉菌は、腸内で乳酸や酢酸などの有機酸を作り、腸内を酸性にします。

そうして、病原菌の増殖をおさえたり、有害物質を分解したりします。こうした腸の働きは、ぬか床によく似ています。

ぬか床には乳酸菌や酵母菌が繁殖しており、これらの菌が野菜を発酵させて、おいしいぬか漬けを作ります。
しかし、手入れを怠ると菌のバランスがくずれ、ぬか床にカビを発生させます。

腸も同じで、管理が悪いと腸内細菌のバランスがくずれます。大腸菌などの悪玉菌がふえて有害物質が発生したり、大事な基底顆粒細胞に異変が生じたりします。
そこで腸も、ぬか床のように上手に扱って、いつもよい状態に保つ必要があります。

ぬか床は温度が低すぎると、乳酸菌や酵母菌が働きません。
腸も同じで、冷やすと善玉菌の活性が低下してしまいます。

ですから腸も、適度に温めることが、善玉菌を活性化させ、腸内環境の改善につながるのです。
そのためには、体を冷やす食品ばかりをとらないことです。

それは単に、冷たいものを飲食しないだけではありません。
東洋医学では、食品を、体を温めるもの、冷やすもの、どちらでもないものに分けています(一覧参照)。

体を温める食品、冷やす食品

もし、体を冷やす食品をとったら、温める食品で補ってください。
そこで、腸を温めるために、ふだんの料理に活用してほしいのが、熟成度の高い発酵食品の調味料です。

それは、酢やみそです。

特に、熟成度の高いバルサミコ酢をお勧めします。バルサミコ酢の原料は、濃縮ブドウ果汁です。
ブドウは、果物のなかでは数少ない、体を温める食品です。

バルサミコ酢は、それを長期間、樽で熟成して造ります。
アミノ酸やクエン酸、ポリフェノールなどが豊富で、有用な微生物も多数含まれます。

バルサミコ酢をとると、腸が温まって善玉菌が活性化するのに加え、クエン酸が悪玉菌の増加を抑制してくれるので、腸内環境がよくなります。
それによって、腸の動きが活発になり、便通を促進してくれます。

また、バルサミコ酢には、血糖値を下げる作用があることも報告されています。
私はバルサミコ酢を、しょうゆの代わりに刺身や豆腐にかけたり、サラダのドレッシングとして使ったりしています。

1日に小さじ1杯くらいは、とっているでしょう。また、みそにも腸を温める作用がありますから、みそ汁もほぼ毎日飲んでいます。
こうして腸を冷やさないようにすると、腸の機能がよくなり、基底顆粒細胞も元気になります。

それが心の状態を安定させて、うつや不眠などの改善に役立つのです。
こうした食事指導に加えて、私は漢方薬を使った治療を行いますが、うつの患者さんなら8割が、社会復帰できるほどよくなっています。

心の病気だけでなく、アトピー性皮膚炎や難治性の病気も、基本は腸を温め、健康にすることで快方に向かいます。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


泌尿器科医の私が「かかと落とし」をすすめる理由

泌尿器科医の私が「かかと落とし」をすすめる理由

夜間頻尿が1回減ると、睡眠時間は2時間延びるといわれています。塩分過多の人は、減塩するだけで、睡眠の質が大幅に改善するわけです。夜間頻尿の患者さんに、自分でできる対処法として、減塩といっしょにお勧めしているのが、昼間に行う「かかと落とし」です。【解説】松尾朋博(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科泌尿器科学助教)


ぐっすり快眠体質に! 睡眠専門医が勧める温冷交互の“足だけ”シャワーのやり方

ぐっすり快眠体質に! 睡眠専門医が勧める温冷交互の“足だけ”シャワーのやり方

温かいお湯をかけたあとに冷たい水をかけることで、血管が刺激を受けて拡張し、全身の血流がよくなります。入浴後の深部体温も下がりやすくなるのです。さらに、全身の諸機能をつかさどる自律神経のうち、副交感神経が優位な状態になります。体がリラックスするため、より眠りにつきやすくなるでしょう。【解説】坪田聡(雨晴クリニック副院長)


ベストセラー「うつヌケ」作者が解説! うつから抜け出すための「朝」の習慣とは

ベストセラー「うつヌケ」作者が解説! うつから抜け出すための「朝」の習慣とは

「朝起きた瞬間に思うことは、その日一日の気分を決める」という実体験があったので、朝目覚めた瞬間、自分をほめることは、効くはずだと確信が持てました。皆さんもそうした経験があるかたは、少なくないのではないでしょうか。世の中のすべての現象は、その人の“気分”が見せるものだからです。【解説】田中圭一(漫画家)


のぼせが解消!更年期のホルモンバランスを整える簡単な方法

のぼせが解消!更年期のホルモンバランスを整える簡単な方法

寝る前に1分間、おでこを冷やしてみました。すると、頭が休まる感じがして、その日はスッと眠れたのです。以前はのぼせて脳が膨張し、鬱血しているかのような感じだったのに、スーッと何かが抜けるように楽になったのです。【体験談】吉田倫子(仮名・会社員・43歳)


仕事のことを考えてなかなか寝付けない。私がアッサリ解消した方法とは?

仕事のことを考えてなかなか寝付けない。私がアッサリ解消した方法とは?

帰宅しても仕事のことを引きずっていたのでしょうか、布団に入っても明日の仕事のことが頭に浮かんでなかなか寝つけないことがよくあったのです。それが、おでこ冷やしを行ってから布団に入ると、スッと寝入るようになり、朝目覚めたときもよく寝た!さっぱりした、となんとも爽快な気分なのです。【体験談】吉沢智子(仮名・会社員・46歳)


最新の投稿


【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

【ふくらはぎを温める効果とやり方】寝つきがよくなり低体温も改善してきた!

横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)


【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

【美容効果】キュウリパックの正しいやり方は?食べるならいつが最適?

美肌に関しては、キュウリの皮に含まれるビタミンEとβ-カロテンの働きも見逃せません。体内では有害な活性酸素ができ、老化を進めます。ビタミンEの中でも、最も抗酸化力が高いのがα-トコフェロールという種類ですが、キュウリに含まれるのは、すべてこの種類なのです。【解説】佐藤美(シロノクリニック横浜院院長)


風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

風邪・インフルエンザに効果「プロポリス」とは? 有効成分は抽出法で違う?

プロポリスは、ハチの巣への細菌の侵入を防ぎ、その増殖を防いでくれる物質です。いわば、家を守る防御壁なのです。私たちがこのプロポリスを摂取する際には、それがどのようにして抽出されたのかが、一つの重要なポイントとなります。プロポリスの抽出法によって含有される有効成分が異なるからです。【解説】門田重利(富山大学名誉教授)


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)