【美女医特製】酢納豆の作り方と美肌効果 善玉菌を増やす 腸内環境を整えるアンチエイジング食

【美女医特製】酢納豆の作り方と美肌効果 善玉菌を増やす 腸内環境を整えるアンチエイジング食

食生活の基本は、腸内環境を整えることです。腸内の善玉菌を増やす食材を積極的にとるように心がけています。その条件を満たし、食卓によく登場するのが、特製の「酢納豆」です。今後も、酢納豆など、栄養価が高く腸に優しい食材を活用し、体調を整えていきます。【解説】黒田愛美(クリントエグゼクリニック医師)


ひきわり納豆にアマニ油を加える

私が医師として持ち続けてきたテーマは、真の意味でのアンチエイジングです。
外見だけでなく、内臓や血液、腸内細菌に至るまで良好な状態であることが、病気や老化を予防すると考えています。

そのための手段・方法を画策する過程で出会ったのが、分子栄養学です。
分子栄養学とは、状況に応じて必要な栄養素をとり入れることで、病気を予防したり、健康を増進したりする考え方です。

分子栄養学を学ぶことで、私自身の食生活も大きく変わりました。
食生活の基本は、腸内環境を整えることです。良質な食品やサプリメントをとっても、腸が不健康で、吸収する力がなければ意味がありません。

また、腸内の善玉菌が減って悪玉菌が増殖すると、腸の動きが低下して便秘になったり、毒素が生成されて病気の原因になったりします。 

ですから、腸を傷つけるグルテン(小麦に含まれるたんぱく質)や、カゼイン(乳製品に含まれるたんぱく質)を控え、腸内の善玉菌を増やす食材を積極的にとるように心がけています。

その条件を満たし、食卓によく登場するのが、特製の「酢納豆」です。
酢としょうゆ、アマニ油を混ぜた特製ドレッシングを納豆にかけ、混ぜた物です。

ふだん、仕事上の会食が多いので、家での食事はできるだけ野菜中心にしています。
また、糖質の多い白米や、グルテンを含むパンや麺類は控えます。

そのうえで、満腹感と満足感を得られる食事として、酢納豆はとても重宝します。
ある日の夕食をご紹介しましょう。

しらたきと、せん切りキャベツを麺に見立て、お皿に盛りつけます。
その上に、キムチと酢納豆をのせ、よく混ぜていただきます。
ここにコチュジャンをプラスすることもあります。

かみごたえがあって、満腹感が得られるので、夕食にはピッタリです。
ほかにも、酢納豆を豆腐にかけたり、ノリやレタスで包んだり、いろいろな楽しみ方をしています。

ちなみに私は、ひきわり納豆を使っています。
粒納豆に比べ、血液をサラサラにするナットウキナーゼや、骨を強くするビタミンKが多く含まれているからです。

トライアスロンの記録が伸びて世界選手権に出場

酢納豆や野菜中心の夕食が、「ちょっと物足りないな」と感じることもあります。
そんなときのために、手軽につまめる物を、発酵食品を中心として、いくつか常備しています。

まずは、手作りのピクルスです。
業務用の大瓶の穀物酢を買ってきて、大量にピクルスを漬けています。

穀物酢に、マヌカハニーやココナッツシュガーなどで甘みをつけ、野菜を漬け込むだけです。
このときの甘みも、白砂糖は使いません。

和風のピクルスも作ります。
この場合は、穀物酢にしょうゆとみりんを合わせた液に、野菜を漬けます。

漬け込む野菜はお好みでいいのですが、デトックス効果のあるタマネギは毎日食べるので欠かせません。
そのほか、ニンジンやダイコン、キュウリなどは、一年中手に入るので、常に漬けています。

夏になると、新ショウガやミョウガ、ナス、オクラなどを漬け、季節感を味わいます。
野菜の酢漬けなら、夜遅くに少しつまんでも、罪悪感を覚えずに済みます。

ほかにも、「甘い物が食べたい」と思ったときのために、豆乳と乳酸菌で作ったヨーグルトや、甘酒を一口大に凍らせたシャーベットなどを常備しています。これらも発酵食品です。

私はもともと、腸内環境が良好ではありませんでしたが、こうした食生活のおかげで、今は非常によい状態です。
乾燥など、肌のトラブルもありません。

余談ながら、私の趣味はトライアスロンで、多忙な仕事の合間を縫って、早朝や夜間にトレーニングをしています。
でも、疲れが残ることはありません。記録も伸びて、9月には世界選手権に出場する予定です。

今後も、酢納豆など、栄養価が高く腸に優しい食材を活用し、体調を整えていきます。

酢納豆の作り方はこちら

黒田 愛美
クリントエグゼクリニック医師。美容皮膚科、アンチエイジング内科医。トライアスリート。獨協医科大学医学部卒業。大手美容外科、スキンクリニック院長を経て、現職。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


老化が加速!タンパク質不足が増加中 「豆乳マヨネーズ」で美味しく補給を

老化が加速!タンパク質不足が増加中 「豆乳マヨネーズ」で美味しく補給を

糖質・脂質・たんぱく質の三大栄養素のうち、現代人に不足しているのが、たんぱく質です。とりわけ40代以降の人たちに、たんぱく質不足が目立ちます。たんぱく質の不足は、健康にも大きな影響を及ぼします。【解説】溝口徹(新宿溝口クリニック院長)


下痢や食中毒を予防する食べ物【干し納豆】の作り方

下痢や食中毒を予防する食べ物【干し納豆】の作り方

納豆自体、発酵させた保存食ですが、干すとネバネバがなくなり保存しやすくなります。世界のあらゆる辺境に飛び、珍しいものを食する私にとって干し納豆は、食あたりや食中毒菌、病原性大腸菌などから身を守ってくれる、たいへんありがたい食品なのです。作り方を参考に、是非一度食べてみてください。【解説】小泉武夫(東京農業大学名誉教授)


【更年期障害】骨粗鬆症を防ぐ30代から始める“豆乳”の摂り方

【更年期障害】骨粗鬆症を防ぐ30代から始める“豆乳”の摂り方

年を取れば誰でも白髪や抜け毛、シワ、シミなどの老化の兆しが現れるものです。美意識の高い女性には、鏡を見るのが憂鬱になったと嘆くかたもいるでしょう。「豆乳マヨネーズ」は、そんな人にお勧めの、美しさを取り戻す調味料です。【解説】藤森徹也(オルソクリニック銀座院長)


【断食の健康効果】現代人は食べすぎ?メリットは腸内フローラ改善と脳の活性化

【断食の健康効果】現代人は食べすぎ?メリットは腸内フローラ改善と脳の活性化

食べすぎると、消化にエネルギーが費やされて、栄養素を有効利用したり、有害物質を解毒・排出したりする代謝のエネルギーが不足します。断食によって体内の大掃除が始まると、腸の細胞が若返り、オートファジーも活性化されるので、腸内環境も整います。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


最新の投稿


【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

【へそさすり体験談】起床時にピリピリ、日中はジーンとする腰痛を「腸」から改善できた

私が腰の痛みを感じるようになったのは、昨年の暮れからです。どういうわけか、いきなり腰が痛くなったのです。それからは、常に重だるい感覚が腰周辺にありました。【体験談】遠藤裕子(仮名・66歳・理容師)


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )