MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【美女医特製】酢納豆の作り方と美肌効果 善玉菌を増やす 腸内環境を整えるアンチエイジング食

【美女医特製】酢納豆の作り方と美肌効果 善玉菌を増やす 腸内環境を整えるアンチエイジング食

食生活の基本は、腸内環境を整えることです。腸内の善玉菌を増やす食材を積極的にとるように心がけています。その条件を満たし、食卓によく登場するのが、特製の「酢納豆」です。今後も、酢納豆など、栄養価が高く腸に優しい食材を活用し、体調を整えていきます。【解説】黒田愛美(クリントエグゼクリニック医師)

ひきわり納豆にアマニ油を加える

私が医師として持ち続けてきたテーマは、真の意味でのアンチエイジングです。
外見だけでなく、内臓や血液、腸内細菌に至るまで良好な状態であることが、病気や老化を予防すると考えています。

そのための手段・方法を画策する過程で出会ったのが、分子栄養学です。
分子栄養学とは、状況に応じて必要な栄養素をとり入れることで、病気を予防したり、健康を増進したりする考え方です。

分子栄養学を学ぶことで、私自身の食生活も大きく変わりました。
食生活の基本は、腸内環境を整えることです。良質な食品やサプリメントをとっても、腸が不健康で、吸収する力がなければ意味がありません。

また、腸内の善玉菌が減って悪玉菌が増殖すると、腸の動きが低下して便秘になったり、毒素が生成されて病気の原因になったりします。 

ですから、腸を傷つけるグルテン(小麦に含まれるたんぱく質)や、カゼイン(乳製品に含まれるたんぱく質)を控え、腸内の善玉菌を増やす食材を積極的にとるように心がけています。

その条件を満たし、食卓によく登場するのが、特製の「酢納豆」です。
酢としょうゆ、アマニ油を混ぜた特製ドレッシングを納豆にかけ、混ぜた物です。

ふだん、仕事上の会食が多いので、家での食事はできるだけ野菜中心にしています。
また、糖質の多い白米や、グルテンを含むパンや麺類は控えます。

そのうえで、満腹感と満足感を得られる食事として、酢納豆はとても重宝します。
ある日の夕食をご紹介しましょう。

しらたきと、せん切りキャベツを麺に見立て、お皿に盛りつけます。
その上に、キムチと酢納豆をのせ、よく混ぜていただきます。
ここにコチュジャンをプラスすることもあります。

かみごたえがあって、満腹感が得られるので、夕食にはピッタリです。
ほかにも、酢納豆を豆腐にかけたり、ノリやレタスで包んだり、いろいろな楽しみ方をしています。

ちなみに私は、ひきわり納豆を使っています。
粒納豆に比べ、血液をサラサラにするナットウキナーゼや、骨を強くするビタミンKが多く含まれているからです。

トライアスロンの記録が伸びて世界選手権に出場

酢納豆や野菜中心の夕食が、「ちょっと物足りないな」と感じることもあります。
そんなときのために、手軽につまめる物を、発酵食品を中心として、いくつか常備しています。

まずは、手作りのピクルスです。
業務用の大瓶の穀物酢を買ってきて、大量にピクルスを漬けています。

穀物酢に、マヌカハニーやココナッツシュガーなどで甘みをつけ、野菜を漬け込むだけです。
このときの甘みも、白砂糖は使いません。

和風のピクルスも作ります。
この場合は、穀物酢にしょうゆとみりんを合わせた液に、野菜を漬けます。

漬け込む野菜はお好みでいいのですが、デトックス効果のあるタマネギは毎日食べるので欠かせません。
そのほか、ニンジンやダイコン、キュウリなどは、一年中手に入るので、常に漬けています。

夏になると、新ショウガやミョウガ、ナス、オクラなどを漬け、季節感を味わいます。
野菜の酢漬けなら、夜遅くに少しつまんでも、罪悪感を覚えずに済みます。

ほかにも、「甘い物が食べたい」と思ったときのために、豆乳と乳酸菌で作ったヨーグルトや、甘酒を一口大に凍らせたシャーベットなどを常備しています。これらも発酵食品です。

私はもともと、腸内環境が良好ではありませんでしたが、こうした食生活のおかげで、今は非常によい状態です。
乾燥など、肌のトラブルもありません。

余談ながら、私の趣味はトライアスロンで、多忙な仕事の合間を縫って、早朝や夜間にトレーニングをしています。
でも、疲れが残ることはありません。記録も伸びて、9月には世界選手権に出場する予定です。

今後も、酢納豆など、栄養価が高く腸に優しい食材を活用し、体調を整えていきます。

解説者のプロフィール

黒田 愛美
クリントエグゼクリニック医師。美容皮膚科、アンチエイジング内科医。トライアスリート。獨協医科大学医学部卒業。大手美容外科、スキンクリニック院長を経て、現職。
●クリントエグゼクリニック
http://www.clintexe.org

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
青など寒色系の色で体が包まれるのをイメージしてください。ひんやり寒くなる感じがしませんか。一方、赤やオレンジなど暖色系の色は、体が温まる感じがするはずです。この色の作用を呼吸法と組み合わせれば、心や体のケアに役立つ可能性はじゅうぶんあると私は考えています。【解説】春田博之(芦屋こころとからだのクリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:11:34
始めて1カ月ぐらいたったころから「やせた?」と聞かれたり「キレイになったね」と言われたりするようになりました。私は嫌な感情が出てくると1日に何度もピンク呼吸をするようにしました。何事も「まぁ、だいじょうぶか!」と気楽に考えられるようになり、仕事や人間関係で悩む回数が減りました。【体験談】夏陽りんこ(声優・32歳)
更新: 2019-03-27 19:16:22
私は生地屋でピンクの布を買い求め、ヨガ教室に持参し生徒に「寝る前にこの色をイメージして呼吸をしてみて」とお願いしたのです。2週間後、生徒たちと再会すると、何名かの雰囲気が変わったことに気づきました。一言で言えば、女性らしさが増したような感じなのです。【解説】小池能里子(ビビッド・エイジング研究家)
更新: 2019-03-22 18:00:00
たっぷりの食物繊維をとっている元気なお年寄りたちの腸内細菌では、ビフィズス菌や酪酸産生菌といった「長寿菌」が、全体の60%前後を占めていました。南大東島の101歳のおじいさんに至っては、全体の80%が長寿菌というとんでもない数値でした。【解説・監修】辨野義己(理化学研究所特別招聘研究員・農学博士)
更新: 2018-11-27 12:00:00
アーユルヴェーダから見ると、「干しブドウ酢」は、それぞれの食品のよさが組み合わさって力を倍増させる、まさに最高の組み合わせです。干しブドウとリンゴ酢、ハチミツが組み合わさることにより、どんな体質の人にも合う食品になるからです。【解説】西川眞知子(日本ナチュラルヒーリングセンター代表)
更新: 2018-11-11 12:00:00
最新記事
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00
「脊柱管狭窄症」「椎間板ヘルニア」などの改善のために行われる従来の脊椎手術は体への負担が大きく、後遺症が生じることもあります。そうした中、後遺症をほとんど残さない、新たな手術法が注目されています。【解説】白石健(東京歯科大学市川総合病院整形外科教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-05-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt