MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【不眠の特効ツボ】その場で眠ってしまう人も!刺激には「ソフトボール」がお勧め

【不眠の特効ツボ】その場で眠ってしまう人も!刺激には「ソフトボール」がお勧め

失眠を刺激すると、最初は痛みを感じた人も、毎日行っているうちに、痛みが和らいでくるはずです。それとともに、不眠も改善するでしょう。【解説】伊藤剛(北里大学東洋医学総合研究所・漢方鍼灸治療センター副センター長(鍼灸診療部長・漢方診療部長)

精神疾患が原因でない不眠によく効く「失眠」

私たちの病院にも、不眠に悩む患者さんが、おおぜいいらっしゃいます。
不眠を治療する際に、私たち鍼灸治療の専門家が、よく用いるツボがあります。
それが、足裏のかかとのふくらみ部分の中央にある、「失眠」です。

眠りが失われたとき、つまり不眠のときに有効というのが、その名称の由来です。
失眠は、ツボのなかでも奇穴に分類されます。

奇穴について少し説明しておきましょう。
東洋医学では、生命エネルギーの一種である「気」の流れを整えることで、さまざまな病気・症状を解消します。

この気の通り道とされているのが、経絡です。
経絡に沿って存在するツボを、適切に刺激することで、気の流れがよくなり、病気は快方に向かいます。

正穴と呼ばれる361種類のツボは、世界保健機関(WHO)により、標準のツボとして認められています。
ところが、奇穴というのは、それに属さないツボです。

経絡の流れに関係なく、単独で存在し、特定の症状に対して、即効性があります。
いわば、特効ツボというわけです。

数多く存在する奇穴ですが、東洋医学の長い歴史において、現代まで伝えられ、使われてきたということが、その有効性の証といえるでしょう。
失眠も、そうした奇穴の一つなのです。

私たちが治療する際には、不眠に悩む患者さんの失眠に、鍼やお灸をします。
すると、不眠を訴えていたのに、気持ちがいいのか、その場で眠ってしまう人もいるのです。

精神疾患が主な原因でない不眠には、よく効きます。
効くという実感があるのでしょう、患者さんのほうから、「今日は、失眠にはお灸をしないのですか」とリクエストされることもしばしばです。

そこで、皆さんも、この失眠を上手に刺激して、不眠対策に活用してはいかがでしょうか。
私たちの病院でも、治療の間隔が空く患者さんには、来院できない間の家庭療法として、勧めています。

刺激の痛みが和らぐと不眠も改善していく

失眠への刺激を自分で行う場合、お灸は適しません。
かかとは皮膚が厚く熱さを感じにくいため、ヤケドを起こすおそれがあるのと、家庭用のお灸では効果に限界があるからです。

家庭で行うなら、イスに座った状態で、かかとの下にボールを置くのが、最も簡単で効果的な方法だと思います(やり方は、下の図解を参照)。
使うボールは、ソフトボール用の球が最適です。スポーツ用品店などで、一つ1000円程度で購入できます。

ソフトボールを勧めるのは、自分で試して比較検討した結果です。
テニスボールだとやわらかく、ツボに刺激が届かないという難点に加え、圧力で破裂するおそれがあります。
ゴルフボールだとサイズが小さいので、刺激が1点に強く伝わってしまいます。
同様に、いわゆるツボ押し用の指圧棒も、ピンポイントで押すため、ツボに刺激が届く前に表層で痛みが起こります。

そのため、お勧めできません。
ゆるい曲面で押すことで、刺激がツボの受容器(刺激に対して最初に応答する細胞)に適切に届き、効果が現れるのです。
その点からいえば、ソフトボールが手に入らない場合は、青竹踏みを利用して、かかとを中心に踏んでもいいでしょう。

イスに座ってボールにかかとをのせ、少し重さをかけると、特に不眠に悩む人は、痛みを感じる箇所があると思います。
そこが、刺激するポイントです。

というのも、ツボは治療に使えると同時に、診察にも活用できるからです。
体に病的な異常が出ている場合、基本的に、その症状に対応したツボの知覚が過敏になったり、痛みを生じたりします。
痛いところは悪いところ、というわけです。

力加減については、ギュウギュウ押すのは禁物。
あまり力を入れずに、軽く押す程度で十分です。
強く刺激して、かかとに痛みを感じると、自律神経のうちの副交感神経(体をリラックスモードに導く神経)が緊張し、かえって眠りにつきにくくなるからです。

刺激するタイミングは、昼間でもよいのですが、就寝の2〜3時間前に行うと効果的です。
また、夜、入浴前に行うのもお勧めです。
もし痛みが出ても、そのあとに入浴して血行がよくなれば、痛みが散るので、もみ返しを防ぐことができます。

失眠を刺激すると、最初は痛みを感じた人も、毎日行っているうちに、痛みが和らいでくるはずです。
それとともに、不眠も改善するでしょう。

失眠は、通常、押したときにしか痛みを感じません。
何もしていないのに、歩いているだけでかかとに痛みが出る人は、別の疾患が隠れている可能性があります。

そうした場合は、かかとへの刺激は控え、一度整形外科などを受診してください。

特効ツボ「失眠」の刺激の仕方

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
手の小指に湿布を貼る「小指シップ」は交感神経の緊張をゆるめ首すじのこりをほぐします。交感神経は副交感神経と対になって働き内臓や血管などの働きを調整しています。交感神経が緊張して自律神経のバランスがくずれるとさまざまな不調が出てきます。小指シップにはそれを抑える作用があるのです。【解説】安田譲(安田医院院長)
更新: 2019-04-15 10:01:23
私が不眠に悩むようになったのは、1〜2年前からです。タマネギを枕元に置くようにしてからは、布団に入って10〜15分でスーッと眠れるようになりました。「これで私は眠れるんだ」という自己暗示も効いているかもしれませんが、タマネギのにおいで気持ちが安定する実感があります。【体験談】谷口芳江(仮名・主婦・65歳)
更新: 2018-12-30 18:00:00
実際にやってみると、頭の中がスッキリするようで、とても心地よく感じました。「これをやっても眠れないなら、薬を飲めばいいんだから」というくらいの、軽い気持ちで始めたのです。すると、おでこ伸ばしをすると、薬を飲まなくても、すぐに寝つけることがわかりました。【体験談】森川知子(仮名・主婦・74歳)
更新: 2018-12-25 18:00:00
横になっても寝入るまでに1〜2時間かかるのがあたりまえ。3時間以上眠れないこともありました。さらに夜の間に2〜3回はトイレに起きていました。サポーターでふくらはぎを温めるようにしたら30分も経たないうちに眠れるのです。そして朝まで目覚めることなく熟睡できるようになりました。【体験談】山田亜希子(仮名・無職・79歳)
更新: 2018-12-18 18:00:00
あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)
更新: 2018-12-13 18:00:00
最新記事
日本の発酵食品(しょうゆ、みそ、日本酒など)を作る上で、こうじはなくてはならないものです。こうじは、蒸した米や麦、大豆などに、こうじ菌という微生物を繁殖させたものでこうじ菌が作った栄養成分がぎっしり詰まっています。こうじについては多少の知識がありますので、少しお話しさせてください。【解説】浅利妙峰(糀屋本店女将) 
更新: 2019-05-25 18:00:00
「腰が痛い!」幅広い年齢層に蔓延する腰痛。しかし、病院に駆け込んで、骨や神経に異常が見つからない場合は「非特異的腰痛症」と診断されます。非特異的、つまり、原因不明の腰痛という意味。なんとも不思議な病名です。「腰が痛い」という異常があるから病院に来ているのに……。【解説】戸田佳孝(戸田リウマチ科クリニック院長)
更新: 2019-05-24 18:00:00
これまで、疲労が起きるのは、「エネルギーがなくなるから」「疲労物質が筋肉にたまるから」と考えられてきました。しかし、最新の研究によって、疲労が起きるほんとうの理由は、「自律神経の中枢である、脳がサビつくから」ということが、わかっています。【解説】梶本修身(東京疲労・睡眠クリニック院長)
更新: 2019-05-23 18:00:00
私は、これまで40年以上、タマネギをはじめとする、ネギ属の機能性成分を研究してきました。そこでタマネギには、確かに血液をサラサラにする働きがあるということが明らかになったのです。【解説】西村弘行(北翔大学・北翔大学短期大学部学長/東海大学名誉教授)
更新: 2019-05-22 18:00:00
見たいものにピントを合わせる「目の調節力」は25歳を過ぎる頃からどんどん低下し、30代後半から近くが見えづらくなる老眼になってきます。目の疲れや調節力の低下を改善するためにお勧めなのが、目の周囲を温める「温熱療法」です。私は、温熱療法の効果を多くの実験で確認しています。【解説】高橋洋子(みたにアイクリニック院長)
更新: 2019-05-21 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt