【不眠の特効ツボ】その場で眠ってしまう人も!刺激には「ソフトボール」がお勧め

【不眠の特効ツボ】その場で眠ってしまう人も!刺激には「ソフトボール」がお勧め

失眠を刺激すると、最初は痛みを感じた人も、毎日行っているうちに、痛みが和らいでくるはずです。それとともに、不眠も改善するでしょう。【解説】伊藤剛(北里大学東洋医学総合研究所・漢方鍼灸治療センター副センター長(鍼灸診療部長・漢方診療部長)


精神疾患が原因でない不眠によく効く「失眠」

私たちの病院にも、不眠に悩む患者さんが、おおぜいいらっしゃいます。
不眠を治療する際に、私たち鍼灸治療の専門家が、よく用いるツボがあります。
それが、足裏のかかとのふくらみ部分の中央にある、「失眠」です。

眠りが失われたとき、つまり不眠のときに有効というのが、その名称の由来です。
失眠は、ツボのなかでも奇穴に分類されます。

奇穴について少し説明しておきましょう。
東洋医学では、生命エネルギーの一種である「気」の流れを整えることで、さまざまな病気・症状を解消します。

この気の通り道とされているのが、経絡です。
経絡に沿って存在するツボを、適切に刺激することで、気の流れがよくなり、病気は快方に向かいます。

正穴と呼ばれる361種類のツボは、世界保健機関(WHO)により、標準のツボとして認められています。
ところが、奇穴というのは、それに属さないツボです。

経絡の流れに関係なく、単独で存在し、特定の症状に対して、即効性があります。
いわば、特効ツボというわけです。

数多く存在する奇穴ですが、東洋医学の長い歴史において、現代まで伝えられ、使われてきたということが、その有効性の証といえるでしょう。
失眠も、そうした奇穴の一つなのです。

私たちが治療する際には、不眠に悩む患者さんの失眠に、鍼やお灸をします。
すると、不眠を訴えていたのに、気持ちがいいのか、その場で眠ってしまう人もいるのです。

精神疾患が主な原因でない不眠には、よく効きます。
効くという実感があるのでしょう、患者さんのほうから、「今日は、失眠にはお灸をしないのですか」とリクエストされることもしばしばです。

そこで、皆さんも、この失眠を上手に刺激して、不眠対策に活用してはいかがでしょうか。
私たちの病院でも、治療の間隔が空く患者さんには、来院できない間の家庭療法として、勧めています。

刺激の痛みが和らぐと不眠も改善していく

失眠への刺激を自分で行う場合、お灸は適しません。
かかとは皮膚が厚く熱さを感じにくいため、ヤケドを起こすおそれがあるのと、家庭用のお灸では効果に限界があるからです。

家庭で行うなら、イスに座った状態で、かかとの下にボールを置くのが、最も簡単で効果的な方法だと思います(やり方は、下の図解を参照)。
使うボールは、ソフトボール用の球が最適です。スポーツ用品店などで、一つ1000円程度で購入できます。

ソフトボールを勧めるのは、自分で試して比較検討した結果です。
テニスボールだとやわらかく、ツボに刺激が届かないという難点に加え、圧力で破裂するおそれがあります。
ゴルフボールだとサイズが小さいので、刺激が1点に強く伝わってしまいます。
同様に、いわゆるツボ押し用の指圧棒も、ピンポイントで押すため、ツボに刺激が届く前に表層で痛みが起こります。

そのため、お勧めできません。
ゆるい曲面で押すことで、刺激がツボの受容器(刺激に対して最初に応答する細胞)に適切に届き、効果が現れるのです。
その点からいえば、ソフトボールが手に入らない場合は、青竹踏みを利用して、かかとを中心に踏んでもいいでしょう。

イスに座ってボールにかかとをのせ、少し重さをかけると、特に不眠に悩む人は、痛みを感じる箇所があると思います。
そこが、刺激するポイントです。

というのも、ツボは治療に使えると同時に、診察にも活用できるからです。
体に病的な異常が出ている場合、基本的に、その症状に対応したツボの知覚が過敏になったり、痛みを生じたりします。
痛いところは悪いところ、というわけです。

力加減については、ギュウギュウ押すのは禁物。
あまり力を入れずに、軽く押す程度で十分です。
強く刺激して、かかとに痛みを感じると、自律神経のうちの副交感神経(体をリラックスモードに導く神経)が緊張し、かえって眠りにつきにくくなるからです。

刺激するタイミングは、昼間でもよいのですが、就寝の2〜3時間前に行うと効果的です。
また、夜、入浴前に行うのもお勧めです。
もし痛みが出ても、そのあとに入浴して血行がよくなれば、痛みが散るので、もみ返しを防ぐことができます。

失眠を刺激すると、最初は痛みを感じた人も、毎日行っているうちに、痛みが和らいでくるはずです。
それとともに、不眠も改善するでしょう。

失眠は、通常、押したときにしか痛みを感じません。
何もしていないのに、歩いているだけでかかとに痛みが出る人は、別の疾患が隠れている可能性があります。

そうした場合は、かかとへの刺激は控え、一度整形外科などを受診してください。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


不眠症 かかと ツボ

関連する投稿


足の長さが左右で違う原因は股関節のズレ!体の歪みをとる「ひざ縛り」のやり方

足の長さが左右で違う原因は股関節のズレ!体の歪みをとる「ひざ縛り」のやり方

足の長さに左右差があると、骨盤や全身の骨格が左、または右に傾いています。このゆがみは、腰痛や生理痛、便秘、冷えなど全身の不調につながります。そうした骨格のゆがみを矯正するために私が指導している方法が、両ひざをひもで縛る「ひざ縛り」です。【解説】城戸淳美(今井病院医師)


【中性脂肪値を下げる】加熱トマトの成分“13オキソODA”の効果

【中性脂肪値を下げる】加熱トマトの成分“13オキソODA”の効果

「トマトは体にいい」そういうイメージを持っている人は多いでしょう。しかし、どんな健康効果があるのかといえば、意外に漠然としているのではないでしょうか。そこで、トマトの健康効果を検証した一つの研究をご紹介しましょう。【解説】寺内公一(東京医科歯科大学大学院・医歯学総合研究科・女性健康医学講座教授)


【耳鳴り 耳閉感 難聴】足の小指は気の切り替えポイント 丁寧にもむと頻尿も改善する

【耳鳴り 耳閉感 難聴】足の小指は気の切り替えポイント 丁寧にもむと頻尿も改善する

手足合わせて20本ある指の中でも、普段、最も存在を忘れられやすいのが足の小指でしょう。しかし、実は東洋医学から見ると、足の小指は、とても重要な部分です。東洋医学では、全身に通っている「気の通り道」を重要視します。【解説】佐藤一美(東京都指圧師会会長)


【うつ・不眠を改善】心も体も温めて自己肯定感を高める“半身浴”のやり方

【うつ・不眠を改善】心も体も温めて自己肯定感を高める“半身浴”のやり方

私のクリニックでは、「心を温めること」と「体を温めること」は治療の両輪です。うつ、不眠、適応障害、過食症、引きこもり、パニック障害、不登校など、さまざまな症状の患者さんの治療に、半身浴を取り入れています。半身浴で体を温めることが、精神面でも自己肯定感を高めることにつながります。【解説】於保哲外(オボクリニック院長)


くり返す【胸やけ ゲップ 胃もたれ】に効果 胃腸のツボ刺激で逆流性食道炎を改善する「ひじ針」のやり方

くり返す【胸やけ ゲップ 胃もたれ】に効果 胃腸のツボ刺激で逆流性食道炎を改善する「ひじ針」のやり方

「胸焼け、げっぷ、胃もたれ」こうした症状がくり返し起こるとき、一般には、慢性胃炎などの胃の病気ととらえる人が多いでしょう。しかし、もう一つ、注意しなければならない病気があります。それは「逆流性食道炎」です。【解説】孫維良(東京中医学研究所所長)


最新の投稿


水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

水虫やカンジダを防ぐ!正しい足の保湿ケアとマッサージ方法

皆さんはお風呂から上がったとき、足をしっかり拭いていますか。水分が皮膚に残ったままだと、その水分が蒸発するときに熱を奪い、皮膚が乾燥しやすくなります。また、指の間に水分が残っていると不衛生になり、湿疹ができたり、白癬菌やカンジダなどの感染の温床になったりします。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

【注目の断食】ミネラルファスティングで腸内環境を改善!月1回でも健康的に痩せる

ミネラルファスティングは、断食前後や日頃の食事、生活習慣までを含めたトータルパッケージの健康プログラムとなっています。行う前や行った後も穀菜食を続けていれば、60兆個の細胞が正しく働くための環境整備に役立ち、ひいては「腸の掃除力」も高まっていくわけです。【解説】山田豊文(杏林予防医学研究所所長)


ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

ハチミツのダイエット効果は「夜」寝る一時間前に飲んで17kgやせた!

「どうにかしなければ!」10年前、私は人生で最大の「85.6kg」という体重になってしまい、焦りました(身長は173cm)。始めて半年くらいは、ほとんど体重が変わりませんでした。ところがその後は、毎晩、寝ている間に、必ず0.5~0.7kg減るようになったのです。【体験談】芳賀靖史(翻訳家・58歳)


厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

厚い爪・白い爪は水虫の可能性!爪白癬の治療法と予防について皮膚科医が解説

爪白癬は、中高年を中心に日本人の10人に1人はかかるポピュラーな病気です。単独で生じることもありますが、多くは足の水虫と合併します。白癬菌は、高温多湿な環境で繁殖します。気温と湿度が上がる今の時期は、通気性のいい靴下をはくなどして、足の風通しをよくしましょう。【解説】野田真史(池袋駅前のだ皮膚科 )


生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

生ガキにあたった時に「梅肉エキス」をなめたら痛みが治まった!

友人とフランス料理店に行き、生ガキを食べました。すると、なぜか私だけがカキにあたってしまったのです。胃がねじれるように痛く、脂汗が浮き出てきます。痛みで体がよじれたりのけぞったり。じっとしていることができないほどでした。わらにもすがる思いで、私は梅肉エキスを手に取りました。【体験談】江崎紀子(仮名・主婦・72歳)