【簡単ダイエット】"太学功ストレッチ" で楽に10kg痩せる人が続出 便秘も解消

【簡単ダイエット】"太学功ストレッチ" で楽に10kg痩せる人が続出 便秘も解消

私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。【解説】丁治紅(太学功 氣功療法研究所会長)


解説者のプロフィール

丁治紅(てい・じこう)
●太学功氣功療法研究所
TEL 03-6438-9989
http://kiko-kenkyujo.com/

太学功氣功療法研究所会長。
中国・上海生まれ。
6歳のころから高名な師のもとで厳しい修行を積み、中国皇帝に独占されてきた究極の気功「太学功」を継承する。
上海中医学院を卒業後、気功医師として上海市内の病院に勤務。
数多くの難病治療の実績が話題を呼ぶ。
 1988年に来日、太学功氣功療法研究所を開設。
自分で実践する太学功の教室をはじめ、太学功セミナーなども開催している。
近著『病気を自分で治せる「気」のパワー』(三笠書房)が好評発売中。

食事制限もハードな運動もなし!

 私は6歳のときから、「太学功」という気功の修行を積んできました。太学功は、数ある気功の流派の中でも、最も早い時期に確立され、不老不死(今でいうアンチエイジング)を目的とし、かつては歴代の中国皇帝によって独占されていました。

 縁あって来日してからは、太学功の研究所を開き、日々、生徒さんたちに指導をしています。太学功を始めると、どの生徒さんも半年もしないうちに、10kg近くやせて、肌もきれいになっていきます。
 どの生徒さんも、食事を減らしたわけでも、ハードな運動をしたわけでもありません。太学功を行うと10kg、多い人では20kgと自然にやせるのです。

 太学功でやせると、ウエストや下腹部などが引き締まり、メリハリのあるきれいな体形になります。また、肌がたるんでシワになることもありません。
 私が普段、指導しているのは太学功という気功ですが、太学功のダイエットの効用を、誰でも簡単にできるようアレンジしたのが、「太学功ストレッチ(猫のびストレッチ)」なのです。

へそから下を刺激し脂肪を溶かす

 太学功ストレッチをご説明する前に、なぜ太るのかを気功の視点からご説明しましょう。

 私たちの体には、気功や中医学の世界で気と呼ばれる生命エネルギーが巡っています。血液やリンパ(体内の老廃物や毒素などを運び出す体液)が滞りなく流れるのも、気が順調に流れているからこそです。
 気の流れが滞ったり気が不足したりすると、血液などの流れも滞ります。すると、無用な脂肪がたまりやすくなるのです。これは、脳が「エネルギー(気)が不足している」と感知して起こる、一種の防衛反応です。

 太学功ストレッチは、気の流れを促してこの状態を解消し、脳に「気は十分あるよ」と認識させて、やせる方法です。
 今回ご紹介する方法では、気の流れ道である経絡の中でも特に重要な、任脈と督脈の流れがよくなります。
 任脈は体の前面、督脈は体の後面の正中線(左右の中心線)を通っている経絡で、両方を一緒に刺激することで、全身の気の流れが非常によくなります(下図参照)。

 太学功ストレッチは、へそから下を刺激して、余分な脂肪を溶かす効果があります。また、お尻もキュッと引き締まります。
 食前に行う、食欲を抑制するストレッチは、過度な食欲を正常化させます。太っている人の多くは過食の傾向がありますが、食前ストレッチを行うと、本当に必要な食事量で満足できるようになります。

 ちなみに、やせ過ぎの人が行うと、逆に食欲が増し、適度に体重が増えます。
 また、やせるだけではなく、ゆがんだ骨や関節、骨盤の調節効果もあります。太学功ストレッチの結果、気や血液の流れがよくなり、腸の働きが改善され、便秘の解消やダイエット効果が得られるのです。

 行う回数と時間は、一連の動作を9回、就寝前に行うのが理想的です。しかし、9回行うのがつらい人は、1回やるだけでも十分です。1回から始めて、3回を目指し、最終目標を9回にするとよいと思います。また、時間があれば、起床後にも行うと、さらに効果的です。
 体が硬い人は、無理はせず、できる範囲で行ってください。特に、腰痛の人は、痛みがない範囲で行いましょう。小さい動作でもいいので、毎日継続することで、しだいに腰の痛みも軽減されていきます。腰痛のほか、O脚の矯正やネコ背の解消などにも効果的です。

 太学功ストレッチは、寝る前に行うことで、自然にやせて体形が維持されるので、とてもらくなダイエット法です。
 気の流れがよくなり、体調も改善されます。ぜひ生活に取り入れてみてください。

太学功ストレッチ体験ルポ

太学功ストレッチ「猫のポーズ」のやり方

❶おなかをへこませながら、鼻から息を吸い、ゆっくり背中を持ち上げていく。尾てい骨から背すじ、首の後ろ、後頭部まで、グーッと伸ばすよう意識して、最大限に背中を上げる。顔は自然に両腕の中に入る感じになる。

❷おなかをゆるめながら、鼻から息を吐き、腰と足の位置は保ったまま、上半身の力を抜いて腕を前に伸ばし、肩をできるだけ床に近づける。上半身をできるだけ沈め、息を吐き切る。顔は自然に前を向く。

❸うつぶせになり、両手は体の側面の、手首が直角になる位置で、手のひらを床に着ける。おなかをへこませながら鼻から息を吸い、お尻に意識して力を入れ、ゆっくり腕を伸ばしながら上半身を前方へ伸ばす。お腹と太ももで上半身を支えるような意識で行う。

❹おなかをゆるめながら、鼻から息を吐き、お尻、太ももの力を抜く。おなかは体を支えたまま、首や肩の力を抜き、リラックス。息を吐き切る。

ポーズごとのポイント解説

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

脚やせ運動「股関節回し」でむくみスッキリ!腸腰筋を鍛える10のメリット

股関節は、上半身と下半身をつなぐ関節ですから、ここが硬いと体全体がゆがみます。その結果、ネコ背や腰痛、肩こり、頭痛、関節の痛みなどが生じてくるのです。股関節の可動域を広げるためには、股関節周辺の筋肉を柔軟にすることがたいせつです。【解説】谷口光利(日本ボディーケア学院学院長)


【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

【バターコーヒーの効果 】ギーの必要量はアーユルヴェーダのタイプ別に違う!

ギーは、食塩不使用バターを加熱して水分を飛ばし、乳たんぱくと乳糖を取り除いて作られた純粋な乳脂肪です。料理に用いるのはもちろん、傷や皮膚炎の治療として肌にぬったり、点眼、点鼻薬に用いたりするなど、昔からさまざまな用途で活用されてきました。【解説】西川眞知子(アーユルヴェーダ・ライフコンサルタント)


【ケトン体ダイエット】医師お勧めの方法は「バターコーヒー」インスタントでもOK

【ケトン体ダイエット】医師お勧めの方法は「バターコーヒー」インスタントでもOK

テレビ番組で、私が勧めるダイエット法が紹介されました。番組では「8:16時間ダイエット」という呼び名で、双子のお笑い芸人「ザ・たっち」の弟、かずやさんが挑戦しました。8: 16時間ダイエットを成功させるための力強い味方として最適なのが、バターコーヒーです。【解説】片山成二(かたやま脳外科内科クリニック院長)


老化が加速!タンパク質不足が増加中 「豆乳マヨネーズ」で美味しく補給を

老化が加速!タンパク質不足が増加中 「豆乳マヨネーズ」で美味しく補給を

糖質・脂質・たんぱく質の三大栄養素のうち、現代人に不足しているのが、たんぱく質です。とりわけ40代以降の人たちに、たんぱく質不足が目立ちます。たんぱく質の不足は、健康にも大きな影響を及ぼします。【解説】溝口徹(新宿溝口クリニック院長)


最新の投稿


巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

巻き爪を予防する「正しい爪の切り方」深爪やバイアスカットが陥入爪も招く

フットケア外来を開設して驚いたのは、ほとんどの患者さんが正しい爪の切り方を知らないことでした。巻き爪や陥入爪(巻いた爪が皮膚に食い込む状態)といった爪のトラブルを防ぐには、スクエアカットといって、爪を̻四角に切ります。絶対してはいけないのが深爪とバイアスカットです。【解説】高山かおる(済生会川口総合病院皮膚科主任部長)


老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

老廃物をグイグイ流して血流を改善「足の指刺激」のやり方

私は若い頃から拳法で鍛え、道場で拳法家の育成にも努めています。30代前半までは、仕事に、拳法にと精力的な日々を送っていましたが、30代後半になると、とたんに肩こりや座骨神経痛など、さまざまな痛みが生じるようになりました。【解説】原田秀康(国際足健法協会会長)


漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

漢方薬剤師に聞く「干しぶどう」の効果効能「夜は酒・昼は酢」で使い分ける

私は以前から、目の症状を訴えるかたがたに「干しブドウ酒」を勧めてきました。実際に、干しブドウ酒を試したかたがたからは、「目が疲れにくくなった」「目の痛みが取れた」「見えやすくなった」「かすみ目が改善した」など、さまざまな声をいただいています。【解説】井上正文(木暮医院漢方相談室薬剤師)


【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

【息子の婚活】服装を親が選んではダメ!第一印象アップの秘訣を“モテ”のカリスマが指南

最近の”婚活”の主役は40代ですが、親御さんのセミナー参加が多くなったのも特徴です。特に、「どうすれば息子は結婚できるのでしょうか」という、お母さまからの切実な相談が増えています。【解説】白鳥マキ(Change Me結婚相談所代表・モテるメール評論家)


緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障を予防する食べ物は「キャベツ」ハーバード大の研究で判明!

緑内障という病気について、「何をどうしようが防ぐことはできない病気」と考えているなら、それは完全な誤解です。緑内障は、日ごろの工夫によって、十分に予防できる病気といえます。【解説】小栗章弘(おぐり眼科名古屋院・長浜院理事長)