【夜間頻尿・膀胱炎】を改善するかかとのツボ「失眠」 刺激は石踏みがオススメ

【夜間頻尿・膀胱炎】を改善するかかとのツボ「失眠」 刺激は石踏みがオススメ

「水泉」と「失眠」のツボは水分代謝をよくしむくみを改善します。「失眠」のツボがあるかかとは皮膚が厚く、鈍感なところです。したがって、強い刺激でないと効果がありません。そこで私は、小石(玉砂利)を踏む「石踏み」をお勧めしています。【解説】関村順一(Sekimura鍼灸院院長・東京医療専門学校講師)


関村順一
ekimura鍼灸院院長・東京医療専門学校講師

象の足のように太いひどいむくみによく効く

中高年の女性のなかには、足がむくんで、象の足のように太くなっている人がいます。
これは、東洋医学でいう「瘀血」で、古い血液が滞った状態です。
加齢により腎機能が衰えると、水分代謝が低下します。

血液の流れも悪くなり、瘀血になりやすくなります。その結果、足全体がむくんで、疲れやすくなるのです。
そういう人に、ぜひお勧めしたいのが、かかとのツボ刺激です。

かかとの周囲には、水分代謝をよくするツボがいくつかあります。
その一つが、「水泉」です。水泉は、かかとの内側にあるツボです。

内くるぶしのすぐ後ろに、アキレス腱のくぼみがあります。
そのくぼみから指幅1本分くらい下の、かかととくるぶしの真ん中あたりに水泉があります。

むくみのある人は、そのツボを押すと穴が開いているようにへこむので、すぐにわかります。
水泉は、水分代謝をつかさどる腎経という経絡(生命エネルギーの一種である気の通り道)のツボです。

腎経のなかでも、郄穴と呼ばれる作用の強いツボに属し、急性期の症状によく用います。
ですから、足のひどいむくみにもよく効くのです。

そのほか、膀胱炎、頻尿、冷え症などの治療にも、このツボはよく用いられます。
水分代謝をよくするもう一つのツボは、足の裏のかかとのふくらみの真ん中にある「失眠」です。

不眠に効くツボとして有名ですが、このツボには利尿作用もあり、尿の出を促してむくみを解消してくれます。
尿の出がよくなることで、夜間頻尿も改善してきます。

夜中に目を覚ますことが減り、そういう意味でも、いい睡眠が取れるようになります。
私はふだんの治療によくお灸を使いますが、これらのツボにお灸をすると、皆さん、尿の出がよくなったと驚かれます。

尿の出が悪くて体内の余分な水分を排出できなければ、水毒(老廃物)がどんどんたまり、体がむくむだけでなく、膀胱炎を起こしやすくなります。
しかし、尿をしっかり出して、水分の流れがよくなれば、むくみや膀胱炎を予防でき、低下した腎臓や膀胱の機能も回復してきます。

かかとを中心に石踏みをすると疲れにくくなる!

水泉や失眠のツボは、お灸を使う代わりに、手の指で刺激しても、効果が期待できます。
水泉は、親指の腹で、10〜15秒、ギューッと強く押してください。

それを5〜6回くり返します。
左右の足に行い、むくみのひどい側は、少し多くします。

1日2〜3度行いましょう。一方、失眠は足の裏のかかとにあるツボです。
かかとは皮膚が厚く、鈍感なところです。

したがって、強い刺激でないと効果がありません。
そこで私は、小石(玉砂利)を踏む「石踏み」をお勧めしています。

丸い小石を浅めのダンボールに敷きつめ、その上で足踏みをします。
小石は、ホームセンターや園芸店などで購入できます。

こうして石踏みをすると、失眠が刺激されて尿の出がよくなり、血流もよくなります。
足の裏に痛みを感じることがありますが、多少は我慢して続けてください。

続けるうちに、だんだん痛みは軽くなるはずです。
1日に5〜10分、かかとを意識して、ゆっくりしっかりと石踏みするといいでしょう。

かかとがガサガサしている人は、かかとの血流が悪くなっています。
かかとを中心に石踏みをすると血流がよくなって、かかとがキレイになり、足も疲れにくくなります。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

夜間頻尿にはむくみ対策が有効!下半身に溜まった水分を流す「足上げ」ポーズ

スウェーデンの研究期間が行った調査では、夜間頻尿のある人はそうでない人に比べて、心筋梗塞や脳梗塞(心臓や脳の血管が詰まって起こる病気)にかかりやすく生存率が低いことも確認されています。夜間頻尿の原因は「むくみ」にあるのです。その対策法を紹介します。【解説】菅谷公男(北上中央病院副院長)


頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

頻尿・尿もれを改善する男の骨盤底筋体操「ながら肛門締め」のやり方

50~60代以上の中高年男性に多く見られる前立腺肥大症という病気をご存じでしょうか。前立腺は精液を作る場所で、膀胱の下部、尿道を囲むように存在する臓器です。健康な人の前立腺はクルミ大のサイズですが、40代半ばからこれが硬くなり、それから徐々に大きくなっていくといわれています。【解説】持田蔵(西南泌尿器科クリニック院長)


くしゃみで尿が漏れる 対策はミネラルバランスを整える“50℃”の味噌汁

くしゃみで尿が漏れる 対策はミネラルバランスを整える“50℃”の味噌汁

私が主宰する料理教室では、身近な食材を使って、健康で美しい体を作る知識と調理方法をお伝えしています。その中で重要なカギとなっているのが、「酵素」です。酵素は、体内で起こるさまざまな化学反応を促進する物質です。【解説】人見惠子(ミレット・スタイル代表)


【耳鳴り 耳閉感 難聴】足の小指は気の切り替えポイント 丁寧にもむと頻尿も改善する

【耳鳴り 耳閉感 難聴】足の小指は気の切り替えポイント 丁寧にもむと頻尿も改善する

手足合わせて20本ある指の中でも、普段、最も存在を忘れられやすいのが足の小指でしょう。しかし、実は東洋医学から見ると、足の小指は、とても重要な部分です。東洋医学では、全身に通っている「気の通り道」を重要視します。【解説】佐藤一美(東京都指圧師会会長)


【体験談】持病のひざ痛が軽減!足指を鍛えたら甲から足首のむくみ一掃 靴のサイズがダウン!

【体験談】持病のひざ痛が軽減!足指を鍛えたら甲から足首のむくみ一掃 靴のサイズがダウン!

元々、足のむくみがひどかったので、足づかみ体操を実践してみたところ、私の足は大きく変わりました。それまでの私の足は、パンプスをはくと足の甲の皮膚がムチッと盛り上がっていたのですが、あらためて足を見ると、確かに細くきれいに見え、足の甲の盛り上がりもありません。【体験談】酒井恵美(仮名・柔道整復師・26歳)


最新の投稿


脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

脊柱管狭窄症の足のしびれと痛みが解消した!81歳現役シェフの11円スリッパ体験談

最初は半信半疑でしたが、藤井先生に勧められたとおり、常に中敷きを入れて、靴をはくようにしました。そうして1ヵ月ほどたったころでしょうか、自分でも「あれほどつらかったのは、一体なんだったのだろう? 」と感じるくらい、その後はひざの痛みに悩まされることはなくなりました。【体験談】藤田正義(オーナーシェフ・81歳)


食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

食欲がない原因は「位置」!胃を上げる体操で飲みこみやすさがアップする理由

子どものころ、立てひざでご飯を食べて叱られた。そんな思い出はありませんか。「立てひざで食事」は、一般常識ではマナー違反とされています。しかし実は、誤嚥の予防にとてもいい姿勢なのです。お勧めなのが、食事の前に胃の位置を上げておくこと。それを簡単に行える体操が「右足首の内回し」です。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)


【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

【野球肘】肩が痛い ひじが痛い 症状を改善・予防するストレッチの方法

体の柔軟性を保つには、ストレッチを行うことが重要です。練習や試合のあった日はもちろん、休養日にも必ずストレッチを行い、柔軟性を保ちましょう。前項のチェックで硬さがあった場合はもちろん、硬さがなくてもストレッチは必ず行ってください。【解説】山本智章(新潟リハビリテーション病院院長)


注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

注目のシンバイオティクス!発酵あんこは腸内環境を改善する効果がある

発酵あんこの魅力は、それが「シンバオイティクス」であることです。シンバイオティクスとは、腸の善玉菌を増やすなど、人体によい影響を与える有用菌と、そうした菌のエサになる、食物繊維やオリゴ糖などをいっしょに取ることです。【解説】関由佳(内科医・味噌ソムリエ・メディカルフード研究家)


【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

【腰痛の原因】食べすぎやストレスによる肝臓疲労 対策は「足首回し」

腰痛や肩こりは、体のゆがみによって起こります。その原因を探ると、なんと約8割の人は、肝臓に疲労がたまっていることが、私の長い施術経験からわかりました。肝臓の疲労のしかたによって、体は右肩上がりになったり、左肩上がりになったりします。それが、痛みの原因になるのです。【解説】田川直樹(快風身体均整院院長)