医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【脊柱管狭窄症】手足のしびれの改善には「寝ながら体操」で痛くない部分のゆがみを取る

【脊柱管狭窄症】手足のしびれの改善には「寝ながら体操」で痛くない部分のゆがみを取る

操体法では、痛む部位以外のところにゆがみがあり、そのゆがみが別のひずみを生み、それがたまったところに痛みが生じると考えます。ですから痛むところは触らず、痛くないところのゆがみを調整していくのです。脊柱管狭窄症の場合も同じです。【解説】西本直(Conditioning Studio 操 主宰)


全身のゆがみを取れば痛みやしびれが改善する

一般に、腰が痛いと「腰に異常があるから、痛むのだろう」と思いがちです。
でも、ほんとうにそうでしょうか?それなら、腰の異常を正せば痛みが消えるはずですが、ほとんどの場合、痛みが続いたり、いったん改善してもぶり返したりします。

近年、高齢者を中心に、脊柱管狭窄症と診断されるケースが増えてきています。
私のもとにも、「手がしびれる」「足がしびれる」「休み休みでないと歩けない」といった症状を訴える患者さんが多くいらっしゃいます。

脊柱管狭窄症とは、神経の通り道である脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されて、しびれや痛みなどが起こる病気です。
整形外科の医師からは、「脊柱管狭窄症だから、手足がしびれる」という説明を受けるでしょう。

「脊柱管狭窄症がしびれの原因である」ということです。
しかし実際には、脊柱管が狭まっていても症状が出ない人もいますし、その逆のケースもあります。

脊柱管の狭窄は「原因」ではなく、「結果」であると、私は考えています。
体のゆがみ(原因)によって、脊柱管が狭まってしまった(結果)ということです。

ですから、私の治療は、体のゆがみを正すことに焦点を置きます。症状のあるところを、押したりもんだりすることはありません。
私の施術は、操体法の理論に基づいています。

操体法では、痛む部位以外のところにゆがみがあり、そのゆがみが別のひずみを生み、それがたまったところに痛みが生じると考えます。
ですから、痛むところは触らず、痛くないところのゆがみを調整していくのです。

脊柱管狭窄症の場合も同じです。
全身のゆがみを取ってバランスを整えれば、多くの場合、症状が改善します。

筋肉のバランスが整い骨格のズレも正される

今回、皆さんにご紹介するのは、操体法をセルフケアとして行う「寝ながら体操」です。
私の患者さんに、自宅で行うよう勧めているものです。

私たちの体は、「前」「後ろ」「左」「右」「左ひねり」「右ひねり」の6方向に動きます。
痛みやしびれがあっても、6方向のうち、どこか一つは症状が出ない方向があるはずです。

例えば、「腰が痛い」といっても、どんな姿勢でも常に痛いということはないでしょう。
「前屈は痛いが、後屈は痛くない」「左には曲げられないが、右には曲げられる」など、動かしても大丈夫な方向があります。

そちらに体を動かし、その動きに従って、ほかの部位も自然に動かしてあげればいいのです。
よく、「肩は動かさずに首だけ横に倒す」とか「下半身を固定して上半身を回す」といった体操がありますが、操体法ではそのようなことはしません。

脊柱管狭窄症の原因は全身のゆがみ

基本は「気持ちのいい方向に体を動かす」こと

体を1枚のコンニャクだと思ってください。コンニャクの一部を動かすと、その刺激は全体に伝わるでしょう。
人間の体も同じです。痛いところをわざわざ動かさなくても、楽な方向へ体を動かすことで刺激は全身に伝わり、筋肉がやわらかくなって、ゆがみは取れ、本来の形に戻ります。

筋肉のバランスが整えば、骨格のズレも正されます。
例えば、あおむけになって、立てた両ひざを左に倒すと、顔は自然と右を向きたくなりませんか?それでいいのです。

そうやって、体の望むとおりに体を動かしてやることで、ゆがみは正され、結果的に痛みやしびれが改善していきます。
今回、下記の図解でご紹介する寝ながら体操は、脊柱管狭窄症の症状が出ている人にも無理なくできるものを選びました。

痛みやしびれが改善したら、再発防止や健康維持のために、別記事で紹介した寝ながら体操も行うといいでしょう。
操体法は、自分の体とじっくり向き合うことが大事です。

1日のうち、いつでも、何度行ってもかまいません。
時間や気持ちの余裕があるときに、ゆったりと行いましょう。

基本は、「気持ちのいい方向に体を動かす」ことです。
無理をせず、痛みが出ない範囲で行ってください。

回数や時間は目安なので、気持ちがよければ増やしてもかまいません。
そして、必ず毎日行いましょう。毎日少しずつでも行うことで、絡まった糸がほぐれるように、体のゆがみは整ってきます。

ぜひ、習慣にしてください。

脊柱管狭窄症に効く寝ながら体操ベスト3

脊柱管狭窄症の人にお勧めの「寝ながら体操」です。
体操の途中で、痛みやしびれが出たらやめてください。

痛みやしびれの出ない動きだけ、行いましょう。

解説者のプロフィール

西本直
1958年愛媛県生まれ。故・渡邉栄三氏より操体法を学ぶ。1990年、鍼灸師免許を取得。Jリーグのサンフレッチェ広島、ヴィッセル神戸、川崎フロンターレで、トレーナーとして選手を指導。1999〜2007年には、プロ野球・広島東洋カープの佐々岡真司投手(現コーチ)のパーソナルトレーナーとして活躍に貢献。著書に『1回5分体が喜ぶ健康術』(ガリバープロダクツ)、監修書に『体の痛みを治す「寝たまま体操」』(宝島社)などがある。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


脊柱管狭窄症

関連する投稿


布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

腰の辺りから肩甲骨の下辺りまで指圧しても、せいぜい3分程度しかかかりません。実際にやってみると、これがすごく気持ちいいんです!こわばっていた筋肉がほぐれていくのを実感できます。なにしろ、脊柱管狭窄症の症状が目に見えてよくなりましたね。右足に感じていた激痛が、すっかり治まったんです。【体験談】布施博(俳優)


脊柱管狭窄症の「足裏の違和感」が解消!ゆうきプログラムで股関節痛が改善した

脊柱管狭窄症の「足裏の違和感」が解消!ゆうきプログラムで股関節痛が改善した

特に気に入ったのが「ひざ頭の8の字ゆらし」です。これを行うと股関節がほぐれるのがはっきりわかりました。変化を実感しながら取り組んだことがよかったのか、効果はあっという間に現れました。ゆうきプログラムを始めて1ヵ月たった頃には、歩くときの痛みがなくなりました。【体験談】横山久美(パート勤務・47歳)


【脊柱管狭窄症】手術のタイミングは?痛みを軽くする体操・セルフケア法

【脊柱管狭窄症】手術のタイミングは?痛みを軽くする体操・セルフケア法

腰部椎間板ヘルニアの場合などは、自然寛解することがよくあります。脊柱管狭窄症の場合も、ヘルニアほど顕著ではないものの、同じことがいえます。特に、症状が体の片側に出ている場合は比較的軽快しやすいので、がんばってセルフケアを続け、経過を見守りましょう。【解説】稲波弘彦(稲波脊椎・関節病院院長・岩井整形外科内科病院理事長)


腰痛持ちを忘れるほど! 脊柱管狭窄症に効いた「テニスボール指圧」のやり方

腰痛持ちを忘れるほど! 脊柱管狭窄症に効いた「テニスボール指圧」のやり方

テニスボール指圧をしたところ、翌朝には、「あれ?少し調子がいいかも」と感じました。さらに1週間続けると、「先週よりも長く歩けている」と気づきました。そして、1ヵ月もすると、「明らかに症状が改善している。これまでと全然違う!」と、実感できたのです。【解説】渡辺尚彦(東京女子医科大学東医療センター准教授)


足指ケアで肩コリ首コリは撃退できる!足の指回しの効果を医師絶賛

足指ケアで肩コリ首コリは撃退できる!足の指回しの効果を医師絶賛

「足指のケア」で足指のつけ根の関節をほぐすと全身に好影響が及びます。まず、外反母趾をはじめとする足の不具合そのものが改善。人間の体は、足から腰、背中へと連動しているので変形性ひざ関節症や股関節痛なども改善していきます。姿勢が安定すると肩こりや腰痛の解消につながるのです。【解説】平野薫(ひらの整形外科クリニック院長)


最新の投稿


布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

布施博が脊柱管狭窄症を克服!足の激痛と歩行困難から救った方法とは?

腰の辺りから肩甲骨の下辺りまで指圧しても、せいぜい3分程度しかかかりません。実際にやってみると、これがすごく気持ちいいんです!こわばっていた筋肉がほぐれていくのを実感できます。なにしろ、脊柱管狭窄症の症状が目に見えてよくなりましたね。右足に感じていた激痛が、すっかり治まったんです。【体験談】布施博(俳優)


金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

金属音のような耳鳴りが「酢タマネギ」で大改善した!納豆を入れるのがお勧め

作った酢タマネギを、毎朝食べている納豆に混ぜて食べています。酢タマネギを混ぜる量は、私はカレースプーンに2杯、妻は1杯です。こうして毎日の朝食で酢タマネギを食べ続けていたら、耳鳴りの音が徐々に小さくなってきたのです。3ヵ月後には、日中はほとんど気にならなくなりました。【体験談】鈴木興起(無職・80歳)


老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

老廃物を排出してむくみ改善!心身がスッキリする「塩カイロ」の作り方 ・やり方

今回、むくみの予防と改善のためにお勧めするのが「塩カイロ」です。塩カイロは、塩灸をアレンジした、手軽なセルフケアです。塩カイロは、お尻にある尾骨を温めます。尾骨周辺を塩カイロで温めることにより、こりやゆがみが解消し、自律神経のバランスが整って、血液やリンパの流れが改善するのです。【解説】宮本啓稔(新宿西口治療院院長)


【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

【炭酸水パックの美肌効果】ペットボトルでもOK?濃度(ppm)の目安はある?

炭酸水につかると、その部位の毛穴から炭酸が浸透。体内で毛細血管に入り、血管内の酸素を細胞に送り出します。これを体が察知すると「酸素が足りていない」と勘違い。炭酸水につかっている部位に酸素を供給しようと、血液がドッと流れてきます。こうして血管が拡張され血流が改善するのです。【解説】齋藤真理子(山本メディカルセンター院長)


貧血を改善する食べ物は海苔がおすすめ!しつこい疲れや憂うつな気分も解消する

貧血を改善する食べ物は海苔がおすすめ!しつこい疲れや憂うつな気分も解消する

実は日本は、貧血大国です。50歳未満の健康な日本人女性1万 3000人以上を対象にした調査で、22.3%の人が貧血に相当し、そのうち25.2%は重度の貧血という結果が出ているほどです。女性に最も多いのは、貧血の約2/3を占めると言われる「鉄欠乏性貧血」です。【解説】山本佳奈(ときわ会常磐病院・ナビタスクリニック内科医)