【白ごま油】うがいのやり方 薄毛・白髪対策に効果のある健康法 歯周病も予防

【白ごま油】うがいのやり方 薄毛・白髪対策に効果のある健康法 歯周病も予防

白ゴマ油うがいは、毛髪トラブルだけでなく、シワやシミ、疲れ目、難聴など、老化による症状全般の改善に役立ちます。また、口腔内を清潔にするので、虫歯、口内炎、歯肉炎などの予防・改善にもつながります。ぜひ一度、お試しください。【解説】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


インド伝統医学では一般的な健康法!

私は、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダの専門医です。
アーユルヴェーダでは、すべての人には3種のエネルギーが備わっていて、その人の体質や個性は、それらのバランスによって決まるとされています。

この3種のエネルギーが、「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」と呼ばれるものです。
ヴァータは風のような性質、ピッタは火のような性質、カパは水のような性質を表しています。

これらのバランスは、個人により異なりますが、加齢、つまり成長により、ある程度の傾向が見られます。
一般的に、25歳までは、カパが優勢です。水の性質であるため、肌がみずみずしく、生命力にあふれた状態です。

25〜50歳になると、火の性質であるピッタが優勢になります。
活力、情熱、集中力が高まる時期です。そして、50歳以降で優勢になるのがヴァータです。

ヴァータは、体内で運搬や排出、吸収などの機能をコントロールしています。
ヴァータが優勢になると、風の性質からイメージできるとおり、「体の水分が減り、肌が乾燥する」「血管や骨がもろくなる」といった、老化現象が目立つようになります。

髪がパサパサする、抜け毛や白髪が増える、薄毛になるといった毛髪トラブルも現れます。
つまり、アーユルヴェーダでは、老化現象はもちろん、毛髪トラブルのほとんどは、ヴァータが優勢になることによる乱れが原因と考えられているのです。

若くして抜け毛や薄毛などに悩まれている人も、例外はありますが、ほぼ、ヴァータの乱れが原因です。
ですから毛髪トラブルは、乱れたヴァータを整えることで改善します。

そこで、私がお勧めしているのが、「白ゴマ油うがい」です。
うがいは、アーユルヴェーダでは、ヨガやオイルマッサージと同様、一般的な健康法の一つです。

ヴァータ・ピッタ・カパの、それぞれの調整に適したうがい法があり、白ゴマ油うがいは、ヴァータを整えます。

実践したその日に抜け毛が半減した人もいる!

使う油は、白ゴマを生のまましぼった油です。
「太白ゴマ油」などという名前でも売られています。

ちなみに、皆さんがよくご存じの褐色のゴマ油は、白ゴマを炒ってから、しぼって作られる物です。
白ゴマ油は、スーパーで手軽に入手できます。

香りがなく、サラッとしていて、料理に好んで利用する人も多いようです。
購入したままの状態でも使えますが、鍋に入れて100度まで加熱し、冷ましてから使用することで、さらにパワーがアップします。

うがいのやり方は、簡単です(上の図解参照)。
早朝か、ヴァータが優位になる、16時から18時ごろに行うのがお勧めです。

時間に余裕があり、より効果を高めたい人は、白ゴマ油を大さじ2杯に増やしてみましょう。
さらに、口に含んだら、30分ほどそのままにしておきます。

その後、うがいをして、油を吐き出してください。
こうすることで、口腔粘膜への白ゴマ油の吸収が、より高まります。

ヴァータを整える力も、さらに強まるのです。
私のクリニックでは、患者さんにも白ゴマ油うがいを勧めています。

実際、「白髪がなくなった」(60代・女性)、「髪にコシが出てきた」(70代・女性)など、毛髪のトラブルが改善したという声が上がっています。
顕著な例ですと、大量の抜け毛と薄毛に悩んでいた50代の女性が白ゴマ油うがいを実践し、その日のうちに抜け毛が半減したのを実感。

1年も経たずに悩みが解消したそうです。
実は、私も少年のころ、15歳の若さで、すでに白髪と薄毛に悩んでいました。

それが、アーユルヴェーダに出合い、白ゴマ油うがいを実践しているおかげで、白髪や抜け毛はさほど進行していません。
55歳になる現在でも、健康的な髪を維持しています。

白ゴマ油うがいは、毛髪トラブルだけでなく、シワやシミ、疲れ目、難聴など、老化による症状全般の改善に役立ちます。
また、口腔内を清潔にするので、虫歯、口内炎、歯肉炎などの予防・改善にもつながります。

ぜひ一度、お試しください。

蓮村誠
マハリシ南青山プライムクリニック院長

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


【歯周病菌の除菌方法】3DSとは?歯周病が原因の様々な病気を予防する注目の歯科技術

【歯周病菌の除菌方法】3DSとは?歯周病が原因の様々な病気を予防する注目の歯科技術

ムシ歯や歯周病は、口の中にいる細菌が原因で起こります。ご存じのように、ムシ歯や歯周病は歯を失う最大の原因となります。そこで注目されているのが、ムシ歯や歯周病の原因菌を除菌する「3DS」(デンタル・ドラッグ・デリバリー・システム)という技術です。【解説】花田信弘(鶴見大学歯学部探索歯学講座教授)


【体験談】私は「足の裏たたき」で血圧が下がった!不眠が治って抜け毛も改善した

【体験談】私は「足の裏たたき」で血圧が下がった!不眠が治って抜け毛も改善した

47歳のころ、突然カゼのような症状に襲われました。のどが痛くなり、微熱が続いて、すごく汗をかくのです。寝汗もひどくて、Tシャツを一晩に7〜8枚着替えるほどでした。カゼ薬を飲みましたが、全く改善しません。体がだるくて鉛のように重くなり、ものすごく疲れるのに、眠れなくなったのです。【体験談】川上由衣子(仮名・58歳・主婦)


【免疫力を上げる】カゼ・口内炎・ガンを予防する“腸”のリンパの流し方

【免疫力を上げる】カゼ・口内炎・ガンを予防する“腸”のリンパの流し方

腸のリンパ液を流すことは、腸に集まる豊富なリンパ球を、体中に行き渡らせることにつながります。外敵と戦う兵士と言えるリンパ球が、全身を巡っている状態になるので、免疫力が高まるというわけです。【解説】大橋俊夫(信州大学医学部特任教授・日本リンパ学会理事長)


【酢トマトの作り方】柳澤英子さん "やせおか" 流ダイエット 52歳で26kgやせた

【酢トマトの作り方】柳澤英子さん "やせおか" 流ダイエット 52歳で26kgやせた

食欲を我慢したり、カロリー計算をしたりするめんどうなダイエットは続かないことは、身に染みてわかっていました。そして、生み出したのが、カロリーではなく、血糖値を上げる糖質量を抑えることを意識し、代謝をよくする酵素と食物繊維を積極的にとる「やせる食べ方」だったのです。【解説】柳澤英子(料理研究家・編集者)


【シナモンとは】実は漢方薬の「桂皮」と同じもの ゴースト血管の回復や血圧を下げる効果

【シナモンとは】実は漢方薬の「桂皮」と同じもの ゴースト血管の回復や血圧を下げる効果

毛細血管が消えていく「ゴースト化」を防ぎ、回復を促すために身近で効果的な食品はないだろうか。入手しやすく安全性の高い、数百種類の天然食品を調べました結果、いくつかの食品に、毛細血管を復活させる働きが認められました。そのうち、最も手軽に使えて高い効果があるのがシナモンです。【解説】高倉伸幸(大阪大学微生物病研究所教授)


最新の投稿


【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

【腸内環境を改善】宿便と有害物質を排出して腸を大掃除する「解毒スープ」とは

解毒スープを飲んで2時間もすると、体がポカポカしたり、尿意を催したりといった、なんらかの変化を実感できるでしょう。便秘がひどい人の場合は、便通への効果に時間がかかることもありますが、根気よく続けてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

【腸の大掃除】便秘体質から出せる体質に 排便力を高める「解毒スープ」の作り方・飲み方

解毒スープを作るのに必要な材料は、ゴボウ・ショウガ・タマネギの皮・マイタケ・パセリ、そして天然塩です。材料はすべて身近なものですが、入手できないときは、どれかが欠けても構いません。まずはぜひ実践してみてください。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

【便秘にも下痢にも効果】解毒スープ症例 2日で11回も出た!薬に頼らず出た!

解毒スープを飲むと、腸内環境は劇的によくなります。その結果、出なかった人は出るようになり、出過ぎていた人はほどよい回数になります。カチカチ、コロコロの便も、逆にユルユルの下痢便も、ちょうどよい硬さの快便になります。さらに、便だけでなく、その他の体の不調も改善していきます。【解説】堀田忠弘(堀田医院院長)


金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

金閣寺住職に聞いた【悩みが消える掃除術】「悩みがあるならまずぞうきんを持て」

どうやったら、物事に動じない強い自分になれますか。そういう質問に対して、私はいつもこのようにお答えします。ぞうきんを持つというのは、掃除をして、身の回りを清浄な状態に整えること。それによっておのずと道が見えてきますから、悩みの解決にもつながるのです。【解説】有馬賴底(臨済宗相国寺派管長 相国寺・金閣寺・銀閣寺住職)


【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

【心も綺麗になる掃除術】汚れもわだかまりも一掃!自分のための「拭き掃除」のススメ

これからどんなに優れた掃除ロボットが出てきてもふくことができない場所、それが「心」だと僕は思っています。なんとなく部屋の空気が「重い」と感じるとき。これは空間に残された感情と、自分の中にある感情とが密接につながっているからだと僕は考えています。【解説】船越耕太(空間診断士)