医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【白ごま油】うがいのやり方 薄毛・白髪対策に効果のあるアーユルヴェーダの健康法

【白ごま油】うがいのやり方 薄毛・白髪対策に効果のあるアーユルヴェーダの健康法

白ゴマ油うがいは、毛髪トラブルだけでなく、シワやシミ、疲れ目、難聴など、老化による症状全般の改善に役立ちます。また、口腔内を清潔にするので、虫歯、口内炎、歯肉炎などの予防・改善にもつながります。ぜひ一度、お試しください。【解説】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


インド伝統医学では一般的な健康法!

私は、インドの伝統医学であるアーユルヴェーダの専門医です。
アーユルヴェーダでは、すべての人には3種のエネルギーが備わっていて、その人の体質や個性は、それらのバランスによって決まるとされています。

この3種のエネルギーが、「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」と呼ばれるものです。
ヴァータは風のような性質、ピッタは火のような性質、カパは水のような性質を表しています。

これらのバランスは、個人により異なりますが、加齢、つまり成長により、ある程度の傾向が見られます。
一般的に、25歳までは、カパが優勢です。水の性質であるため、肌がみずみずしく、生命力にあふれた状態です。

25〜50歳になると、火の性質であるピッタが優勢になります。
活力、情熱、集中力が高まる時期です。そして、50歳以降で優勢になるのがヴァータです。

ヴァータは、体内で運搬や排出、吸収などの機能をコントロールしています。
ヴァータが優勢になると、風の性質からイメージできるとおり、「体の水分が減り、肌が乾燥する」「血管や骨がもろくなる」といった、老化現象が目立つようになります。

髪がパサパサする、抜け毛や白髪が増える、薄毛になるといった毛髪トラブルも現れます。
つまり、アーユルヴェーダでは、老化現象はもちろん、毛髪トラブルのほとんどは、ヴァータが優勢になることによる乱れが原因と考えられているのです。

若くして抜け毛や薄毛などに悩まれている人も、例外はありますが、ほぼ、ヴァータの乱れが原因です。
ですから毛髪トラブルは、乱れたヴァータを整えることで改善します。

そこで、私がお勧めしているのが、「白ゴマ油うがい」です。
うがいは、アーユルヴェーダでは、ヨガやオイルマッサージと同様、一般的な健康法の一つです。

ヴァータ・ピッタ・カパの、それぞれの調整に適したうがい法があり、白ゴマ油うがいは、ヴァータを整えます。

白ごま油うがいのやり方

実践したその日に抜け毛が半減した人もいる!

使う油は、白ゴマを生のまましぼった油です。
「太白ゴマ油」などという名前でも売られています。

ちなみに、皆さんがよくご存じの褐色のゴマ油は、白ゴマを炒ってから、しぼって作られる物です。
白ゴマ油は、スーパーで手軽に入手できます。

香りがなく、サラッとしていて、料理に好んで利用する人も多いようです。
購入したままの状態でも使えますが、鍋に入れて100度まで加熱し、冷ましてから使用することで、さらにパワーがアップします。

うがいのやり方は、簡単です(上の図解参照)。
早朝か、ヴァータが優位になる、16時から18時ごろに行うのがお勧めです。

時間に余裕があり、より効果を高めたい人は、白ゴマ油を大さじ2杯に増やしてみましょう。
さらに、口に含んだら、30分ほどそのままにしておきます。

その後、うがいをして、油を吐き出してください。
こうすることで、口腔粘膜への白ゴマ油の吸収が、より高まります。

ヴァータを整える力も、さらに強まるのです。
私のクリニックでは、患者さんにも白ゴマ油うがいを勧めています。

実際、「白髪がなくなった」(60代・女性)、「髪にコシが出てきた」(70代・女性)など、毛髪のトラブルが改善したという声が上がっています。
顕著な例ですと、大量の抜け毛と薄毛に悩んでいた50代の女性が白ゴマ油うがいを実践し、その日のうちに抜け毛が半減したのを実感。

1年も経たずに悩みが解消したそうです。
実は、私も少年のころ、15歳の若さで、すでに白髪と薄毛に悩んでいました。

それが、アーユルヴェーダに出合い、白ゴマ油うがいを実践しているおかげで、白髪や抜け毛はさほど進行していません。
55歳になる現在でも、健康的な髪を維持しています。

白ゴマ油うがいは、毛髪トラブルだけでなく、シワやシミ、疲れ目、難聴など、老化による症状全般の改善に役立ちます。
また、口腔内を清潔にするので、虫歯、口内炎、歯肉炎などの予防・改善にもつながります。

ぜひ一度、お試しください。

蓮村誠
マハリシ南青山プライムクリニック院長
●マハリシ南青山プライムクリニック
http://www.hoyurishikai.com

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


親子三代拝命「天皇の理髪師」の秘技「OHBA式シャンプー」 頭皮も体も喜ぶ!

親子三代拝命「天皇の理髪師」の秘技「OHBA式シャンプー」 頭皮も体も喜ぶ!

頭頂部だけは、手を触れないと、いくら顔をしかめても、頭を振っても、動かないのがわかります。だからそこ、普段、あたりまえのように頭皮に直接触れているシャンプータイムを、頭皮全体に血流を巡らせ、老廃物を流してあげる時間にするのです。【解説】大場隆吉(スカルプケアサロンOHBA代表 スカルププロデューサー)


頭皮環境を改善! 優しく触れて抜け毛を防ぐ「OHBA式シャンプー」のやり方

頭皮環境を改善! 優しく触れて抜け毛を防ぐ「OHBA式シャンプー」のやり方

OHBA式シャンプーは、刺激も少なく髪の栄養がしっかりと届くため、抜け毛は少なくなるはずです。続けていると、薄くてペラペラだった頭皮が厚みを増し、髪もしっかりしてきます。ぜひ、ご自身の頭皮を慈しみながら、触れてみてください。【解説】大場隆吉(スカルプケアサロンOHBA代表 スカルププロデューサー)


「髪ひっぱり」の有効性とやり方 頭への刺激は心身を癒す最強の方法!

「髪ひっぱり」の有効性とやり方 頭への刺激は心身を癒す最強の方法!

西洋医学(現代医学)と東洋医学は、心身の健康に対する理論が異なるだけで、共通した方法が多くあります。今回は、頭を刺激する有効性について、東西医学の観点からご説明しましょう。【解説】上馬塲和夫(帝京平成大学ヒューマンケア学部鍼灸学科教授・帝京大学附属池袋クリニック院長)


自律神経の乱れがよくなる「へそさすり」 白ゴマ油で効果アップ!

自律神経の乱れがよくなる「へそさすり」 白ゴマ油で効果アップ!

私はアーユルヴェーダの専門医です。アーユルヴェーダでは、すべての人は、「ヴァータ(活動)」「ピッタ(燃焼)」「カパ(滋養)」と呼ばれる三つのエネルギーが備わっていると考えられています。「へそさすり」は、3種のエネルギーのうち、特にヴァータを整える効果が期待できます。【解説】蓮村誠(マハリシ南青山プライムクリニック院長)


そわそわ落ち着かない・イライラは頭のツボマッサージで解消!

そわそわ落ち着かない・イライラは頭のツボマッサージで解消!

60歳を過ぎると、多くの人は「風」、そして「空」が体や心に増えていき、風と空の体質になっていきます。風の体質というのは、カサカサと乾燥して、冷えがあり、心情的にはソワソワと落ち着きがなく、気ばかり焦って、眠りが浅い、そんな体質のことです。【解説】西川眞知子(アーユルヴェーダ・ライフコンサルタント)


最新の投稿


認知症患者に不足!脳の栄養素「レシチン」を含む食事と摂り方

認知症患者に不足!脳の栄養素「レシチン」を含む食事と摂り方

認知症の患者さんに圧倒的に足りないのが、レシチンという物質です。これは、大豆や卵などに多く含まれています。レシチンは脳にも全身にもきわめて重要で、生きるための必須物質です。そのため、「生命の基礎物質」とも呼ばれています。【解説】野本裕子(ナチュラルクリニック代々木院長)


耳詰まり・耳閉感が解消「耳の穴もみ」で耳に空気がスーッと通る!

耳詰まり・耳閉感が解消「耳の穴もみ」で耳に空気がスーッと通る!

耳鼻科で受けたのは、鼻と耳に管を入れてシュッと空気を通す治療でした。行うと、一時的に耳はスッキリしますが、すぐに戻ってしまいます。耳の穴もみは、耳閉感の予防にもなっているようです。耳の穴もみをやるようになってからは、耳が詰まることがなくなりました。【体験談】上田貴弘(颯鍼灸院院長・46歳)


【舌の位置】舌先が前歯につく人は注意 「口呼吸」が招く負のスパイラルとは

【舌の位置】舌先が前歯につく人は注意 「口呼吸」が招く負のスパイラルとは

上咽頭の炎症が慢性化すると、自律神経のバランスがくずれ、血流障害が起こったり、血圧が上がったりします。口呼吸の人は、まず、口を閉じて食べ物をよくかむことを心がけましょう。口周りの筋肉やあごが鍛えられ、口呼吸のクセを直すトレーニングになります。【解説】堀田修(堀田修クリニック(HOC)院長)


ウマ酸っぱさが効く! 最強の常備菜「酢大豆」美味レシピ

ウマ酸っぱさが効く! 最強の常備菜「酢大豆」美味レシピ

健康管理に大活躍すること間違いなしの常備菜が「酢大豆」です。作り方が簡単なうえ、長期間、作りおきできるのでとても便利。そのまま食べてももちろんおいしいのですが、料理に応用すればワンランクアップした味わいになります。【料理・スタイリング】結城寿美江(料理研究家)【栄養計算】金子奈穂美(管理栄養士)


レモン酢を試したら、慢性腎炎によるだるさやむくみが解消した!

レモン酢を試したら、慢性腎炎によるだるさやむくみが解消した!

慢性腎炎には治療法がありません。塩分とたんぱく質を制限し、血圧を上げないように気をつけるだけです。腎機能が低下していると、ふだんから体がむくみやすく、とてもだるくなります。レモン酢を飲むようになって1週間くらいしてから、あまり体のだるさを感じなくなってきました。【体験談】星野久美子(仮名・主婦・71歳)