【白ごま油うがい】は鼻炎、鼻づまりの解消作用あり 口臭、歯周病にも効果

【白ごま油うがい】は鼻炎、鼻づまりの解消作用あり 口臭、歯周病にも効果

クリニックに来院される患者さんのなかには、口腔にトラブルを抱えている人が少なからずいらっしゃいます。例えば「のどが渇く」「イガイガする」「口内炎ができやすい」「歯や歯肉が痛い」といった症状です。このような患者さんに私がお勧めしているのが、白ゴマ油を使ったうがいです。【解説】戸舘亮人(ナチュラルファミリークリニック院長)


→「白ごま油うがい」のやり方はコチラ

口腔内のトラブルがさまざまな病気を起こす

私のクリニックに来院される患者さんのなかには、口の中、つまり口腔にトラブルを抱えている人が、少なからずいらっしゃいます。
例えば、「のどが渇く」「イガイガする」「口内炎ができやすい」「歯や歯肉が痛い」などといった症状です。

歯が痛いのであれば、歯科医院を受診するのが筋でしょう。
しかしなかには、すでに何軒もの歯科を回って、それでも原因不明といわれた、という患者さんもいらっしゃるのです。

特にこのような患者さんに、私がお勧めしているのが、白ゴマ油を使ったうがいです(基本的なやり方は別記事参照)。
「白ゴマ油うがい」は、インドの伝統医学アーユルヴェーダで実践される毒出し法です。

私は、診察時に患者さんが訴える症状が口腔内に限った場合でも、全身の健康状態を含めて問診します。
なぜなら、口腔内の症状は、全身の状態と密接に関連しているからです。

例えば、歯周病は、一般的には歯科領域の疾患として認識されています。
しかし、近年は研究が進み、歯周病菌が全身に広がると、ほかの病気の進行に影響を及ぼすことがわかってきています。

なかでも関係が深いのが、糖尿病。歯周病を治療して糖尿病が改善したという報告もあるほどです。
また、病巣感染という現象もあります。

これは、体のどこかに慢性の炎症があり、それ自体の症状は軽いにもかかわらず、それが原因でほかの器官に病気が生じる状態です。
もとになる病巣は、口蓋扁桃炎、上咽頭炎、副鼻腔炎、虫歯、歯周病、中耳炎など、主に耳鼻科・歯科領域に多く見られます。

こうした症状が発端となり、全身の倦怠感や関節痛、アレルギー症状などが起こるケースがあるのです。
こうしたことから私は、口腔内の症状を訴える患者さんにはもちろん、口腔内のトラブルがほかの症状を引き起こしていると思われる患者さんにも、白ゴマ油うがいを勧めています。

口腔内を殺菌し全身の免疫力を上げる

アーユルヴェーダでは、白ゴマ油は解毒・浄化作用に優れているとされています。
この毒出しの性質を持つのは白ゴマ油だけです。

オリーブオイルなど、ほかの油では代用がききません。
加熱処理をすることで、毒出し作用が強力になるうえ、サラリとした質感になり、浸透性が高まります。

この白ゴマ油を口に含むのですが、舌の裏側には、毛細血管が集まっています。
薬剤に、舌の裏に入れて溶かすタイプがあることからもわかるとおり、ここは、体内への吸収率が非常に高い部位なのです。

ですから、ガラガラ、クチュクチュとうがいをしたあとは、より効果を高めるため、水で口をゆすがずに、そのままにしておくことをお勧めします。
こうして、白ゴマ油を口の中にまんべんなく行き渡らせることで、高い殺菌効果が得られ、口腔内の症状改善だけでなく、全身の免疫力がアップします。

また、白ゴマ油には老化の進行を抑える性質があるため、美肌や育毛など、若返り効果も期待できるのです(主な効果は、上の表を参照)。
実際に、白ゴマ油うがいを習慣にした患者さんからは、さまざまな健康効果があったという声が寄せられています。

「口の中の痛みが緩和した」「肌のくすみが消え、キレイになった」「白髪が黒くなってきた」「髪が生えてきた」「『目力がある』といわれた」「気力が湧く」などなど。

いずれも魅力的な話ではないでしょうか。
具体的な患者さんの例を、ご紹介しましょう。

50代の女性は、慢性鼻炎に悩まされていました。一年中、鼻水がよく出るうえに、声がかすれやすく、ガラガラ声でした。
さまざまな薬を使っても、なかなか改善しなかったのです。

ところが、白ゴマ油うがいを始めたところ、早くも数日で効果が現れ始めました。
徐々に鼻炎が解消し、ガラガラ声も改善したのです。

現在も、いい状態が続いています。
患者さんのなかには「油を口に入れるなんて気持ちが悪い」と抵抗を感じる人もいますが、加熱処理をした白ゴマ油は、においもなく滑らかです。

実際に試すと、意外なほどすんなりと、受け入れられると思います。
百聞は一見にしかず。ぜひ、あなたも始めてみませんか。

戸舘亮人
ナチュラルファミリークリニック院長。日本内科学会、日本呼吸器学会、日本アレルギー学会専門医。大学附属病院、基幹病院、地域連携病院などでの勤務を経て、愛知県豊橋市に開院。西洋医学のみならず、必要に応じて東洋医学、漢方薬、代替医療などから治療法を選択し、一人ひとりに合ったオーダーメイド治療を提供。患者の自然治癒力の向上を目指している。

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)


【口のネバつきを改善】サラサラ唾液をだしてドライマウスや歯周病を予防する「耳の下もみ」の効果

【口のネバつきを改善】サラサラ唾液をだしてドライマウスや歯周病を予防する「耳の下もみ」の効果

「ドライマウス」は、近年急増している現代病の一つです。日本語では「口腔乾燥症」といい、唾液が少なくなって口が乾き、口の中が痛くなったり、ネバネバしたりします。【解説】齋藤道雄(齋藤ファミリーデンタル院長・医学博士)


【免疫力を上げる】カゼ・口内炎・ガンを予防する“腸”のリンパの流し方

【免疫力を上げる】カゼ・口内炎・ガンを予防する“腸”のリンパの流し方

腸のリンパ液を流すことは、腸に集まる豊富なリンパ球を、体中に行き渡らせることにつながります。外敵と戦う兵士と言えるリンパ球が、全身を巡っている状態になるので、免疫力が高まるというわけです。【解説】大橋俊夫(信州大学医学部特任教授・日本リンパ学会理事長)


【歯周病と病気の関係】歯周病を放置するとどうなるか? 糖尿病 脳梗塞 認知症のリスク増

【歯周病と病気の関係】歯周病を放置するとどうなるか? 糖尿病 脳梗塞 認知症のリスク増

歯周病は、今や成人の約8割がかかっているとされる「国民病」です。早い人では10代から、歯周病の初期段階である歯肉炎が始まり、40代、50代で患者数が最も多くなります。歯周病も生活習慣病の一つだと私は考えています。【解説】森永宏喜(森永歯科医院院長、米国抗加齢医学会認定医)


【まるでお肉】痩せた!美肌になった!「氷コンニャク」ダイエットが人気の理由

【まるでお肉】痩せた!美肌になった!「氷コンニャク」ダイエットが人気の理由

コンニャクは、いったん冷凍し、解凍した後でギュッと絞ると、含まれている水分が抜けます。この水分が抜けきってスポンジ状になったものを氷コンニャクと呼んでいます。揚げ物や炒め物から煮物まで、肉や魚介類の代わりにすることで、カロリーを抑えた食事を取ることができるのです。【解説】橋爪佐和子(鍼灸あん摩マッサージ指圧師)


最新の投稿


【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

【体験談】全身の蕁麻疹が改善した!デトックス作用がある“足指の間”を押したらきれいに消えた

私の体に異変が起きたのは、昨年7月のことです。半袖から見えている腕の毛穴という毛穴に、じんましんが出ていたのです。松森先生は「足の第2指と第3指の骨の間を押すといい」と教えてくださいました。1回にかかる時間は数分程度です。仕事の合間に、3〜4回はやったと思います。【体験談】佐藤友子(仮名・会社員・47歳)


歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

歯周病の原因【ドライマウス】は唾液が十分でもなるってホント?昆布出汁を使った対策とは

「朝起きるといつも口が苦い」「舌がヒリヒリして痛い」「口の中がベタベタする」「物が飲み込みづらい」「味がわからない」このような症状がある人は、「ドライマウス」という病気かもしれません。ドライマウスとは、唾液の分泌量が減って、口の中が乾燥する病気です。【解説】笹野高嗣(東北大学大学院歯学研究科教授)


【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

【ブーム間違いなし】ダイエット効果抜群「レモンコーヒー」で“長寿ホルモン”が増え認知症も予防できる

イタリアやロシアなどのヨーロッパ諸国で愛飲されている「レモンコーヒー」に、なんとも多様な健康効果があると判明!日本でも近々、ブームとなること間違いなし?医師、大学教授、管理栄養士が、その魅力を語ります。“魅惑の味”を、ぜひお試しください。【解説】安中千絵(医療管理栄養士)


【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

【きくち体操とは】糖尿病が改善した!脳梗塞後のリハビリにも効果 脳と体をつなげる足指の体操

「きくち体操」は鍛える体操ではありません。自分の体に意識を向け、体の変化を感じ取り、体を育てる体操です。体の感覚や変化を感じ取り、体を意識して丁寧に動かせば、体と脳がしっかりつながり、動ける体が育っていくのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者)


【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

【きくち体操の効果】腰痛 肩こりが改善!足の指を動かす簡単運動で全身の血流がアップ!

まずチェック項目で自分の足の指がどんな状態かチェックしてみましょう。はだしになって、自分の足の指をよーく見てください。足の指をチェックして気になる項目があっても、あきらめることはありません。「きくち体操」でこれから足の指を育てていけばよいのです。【解説】菊池和子(「きくち体操」創始者】