医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【血糖値を下げる】「右足裏の内側」のツボを押して膵臓の働きを改善!

【血糖値を下げる】「右足裏の内側」のツボを押して膵臓の働きを改善!

糖尿病で悩む患者さんの中には、足の親指(母趾)の裏側辺りから、土踏まずの側面にかけて、非常にかたくなっている人が多いです。「足の親指ほぐし」を毎日続けると、血糖値が下がりやすくなります。糖尿病の症状が軽症・中等度の人なら、継続して行うことで、効果が期待できます。【解説】坂本実穂(坂本均整施術所所長)


糖尿病の人は足の内側がこりかたまっている!

私が所長を務める「坂本均整施術所」には、糖尿病で悩む患者さんも、多くいらっしゃいます。
そうした患者さんに施術をしていると、特定の箇所に反応が現れることがあります。

その箇所とは、右足裏の内側です。
足の親指(母趾)の裏側辺りから、土踏まずの側面にかけて、非常にかたくなっている人が多いのです。

押すと強い痛みを感じるかたも少なくありません。
そこで、患者さんには、右足のその部分を、自宅でももんでもらうように勧めています。

それが、「足の親指ほぐし」です。
このセルフケアを毎日続けると、血糖値が下がりやすくなります。

では、そのやり方を説明しましょう(下図参照)。

刺激するのは、右足だけです。
目安となるツボは、「太白」と「公孫」という、二つのツボです。

太白は、足の内側の真横の面にあり、足の親指のつけ根にあるふくらみの後ろに位置します。
そこにあるくぼみが、太白です。

公孫は、太白の指1本分、くるぶしのほうに進んだところにあります。

イスに座ったら、右足をイスか、左の太ももにのせてください。
床にあぐらをかいた状態でもかまいません。

太白と公孫を結んだ右足の側面のラインを押していきます。
ライン上に手の親指を置き、押し込んで指圧します。

指をずらしながら、そのライン上を押していきましょう。
刺激の強さは、「痛気持ちいい」と感じる程度です。

10~15秒押すのを、数回くり返しましょう。
特に痛みを感じるところがあったら、重点的に押すようにしてください。

冒頭で触れたとおり、糖尿病の人は、この部分がかなりかたくなっていることが多いのです。
もんでいるうちに、かたさがほぐれるので、やわらかくなるのを目指しましょう。

足の親指ほぐしは、1日に何回行ってもかまいません。
テレビを見ながらでもできますから、時間を見つけて、くり返し行いましょう。

足の親指ほぐしのやり方

右足だけの刺激で消化器系の働きを高める

では、なぜ、この刺激が、血糖値を下げるのに役立つのでしょうか。
東洋医学では、体中を巡っている生命エネルギーを「気」と呼び、その気の通り道を「経絡」と呼んでいます。

私たちの体の中には、十数本の経絡が巡っています。
ある経絡の気の流れが滞ることで、その経絡に関連する臓器などに不調が出ます。

そこで、経絡を刺激し、気の流れをよくすると、臓器などの不調が改善されるのです。
太白と公孫のツボが属しているのは、脾経という経絡です。

東洋医学でいう「脾」とは、西洋医学のいわゆる脾臓とは異なります。
脾は、胃といっしょになって働き、飲食物の消化や吸収をつかさどり、「後天の精」を作り出すとされています。

後天の精とは、「先天の精」と対になった言葉です。
先天の精とは、両親から受け継いだ、生命エネルギーの源。

その受け継いだ精は、生きているうちに消費されていくため、加齢とともに減っていきます。
それを補うのが、後天の精というわけです。

脾は、口腔、食道、胃、膵臓、小腸、大腸といった消化器全般の働きを促すことで、生命エネルギーを補完すると考えられます。

つまり、脾経を刺激することで、消化器全般の働きを高めることができ、インスリンの分泌をつかさどる膵臓の働きも、改善しやすくなるわけです。

なお、右足だけを刺激するのは、均整術独特の考え方です。
均整術では、体のバランスを整えることを重視します。

そして、体全体のバランスを取るために、あえて体の片側だけを刺激するという方法を、しばしば用います。

そうした刺激法がより効果的であることが、長年の施術データの蓄積からわかっているため、右足に限定しています。

ですから今回も、効果を上げようとして、両足を刺激する必要は全くありません。
刺激は右足だけに留めてほしいのです。

足の親指ほぐしは、糖尿病の症状が軽症、中等度の人なら、継続して行うことで、効果が期待できます。
血糖値が気になるかたは、毎日根気強く行ってみてください。

解説者のプロフィール

坂本実穂
坂本均整施術所所長
●坂本均整施術所
http://www.sakamoto-body.co.jp

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連するキーワード


血糖コントロール 糖尿病

関連する投稿


予防医学の専門家が推奨!甘酒寒天の健康効果と有効な食べ方

予防医学の専門家が推奨!甘酒寒天の健康効果と有効な食べ方

食物繊維はメッシュ状の構造で、その網目に水分を保持することで、腸の中で多くの作用を生み出します。寒天はこの網目が、ほかの食物繊維よりもずっと細かいのです。寒天1gが保持する水分量は100g、つまり100倍の保水力を持ちます。【解説】杤久保修(神奈川県予防医学協会中央診療所予防医療部部長・横浜市立大学名誉教授)


40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

40代で始まっている!?認知症を起こす「脳の糖尿病」チェックリストと対策

認知症というと高齢者の病気、と考える人も多いでしょう。近年、認知症は「脳の糖尿病」で生活習慣の改善で予防できることがわかりました。認知症は20~30代の頃の生活習慣、特に食習慣の結果でもあります。ですから早めに対処することが認知症予防には欠かせません。【解説】熊谷賴佳(脳神経外科専門医・認知症サポート医・京浜病院院長)


1日1さじ、2週間で効果「発酵玉ねぎ」が善玉菌を激増させる!!

1日1さじ、2週間で効果「発酵玉ねぎ」が善玉菌を激増させる!!

発酵タマネギの魅力はおいしさだけではありません。健康面でも糖尿病を改善する、肥満を改善する、便秘を改善する、アレルギーやうつ症状を緩和するといった、まるで万能薬のような効果を期待できます。正確に言えば、発酵タマネギを食べて腸内で作られる物質に、優れた健康効果があります。【解説】藤田紘一郎(東京医科歯科大学名誉教授)


血糖値を下げる最強食材は酢ゴーヤ!苦み成分がコレステロール値も下げる

血糖値を下げる最強食材は酢ゴーヤ!苦み成分がコレステロール値も下げる

ゴーヤに含まれる苦み成分の一つであるチャランチンには、インスリンと似た働きがあります。また、同じく苦み成分であるモモルデシンにも、血糖降下作用があることがわかっています。さらに、ゴーヤには糖代謝を活性化するビタミンB1や、糖の吸収を遅らせる食物繊維も豊富に含まれています。【解説】下津浦康裕(下津浦内科医院院長)


血圧の正常化、食後血糖値を抑えるなど【酢】の健康パワーが続々判明

血圧の正常化、食後血糖値を抑えるなど【酢】の健康パワーが続々判明

現在、日本人の国民病の筆頭として挙げられるのが、高血圧と糖尿病でしょう。酢は、実はこれらに対しても非常に有効だということが、数々の研究によってわかっています。皆さんも酢大豆を作る際には酢を捨てず、料理などに活用することをお勧めします。【解説】多山賢二(広島修道大学健康科学部教授)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)