医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営

【酢にんじんの効果】頻尿や喘息の改善に 老眼や白内障の予防に 固太りの人に効果

【酢にんじんの効果】頻尿や喘息の改善に 老眼や白内障の予防に 固太りの人に効果

酢と人参には、いずれにも幅広い薬効があります。ニンジンを酢漬けにすることで両方の効果を相乗させ、しかも無理なく手軽にとることができます。【解説者】岡田研吉(銀座・研医会診療所漢方科医師)


酢とニンジンの複合的な作用が目に効く!

酢とニンジンには、いずれにも幅広い薬効があります。
ニンジンを酢漬けにすることで両方の効果を相乗させ、しかも無理なく手軽にとることができます。

それが、今回ご紹介する「酢ニンジン」です。
酢ニンジンは、さまざまな症状の改善が望めますが、なかでも目のトラブルには特効です。

ニンジンの、目に対する効能は、昔から知られていました。
栄養学的には、豊富に含まれるβカロテンがその根拠です。

βカロテンは、体内に入るとビタミンAに変わります。
ビタミンAは、別名「目のビタミン」。

目に潤いを与え、よく見えるようにする働きがあるのです。
不足すると、ドライアイや眼精疲労、かすみ目、夜盲症などの原因になることがわかっています。

実は、ビタミンAは網膜(目の水晶体から入った光が映像を結ぶ膜)を構成する成分でもあります。
ビタミンAの摂取は、網膜を正常に保つのに役立つため、先に述べたような目の症状に効果があるのは、当然といえるのです。

βカロテンの高い抗酸化作用も、目の健康維持に効果を発揮します。
抗酸化作用というのは、酸化を抑える働きです。

体内に発生した活性酸素は、強い酸化力を持つため、過剰に発生すると、老化や病気の原因となります。
体内の酸化を防ぐことは、この活性酸素から細胞を守り、老化や病気を防ぐことにつながります。

抗酸化作用の高いβカロテンを積極的に摂取すれば、全身の血管の若返りに役立ちます。
目の毛細血管の血流も改善されるので、組織の隅々まで、十分に酸素と栄養が行き渡ります。

ちなみに、ニンジンにはカリウムや食物繊維など、むくみを取り老廃物の排出を促す成分も含まれています。
これも血液循環をよくする一助になるでしょう。

また、酢も血流を促進することが、研究によりわかっています。
これらの複合的な作用により、酢ニンジンには、目のトラブルを改善する効果が大いに期待できます。

加齢による代表的な目の症状に老眼や白内障がありますが、これらの改善にも、酢ニンジンは有効です。
老眼は、毛様体という目の筋肉の衰えが原因で起こります。

毛様体は、目の中でレンズの役割をする水晶体の厚みを調整していますが、毛様体が衰えると、そのピント合わせがうまくいかなくなるのです。
ニンジンのβカロテンには、この毛様体の弾力性を回復させる効果があります。

また、白内障は、加齢などが原因で水晶体が白濁し、視力が低下する病気です。
進行すれば手術を余儀なくされますが、初期の段階なら、網膜の血流をよくして、水晶体の酸化を抑えることで回復も可能です。

酢ニンジンは抗酸化作用があり血流を促すので、白内障を改善するのにも効果的でしょう。

ぜんそくや手足の冷え頻尿にも効く万病薬

東洋医学では、血流の滞りが改善すると、「肝」の状態がよくなります。
ここでいう肝とは概念上のものです。

臓器としての肝臓だけでなく、目の機能や、筋肉、血液循環の調節機能などが含まれています。
つまり、東洋医学では、目と肝は密接にかかわっています。

そして、酢とニンジンが血流を改善し、肝に働きかけることは、漢方の専門書により古くから伝えられてきました。
現代の栄養学的な観点と同様の効能が、何千年も前から、経験的に認められてきたのです。

中国でいう酢は、主に黒酢を指します。
酢は全身に作用して血流を促しますが、特に効果が示されるのが、肝臓と胃です。

酢は肝臓の状態をよくして、解毒能力を高めます。
また、黄疸(肝障害により肌が黄色くなる症状)の改善にも効果があります。

また、胃腸の消化を助け、機能を正常にします。
そのほか、頭痛や生理痛、イライラ、ヒステリーなどを鎮静・緩和する作用があります。

一方でニンジンも、血流促進に加え、胃の消化・吸収を助けるのに有効です。
さらに、目をよくする、免疫機能を高めて病気への抵抗力をつけるなど、多くの効果があるとされています。

東洋医学では、まず胃腸を健やかにすることが、すべての治療の基本です。
その意味で、ニンジンは万病の薬として、ぜんそくや手足の冷え、頻尿、精力低下の改善薬としても実際に使われてきたのです。

酢にニンジンを組み合わせた酢ニンジンの利点は、これらの効能が相乗するだけではありません。
酢の作用で、体内でのニンジンの栄養の吸収がよくなるのです。

酢ニンジンは、そうした点でも、理にかなった食べ方といえます。
そして、酢ニンジンは、ダイエット食としても最適です。

酢もニンジンも胃腸の機能を改善し、消化を助けてくれるので、脂肪の分解や排出が促されるからです。
水太りよりは、脂肪過多で固太り体質の人に向いています。

つい暴飲暴食しがちなタイプでも、酢ニンジンを常食していれば、食欲を鎮め、自制心を働かせることができます。
この点でも、肥満の抑制に役立ちます。

このように、古今東西で認められた多彩な健康効果が、凝縮された酢ニンジン。
食べ物ですから、1日にとる量にきまりはなく、50gでも100gでもかまいません。

少量ずつでも継続して食べることで、きっと体の変化を実感できるでしょう。

酢ニンジンの作り方はコチラ

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

この健康情報のエディター

関連する投稿


コレステロール値が下がった!バナナ酢で自然に2kgやせてお通じも快調

コレステロール値が下がった!バナナ酢で自然に2kgやせてお通じも快調

バナナ酢を飲み始めて2週間くらいで、毎朝、食後にお通じがあり、よい便が出るようになったのです。おなか周りもすっきりしてきました。体重を量ってみると、飲む前は57kgだったのが、3ヵ月で2kg減り、55kgになっていました。【体験談】佐々木裕子(主婦・56歳)


【酢ニンジン】娘の便秘はコレで撃退!私は頭皮の吹き出物と抜け毛が改善

【酢ニンジン】娘の便秘はコレで撃退!私は頭皮の吹き出物と抜け毛が改善

私が忙しくなり、酢ニンジンを作りおきできなかった時期がありました。すると、長女が再び便秘になってしまいました。そこで、慌てて酢ニンジンを作って食べさせたところ、すぐにお通じが戻ってきたのです。私自身も、子供といっしょに酢ニンジンを食べて、その効果を実感しています。【体験談】市村芽衣子(仮名・主婦・44歳)


美味しくやせる【キュウリ食べるだけダイエット】野崎洋光の実践レシピ

美味しくやせる【キュウリ食べるだけダイエット】野崎洋光の実践レシピ

自身の体験と、食材などについて勉強を重ねるうちに、私は、やせたいなら食べるべきだと考えるようになりました。食べたいという欲求を、肉、油、糖分で満たすのではなく、キュウリに代表される野菜を中心とした食事で満たしてやれば、健康的にやせると思うのです。【レシピ考案・料理製作】野崎洋光(分とく山総料理長)


食前にキュウリを食べて体重6キロ減!中性脂肪値は168→57ミリに

食前にキュウリを食べて体重6キロ減!中性脂肪値は168→57ミリに

特別な食事制限や、運動をしたわけでもなく、食前に1本のキュウリをひと口につき20回嚙んで食べただけでこんなに効果が出るとは驚きました。血液検査では、中性脂肪値が激減!空腹時血糖値、ヘモグロビンA1cも正常値に近づきつつあります。だるさもなくなり、体調は良好です。【体験談】井上洋子(仮名・会社員・35歳)


黒酢で作るバナナ酢で4キロ痩せた!血圧が下がって縄跳びも楽勝に

黒酢で作るバナナ酢で4キロ痩せた!血圧が下がって縄跳びも楽勝に

バナナ酢をとり始め、数ヵ月後に、周囲から「やせた?」と尋ねられるようになったのです。そこで体重を量ってみたところ、なんと、4kgもやせていたのです。趣味のボウリングを連続で何ゲームも楽しめるほど元気です。私の快眠・快食・快便は、バナナと酢のおかげです。【体験談】水野映子(仮名・介護職・70歳)


最新の投稿


自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

自律神経が整うと睡眠の質がよくなった!頭皮セラピーのリラックス効果

私の場合、いろいろなプログラムを受けた後、交感神経の数値は下がっても、副交感神経にはほとんど変化がありません。施術直後でこの状態なのですから、普段はもっと緊張しているのだと思います。施術を受けた後、あくびが何度も出たのは、交感神経の緊張が取れ、リラックスした証拠だと思います。【体験談】西野博子(仮名・主婦・53歳)


起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

起床時の「キーン」という耳鳴りが「昆布水」で改善し、高かった血圧も落ち着いた!

病院での検査の結果、メニエール病と診断され、難聴になっていることもわかりました。めまいは、処方してもらった薬を飲んだら、なんとか治まりました。耳鳴りはその後も続きました。いちばん気になるのは、朝起きたときです。いつも耳の中で、キーンという音がしていました。【体験談】岩佐優(料理店経営・66歳)


【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

【脳の疲労を解消するコツ】睡眠時間は長すぎもNG!寝る姿勢はあおむけ?うつぶせ?

あまりに寝過ぎると、レム睡眠が急激に増え、ノンレム睡眠がほとんど起こらなくなります。睡眠中は、十分な酸素供給が行われないため、脳は酸素不足の状態です。そんな状態のところに、脳が活発に働くレム催眠が増えると、脳は疲労回復どころか、かえって疲労してしまいます。【解説】保坂隆(保坂サイコオンコロジー・クリニック院長)


夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

夜間頻尿改善のために食べた「干しブドウ酢」トイレの回数が減って効果を実感

効果はすぐに実感しました。食べ始めて2~3日で、夜のトイレの回数が2回に、1~2週間で1回に減ったのです。この変化には、自分でも驚きました。私は、毎朝職場で重機をチェックし、点検表をつけています。今は、老眼鏡を使うのは薄暗い曇りの日だけで、晴れた日は老眼鏡を使っていません。【体験談】佐藤徳雄(重機オペレーター・71歳)


歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

歪んだ体を正す「正座あおむけ」でひざ痛が軽減!過剰な食欲も正常に

15秒ですらきつかった姿勢の維持も、1分以上維持できるようになりました。徐々に、しかし確実に、体は変わっていきました。腰痛はすっかり消え、右ひざの痛みもいつの間にか消えていたのです。おなかの冷えからくる腰痛もなくなりました。【体験談】朝倉啓貴(派遣インストラクター・49歳)