MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【医師解説】おなかのカビを一掃 糖尿病やアトピーが改善した人も「生甘酒」の効果

【医師解説】おなかのカビを一掃 糖尿病やアトピーが改善した人も「生甘酒」の効果

免疫力を高めるためには、腸内環境を整えることが、何よりも重要です。腸内環境をよくするには、暴飲暴食をしないことが大前提です。そのうえで、乳酸菌やビフィズス菌など、体に有益な働きをする善玉菌を、腸内に増やす必要があります。【解説】丸山修寛(丸山アレルギークリニック院長)

腸内にいる悪いカビの増殖をこうじ菌が防ぐ

免疫力を高めるためには、腸内環境を整えることが、何よりも重要です。
腸が元気であれば、体は病気知らずになり、気力も満ちあふれてきます。

腸内環境をよくするには、暴飲暴食をしないことが大前提です。
そのうえで、乳酸菌やビフィズス菌など、体に有益な働きをする善玉菌を、腸内に増やす必要があります。

そこで私が強くお勧めしているのが、米こうじを摂取することです。
私たちの腸内には、細菌だけでなく、いわゆる「カビ」と称される真菌類が存在します。

そのほとんどは、カンジダ菌と呼ばれるカビです。
カンジダ菌は、腸内環境が整っていれば、ほとんど悪さをしません。

しかし、腸内環境が乱れると、とたんに増殖し、体に悪影響をもたらします。
カンジダ菌の好物である、白砂糖やアルコール類、肉などを過剰に摂取することも、カンジダ菌や悪玉菌の増殖の一因です。

腸内でカンジダ菌が増えると、毒素が発生して免疫力が下がったり、腸の粘膜に穴が開いて炎症が起こったりします。
こうして、アレルギー源となる異物が侵入しやすくなり、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎など、各種疾患が発症してしまうのです(リーキーガット症候群)。

また、腸に炎症があると、本来は便として排出されるべき毒素や腐敗物が腸内に滞留し、有害物質が再吸収されてしまいます。
つまり、毒素が全身を巡ることになるわけです。

これにより、高血圧や糖尿病、ガンなど、実にさまざまな病気を発症しやすくなります。
実際、近畿大学の報告によると、アトピー性皮膚炎の人の腸を大腸カメラで調べたところ、高確率で腸の炎症が見つかったというデータもあります。

このように、増え過ぎると体に害を及ぼすカビ(真菌類)が存在する一方で、体に有益な働きをするものもあります。
それが、米こうじなどに含まれる「こうじ菌」です。

こうじ菌は、善玉菌であるビフィズス菌を増やし、悪玉菌の増殖を抑制します。
さらに、大量の酵素を作り出すため、栄養の消化・吸収能力の向上にも役立つのです。

カンジダ菌の治療薬には、抗真菌剤があります。
しかし、これは、こうじ菌までも殺してしまいます。

そして、カンジダ菌は、すさまじい再生力を持つため再び増殖し、以前よりも症状が悪化してしまうのです。
だからこそ、米こうじで作った生甘酒などで、こうじ菌を体にとり入れることが重要なのです(生甘酒の作り方は別記事参照)。

こうじ菌を摂取すれば、自然と腸内環境が整っていくので、カンジダ菌が悪さをすることもありません。
こうじ菌の作用に注目した私は、18年ほど前に、漢方薬とこうじ菌を組み合わせた、「こうじ療法」という治療法を考案しました。

こうじ療法では、漢方薬をこうじ菌などで発酵させた軟なん膏こうを用います。
こうじ菌で発酵させることで、漢方薬の有効成分が強化され、何倍もの薬効が発揮されるのです。

また、クリニックの患者さんには、ふだんから米こうじを積極的に摂取するよう指導しています。

血糖値が降下し安定!抜け毛が減って驚いた!

以前、約3千人の患者さんに米こうじを摂取してもらい、データを取ったことがあります。
そのなかで、多くの人に共通したのは、便通改善と美肌効果です。

そして、過敏性腸症候群の改善、難治性の手の湿疹の消失、抜け毛の軽減など、驚きの効果まで見られたのです。
糖尿病が改善した患者さんもいます。

Fさん(55歳・男性)は、長年、糖尿病に悩まされ、ヘモグロビンA1c(過去1〜2ヵ月の血糖状態がわかる指標。
基準値は4・6〜6・2%)は7%後半〜8%前半をさまよい、食後の血糖値も130㎎/㎗台でした(基準値は110㎎/㎗未満)。

そんなFさんに、米こうじをとるように指導したところ、わずか2〜3ヵ月後に効果が現れました。
ヘモグロビンA1cは6%台に、食後の血糖値も110㎎/㎗台に降下し、安定するようになったのです。

さらに、アトピーなどの各種アレルギー疾患はもちろん、末期ガンや潰瘍性大腸炎が改善した人もいました。
アトピーに関しては、「ステロイド剤よりも効果が高い」と驚かれる患者さんがたくさんいます。

末期ガンの場合は、こうじ菌で処理した漢方薬を飲むと、腫瘍が小さくなったり消えたりするなど、2人に1人に成果があり、私も驚きました。
米こうじは、そのまま食べても問題ありませんが、生甘酒にしたほうがとりやすいでしょう。

大さじ3〜4杯の少量でかまいませんので、毎日食べ続けることが重要です。
なお、食べる際は、菌が死滅しないよう、60度以上には加熱しないでください。

こうじ菌を含む生甘酒は、無限大の可能性を秘めています。
ぜひ、皆さんも積極的に摂取してください。

解説者のプロフィール

丸山修寛
丸山アレルギークリニック院長
●丸山アレルギークリニック
http://maru-all.com/index.html

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
近年、腸の免疫機能に「腸内細菌」が深く関わっていることが明らかになり始めています。中でも注目を集めているのが、「クロストリジウム」という種類に属する腸内細菌です。クロストリジウム菌の作り出す酪酸こそ、免疫のカギを握る物質だったのです。【解説】大野博司(理化学研究所粘膜システム研究チームリーダー・医学博士)
更新: 2018-12-28 18:00:00
ある日、テレビで、「天然の酵母を起こし、それでパンを作る」という映像を見ました。おもしろそうだったので、私も作りたくなり、自己流でやってみました。ところが、酵母を起こす段階でカビが生えてしまい、うまくいきませんでした。【体験談】竹内悦子(51歳・主婦)
更新: 2018-09-06 19:53:02
オクラには、細胞保護成分や保湿成分として化粧品にも広く使用されているムチンをはじめ、美肌づくりやダイエットにも役立つ栄養素が多く含まれています。腸内環境が整えば便通の改善はもちろんのこと、美肌づくりや血糖値のコントロールに役立ちます。【体験談】居場京子(I.B.A. TOTAL BEAUTY CONSULTING代表)
更新: 2018-09-06 19:54:10
私は食べ歩きが好きで、おいしい物やお店を、インターネットで探すことがよくあります。ウエダ家さんの酵母パンを見つけたのも、インターネットでした。「油も砂糖も使わない天然酵母パン」に興味がわき、すぐにウエダ家さんのパン作り講座に通い始めました。もう10年になります。【体験談】多羅裕子(62歳・主婦)
更新: 2018-09-11 17:46:17
砂糖の取りすぎで副腎疲労を起こすと、アドレナリンが不足して、気分が沈み込み、うつ症状になることもあります。食欲不振や便秘、下痢などの消化器の異常やパニック発作などの原因にもなります。朝起きるのがつらい、寝ても疲れが取れない、という状態が続くのは、副腎疲労の典型的な症状です。【解説】溝口徹(新宿溝口クリニック院長)
更新: 2018-09-12 10:44:28
最新記事
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
更新: 2019-04-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt