MENU
医療情報を、分かりやすく。健康寿命を、もっと長く。医療メディアのパイオニア・マキノ出版が運営
【腸内環境を整える】砂糖は百害あって一利なし!甘いものがどうしても欲しい時は「生甘酒」と医師が推奨

【腸内環境を整える】砂糖は百害あって一利なし!甘いものがどうしても欲しい時は「生甘酒」と医師が推奨

生甘酒には健康によい数々の効果があります。有名なところでは、美肌、美白、保湿、美髪、ダイエット、疲労回復、滋養強壮、夏バテ防止などです。しかし、私が最も重要ととらえるのが、腸および腸内細菌の環境を整える効果が強いことです。【解説】本間真二郎(七合診療所所長)

体に大切な酵素を100種類以上持つ!

講演会などで、私が「砂糖は百害あって一利なし」というと、「どうしても甘い物が欲しいときはどうすればよいですか?」と質問されることがあります。
そのときは、即座に「甘酒!」と答えています。

米こうじから作る生甘酒は、「飲む点滴」といわれるほど栄養価の高い食品です(作り方は別記事参照)。
甘い物や糖類は、健康によくない一面がありますが、生甘酒はそれを補うに余りある栄養の宝庫なのです。

❶酵素を100種類以上含む
酵素は、栄養素の分解・合成・解毒・代謝など、体内で起こる化学反応に必須です。
なくなると寿命が尽きるといわれるほど大切なものです。

生甘酒の材料となるこうじ菌は、100種類以上の酵素を持つといわれています。
代表例として、糖質をブドウ糖に分解するアミラーゼ、たんぱく質をアミノ酸に分解するプロテアーゼ、脂質を脂肪酸に分解するリパーゼ、食物繊維をオリゴ糖に分解するセルラーゼなどがあります。

生甘酒は、まさに天然素材の酵素ドリンクです。


❷ビタミンB群が豊富
酵素の働きを助けるのが、ビタミンB群(補酵素)です。
B群は、エネルギーの産生を促し、疲労回復、健康な肌・髪づくりにも欠かせません。

現代人は、このビタミンB群が不足しがちですが、生甘酒にはビタミンB1・B2・B3、ナイアシン、葉酸など、ビタミンB群が豊富に含まれています。


❸全必須アミノ酸を含む
人間の筋肉や血管の細胞は、20種類のアミノ酸で構成されています。
そのうち人が自分で合成できず、食品からとる必要のある9種類を、必須アミノ酸といいます。

生甘酒には、この9種類が全部含まれています。
しかも、天然食品のなかで最も多く入っています。

免疫増強、脳の活性化 老化防止も期待できる!

❹オリゴ糖、食物繊維(不溶性、水溶性とも)を含む
人の健康にとって最も重要なのが、腸および腸内細菌の状態をよくすることです。
そのためには、腸内細菌が最も多くせい息する大腸まで、十分な栄養を届ける必要があります。腸内細菌が利用できる栄養は、糖質です。

たんぱく質や脂質ではありません。
そして、糖質のなかでも大腸まで届くのは、多糖類(でんぷん)、オリゴ糖、水溶性食物繊維の三つです。

生甘酒には、これらの成分がすべて含まれており、腸および腸内細菌を整える働きがとても強いのです。


❺ミネラル類が豊富
ミネラルは、骨や歯、血管の形成、神経伝達、体内のイオン調節などに必要な微量成分です。
生甘酒には、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガンなどのミネラルが、まんべんなく入っています。


❻その他の栄養成分も豊富
生甘酒には、①〜⑤以外にも、さまざまな作用を持つ栄養成分が含まれています。
例えば、美白作用のあるコウジ酸、疲労回復作用のあるリンゴ酸、グラム陽性菌(腸内悪玉菌や黄色ブドウ球菌など)の阻止効果のあるアスペルギリン酸やゲオダイン、ウイルス感染を防ぐオリザシスタチンなどが代表です。

以上により、生甘酒には健康によい数々の効果があります。
有名なところでは、美肌、美白、保湿、美髪、ダイエット、疲労回復、滋養強壮、夏バテ防止などです。

しかし、私が最も重要ととらえるのが、腸および腸内細菌の環境を整える効果が強いことです。
それにより、便秘・下痢の解消、免疫の増強、脳の活性化、リラックス効果、あらゆる現代病の予防(アレルギー性疾患、自己免疫疾患、ガン、高血圧、糖尿病、うつなど)、老化防止などが期待されます。

ただし、生甘酒には多くの糖類(ブドウ糖)が含まれています。
血糖値を上げる作用が強いので、一度に大量に飲むのはよくありません。

大人で1日200mL程度までとし、数回に分けて飲むのがよいといわれています。
砂糖のかわりに、料理やお菓子作りに使うのもいいでしょう。

我が家では、自家製豆乳ヨーグルト(作り方は下記参照)に混ぜて「甘酒豆乳ヨーグルト」としてよく飲んでいます。
この1杯は、感動のおいしさです。

本間真二郎
1969年生まれ。札幌医科大学医学部卒業後、同大附属病院、旭川赤十字病院などに勤務。2001年より米国・国立衛生研究所にてウイルス学・ワクチン学の研究に携わる。帰国後、札幌医科大学新生児集中治療室室長に就任。08年、七合診療所所長になり、地域医療に従事しながら、自然に沿った暮らしを実践。著書に『病気にならない暮らし事典』(セブン&アイ出版)。

この記事のエディター

※これらの記事は、マキノ出版が発行する『壮快』『安心』『ゆほびか』および関連書籍・ムックをもとに、ウェブ用に再構成したものです。記事内の年月日および年齢は、原則として掲載当時のものです。

※これらの記事は、健康関連情報の提供を目的とするものであり、診療・治療行為およびそれに準ずる行為を提供するものではありません。また、特定の健康法のみを推奨したり、効能を保証したりするものでもありません。適切な診断・治療を受けるために、必ずかかりつけの医療機関を受診してください。これらを十分認識したうえで、あくまで参考情報としてご利用ください。

関連記事
症状の原因ははっきりとはわかりませんが人工透析を行う人には老若男女問わずよく現れるものです。これに薬で対応しようとすると体にもっと大きな負担がかかってしまいますし、副作用も心配です。少しでも患者さんの体に負担をかけずに症状をやわらげるのに「手のひら押し」が有効だと思っています。【解説】佐藤孝彦(浦安駅前クリニック院長)
更新: 2019-04-05 10:20:35
東洋医学には五行思想というものがあり、人の体に起きるあらゆることは五臓につながっていると考えられています。涙がすぐに出るのは、「憂い、悲しむ」感情からです。 これは、五臓の中の「肺」の弱りから発する感情です。肺が弱い体質、もしくは肺が弱っているのかもしれません。【解説】田中勝(田中鍼灸指圧治療院院長)
更新: 2019-04-05 10:21:05
手のひら押しのよいところは、いつでもどこでも自分でできて、効果がその場でわかることです。悪いところは手のひらに表れており、そこを押せば、その刺激が手から末梢神経を通り、脊椎を介して、対応する器官や臓器に届きます。それが、全身の回復につながります。【解説】足利仁(手のひらデトックス協会代表理事)
更新: 2019-01-29 18:00:00
2018年3月、腰椎椎間板ヘルニアの症状を注射により軽減する、日本発で世界初の薬剤がついに承認されました。5月には保険適用となり、8月から学会指導医のいる病院で治療を受けられるようになったのです。その薬が「コンドリアーゼ」です。【解説】松山幸弘(浜松医科大学整形外科学教授)【取材】山本太郎(医療ジャーナリスト)
更新: 2019-01-31 10:12:24
テレビでは飲料水メーカー各社によるアスリートを起用した炭酸水のCMがさかんに流れています。この夏にはNHKの『あさイチ』でも炭酸水の特集が組まれ話題沸騰。炭酸水はいまや一大ブームなのです。消費者の健康志向や自然志向がより高まったことで、支持を集めているのでしょう。【レポート】土橋彩梨紗(美容健康ジャーナリスト)
更新: 2019-01-22 18:00:00
最新記事
ストレスに強くなり、うつを防ぎ・治す食事とは、特別なものがあるわけではありません。あたりまえのことですが、栄養バランスのよい食事を1日3食きちんと食べることです。ただし、いくつかのポイントがあるのも事実です。【解説】功刀浩(国立精神・神経医療研究センター神経研究所)
更新: 2019-04-24 18:00:00
βグルカンの精製をさらに進めたところ、それまでとはまったく別の物質を発見しました。これが「MXフラクション」で、今のところマイタケからしか発見されていない成分です。【解説】難波宏彰(神戸薬科大学名誉教授・鹿児島大学大学院医歯学総合研究科客員教授)
更新: 2019-04-23 18:00:00
骨盤底筋を鍛えるための体操は、現在多くの医療機関で推奨されています。しかし、やり方をプリントされた紙を渡されるだけなど、わかりずらく続けにくい場合がほとんどです。そこでお勧めしたいのが、おしぼり状に巻いたタオルを使った「骨盤タオル体操」です。【解説】成島雅博(名鉄病院泌尿器科部長)
更新: 2019-04-22 18:00:00
首がこったとき、こっている部位をもんだり押したりしていませんか? 実は、そうするとかえってこりや痛みを悪化させてしまうことがあります。首は前後左右に倒したりひねったりできる、よく動く部位です。そして、よく動くからこそ、こりや痛みといったトラブルを招きやすいのです。【解説】浜田貫太郎(浜田整体院長)
更新: 2019-04-21 18:00:00
現代人は遠くをあまり見なくなったせいで眼筋と呼ばれる目の筋肉が衰えています。食生活も乱れがちなので目の周りの血行もよくありません。これらが目の諸症状を引き起こすのです。一度身についた生活習慣を変えることは容易ではありません。そこでお勧めなのが目のエクササイズです。【解説】福辻鋭記(アスカ鍼灸治療院院長)
更新: 2019-04-20 18:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt